2022年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

2022年5月26日 (木)

久しぶりのクリーンシート!(負傷者続出で心配が増す)

長崎戦はキックオフ前に、主審が西村さんという事で“ストレスがなく観戦できるぞ”と思いましたし、解説者も平等な方で安心した時間を過ごさせていただきました。

そんな思いでしたが、いきなり塁選手が負傷退場でショックが大きかったです。しかも接触相手は嘗てJEFでプレーした高橋峻希選手。

米倉選手には、八千代高校のチームメイト山崎選手がいて、カイオセザール選手、クリスチアーノ選手、都倉選手と怖い選手が勢ぞろいしてました。

勝てるかなぁという不安がありました。

尹晶煥さんが熊本戦のプレビューで、「今までのスピード感でやっていたら相手にやられてしまうので、もっと早いワンタッチなどが必要になる。」とコメントしていましたが、長崎戦でも通じることだろうという思いで観戦していました。

今回は、ワンタッチパスで繋ぐボールが多く気持ちよい感覚がありました。

そして前半の9分フリーキックを得ました。

田口選手のフリーキックは、GKに弾かれましたがそれを高木選手がゴール前の佐々木に出すとヘッドで折り返えす、それを一耀選手がきちっりと決めてくれました!一耀選手凄いですね!ヘッドで折り返した佐々木選手良いですね!

一耀選手は、DFですが現在JEFで最多のゴールです。

FWがんばれ!

前半終了間際には、高木選手(FW)のカウンターに期待したのですが、急に止まってしまいました。怪我ですか!

ケガ人が多すぎます。みんな大丈夫なのかな?

後半からは、風間選手に交代!

個人的には、風間選手やっとお出ましと言ったところです。がんばれ!

JEF2点目は、アンドリュ選手のふんわりとしたパスが風間選手にわたったところからでした。二人のDFにプレッシャーをかけられ粘りましたが、カイオセザール選手に奪われました。が、米倉選手が前を横切りパスミスを誘いました。カイオ選手の蹴ったボールがチアゴ選手の足元に転がり、難なくゴール!

Jリーグで初ゴールでした!ヒーローインタビューでの笑顔が素敵でした。

FWが目覚めてくれないと勝ち進めませんから、チアゴ選手はようやくここからです!がんばれ!

GKの新井選手のビックセーブもありました。

勝った試合は、どの選手も輝いて見えます。

次のフクアリこそ、期待してよいですよね!

嬉しい勝利でした。

 

 

 

 

2022年5月21日 (土)

又も押してる試合に勝てず、前節同様に勝たなければいけない試合だったはずが。。。

アンドリュー選手が、秋田戦で受傷した脳震盪の疑いから復活してスターティングメンバーに入っていました。頭の受傷なのに早すぎないかとちょっと心配です。

また、今節は熊本の選手が早々に負傷交代をしてしまい、どちらの選手であっても心配になります。

ジャッジリプレーで、秋田戦での壱晟選手の件が取り上げられました。日本代表の監督及びコーチ経験のある山本昌邦さんは≪レッド≫と明言しましたが、深野悦子さんはオレンジでイエローと主審の判断を支持しました。レッドでもいい。とも。

家本さんの意見を聞きたいと思いました。

山本さんは、足の裏が見えていて足を引いてない。と、レッドの理由を話されました。深野さんは膝が少し緩んでいたことを理由にイエローという主審の判定を支持しました。

≪左鎖骨骨折で2か月~3か月の重傷≫を負っていることを考えるとイエローカードと言うのは、これからのためにも個人的には許容できません。あの程度ならレッドにならないと思う選手がいたら、Jリーグ全体の恐怖になります。

山本昌邦さんの言われた理由を念頭に今日の試合をみていました。佐々木 翔悟選手も西久保 駿介も相手の選手を察知した段階で足を引き気味にしてボールを蹴っていました。

秋田は、選手への指導を徹底してほしいです。足を引く動作を徹底させて欲しいです。当事者同士が和解している。と言う言葉だけで済ませては自分のチームの選手をも守っていないと思いました。秋田も応援している者として、リスペクトをしての公式発表にして欲しいかったです。

扨て、熊本戦ですが、佐藤優也選手の躍動を見ることができて嬉しさもありましたが、押していながら先制され後半のアディショナルタイムギリギリで追いつくというパターン。まだ、追いついたから良かったとは思わないです。

いつまで決定力不足のままなのか!モヤモヤをかき消して欲しいです。

それから、川又選手がようやくピッチに立ちました。待ってました!

相手の恐怖になると思います。

風間選手のクロスも武器になりますし、キャップテンシーのある選手なのでチーム状況把握も上手くできる選手だと思います。

風間選手と川又選手にはもっと早くピッチに立って欲しかったと思っています。交代が遅すぎます。

ブワちゃんも、ようやく出てきました。元気で走れる選手を使って欲しいと思います。

優秀な選手たちを氷漬けにして欲しくありません。

尹さん、お願いします。選手たちを目覚めさせてください。

JEFには、活躍できるがまだまだいます。

 

 

 

2022年5月16日 (月)

危険なプレーが続出、その上ゴールが遠く敗戦。

とっても荒っぽさが目立ったゲームでした。

JEFは、連敗はするけど連勝はできない、今シーズンもフラストレーションのたまる試合が多くなっています。

「(蘇我駅までの)帰り道は、いつもこんな感じ。」友人がやり切れない気持ちを吐き出していました。暗い顔で黙々と帰途に就くサポーターの中に居て、私もそう思っていました。

アンドリュー選手と壱晟選手の負傷交代をDAZNの画面で確認しましたけど、アンドリュー選手の脳震盪は味方の膝が強烈に当たっていたんですね。頭がグラッと動いた感じの恐怖が脳裏から離れず、昨夜は殆ど眠れませんでした。

同じ時に倒れていた秋田の選手は、着地した足を負傷しての交代のようでした。

壱晟選手の負傷は、ゴール裏から見ていて「危ないっ!」と思わず声を出してしまいました。あれはレッドカードが相当ではないかと思いました。頭に当たっていると思いましたし、DAZN画面で確認するとスパイクの裏が見えていました。あんなプレーは絶対にしてはいけないですけど、ラフプレーが度を越していた事を、本人に分かって欲しいです。申し訳なさそうな心配そうな表情は見えましたけど、秋田の選手たちは楽しいサッカーは見せてくれないのかと思ってしまいました。それは、壱晟選手が倒れたままでいた時に、秋田〇番をつけた選手が笑顔でGKに話しかけながらJEFゴール裏に向かって歩いて来たからです。私たちは心配して様子を見ていたのですけど、秋田の選手からすれば単に試合中の一場面なのかなと思いました。近くで「〇番笑うなっ!謝れ!」と言う声が発せられました。

どこのチームか忘れましたけど、同じような状況になった時GKが私たちのゴール裏に頭を下げてくれました。その時は拍手が起こったと思います。

〇番の選手に声は聞こえていたと思いますけど、なにも感じないように笑顔を見せたまま戻って行きました。チームとしての顔が見えたような気がします。陰ながら応援しているチームなので、残念です。

お互いのリスペクトが必要です。

壱晟選手も担架で運ばれてゆきました。

アンドリュ選手は、救急搬送されただろうとかすかに聞こえた音で分かっていました。

JEFは、二人目の負傷交代でした。

チャン・ミンギュ選手も怪我をしているように見えましたし、ベンチ外の田口選手は単に休養でしょうか。ヨネ君は大丈夫でしょうか。

川又選手の登場はまだでしょうか。

水曜日の練習公開は、行こうかどうしようか考え中です。

Photo_20220516111301

がんばれ!

 

 

 

2022年5月 9日 (月)

スピード感のある素晴らしい試合そしてやっぱり高橋壱晟!

一サッカーファンとして、オシムさんに感謝!

(午前11時半ごろのユナパの献花台、フクアリの献花台)

Photo_20220509091101 Photo_20220509091102

ユナパに置かれた芳名旗に、遅れてくる友人と自分の名前を書かせていただきました。お花も買いたかったのですが母の日でお花を買う方が多く、ユナパの隣のコンビニに望みを託したのですが「置いてないですね。」とあっさり言われて、お隣さんだけどスポンサーではなかったのかと、、、

フクアリの献花台には岡山サポさんもいらしてました。喪服姿の男性方が献花する方々に頭を下げてくださっていました。スタッフだと思っていたのですがOBの皆さんだったと後で知りましたが、どなたであれ、流石に前は通れませんでした。

フクアリでの (中西永輔氏、羽生直剛氏、中島浩司氏、水野晃樹選手、竹田忠嗣氏、伊藤大介氏、斎藤大輔アカデミーマネージャー、佐藤勇人CUO、小倉勉氏、間瀬秀一氏)全員は揃ってない?

Photo_20220509100501

私自身は、千葉市がホームタウンになってからのサポですが、報道やオシムチルドレンと言われているOBの方々のコメントそしてお会いしてきた方の記事などを読んで知ることの方が多いオシムさんです。

キックオフ直前には、聖地フクアリで黙祷を捧げました。

観客席には、前節の徳島戦に車移動したという男性がいらしていて、お土産をいただいたのですが、「お疲れさまでした。」「ありがとうございました。」とお礼を言いながらも「何もこんな時期に車移動するなんてって、ニュースを見ていた(笑)。」「ひどいなあ。」と和気藹々のゴール裏でした。

岡山戦は、フクアリに集ったサポーターはいつにも増して気持ちが入っていました。DAZNでは分からないと思いますが、力強い拍手が常時響きわたっていました。全身を使って拍手しているようでした。試合終了後に「疲れたー」と発した友人の言葉からも実感できました。

試合は、非常にスピーディーで緊張感のあるものでした。前日にJ1の試合をみていて(JEFにもこんな試合をして欲しい。)と思っていました。上から目線ですが(やれば出きるのね!)そう思いました。(笑)

強健そうな岡山の選手達とどんな戦いができるのか?賢い木山監督に勝てるのか?そういう感想をもっての観戦でした。

でも強い気持ちでの戦いを見せてくれました。

最年長の米倉選手のパフォーマンスは感動ものでした。“凄い!”としか言いようがありませんでした。この俺を見ろ!とほかの選手達を鼓舞しているようにも思えました。彼も現役乍ら、JEFのレジェンドです。存在感がすごかった。

チャンミンギュ、アンドリュー両選手は、いつも通りアグレッシブで攻撃的な姿が観客の心をつかんでいました。“カッコイイ!“です。

そして、末吉塁選手、スピードとネルギッシュさに魅かれるように拍手がフクアリに響き渡ります。

22番の佐々木 翔悟選手、軽く飛ばしているように見えるロングフィールドの良き事。素晴らしい選手ですね!

JEFで成長を続けて欲しい選手です。

小林裕介選手は、レギュラーを奪取できそうな勢いでした。前回、目の前で見た時に比べボールを持つたびに自信をもってプレーできてるように見えました。

チアゴ選手も今回は良かったです。これは駄目でしょうと感じた前節でしたが、動きにプレーに期待を持たせてくれました。

そして、最後は私が待ちに待っていた高橋壱晟選手です!

マイナスに帰ってきたクロスにゴール中央あたりに走りこんでいて美しいシュートを蹴りこみました。ホーム目の前のゴールにです。感情をあらわにした壱晟選手を始めてみましたし、尹晶煥監督の全身で表したガッツポーズもです。

最後の最後に決めた勝ち点3でした。

コーナー近くで選手たちが重なり合って喜ぶ姿に、ゴール裏はみんな両手をあげ笑顔に満ち溢れていました。

下に入ってた塁選手が、ポカポカ殴られていて(ゴール決めたのは塁選手だった?)と不思議な感覚になりました。

辛い辛い5連戦でしたが、ホームで漸く勝利出来ました。

嬉しい勝利でした。

(でんぐり)&(おんぶ)での記念撮影

Photo_20220509113601 Photo_20220509113602

この日は、オシムさんと同じ年だとおっしゃっていたSさんが、ようやくフクアリで観戦されました。「次も、来ます!」と言われ相変わらずお元気そうで安心しました。

「私には時間がないのよ。早くJ1に行ってくれないとね!」そう言ってらしたSさんが、オシムさんのセレモニーの日に帰ってきてくれました。

続けましょう勝利を!

WIN BY ALL!

 

 

 

 

 

2022年5月 5日 (木)

勝利はどこかに置き忘れたか!

はじめに

IVICA OSIM 氏のご冥福を心よりお祈り申し上げます

常に、JEFのことを気にかけてらしたそうですが、良いご報告ができないまま天国に旅立たれたことが悔しいです。こんなにひどい状態のJEFであることが情けなく思います。

大分戦は、ホームで惨敗を期しました。

徳島戦では少しは希望が持てるような試合をしてくれるかと思ったのですが、まとまりのない攻撃でゴールの予感さえ感じられませんでした。

サウダーニャ選手とチアゴ選手は、言葉が通じても攻撃の相性が良いとは思えませんが。

川又選手と契約した理由は、何ですか?昨シーズンも一試合も出場がありませんでした。今シーズンも試合に出さないつもりなのでしょうか?

壱晟選手も出して欲しいです。シュートの意識の高い選手です。

風間選手も、もう少し長い時間出して欲しい選手です。

疲れ切って実力を出し切れない選手達を使って、それで惨敗するのではやり切れません。

キャプテンシーのある秀仁選手がベンチにもいない。若い西久保選手はどうしてますか?ソロモン選手は、、、

尹晶煥さんにも、チャレンジ精神が欲しいですね。選手達に集中力を要求するのは当然ではあるのですけど、監督も、、、

友人たちが、試合に負け続けていることで希望を口にしなくなっています。そういう私もそうなのですが、このままではJ1昇格どころではありません。J3に飲み込まれそうで気が気ではありません。

でも、応援することしかできませんからフクアリに行きます。

勝ちましょう!

今日見つけた四葉のクローバーと五つ葉のクローバーをupしておきます。

幸運の四葉と、財運の五つ葉と言われているようです。五つ葉の方はこっそりしまっておくと悪い意味になるそうです。

すぐに押し葉にしました。頑張っている人に届きますように!

4_20220505002601 3_20220505003801

そして、ゴールデンウィークに咲くゴールデントランペットツリー

JEFカラーの黄色、華やかな花です。

Photo_20220505004201 2_20220505004201

気持ちを切り替えてがんばりましょう!

 

 

 

2022年4月30日 (土)

カテゴリーの違うチームと闘っているようでした。

惨敗!

目の前での惜しいシュートは1本くらいかな?

スタメンでは田口&アンドリューの最強タッグは組めなかったし、集中してないのかミスをしては頑張っている選手の足を引っ張っているとしか思えないメンバーもいるし、、、頑張れる選手だけを選出してピッチに送り出してほしいと思いました。

終盤、全く定位置を決め込んで走らない選手がいて、何故交代させないのかとモヤモヤしていました。その選手はそのままで今に至ってJEFに加入したのか?それで良いという約束で加入したのか?やり切れない気持ちが沸々と沸いてきました。

「大分は強かった。総じて強かった。」そんな感想です。

生き生きと伸び伸びと、実に気持ち良く走り続けていました。

一方的な試合だったと思います。(ただ、也真人選手の活躍をみる事ができず残念でした。)

あれでは得点はできません。観客が集まると勝てないジンクスも、いい加減破って欲しいです。

それから、今節また、観客とGKの新井選手が言い争いをしていました。

どっちもどっちです。

今日も、アンドリュー選手が後ろから体を抱え込むようにして制していました。福満選手、米倉選手も新井(GK)選手を制するように囲って歩いていました。

選手達の後ろにスタッフが一人ついていましたが、今シーズン2回目のトラブルです。アンドリュー選手が制する側の選手になったんですね!JEFの最古参としての自覚でしょうか!田口選手の時も今回もアンドリュー選手でした。

不甲斐ない試合後は、観客にはいきり立つ人も出るだろうと分かると思います。通り過ぎることができるようにならないと、ですね。

「次は絶対に勝つ!」と一言言って通り過ぎるようなプロになって欲しい!私の希望ですが。

当事者が不愉快であるより以上に、周囲がより不愉快になることを双方ともに分かって欲しいです。

今日勢揃いしたJEFアカデミーの選手たち、すべて見ていたでしょう。

試合結果もそうですが、今日を、どう思い何を感じたでしょうか。

悔しい結果でしたけど、みんなで良い方向に向かって進めるように努力しましょう!

次、頑張りましょう!

Photo_20220501135501  

WIN BY ALL!

試合前に、両チームに所属したことのある竹内彬選手の挨拶(ビデオ)がありました。挨拶の途中、大分サポさんの太鼓の音にかき消されてしまいました。残念過ぎます。リスペクトは、、、

****************

今朝、千葉市内から見た富士山の写真を載せておきます。この写真のようにすっきりした気持ちになりたかった!

Photo_20220430225501

 

2022年4月28日 (木)

レノファ山口戦2‐0で勝利!

複数得点で勝利!

勝利した日は、すっきりした気分で黄色いユニTを着たままで帰ります。

“久しぶり久しぶり”と足取り軽やかに駅の改札を過ぎ、小路を抜けていつの間にか、オートロックもエレベーターも。

、、、「早かったね!」と言う言葉に「でも、勝ったのよ!」と応えていました。

コロナ下で勝利の余韻は帰途で消化して、スタジアムには長居しませんのでその分早めの帰宅になります。

“勝利した日は、降車駅には黄色のJEF サポさんが多い”と友人が笑顔で話していました。私たちのような気分で帰りの電車に乗り駅に降り立つJEFサポさんが多いようです。

試合は、相手チームがセカンドボールを持つ場面が多かったように記憶していますし、単純になパスミスも目につきました。

攻撃の形が作れるのだろうかと少々不安でした。

“前節の高木選手よ再び!そして、少しリラックスできてるだろう見木選手がいてくれ!”そんな気持ちで拍手に力が入っていました。

先ず、先制点を!そんな気持ちでした。

徐々に自分たちのペースを取り戻していましたが、ただ、やっぱり決定力に問題かという場面が散見されていました。DAZN観戦中の先輩からは、珍しく試合途中でラインが来ました。17位と言う順位に少々苛立ちがあるのかもしれません。

勝って欲しい、今日は!そんな気持ちが響いてきました。

そして、待望の得点シーンが生まれました。

40分新井一耀選手から高木選手へ。オフサイドポジションにいたアンドリュー選手が手をあげて戻ってくる中、高木選手が出したボールを福満選手がマイナスの方向へ、それを見木選手がゴールへ蹴りこむが、GKの胸で弾き返される。見木選手がそのボールを再度ゴールへ流し込んで先制ゴール!

「ゴーーーール!」蒲さんの伸びやかな声がフクアリに響き渡りました。

そして5分後

サウダーニャ選手から見木選手へのボールは、相手DFとぶつかりそうな位置でしたが、見木選手の最高の判断で鋭いパスを高木選手に出すと、それを前に出しながら体を回転させてドリブルでゴール前へ、相手DFと並走気味に持ち運んだボールをニアに蹴りこんで素晴らしい2点目でした!

最高の喜びが、フクアリいっぱいに満たされていました。

後半は、守り中心の攻撃だったのでしょうか。

素晴らしい時間でした。

最終盤は、太鼓と拍手の大脱走が始まりました。声を出したい気分に駆られながらの応援でした。

勝利後のでんぐり、ラインダンス、ゴール裏と選手たちの記念撮影!

選手達は、子供たちが向けるカメラにポーズを取ってあげていました。

素晴らしいフィナーレ!

今日は、若い女性が大旗を振る姿が印象に残るほどカッコ良かったし、大学生たちがPCなどを駆使して作り上げた選手たちのフラッグも多く貼られていてそこにも感動しました。

次も勝ちましょう!

 

 

 

2022年4月26日 (火)

稲毛海浜公園、連休営業に向けて準備中

ゴールデンウィークには、公園内でキャンプができたり、いなげの浜のデッキが完成したりと楽しいことが待っていそうです。

様子を見に2回ほど散歩がてらに行ってみたのですが、身近で安全な場所でのキャンプは楽しそうです。

桟橋がもうすぐ完成。

Photo_202204261312012_20220426131701

いなげの浜から見た桟橋

Photo_20220426131501

公園の中のキャンプ場、 入口付近の植栽 (アカシアテレサ、ブラッシノキ 他)

Photo_20220426132001Photo_202204261322015_20220426132701Photo_202204261324013_20220426132501 

別の入り口から

Photo_20220426133001

中に入ると森への小路もできているようでした。そのすぐわきの森には、ビニールシートのテントがいくつかありました。

いつも談笑しているおじさんたちの居場所なのかも、、、

Photo_20220426133201Photo_20220426133301

案内所

Photo_20220426133501

公園までの道路沿いに咲いていた花もご紹介します。すずらん、ツリガネズイセン(=ブルーベル)

Photo_20220426134201 Photo_20220426132101

ゴールデンウィークは、安心して楽しめますように!

2022年4月24日 (日)

高木俊幸選手が、ようやく持ち味を発揮して1GOAL!

“上位に引き分け下位には負ける”現在のJEF!

果たして、東京Vとはどれだけ戦えるのか? そんな気持ちでした。

今の私は、どこのチームと戦う時でもワクワク感のないまま観戦していて、それなのに応援も止められず潔さがありません。でも、たぶん、それは、JEF友がいてくれるから留まれているのだと思っています。

アウェイの今日は、DAZN観戦でした。

これからの季節は、しばらく暑さと湿気との戦いになりますが、味スタがそんな季節の始まりだったようです。

前半、見木選手がドリブルで独走!

GKと1対1の決定的な場面を外してしまいました。凄いプレッシャーの中で戦っているのだろうなと思いました。

後半、待望の先制点が生まれました。けど、JEFに入団して初ゴールを挙げた高木選手に笑顔がありませんでした。ようやくGOALできたという心境かもしれません。FWとして、得点できなかった責任を感じていたのかもしれません。

高木選手のゴールは難なくやり遂げたように見えましたが、素晴らしい駆け引きがあったようです。これをきっかけにFWが当たり前のようにゴールを決められるようになったら、競技場へワクワクしながら通えそうなんですけどね。水曜日は、期待してフクアリに行こうと思います。

用事があってDAZN観戦もできなかった友人から、LINEがありました。

友人:また引き分けかよ!

私:見木選手が決定機を外して、落ち込んでいるかも

友人:用事があって見れなかった

私:見木選手は、高木選手が決められるようになったから、少しリラックスしてできるようになるかも。

  そう思いたい!

友人:そう願う

そして、コロナの所為で家族からフクアリ観戦を止められているS大先輩とのLINE(LINEを楽しみにしてくださっています)

1650776154795

Sさんは、臨海時代からのサポさんです。早く安心してフクアリでお会いできますように!

そして勝利が届けられますように!

 

 

2022年4月16日 (土)

また、最下位のチームに完敗

大宮が弱いチームだとは思っていませんが、毎シーズンのように最下位のチームに負けているような気がしていて、今節も落ち着きませんでした。その嫌な習慣はいい加減にして欲しいのですが、今シーズンも当たり前のように同じことを繰り返しました。

絶対に負けないという気持ちが伝わってきませんでしたし、覇気の面でも、物足りなさを感じる悔しい結果でした。

そんな風に、選手達の緩さを感じていたのは私だけでしょうか。

早い時間帯にゴール近くでのミスから失点しました。余裕があり過ぎたのでしょうか。後手に回っての動き出しでは阻止できません。

また、ところどころで連携が上手く作動せずにチャンスを潰したりするシーンもありました。

「どうして?」と言う思いがします。積極性がありませんでした。

後半から、米倉選手と塁選手が投入されて「正解!」と声に出ました。それでも思い描いたゲームはできませんでした。

何度かあったチャンスもものにできず、同じ選手に追加点を取られ、守備が固いと自信を持っていたチームが2失点もしました。

漸く本気を出し始めたのは、終盤近くでした。これも過去に何度も経験しています。

「もう少し早く本気出そうよ!」そんな気持ちです。87分に一耀選手が1点を返しましたが、反撃とまではなりませんでした。

1週間後、アウェイ東京Vとの戦いが待っています。昨シーズンは、5ゴール取って勝ったと思いますが今シーズンの東京Vは強いチームに生まれ変わっています。意地を見せて勝ち点3を取ってフクアリに戻って来てほしいです。

********

きれいなお花で心を癒してください。

Photo_20220416213201 Photo_20220416213202

 

 

 

«圧倒していた中での失点からアディショナルタイムで劇的な同点弾!