2020年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

2020年5月25日 (月)

今年の柚子は、今までになく沢山の蕾と花を咲かせています。そして改めて感じた夫の存在。

今年に限って柚子が沢山の蕾を着けました。花も咲いて秋の実りが待ち遠しいくらいですが、散っては落ちる花を見ていると子房が見当たりません。

2020525

ステイホームで千葉まで来れないSIONOに報告すると、「柚子の実が食べられるか食べられないかが問題なのよね!」と小生意気な口をきいて笑わせてくれます。酸っぱい柑橘類をものともせず、柚子が好きという7歳児なのです。

Photo_20200525162901

鉢植えの小さな木に、びっくりするほど沢山の花を咲かせつつあります。実はどれだけついてくれるのか?摘果するには及ばず自然に落下するような気がしますが、楽しみです。

孔雀サボテンは、3株に20以上の蕾がついています。

毎年そうなのですが、あっという間に咲き終わってしまいそうです。

Img_7115

日前に、大学生のPOMからLINEがきました。

未だ、キャンパスでの授業はなく生物学の小レポートの提出をしなければならないけど、テキストに載ってない”G0期”について教えて欲しいと夫にあてたものでした。図書館にも行けず気の毒な大学生活です。

「あいつ、どの程度知っているのかな?」「どのあたりから教えればいいのか・・・」と思案中でした。

B5 2枚に書いてくれた図と説明文を読んでみてさすが元○○と感動しました!素人の私にも理解できましたし、現役を離れたとはいえ論文を書いた数だけ洗練された文章だと改めて感じ入りました。

夫を、少し尊敬しようと思った出来事でした。(笑)

 

 

 

 

2020年5月17日 (日)

息子夫婦はリモートワーク・・・5月のお花も楽しんで!

コロナにすっかり生活を奪われた私たちですが、これを機会に仕事の仕方が変われば良いなぁと思っているところです。

息子が時々電話をくれるのですが、私たち夫婦がコロナで倒れてないかオレオレ詐欺に引っかかっていないか、気がかりな様子です。

息子夫婦は、二人ともリモートワークで過ごせているようです。また、息子に関しては、緊急解除がなされてもしばらくはそのままで家で仕事をするように指示が出されているそうです。クライアントさんにどうしても会わなければならない以外は、過酷な通勤電車を利用することなく、家でやれば良いと常々思っています。本人のためにも電車通勤を利用する方達のためにもです。

私は、大好きなサッカー観戦ができなくなり、その隙を突かれて左肩関節周囲炎などというものに見舞われ、5月いっぱいは週2でリハビリがあり心静かにというわけでもないのですが、日々の暮らしに慣れてきたところです。

夫のインドア派に反して、息子が気がかりに思っていることの一つは、私のことだろうか?ということ。一番楽しみにしているサッカー観戦がコロナに奪われてしまい、世の非常時に私がどんな生活をしているのだろうか、ということなのかもしれません。(娘には言ってある)整形外科への通院のことはまだ伝えてありません。息子は心配し過ぎるので、娘と二人で言わないでおこうということにしてあります。面倒くさいので、、、いえいえ二人の優しい心遣いです。理学療法士さんから完全Okが出たら、ちょこっと話しておきます。

現在、娘たちの住む地域はコロナの緊急事態が解除されましたが、夫と私と息子たちは、最後の最後まで待たなければならないだろうと覚悟しています。それでも千葉市は感染経路等日々報告がありますので、静かにおとなしく生活している者としては必要以上に不安や怯えはありません。市長の取り組みに感謝です!

小学2年生になったSIONOは、家族分のカードで目いっぱい借りてきた図書館の本と、父親と一緒に縄跳びに挑戦して腕を上げることに熱中したり、自転車に乗ったり、工作をしたりと、結構楽しんでいるようです。

公園の遊具はまだ使えなくて、「ブランコは高く漕げるようになったけど、時間が止まっているの。」と言ってました。

どこの遊具も同じでロープでぐるぐる巻きにされていますからね。ブランコも高い場所でぐるぐる巻きにされているようです。

また、夫の甥たちは医療関係者が多いので気にはなるのですが、東日本大震災の時の異常事態を乗り越えてきた甥たちですので、頑張ってくれているだろうと勝手に思っています。そのうえ、大震災時に一番大変だった甥の地域はコロナ患者ゼロですし、専門も違うだろうと思います素晴らしい地域ですよね!大震災を乗り越えた方たちの危機管理の正しさからでしょうか。

ここに、5月の花をのせておきます。みんなでがんばりましょう!

Img_2083 Img_2088  

ムラサキツユクサと満開のピラカンサ 

Img_2093Img_2089

夾竹桃のつぼみと柚子の花

Img_2092 Img_2097

分かるでしょうか?ハマナスの葉にテントウムシが2匹います。

Img_2095

 

 

2020年5月 6日 (水)

コロナに加え連夜の地震の恐怖も、、、花に癒されます!

コロナの恐怖に、二夜連続の地震が一層の恐怖心を煽ります。

4日夜は、なんとお風呂に入って湯船に浸かった瞬間にきた揺れでした。

昨夜の地震では飛び起きました。

地震の直前に夢を見ていました。玄関のドアを開けると物が足元に沢山落ちていました。「なに!?」と戸惑ってみていると地震の揺れで目が覚めました。

ドキドキしながら、しばらくはTVの地震速報を見続けました。

コロナに関して言えば、千葉市は昨日の発表では新たな感染者無し(検査件数55人)。

1週間以内の感染者数は2人。できる限りゼロが続きますように!

熊谷市長のFacebookには、直近の感染者の発表が少ないということから"皆様の行動変容の積み重ねであり、重ねて敬意を表します。” のように書かれています。毎日、心細くもなりがちな日々に寄り添ってくださっていると感じます。

本当にありがとうございます。

安倍首相から外出自粛の延長が発表されました。私は週2日のリハビリに通っていますが、買い物はその時に済ませるようにしています。そして、その途中の公園内の花を観て、心を癒しています。

今年も咲きました。美しい花々です。いつも留守番の夫も楽しみにしています。(夫は喘息等の持病がありますので殆ど外出していません。)

赤いスイートピー、白い花(名前が分かりません。)

*赤いスイートピーは松田聖子さんの歌が先だったそうですね。あの歌が出なければ赤いスイートピーの花は・・・

Photo_20200506162101Photo_20200506162301

羽衣ジャスミンとエニシダ

Photo_20200506162001Photo_20200506162401

最後に満開に近いゴールデントランペットツリー

20_20200506162601

本当の最後に趣味で描いてる鉛筆画

20_20200506162701

 

 

 

 

 

2020年5月 3日 (日)

不要不急の自粛中の通院と身近な美しい花々

左肩関節周囲炎から一か月。

石灰沈着性腱板炎ともいうようですが、俗にいう四十肩・五十肩とは症状は同じでも違うと、ググってみて知りました。

理学療法士さんが毎回ストレッチ、筋力強化、関節可動域練習、ホームエクササイズと丁寧に指導してくださっているおかげで、日に日に回復しているという自覚があります。

5月に入り、更に一か月分のリハビリ実施計画書にサインしました。普通に生活するだけなら5月いっぱいで終わります。というお言葉でした。

今のままでも大丈夫そうですが、動きがほんの少しだけ右腕よりも滑らかにできません。

因みに、この疾患は原因が分かっていないらしいのです。

いつもお世話になっている薬剤師さんがそのように言いました。後日、理学療法士さんにもお尋ねしたのですが「いろいろあるのですが・・・・」と言っただけでした。試すつもりではなく聞いたのですが、彼は新人さんのようです。それでも信頼してお任せしていますし、日増しに良くなってきましたので感謝しています。

そのうえ、6月以降も予約しないで行っても良いそうですので、安心しています。

ですが、今世間はコロナウィルスに見舞われ、戦々恐々としながら生活しています。

そんな中でも、千葉市長はTwitterやFacebookで丁寧に報告してくださっていますので、市長にも感謝しています。ありがたいと思っています。

ういうご時世で、みんなが不要不急での外出自粛中ですので、申し訳ない気持ちを持ちながらも通院させていただいています。

そういった日常の中で、美しい花々を見つけましたのでアップしておきます。

少しの安らぎを・・・

すずらん、しゃくなげ、ゴールデントランペットツリー(写真をクリックすると拡大します。)

Photo_20200503175501 Photo_20200503175502

Photo_20200503175601 Photo_20200503175602

下から見上げた花↓

Photo_20200503175701

ハナミズキも咲いていますが、藤はまだです。

身近に沢山の花が咲いています。これからも楽しみです。

 

 

 

2020年4月20日 (月)

<今日から授業だよ~ん>大学生のPOMからの返信がありました!語尾が嬉しさの現れ!

コロナウィルスに世界中が翻弄され、学生たちは自宅待機のまま新学期を迎えました。

卒業式もなくなり入学式もなかった大學。

日本各地が異常事態に見舞われ、幼い子から老人まで懸命に我慢の日々を過ごしています。

そんな中、2か月ぶりにPOMにLINEを送ってみました。

大都市から離れた静かな地方都市。コロナの被害は少ない都市ですが、この先の不安はあります。

どうしてるかな?

楽しみにしていた授業は、まだ始まっていないのだろうと思いましたが。

〝今日から授業だよ~ん”と嬉しそうな語尾を見てほっこりしました。

待機中は勉強をしたり、ゲームをしたり、本屋で時間つぶしをしたりしていたそうです。大体予想通りの生活ですが、母親からは毎日体温を測っているようだと聞いていましたので、ある程度の緊張の中でしっかりと一人暮らしができていて安心しました。全国に緊急事態宣言が出た後は、より引き締めて生活をしているようです。

本人が言うには、石橋をたたいても渡らない性格だそうです。

私:「臆病なのよね。あの子。」

夫:「慎重なんだよ。」

う~~ん、両方かな?

授業が始まったと聞いて安心しましたが、〝基本、キャンパス内での授業は殆どないけどね。” ということでした。

私:PCを使ってオンラインとかなの?

POM:一応そうなっているけど、まだ設備が十分整ってないっぽい。

ということです。

国立大学なんですけどね。逆に私立大学の方が設備は整っているのかな?

因みに、4月19日の千葉市内のコロナ感染者はいませんでした。休み明けの今日はどうなのかな?

ご無事を!

 

 

2020年4月16日 (木)

こんな時なのに整形外科に通院中

世の中は、コロナウィルスに戦々恐々としています。

自粛自粛で、子供たちからは学校さえ奪っています。

私も、ほとんど部屋の中で過ごすようになって、それでも、ピラティスは一人自室で黙々と続けていました。4月に入りTVと共に柔軟体操とストレッチをしていた時のこと、ちょっとした違和感を左肩に感じました。それが、翌日には強烈な痛みに代わり、シップを貼ったり鎮痛薬を飲んだりして自力で治せると思ったのですが、痛みは夜布団に入ると一層激しくなり椅子で休むことになって、、、この状態は二晩が限界で3日目に整形外科を訪れました。外出自粛を言われる中では病院へとはいえ後ろめたいものがありました。

腕はだらりと下げているか、<小さく前ヘならえ>の形にしてなるべく肩を動かさないようにしていると、何とか痛みが和らいでいました。

肘はそれ以上は上げられず、体から腕を離すことも無理でした。

整形外科には平成20年に行っていて、それ以来ですが、その時は首から左肩にかけての痛みでしたし、すぐに治ったと記憶しています。

今回、レントゲン撮影をした結果

左腕の付け根あたりに白く写っているものがありました。

医師は「せっかいです。」と言いました。意味が分かりませんでしたが切開するのかと勘違いしそうでしたが、そんな素振りはなく

医師:これが厄介なんですよね。夜寝ると痛くなるでしょ。痛め止めですが、胃は弱いですか?

私:弱いです。

医師:薬でのショックはありますか?

私:帯状疱疹のときの飲み薬が駄目でした。

医師:どのあたりの帯状疱疹?

ベルトあたりをさして「このあたりです。」というと「じゃあ、大丈夫でしょう。」と、、、、

何が大丈夫なのか、私には分かりません。

その後、リハビリ室に行き理学療法士(PT)の方から今の状態の説明を聞きました。彼は、「レントゲン写真の白いカルシュウムのような、、」という言い方をしたので医師の言った<せっかい>は切開ではなく石灰なのかと勝手に理解しました。週2回リハビリに来るように言われ、自宅では一日2回10分づつアイシングをするように言われた後、電気療法とアイシングを10分づつ行って帰宅。電気療法の後、腕に痛みを感じつつの帰路に少し不安がありました。三角巾で腕を攣ることも良いようですが、「動かさないと固まってしまいますから。」ということでした。固定しなくても不便はありません。左手は<小さく前へ倣え>を保っていればOK!

薬は、ロキソプロフェンNa錠、湿布薬(ロキソプロフェンNaテープ)、ボルタレンサポ(座薬)が処方されました。

行きつけの調剤薬局(こういう定義はないようですが)で、いつもの薬剤師さんに「胃が弱いんですけど、この飲み薬は大丈夫でしょうか?」とお聞きすると、「弱い薬は出していますけど飲み続けると胃にきますので座薬が良いでしょう。」と。

座薬かぁ、、、子供たちにはしてあげたことがあるけど、、、、😞
市販の薬で胃液を吐いて、、、処方された薬に挑戦して同じように吐いて、、、翌日意を決して座薬を、、、

😃😃😃

座薬にして大正解!

だいぶ楽になりましたが、一人で着替えができず、ちょっと触れられただけで思わず声を上げるほどの痛みがあり、最悪でした。食いしん坊の私なのに全く食欲が無く、左肩が痛いだけなのに身体のバランスが取りにくくなっていると感じました俗にいうところの体幹が保てなくなっているようでした。

くやしい😖


週2回のリハビリでしたが、担当の理学療法士(PT)さんが体調不良でお休み中でした。4回目に行く予定にしていた前日に、担当PTさんが電話をくださいました。その日は、両手を使って洗顔ができるようになっていました。

4回目の通院日

リハビリ日では、初めて体温を測られました遅過ぎない?

「何度でした?」と聞くと「35・8度」

思わず「うふっ」とすると受付嬢も「うふっ」

リハビリ室には大勢の方が居て、「こんなに、、、」と驚き、そして、コロナの時だけに不安がありました。1時間もするといつの間にか人がいなくなっていました。今回から予約制になったようで予約の集中した時間帯だったようです。

4回目にしてようやく体調を崩していたPTさんが戻り、そして、リハビリ実施計画書が渡されましたそこで初めて疾患名を知りましたが、俗称は50肩だそうです。私何歳?ちょっと恥ずかしい。ピラティスのインストラクターへの報告は正式名称にしよう。zoomを使ってレッスンを始めてくださってますが、私は不参加なのです。ちゃんとした理由を報告しなければ、、、

疾患名:左肩関節周囲炎

病状・経過

  • 左肩肩峰下滑液包炎による左肩夜間痛、
  • 左肩関節の求心性低下による不安定性、
  • 肩甲骨の可動性、固定制低下

症状

  • 疼痛、関節可動域制限、筋力低下、筋異常(筋緊張・筋拘縮)

実施項目

  • 疼痛コントロール、ストレッチ、筋力強化、関節可動域練習、ホームエクササイズ(毎日自宅で行う筋力訓練の指導)、アイシング、干渉波

Img_2062  

印刷されていた<病状・経過>を見た時に、典型的な症状なのかと、、、。私が何も語らずとも<左肩関節の求心性低下による不安定性>と記されている。この中の不安定性についてお聞きしてみよう。私の感じていることと同じなのかどうかを。

バスで片道10分のここの院長は、いつからスポーツドクターを名乗っている?

近くの某接骨院は、Jリーガーたちが通院しているそうだし、私がお世話になっている美容師さん一押しの接骨院ですけど私は、、、、、。もし、私もスポーツ選手ならたぶん某接骨院に行ってたと思う。(笑)

最近の風の街の花をアップしておきます。

ツリガネズイセンとつつじ

Photo_20200416180401 Photo_20200416180402

 

 

 

 

 

 

2020年3月22日 (日)

花の季節(ソメイヨシノ 他)

もうすぐライラックが開花します。だいぶ蕾が膨らんできました。

Photo_20200322220201

そして、ずいぶん古株が目立つようになったソメイヨシノが花のシーズンを告げています。

 Photo_20200322220701Photo_20200322220601

Photo_20200322220801 Photo_20200322220802

この季節、ソメイヨシノは花形ですね!

花梨も咲き始めました。

Photo_20200322221001

はなももに同じ仲間の源平、木瓜も・・・

Photo_20200322221201 Photo_20200322221202Photo_20200322221301

清楚な雰囲気の菖蒲

Photo_20200322221401

美しく春を彩り始めました。

コロナウィルスにめげずに、近場の花を楽しみましょう(^^♪

*写真はクリックすると拡大します。

2020年3月18日 (水)

三陽メディアフラワーミュージアム(千葉市)

花の美術館に出かけるのは久しぶりでした。

コロナウィルスの騒ぎで、ピラティスが中断しJリーグも延期になっているためにフクアリどころかユナパにも行けず、すべての楽しみを奪われた気分です。

稲毛海浜公園では、花の美術館も公開されていましたし広い芝生や遊具で遊ぶ親子連れも沢山いて、ほっと和める思いがありました。ただ、思いっきり遊んでいるのとは違い、広い場所にいてもどこか窮屈さや不自由さがあるなと感じました。

温室に、ヒスイカズラが咲いててほしいなと思いながら出かけましたら、咲いていました。まだこれだけでしたが嬉しい再会でした。ウコンラッパバナも一つだけ咲いていました。

いづれも、咲いていますよ!と丁寧な案内がありました。(写真はクリックですべて拡大します。)

Photo_20200318220001Photo_20200318220601

何度も行ってるのですが、ビヨウタコノキの実に初めて気が付きました。地味です。(笑

Photo_20200318222501

アトリュームガーデンのピンクのラナンキュラスは、大きさにびっくりしました。白いラナンキュラスもとっても優雅!

Photo_20200318221801 Photo_20200318221802

Photo_20200318221901 Photo_20200318222001Photo_20200318222101

裏庭の水仙は、初めての花色も出現!水仙らしくない水仙です!白い花も素敵です。

Photo_202003182230012_20200318223601

他はラッパ水仙のいろいろを!

Photo_202003182232012_202003182234013_20200318223401Photo_20200318223501

前庭は、少し寂しい春の装いでしたが、桜が出迎えてくれていました。かわいい親子ははじめまして!・・・池の水鳥たち、みんなお久しぶり!!!

Photo_20200318224901

3_20200318224301Photo_20200318224801

最後は白砂の海岸へ!平日でもかなり多くの方が楽しんでいました。ヨットも久しぶりに見ましたが海は気持ちがいいー😃

4_20200318223901Photo_20200318225301

いっぱいに敷き詰められた白砂は、脚を存分に鍛えてくれそうです!尹晶煥監督 選手を連れて走りに来ませんか!

稲毛の浜がお待ちですよーーーー

2020年3月16日 (月)

KAULが高校を卒業しました!おめでとう!

3月14日

KAULが無事に高校を卒業しました😃 おめでとう!

教職員の皆さんと3年生だけの卒業式だったそうですが、楽しそうな動画や写真が送られてきました。友達とみんなと若い笑顔が何とも言えず素晴らしい!

これからはそれぞれの人生を歩むことになりますが、コロナウィルスの所為で大変な船出になりました。

KAULは、大学を受験しませんでした。

先ずは、語学留学をするようですが、世界中がコロナウィルスで大変な最中です。どういうことになるのか、私は何も語らず遠くで気を揉んでいます。

そのKAULが、卒業後最初にしたことは、、、髪をニンジン色に染めたことのようです。

いくら外国語課程の卒業生と言えども国籍不明のニンジン色ですよ。私の感想は「아이고 아이고

聞かれてませんの伝えてませんけど。

*訂正↓

写真を見てニンジン色と言いましたけど、ピンクだそうです。5時間もかけて染めたそうです。やっぱり「アイゴー」

先日、都内ではソメイヨシノの開花と同時に雪が降ったようでしたけど、風の街には降りませんでした。今日は風の街らしく強風が吹いています。

大島桜が華やかな様相を見せてきました。

Photo_20200316170801

プラムも咲いています。

Photo_20200316170802

つくしも出てきました。

Photo_20200316171001

それから、大好きな紫色の小さなすみれ!   まだ固いつぼみの 桜の木の根元に咲いています。

Photo_20200316171201

自然の営みは順調です。コロナウィルスが早く退散しますように!

(写真はクリックで拡大します)

2020年3月11日 (水)

ソメイヨシノに先駆けて咲きだす大島桜!

昨日は、まだ白いつぼみしか見えなかった大島桜が咲き始めました。

団地の中の駐車場です。大きな桜の木です。

河津桜が散り緋寒桜が咲いていますが、大島桜が咲き出すと、もうすぐソメイヨシノの季節です!

(写真はクリックすると夫々拡大します。)

2_20200311172801

3_202003111729014_20200311173001

日陰になってしまい緋寒桜の赤い色が出ていませんが、アップしておきます。

5_20200311173601

桜の季節が待ち遠しい!

今日は、3月11日ですね。

あの日、夫の確定申告に付き合って出かけ、途中で自転車のハンドルを取られガードレールにつかまって座り込んでいました。

周りのマンション群が異様な音を立てて揺れていました。

TVに映し出された恐ろしい光景は、忘れられません。

改めて、犠牲になられた皆様のご冥福を心よりお祈り申し上げます。

 

 

«天晴れ!イオン!