2020年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

2020年2月24日 (月)

米倉選手JEFに戻ってきてくれてありがとう!

いよいよサッカーシーズンの到来です。わくわくさせてくれるJリーグが始まりました。

フクアリは、コロナウィルスを警戒してみんなマスク姿でした。

私の抽選番号は、今までになく大きい数字が割り当てられていましたが、知り合いを探し回わらずに一人で入場することに決めました。

入場前の11時過ぎには、勇人さんと≪UNITED! ≫ !

終了後にも行われたと思いますが、ファン・サポーターとの触れ合いを大事にしようとされているのだと思いました。勇人さんの存在がファン・サポーターの不満解消につながれば良いなと思います。

2_20200224094301  

いつものフクアリ南側スタンドは、ぽかぽかとしてお昼寝タイムが来そうな暖かさでした。でも、じっとしていると突き刺すような日差しにタオマフをのせなければ膝が火傷しそうでした。が、日陰になっているスタンドはどうでしたでしょう?

メイン側スタンドは、黒っぽい洋服が目立ち黄色に埋め尽くされたとはとても言い難い光景でした。そこがいつものフクアリとは違っていました。

ピッチ内も明るい光に満ちていました。

( 明るい光の中での散水と試合前練習の両チーム↓ )

3_20200224095201 4

ビッグフラックの下↓

5_20200224101101

ビッグフラックの下になるとセレモニーが何も見えません。ちょっと寂しい・・・

シーズン初戦は、船山選手がスターティングメンバーはおろかベンチウォーマーに終わり、これが尹晶煥さんのチームなのかなと思いました。

ベテラン揃いの中、新人はチャン・ミンギュ選手だけで、監督の思い入れの強さを感じました。

フクアリでの開幕は、久しぶりだったでしょうか?

いきなりのエンドチェンジには驚きました。

樋口監督らしくないな!と思ったのですがアンドリューキャップテンが勝って選んだエンドチェンジだったようですね。特にGKへの配慮だったのでしょうか。まぶしかったですからね!それとも、みんなで決めてたのかな? 聞いてみたい。

勝って選んだエンドチェンジも良いものだと思えました。(^^♪

そして、始まりました! J2リーグスタート!

スタート! いきなりゴール!!!!

田口選手から堀米選手、堀米選手のクロスの先に川又選手と米倉選手!琉球は、川又選手に注意が向いていたのでしょうか?米倉選手が、チャンスに空かさずヘッディングでゴール!!!!

キックオフから40秒も経っていなかったと思います。

エンドチェンジのおかげで、目の前で今シーズン最初のゴールを見ることができました。(アンドリュー選手ありがとう!)

「ヨネ君、JEFに戻ってきてくれて本当にありがとう!」

結局、その1点が勝敗を決めました。

特に後半は、ずっと押し込まれていたと思います。それに、新井GKはゴールキックを悉く相手の前に蹴りこんでいましたしスローイングも相手に取られている場面が多かったと思います。

それでも、崩れることなく全員がよく走っていました途中負傷交代した一耀選手の頑張りには心を揺さぶられるものがありました。交代で入った増嶋選手は、いつもそうですけどピッチ上のコーチでした。相変わらず頼もしい存在です。

攻撃人には川又選手が加わったことでずいぶん厚みのある攻撃ができるようになったと思います。期待どおりでしたクレーべ選手の1トップでは全くゴールの匂いがありませんでした。クレーべ選手が孤立してたり、潰されて終わりになったりしていたことを思うと、攻撃のできる米倉選手も加わって二人三人とゴールに走りこむ姿を思い浮かべてワクワクしてきます

そんな攻撃ができるようになるといいな。シーズン初めは毎回毎年期待に満ちていることが多いですが、今年こそ!今年こそ!!!!

6

初めてのでんぐりに、時間がかかっていました。昨シーズンは殆どありませんでしたし、初めて見たいなものです。

7

ゴール裏正面では、肩を組んで選手とサポーターが向き合ってのパフォーマンス!

選手が帰りかけたところ、「ヨネ!ヨネ!」の声にすぐにやってきてくれた米倉選手!

8

「俺たち」「JEF!」をやりたかったといってくれて、力強い「俺たち JEF!」を何年振りかで聞けました。

昨シーズンは、クレーべ選手や船山選手は、自分のチャントを要望して心の通った「俺たち JEF!」はなったように思います。

9

来週も頑張りましょう!

UNITED!

(写真はクリックすると拡大します。)

 

 

2020年2月18日 (火)

医者嫌いな夫の健康診断その2-ポリープ手術

昨年9月、暑い日でした。

大腸がん検査のためにかかりつけの医院に出向いた夫です。内視鏡検査を受けるには前日は流動食、当日は下剤を飲んで出かけました。前以って看護師さんから「当日はご家族の方に迎えに来ていただいてください。」と言われたようです。

迎えに行くといっても、車はないし徒歩で行くだけでしたのでタクシーで帰ることになるのかな?

検査終わりを見計らって行ってみました。

待合室で待っていると、麻酔が冷め切らない夫が待合室に来、その後、麻酔から覚めると今度は診察室に呼ばれてゆきました。

検査をしながらポリープ切除をしたようでしたが、残っている大きいポリープは、出血等万一を考えて設備の整った病院でするように言われたようです。そしてこの時、後に入院することになる病院あての紹介状を書いていただくことになっていたようでした。(私は知りませんでしたけど、、、、(# ゚Д゚))

徒歩で帰るというので、そのまま帰宅することにしました。その前に、水分を取るように言ったのですが「いらない。」と拒否!

帰宅後、すぐに食事をしてベッドに入りましたが、やはり、、、

「脱水症状だったみたいだな。」と後になって、、、。

当たり前です。基礎医学に携わっていた人なら考えなくても分かるでしょう?と、、、私の言うことは素直に聞かないと改めてわかりました。以後、できるだけ強引にやります。

ただ、医師側は検査後に水分の補給を指示しないのでしょうか?検査終了後は、完全に脱水症状を起こしていると思います。下剤を飲ませて検査をしていますからね!ましてまだ、暑い時期でしたし、、、。

検査結果は郵送でした。幸い大腸がんの所見はありませんでした。

次に、ポリープ手術のために紹介された病院に行くことでしたが、なんと本人が行くことを承諾した時は年を越していました。

肺癌のCT検査を済ませた翌日、紹介状をもってK病院へ!

その一週間後(時間指定)、入院日が決まるという日でした。自転車で行くはずでしたが外に出ると雨が降り出してきました。そこで急遽タクシーで行くことになりました。

寒い日でしたのでコートは一番暖かいカシミヤを着ました。

この予想外が重なったことで、不機嫌極まりない面持ちでの帰宅となりました。

病院までの距離を正確に把握していなかったことが、不幸でした。(我が家から眺めていると病院はかなり近くに感じられます。)

帰りは、バスもタクシーも居なかったというので徒歩で帰宅。「一時間近くかかったし(実際には30分くらいですが)、コートが暑すぎたし、入院に必要な流動食や下剤(500cc)が重くて持ちにくいし、雨で歩きにくいし、、、、」と不満の塊のようになって帰ってきました。

(我儘すぎます。)

本当に如何したもんでしょうね子供たちや友人たちからは、私が甘やかしたからだと言われた事があります。(はあ?私の所為?)

「タクシーは呼べなかったの?」と聞いてみたのですが、そういう面倒なことは一切したくない人です。それに、もっと距離が近いという感覚があって徒歩で帰宅したのだと思いますが、1か月後の入院が思いやられました

それまでにいろんなバージョンを考えておかなければなりません。

当日朝、下剤を飲んで病院まで行くことになるでしょう。

タクシーがいなかった場合。そして、雨が降っていた場合。予約時間に間に合うようにいくにはタクシーを予約しておこうか?そこまでしなくて良いといわれそう。とかとか、、、

また、退院時のタクシーは調達できるはずだけど、どこのタクシーが良いのか。どのタイミングで呼べば良いのか。

考えると憂鬱でした。

それでも、入院時に着る肌着やパジャマの準備等は自分でやっているようでした。最後の確認をさせてもらうと、肌着の代わりに着古している黄色いTシャツ、履き古した靴下。適当でびっくりしました。嘗てもし私が、同じような準備をしてたとしたらどうだったでしょう?何を言われたでしょう。

私「肌着は無かった?靴下は?」

夫「あるよ。」と出してきました。

そして、入院の前日。

提出する書類に目をやり、保証人の勤務先の正式名称と住所に電話番号と印鑑が必要だから、夜に電話して聞こうというのですが、これにも驚きました。(準備は早めに!!!!)

仕方がありません。息子にショートメールを送り義理の娘にはLINE送ってみました。息子からはすぐに返事が来てやれやれです。関西方面に出張中で乗換駅で返信してくれたようです。助かりました。

扨て、入院当日です。

雨でした。タクシーがいません。「トイレに行きたい。駄目だ。いったん帰る。」と言われ、「そこ(24時間営業)のお店で借りられない?」と言いながら歩き始めたところに丁度タクシーが来て「良いところに来てくれた。!」と安どの夫。

予約時間に間に合いました。手続きを済ませ30分後に案内が来るまでロビーで待つことになりました。夫はトイレに行かなくても大丈夫だったようです。

ロビーには、ボランティアの名入りジャンパーを着た方が配置されていましたボランティアさんがいるんだ!さすが千葉市! 嘗てPCボランティアをしていたのですが、こんなところにもボランティアさんが!とちょっと感動でした。

タクシーのこと、初めて見る会計方法、自転車置き場の場所など、、、、。あまり詳しい方ではありませんでしたがボランティアさんありがとうございました。

30分待ったところで、病室に案内されました

一部屋にびっしりと、カーテンで仕切られたベッドがギリギリの数並べられていました看護師さんによって、タイムテーブル的な予定の説明がありましたがご多忙なのでしょうどこの病院で経験したよりも早口でした

そして、手術室に私も入るかと聞かれこれも初めてのことで二度びっくりしました。入らないと答えると、「手術の時間は私には分かりませんこの後薬剤師が持病薬の確認に来ます。薬は個人で管理してください。2時から3時の間に退院後のお食事の説明がありますので、その時は奥様が同席してお聞きになった方が良いかと思います。」にこやかに話し終えると外で待っていた薬剤師さんが代わりに入ってきました。私は外で待機。そのあと退院後の食事のアドバイスをお聞きして私は、一旦帰宅。

病院内は、アリの巣かモグラの巣のようで、そのうえ単一的なドアが並び病室もそのほかの部屋も近くに行って番号を確かめなければ分かりませんでした。方向音痴の私は迷子になりうろうろしていると「そっちの方には病室なんかありませんよ!」と若い看護師さんに怒られてしまいました。

方向音痴は最弱点です。

外に出ると雨は、すっかり止んでいました自宅まで30分です。爽やかな気分で歩くことにしました。

途中の道路が工事中で、そこをよけるように歩いてゆくと自宅よりも一区画先に進んでいました。

ゆっくりする時間はありませんでしたが、食事を済ませて再び病院へ!

2時ちょっと過ぎていました

手術が終わって病室に戻ったところだったようです。手術は1時間かかり、大きいポリープを6個も取ったそうです。

その後、スタッフから退院後の食事について説明を受け、次に看護師さんから退院時間等の説明を受けたのち帰宅。

その時にいただいたプリントです。手術の名称は ≪大腸ポリペクトミー・粘膜切除(EMR)≫でした。長い!

Img_1904

退院の日は、朝食後9時30分までに荷物をまとめ10時頃に会計の方が請求書を持ってくるので窓口で会計を済ませて終了、退院です!

翌朝、自転車で病院まで行きました。会計を済ませてタクシーを呼ぼうとすると、朝食がずっしり胃に来てるので歩いて帰るといわれました。私は自転車をひいて歩くことになりました。

やれやれ(>_<)

退院後の食事は、それほど気にしなくて良いとは夫の言い分です。お望みどおりにどうぞ!とはいえ、、、です。

14日間は経過観察です。切除した部分はホッチキスで止めてあるので、取れないように固いものや刺激物は食べないように飲まないようにですが、お酒は、、、

現時点で出血は全くないようですので14日後の完治報告を待ちましょう!(自分に言い聞かせています。)

 

 

 

 

2020年2月15日 (土)

医者嫌いな夫の健康診断その1- 肺癌CT検査

夫は、医者嫌いです。

係り付けのお医者さんにも協力していただいて、市の健康診断を何とか受けさせました。昨年の9月下旬のことです。

そこで、肺がんの再検査と大腸がん検診でポリープの切除を言い渡されました。

ポリープは、小さいものは検査しながら切除したそうですが、大きいポリープは設備の整った病院に行くようにということだったそうです。

早々に行って欲しい私と、できれば行きたくない夫の見えない戦いが続きました。

「気持ちの整理がつかないから、まだ行きたくない。」と言われては私の力ではどうにもなりません。

一向に腰を上げない夫に、私の自律神経が上手く作動しなくなり、これ以上伸ばしたら私自身が病院通いしそうだという危機感がありました。

そこで決心しました。病院に行く日を決めて前日に「明日行きましょう!」と初めて伝えました。

意外とあっさりOKしてやや安堵しましたが、当日になりました。

夫「今日は天気が悪いから明日一人で行くよ。」

私「お天気は関係ありません。行きましょう!一人でどこの病院?」

夫「紹介状を貰ってあるからK病院へ。」

私「紹介状貰ってあったの?」「あれから何か月過ぎてるの?期限はないの?大丈夫なの?」

夫「大丈夫だ。」

私「じゃあ、肺がんの精密検査の方が先でしょ!」

そして、以前お世話になったことのあるI病院へと私の意志で強行です!

先生はレントゲン写真を見ながら、精密検査が必要かどうか?という点では詳しく説明されながら、「癌ではないでしょう。どうされますか?せっかくだからやっておきましょうか?」に、「はい、お願いします。」ということで年が明けて1月早々にCT検査に臨みました。

後日、先生の予想通り異常なしという結果が出ました。

「お年を取られた先生だからか、しつこいくらいに説明をしてくれた。」辟易としたように言う夫に「先生は一般の患者さんにしてることをあなたにもして下さったの。あなたが医療の基礎を知ってるかどうかじゃなくてね!私ならそう言う説明を受けたら安心できるしありがたいわ。」どんなに丁寧に説明をしてくださっていたのでしょう。申し訳けない気持ちです。

ただ、レントゲンに写っていた影のようなものは何だったのか???

2年前までお世話になっていた先生は「これは違うでしょう。」と結論づけて精密検査を進めなかったものだったと、所見なしになったところで夫が言いました。

「本当に、なんなのよ! 気持ちの整理がつかないからだとかなんとか、、、、分かっていたことはちゃんと教えておいてよ!なんでも早め早めにすませて!私の自律神経が狂いだすわよ!」

次は、ポリープの手術が!

 

 

 

 

2020年2月13日 (木)

公園に咲く河津桜

雨上がりの公園に咲いた河津桜

北関東に住む娘にLINEで送ると ≪ すごーい!きれい ≫ と喜んでくれたのでUPしてみます。

春です!

 Img_1893Img_1894Img_1895

写真をクリックすると拡大します。

2020年2月10日 (月)

千葉銀カップ完敗でも、今シーズンの成長が楽しみです

待ちに待った千葉銀カップ!

ホームゴール裏は日差しがたっぷり、ぽかぽかと春の陽気でした。

前日の神戸vsマリノス戦は点の取り合いで楽しい90分間でしたが、PK戦は最悪でした。

「これ!世界に配信されるの?日本一を決めるJリーグの戦いなのにPK戦がこんなにお粗末?」そんな感想を抱きました。

マリノスとJEFを応援しているサポさんが、埼スタでかなりのショックを受けてフクアリに来場!

当日フクアリでは、試合に先立って新しいビジョンでトークショウが映し出されました。色がきれいでとってもクリア!

22_20200210094501

ビジョン下の柏サポさんは寒かったでしょう。日陰のままでしたね。

JEFの団体サポさんが、応援歌を量産したようですが歌詞カード配布が終了していました。

写して行ってください。と言われたので撮ってみました。

Photo_20200210100901

私たちの後ろにいた少年がきれいな声で歌っていて、おかげで、私たちは大体覚えたかな?くらいの感覚です。

最後に前列のおばさんたちで、お礼とお褒めの言葉を。

試合が終わるころにはだいぶ寒くなっていましたので、薄着で震えていましたね。爽やかなかわいい中学生(?)だったでしょうか。風邪を惹きませんように。

ピッチ内練習も暖かそうでした。

Photo_20200210094701

J2最強チームだった柏はJ1へ、そしてやっとJ3降格を抜け出したJEFは辛うじてJ2に留まったところでの千葉銀カップ戦でした。

昨シーズンの強さそのままの布陣で試合に臨んだ感のある柏に、どれだけの力を発揮させてもらえるのか不安と期待をもってキックオフを待ちました。

この試合では、元JEFの高橋峻希選手と北爪選手が敵として戦いました。

中村GKは、後ろ姿にも自信が溢れているように感じました。

前半早々に、オルンガ選手とクリスチアーノ選手にゴールを決められたときは「JEFは、何にも変わってない?どれだけ得点を積み重ねられるんだ?」と、楽しみにしていた部分が削げ取られた気分でした。

やっぱり、CBはまだ最弱なのか?連携の部分での絆ができてないようです。ほかの選手も試してほしかったな。心残りです。

0-2のまま前半が終了!

後半途中から、川又選手が入りそして見木選手と為田選手が入るとかなり雰囲気が変わりました。

戦える布陣になったのか?

川又選手は、クレーべ選手と違ってよく走り攻守両面で頼もしい存在でした。ジュビロを退団になったときにJEFに来て欲しいと思った選手でした。それが沖縄のキャンプにいると知ったときは、是非是非加入してほしいと思っていました。シーズンが楽しみになった一つの要因です。

見木選手は、やはり練習生の時に見つけました。(笑) 今シーズンも楽しみな選手です。

後半は、落ち着いてゲームができていたのでしょうか。残念ながら得点はできませんでしたけど、前半のように呆気なく決められることもなく0-2のまま終了しました。

守備もまだまだですが、特に攻撃がまだまだですね!頑張ってほしいです。

それから、JEFの為田選手も気になりますが、柏の守護神中村航輔選手が心配です。大した怪我で無ければと思います。

柏は、J1でまた優勝を狙って戦ってください。

JEFは、安心して戦えるチームになってほしいと思っています。

Photo_20200210111201 Photo_20200210111202

頼もしい選手が沢山います。その選手たちを一生懸命に応援してゆきましょう!

WIN BY ALL!

2020年1月16日 (木)

イ・ソンジェHCの「アイゴー」に思わず反応した私(笑)

寿人選手と浩平選手が「ケンチャナヨ=大丈夫です」と韓国語を言いながら歩いている後ろを、「マシッソヨー=美味しいです」、「アイゴ=呆れた時などに発する言葉」をスマホに向かって言いながら歩いているイソンジェさん。

怪訝そうに振り返っている二人が可笑しくて何度もリピートしてしまいました。

”アイゴー”は”やれやれ”と翻訳が出たようですが、しっくりしないのでしょうか。「やれやれ」?といった感じ。

その後、撮られていることに気が付いたのか引き返して行ってしまいました。

HCは、「アイゴー」ということが多いのでしょうか?

「ノム チョア!=とっても良いよ!」の言葉が聞けるように、頑張れ!選手!頑張れ!イソンジェさん!

私の隣では夫がWIN7でゲームをしようとしたらしいのですが、いきなりエラーで「アイゴー」状態でした。面倒なことは一切しない夫がシャットダウンしようか?と聞いてきた。現役時代は論文を書いているだけで、一切パソコンのことは分からない人です。すべて人任せ、、、

私の方が、困りもののパソコンに何度も遭遇してきましたので、私がやらなければ始まりません。結局システムの復元をしたのですが、ゲーム後にシャットダウンしようとするとまた”インストール”が始まりました。

ケンチャナかな?アイゴーとは言いたくないなー。

WIN7頑張れ!

 

 

2020年1月11日 (土)

2020初ユナパ

金曜日ユナパへ、初練習見学です。

監督によって練習風景は違うものですが、尹晶煥さんの練習は気を抜いてる瞬間さえなさそうです。

緊張感に包まれ、今までの和気藹々感は全くありません。

それは違うといわれるかもしれませんが、部活の時の練習を思い起こしました。

尹晶煥さんのトレーニングは、スピード感が違います。

全員が一斉に同じメニューをこなしていた時、優也選手の機敏さと柔軟な体の動きに驚きました。いつ試合が始まっても準備はできているように感じました。

ロングパスの練習を見ていて感じたことがありました。

足に吸い付くようにピタッとボールを止める選手と、身長分くらい弾いている選手がいて、その時の状況に応じて使い分けられるのかなと思いながら観ていたのですが、違う気がしました。

ボールを足元にピタッと止められる選手は、たぶんボールの力を瞬時に体で吸収する術を知っているような気がしました。そういう選手はボールの勢いも利用できるし、勢いを殺して優しいパスを送ることもできる選手なのだろうなと勝手に感じていました。

サッカー素人の感じ方なので、違うかもしれません。

美しいボール捌きをしている選手は、全身の使い方が上手で目が離せなくなります。これが、素人の私がサッカーにのめりこむ要因の一つなのかもしれません。

金曜日の午後は、2時間たっぷりの練習でした。

ファンサに来てくれた時は、薄暗くなっていましたが練習の厳しさが選手の表情から感じ取れるようでした。そこが、今までとは大きく違いました。

晟選手は、コーチと二人で別メニューをこなしていました。山形では怪我が多く思うようなシーズンではなかったようですが、しっかりと治してピッチで活躍してほしいと思います。(全体練習への復帰も間近と見ました。)

見学するサポーターが多かった金曜日でしたが、米倉選手のファンの方が一人遠方からやってきていました。

私は、今年のアンドリュー選手は去年のように体調を崩していないか少し心配していました。通り過ぎようとしたアンドリュー選手を呼び止めると気が付いてくれて「お久しぶりです!」と笑顔が返ってきました。「体調はどうですか?」と聞くと苦笑いしながら去年のことをちょっと口にしました。今年は大丈夫そうです。安心しました。

暗くなる中、Nさんの車に乗せていただいて家まで送っていただきました。車に弱い私が何とか我慢できる限界時間(二駅分)でした。とはいっても3分と持たない時もありますので、その日の体調次第かもしれません。

その日に撮った写真をNさんから送っていただいて私たちの長老Sさんには米君と壱晟君の写真を送ってあげました。喜びのスタンプと坂本コーチいました?というお言葉が。気になりますよね坂本隊長!

独特の声は聞こえませんでしたが、坂本コーチもお元気でした。

今年こそ!今年こそ!期待しましょう

Img_1824-2

 

 

 

 

 

2019年12月11日 (水)

〝ピラティス”を始めて一年未満ですが、長年使い続けている体が矯正され始めました。

嬉しい体現です。

大層な変化ではありませんが、2019年1月から12月まで通った〝ピラティス”の成果が出てきています。長年使い続けている体が矯正され始めたのです。

そこで、誰も望んではいませんが、、、

私が応援してやまない〝JEFUNITED市原・千葉”は、ちっとも自己総括しませんので、私のピラティスの一年弱の総括(笑)を書き留めておきます。

ピラティスを始めた切っ掛けは、目の前の公民館で体操をしているという方に誘われて行ったところが、なんとシルバー体操!

私もシルバーではあるのですが、10歳くらい年上の先輩ばかりで、中のお一人が全く人の話を聞かずに勝手なふるまいばかりでストレス過多になり、辞めました。そして見つけたのがピラティスだったのです。

ピラティスとは?(名前も知りませんでした。)

インナーマッスルを鍛える運動で、第一次世界大戦でドイツの従軍看護師のピラティスが負傷した兵士のために行ったリハビリから始まった運動だそうです。寝た状態から立って歩くまで。と、インストラクターのお言葉です。

ヒーリング音楽を静かに流し続ける中で、仰向けになり常に腹筋を意識しながら脚を伸ばしたり、、、深い呼吸を心掛けながら腹筋を上下に動かしたり、股関節を回したり、、、足指はしっかりと床をつかむようにとか、体を動かす上での基本を意識しながら一時間を過ごします。超初心者のピラティスですから誰でもできることだろうと思います。

ピラティスを始めて一年弱です。

一番難問の腹筋が少しついてきました。始めた時は、感覚的に私の腹筋はゼロでした。胃のあたりのふっくら感が少しなくなりました。

一番驚いたのは、歩いている時の癖がなくなったことでした。歩いていて、左足先が内側に向くことが悩みでした。直そうとして挑戦したのですが気にし過ぎて疲れたり痛かったりで諦めていましたが、2か月前くらいに左足も右足同様につま先がまっすぐに前を向いていることに気が付きました。硬かった股関節が滑らかに動くようになってきたためだと思います。

3つ目、病的な肩こりの回数がぐっと減りました。

週一で一時間を、10回×4=40(時間)でしたが、朝起きる前に30分間はほぼ毎日続けています。

その成果が出ました。

これからも続けます。たぶん、しばらくは超初心者クラスに留まる予定です。

無理せず楽しくをモットーに!

 

 

 

 

 

2019年12月 3日 (火)

大きな大きな虹の橋 (天空のmakoさんへ!)

午前7時前に大きな大きな虹がかかりました!

大きすぎて、私の小さなデジカメには収まりませんでした。

二重橋です!

左端は東京湾、右端はビルです。

(写真はクリックすると拡大します。)

 

Img_673920 20

15 15_20191203101001

瞬く間に消えました。

でも、何か良いことがありそうで、、、

*************

天空のmakoさん!

美しい大きな虹をご覧になれましたか?

何年か前に、マンション前の公園に大きな大きな虹がかかりました。

makoさんが素晴らしいカメラですべてを写して、ブログにアップしてくださいました。

美しいお花畑や自然を撮り続け楽しませてくださったブログは、今年の1月で止まったままです。

makoさん、ありがとうございました。

 

2019年11月25日 (月)

2019年最終節 せめてこの試合は勝ちたかった。JEFらしい負け方で幕

ロングホイッスルと同時に「今年一年を象徴するような試合。全然ゴールの匂いがしなかった。」とNさん。

私「こういう試合に負けて終わる。JEFらしいわね。」

フクアリ全試合を観戦し、辛すぎた2019年でした。

ずっと見続けた選手たちのプレーに、賛辞を贈りたい選手もいれば相手のファールをアッピールしてないで速く連係態勢になって!と言いたかった選手も、、、それはいつも同じ選手だったことが頭をよぎります。

そういう選手の人間性を見抜けずに、個性と称して実力だけを重視して入団させることが良いとは思えないのです。

そのうえ、キャップテンシーのある選手が常にピッチにいただろうかと、否、居なかった。それは大きな穴だったと思えるのです。ゲームをコントロールできるような選手が常にいてこそ、チームとして成り立つものだと思います。

攻撃が画一的でアイデアに乏しく発展性を感じない中で、何とか頑張ろうとしていた選手がいても共有できなかったりで、とうとう最後まで完成形に至りませんでした。

非常に寂しいシーズンでした。

佐藤勇人選手のセレモニーは、試合前からスタッフ、サポーター、そしてJR蘇我駅の皆さんと一丸となって執り行いました。

蘇我駅では勇人選手の挨拶、そしてテロップを流して下さったり、駅でできる限りのことをしてくださっていました。本当にありがとうございました。

試合前のフクアリには、山岸、ストヤノフ、深井正樹、鈴木(隆)、元選手の皆さんが、、、。

そういった意味では素晴らしい最終節でした。

*今回の写真を載せておきます。

試合前、ゴール前でインタビューされてるレジェンドお二人

Img_6628

試合終了後は、選手が場内を1周。淡々と1周。

其の後の勇人選手のセレモニーは、素晴らしかったと思います。

ビッグフラッグは、アメグレと共に下から支えていました。(ここで下世話なことで申し訳ありませんが、10数万円の赤字だそうです。寄付を募っていました。あの時の、一口500円では足りなかったのですね。)

Img_67152

セレモニーでのご挨拶

勇人選手らしい厳しさを自分に課しているような挨拶でした。(JEFツイッターのYouTube等でご視聴ください。)

アカデミーの後輩たちへのメッセージ、「次は君たちが云々、、!」きっと心に響いたと思います。そういう言葉でした。

(因みに シーチケなどのゴールド会員は、アカデミーの支援をしています。)

Photo_20191125153701

ゴール前のお立ち台では、(ここにいる選手たちがやってくれる。と残った選手たちへの期待の言葉(プレッシャー)がありました。)

Img_66952

”のユニホームを着た選手たちが勇人選手を胴上げ

Img_671122

寿人選手と勇人選手

22

Img_67252

さよなら 私たちの番!

次の世界へ!

*******

江尻さんがゴール裏に謝罪にお見えになりました。

Img_67272

サポリーダーさんが、「二度も火中のクリを拾ってくれて云々、、、」(お礼と慰労)

Photo_20191125160001

江尻さんの勇気ある「お言葉」と美しい「礼」

ありがとうございました。

追伸:写真はクリックすると拡大します。

*******

*男性用折り畳み傘の忘れ物をスタッフにお預けしました。

ホームゴール裏二階席の下に落ちていました。黒いクッション入りケースに入った高価そうな傘です。

黒いケースに白字で newdora と入っていました。お心当たりの方はJEFへ!

*東京V戦の日に拾ったミッキーマウス(JEF仕様20㎝位)は、遅くなりましたが最終節にようやくお届けしました。

前回の記事をアップした際にお知らせ済みです。お心当たりの方はJEFへ!

«頑張って戦っていたとは思うけど、やっぱり何かが足りないJEF