2024年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

2024年7月11日 (木)

ワクワク感が止まらなかった天皇杯!

始まる前から、ワクワク感が止まりませんでした。

リーグ後半戦の途中にやってきたJ1チームFC東京との闘いでした。

脳裏に残るのは、軌跡の残留と言われたFC東京との闘い、そして翌年最下位でJ2に降格したという苦い経験。

FC東京がJ2に降格した年の“1年間よろしくお願いします”と言う弾幕の決意のまま、二言あらずとJ1に帰って行ったFC東京!

そのチームと戦えるワクワク感です。

スターティングメンバーもSUBも、知ってる選手の多いことに思わず苦笑いしたくなりました。

でも、“東京なめンなよ”は分かりません。

1_20240711095701

FC東京のチャントに追随して、同じメロディのチャントを歌い拍手を送るJEFサポーター!

なんだか始まる前からほっこりしました。

今シーズンは、岡庭選手と品田選手をお借りしてます。ありがとうございます。羽生さんは未だFC東京に係わっていらっしゃるのでしょうか!

試合は始まって8分、競り合いで佐久間選手が負傷交代。漸く来たチャンスがつぶれてしまいました。佐久間選手がんばれ!

代わって投入されたのは、田中選手でした。疲れがたまっているだろう田中和樹選手の頑張りに期待しました。

6_20240711101701

後半に入って即、松木玖生選手に先制弾を決められてました。ちょっとした緩みを見逃しません。

どれくらい闘えるのか、未知数のJEF FWの選手達!

ベンチには田口選手が控えてくれていました。飛絢選手もいます。

強さを見せ始めたと思われるJ1クラスへの挑戦でした。

そして79分

林選手が同点弾を決め、15分ハーフの30分間に突入することになります。

7_20240711102701

90分間は、7番の松木選手の焦っているような動きが気になりました。

電光掲示板は、リーグ戦と違う表示で新鮮ですが、何故違うのでしょうか?

因みに↓は飲水タイムの表示です。

Photo_20240711103401

そして遂にやりました。延長前半の呉屋選手の勝ち越し弾でJEFは勝利しました。

Photo_20240711105501

FC東京のサポーターさん達はゴール裏に挨拶に行った選手たちを、咎めているように見えました。

J1のチームはJ2のチームに勝って当たり前という事でしょうけど、JEFのリーグ戦を観てきているサポとしてはそうとも言い切れないのです。

全力を尽くした選手たちが、ピッチに倒れ込む姿が印象的でした。

裕介選手は、気持ちの強い選手だと改めて感じました。気持ちがしっかりと伝わるプレーの連続でした。

日高選手も帰って来てくれました。選手の復活は嬉しいですね!

多分、負けても楽しかったと思います。そんな素晴らしい試合でした。

リーグ戦でもこんな試合が観たいです!

松田 陸選手は、加入当初以来の期待感を見せてくれました。

林 誠道もようやく現れてくれたと思います。FWとしての力を発揮してください。

ゴールを決めても、JEF三唱をしない選手達の選択をしっかり受け止めての意義のあるゲームでした。

WINNERSの電光板とグタグタの勝利のでんぐり!

Winners_20240711105601 Photo_20240711105701

選手は疲れ切っていますが、でんぐりもオブラディオブラダも、、、、この気持ちにも “感謝!”

Photo_20240711105901 Photo_20240711105902

皆口々に楽しかったと言って帰宅の途に就きました。

サポターさん達への願いは、若くて飛べる方がゴール裏1階席に集結して下さると二階席の住人は元気をいただけるのですが、勝手すぎますかね!もし私がゴール裏1階席に行ったら、飛ばずに屈伸をするだけになってしまいます。屈伸や足踏みでは誤魔化せませんね。(笑)

最後の最後、ゴール裏は熊谷アンドリュー選手のチャントで終わりました。

アンドリュー選手の活躍を期待しています。

2024年7月 9日 (火)

ありがとうアンドリュー選手

アンドリュー選手、毎年JEFに残ってくださってありがとうございました。どうぞ、金沢で再び耀いてください。

JEFに加入してくださってから、友人が、アンドリュー選手の名前を会うたびに口にするので、両手で掲げられるような小さなゲーフラを友人にプレゼントしました。

サインを貰うというので傍で見ていると、「これ、欲しい」と言われました。

下手な絵を欲しいと言われ、驚きながら「欲しいですか!」と聞き返してしまいました。

それから、8枚くらい(鉛筆画を)描いて差し上げたのですが、毎回「ワッ スゲー!」と喜んでくださいました。

私自身は、ファンサにはあまり行くことはなかったのですが、JEFの選手でただ一人私を認識してくださる選手でした。

友人が、ユナパに行くたびにアンドリュー選手の情報をもたらしてくれましたが、ここ最近は怪我の状態が良くないという事を言っていましたので、早く良くなることを祈っていました。

それが、金沢への移籍と言う形でJEFを離れると、公式からの発表がありました。ショックでした。

アンドリュー選手は移籍を決断されたのですね。寂しすぎますがこれからの活躍で存在感を示してください。

アンドリュー選手ありがとうございました。

怪我に気を付けて、金沢で再び耀くことを祈っています。J2への昇格を応援しています。

そして、JEFは是が非でもJ1昇格を成し遂げてくれると応援を続けます。

3_20240709163301

私がもってる小さなゲーフラ↓

2_20240709163401

2024年7月 8日 (月)

清水戦 完敗

こんな負け方を観て、気持ちが追いつきません。

個の力で勝っている清水に、勝てないと思ってはいても、何にもできないのか何もしないのか分かりませんが完敗でした。

まだ復帰できていない選手の体調が気になります。

バッキー選手の負傷はどのくらい治ってきているのでしょうか。

アンドリュー選手の怪我は未だ完治できていないのでしょうか。公式のインスタには二日続けて全く同じ写真が使われていましたけど(呉屋選手も)、いつの写真でしょうか?

エドゥアルド選手は、ちょこっと顔出し程度のプレーを観せてくれましたけどあれだけですか!

私の一推し日高選手は?

力のある選手の離脱は大きいですね。

水曜日の天皇杯にはフクアリに行きます。

J1のクラスに勝てますかね!

嘗て、一年だけJ1での延命をくれたFC東京ですがこんな弱いJEFに負けるわけはないと考えているでしょうね!

水曜夜の天皇杯に、JEFサポさんが大勢集まるとは思えません。

選手が危機感をもって懸命に戦う姿を見せてくれないと、、、戦う気持ちを体現してくれないとJEFサポさんは中々応援に来てくれない方が多いですから。

スタッフさんが集客に努力してくれても、強い姿を観ることができないと駄目なんですね。

早くJ1で戦うJEFを観たいと願いつつも、毎年がっかりすることに慣れてると思われるかもしれませんが、長くJEFを応援している人たちはそんな状況に慣れてはいませんよ!

選手はJEFを離れれば、ハイ!それまで!ときっぱり忘れるのかもしれませんが、サポーターはずっとずっと思い続けています。

「こんな弱いチームをほっとけない。」「だから今年も応援するよ。」そして15年ですか!

応援し続けているJEFサポーターは、気が長いのでしょうか!

いいえ、もう、いい加減にして欲しいと思っています!

WIN BY ALL!で何ができるの?

実感したいなWIN BY ALL!

兎に角、それぞれの立場で頑張りましょう!

勝とう!天皇杯!

2024年7月 1日 (月)

田口選手の勝利への凄味を感じた逆転劇

今回も蘇我駅からは、心強い親心の煽り!

4_20240701163301

フクアリのイベントでは甘いスイカを頂きました。ごちそうさまでした。

あまりお笑いに興味はなかったのですが、吉本興業さんも楽しかったです。スタッフさんに見覚えのあるお顔が、、興味がないと言いながら結構見ていたのかもしれません。

選手をお迎えするスロープにはいつもの警備員さんがいらっしゃいましたが、警備員さんもJEFサポさん?

試合にとっても詳しいし、鹿児島チームのバスには“優しい拍手を!”と促されました。どなたかが、アウェイでもお見掛けするといわれました。単にお仕事ではないことが分かって嬉しいですね!いつもありがとうございます。もしかして、昨年の市役所のパブリックビューイングにもいらしてたでしょうか!

そして、試合はやはりと言うように、先制されてしまいました。体調がまだ何となく戻らない部分があり、このまま3回も負けるのかと気持ちが早くも折れそうでした。

それが、田口選手のファンタジックなNOルックのヒールキックが、沈んだ気持ちを一気に変えてくれました。

相手が転んだ隙をついで飛絢選手がボールを奪いドリブルで運び、超スピードでゴールへ向かう田中和樹選手へ、そして田口選手風間選手と渡り、中央を走ってきた祐介が受けてシュートすると、すかさずゴール前に走り込んでいた田口選手が後ろを向いたままヒールキックで方向を変えてゴール!

ひょいと蹴ったゴールでしたが、凄まじい執念のゴールに見えました。選手全員の気迫が勝りました!

このゴールがフクアリのすべての雰囲気を変えてくれました。

元気を貰えた瞬間でした。幸せな瞬間でした。

同点になったところで、後半は安心して観ることができました。

前半は、佐々木選手のCKが遠く外れたこともありましたが、メンデス選手のGOALで力量を再確認できました。

67分、佐々木選手の鋭く勢いのあるCKにメンデス選手が頭で合わせて見事なゴールを決めました。目の前で観た今シーズン初めての逆転ゴールでした。

初めての?

先制されると勝てないチームでしたね!勝って良かった!

岡庭選手の命を懸けてるのではないかと思えるような走り、其の懸命さに米倉選手と重ね合わせてみてしまいます。

飛絢選手と岡庭選手の1999年生まれの学年の頑張りに期待しています。

勝って安心した帰りの道々、メンデス選手のチャントが頭の中をぐるぐる回っていました。

今回のベンチ外の選手の皆さん、お元気ですよね!

大輔キャプテンは、公式から発表されてますけど。

次の清水戦には、本当のベストメンバーで戦えますように!

エドウ選手がやっとピッチに立ちました。安心しました。清水に向かう友人たちが多くいます。

WIN BY ALL!

勝ちましょう!

V 2_20240701173001

ガンバレ 哲煥! 西堂選手はお元気でしょうか!

 3_20240701173201

 

 

 

2024年6月23日 (日)

不安的中の栃木戦

栃木戦では不安しかありませんでした。

何年前でしたか、栃木SCのJ3降格がかかっていた試合でフクアリで負けましたし、いざと言う時の底力を出せる相手がJEFという事かもしれません。

田中和樹選手が地元栃木で幸先よく先制ゴールを決めてくれましたが、勝てる気になれませんでした。友人たちからも一人もLINEが届きませんでしたが、みんなそんな気持ちでDAZNで観戦していたと思います。結果、負けた試合では誰からもLINEが来ませんし、私も送りません。

藤田和輝選手が、“ハイ、どうぞ”と言うようにボールを相手に配給してしまった時、呆気にとられました。「何してるの!」と思わず声に出していました。

飛絢選手選手も、決定機を二回も無にしてましたし、横山選手もモノにできませんでした。高木選手も冴えない儘でした。

負けるべくして負けたように思えました。

悔しさをバネに戦えるチームは素晴らしかったと思います。

解説がミチさんでしたので、JEFOBの解説で勝って欲しいと思っていました。残念です。

ミチさんが「大輔選手がご近所さんで、アキレス腱が痛いと言ってたので、早く治って欲しい。」と言われましたが、そんな選手を休ませておけない事情が情けないですね。

次の鹿児島には、二回も連続で負けています。

栃木SCのような精神をもって、鹿児島に立ち向かっていって欲しいです。

私は、自律神経が暴れたようで持病に悩まされながらも略観戦終了しました。

鹿児島戦はフクアリに行けると思いますので、応援も頑張ります!

選手の皆さんがんばれ!!!!

 

 

2024年6月17日 (月)

シーズン後半戦スタートは勝利から、エースの自覚が再び、、、

フクアリに向かうユニ姿のサポさん達が集中する蘇我駅

親会社さんの煽りが毎回楽しみです。(ピンボケですみません)

Img_20240616_153507

抽選番号では、400番代から後の番号に並ぶサポさんの多さに最近は驚いています。私もその一人でしたけど。

試合前イベントに、JEFレジェンドの城さんが参上!

知り合いのNちゃんは、日本代表時のユニを手にゴール裏最前線で勇人さんチームとのゴール合戦を観戦して席に戻ってきました。4人くらい何かプレゼントされた方がいると見ていたのですが、Nちゃんは靴の片方を手にしていました。

「まだ、子供だったでしょう?」と問いかけると、「小学生だったと思います。」とニコニコしていました。

コールリーダーさんがチャントを歌わせたかったようですが、私もそうですが皆さんご存じではなかったようです。

目指す観客数には届きませんでしたが、試合は楽しかったです!

負ける気はしませんでした。

高木選手が復調の兆しを見せてくれ、安心して応援していました。エドウ選手もピッチに立ってくれると観客席が埋まってくれそうな気がします。

試合を決めてくれたのは、エースの飛絢選手!

佐々木選手の強烈なロングシュートがゴールポスト?から跳ね返ってきたところを、待ってましたとばかりにゴールに蹴り込んで待望の先制点が入りましたが、素晴らしい連係でした。

飛絢選手得意のポジション取りで成し遂げたゴール!

何度でも観たい佐々木選手のロングシュート!そして待ち構えて蹴り込んだHIIRO選手のGOAL!

最高でした!

ゴール裏に来てくれた選手たちは、マイクを譲り合って結局ユース出身の新明選手がヤザ君そっくりの俺たちジェフの三唱を披露!

流石です。新明選手!

栃木戦では誰がHeroになってくれるでしょうか。楽しみです!

2_20240617170801  

4_20240617171001

2024年6月13日 (木)

全力で戦った大学生に2‐1で勝利!

序盤の何分かは、中京大に合わせるような勢いのあるペースになっていました。若い勢いに吞まれないで、いつものペースで戦って欲しいと思いながら多少不安がありました。でも流石でした。高木選手と風間選手のベテラン二人が落ち着いて自分の力を発揮してくれました。

二人のゴールで勝利しました!

Goal_20240613181701Goal

リーグ戦では出場機会の少ない選手に、がんばれ!と言う気持ちと、なんとなく心もとない気持ちの入り混じった感覚で応援していました。

松田陸選手は、いつ振りのピッチだったでしょうか。矢口選手、新明選手、林選手、呉屋選手、力を見せつけろと伝えたいなあ。そんな気持ちでした。

ベンチには、田口選手、大輔選手、小森選手が控えていざと言う時には力を発揮してくれるのか!

横山選手はなんと先発だ!愁人選手も!

呉屋選手は、何度かシュートチャンスがあったと思いますが、滑り込むことが多かったり上手くヒットし無かったりいつもと同じでした。プレー中にピッチでよく転ぶのですが、体の割に足が小さいせいでしょうか?呉屋選手の足は友人に小さくない。と言われましたが、179㎝で26㎝は小さいと思いますが、もう少し体幹を強くすればと思うのは余計な事なのかな?転びながらのプレーは呉屋選手の特長?腑に落ちません。www

矢口選手も新明選手も松田選手も林選手も、爪痕が残せなかったのは寂し過ぎます。

高木選手は、ようやく本来のモチベーションが戻ってきたのでしょうか。

何とか勝ちました。

Winners

若い大学生たちは応援も統率されていて気持ちが良いですね。それに、選手たちが応えるようにピッチで躍動していました。

Jリーガーになる予定の選手がいるようです。期待して待っています。

強い気持ちで走り切ったと思いますが、ロングホイッスルが吹かれると、何人もピッチに倒れ込んでいました。

北側ゴール裏に、選手を最前線に、スタッフの皆さんも規則正しく並んでご挨拶をしてくださいました。フクアリの全方向にもです。

JEFの選手達への拍手よりも大きな拍手が送られました。フクアリは殆どがJEFファンだったと思います。

Photo_20240613183201 Photo_20240613183202

15_20240613183101Jef_20240613183301

徳島戦も、頑張りましょう!

 

2024年6月 9日 (日)

素晴らしいゴールそして価値ある勝利!

豪雨の中から聞こえる現地組の皆さんのチャントが、頼もしくて感謝の気持ちでいっぱいになりました。

上を行く山口に、どのように挑んでゆくのか不安の中にいましたが恐れを抱く気持ちはありませんでした。なかなか落ち着いてボールをキープするまでにはいきませんでしたが、負けない!と言う気持ちが沸いてきたことも事実です。

選手の冷静さも伝わってきました。

サポーターも皆それぞれの場所から応援していると思うと、何故か頑張れる気がしてきました。

何時しか椅子から立ち上がって、懸命に声援していました。

雨に濡れた選手の顔が映し出されると、座っていられなくなっていたのです。

徐々に、JEFの時間が作れるようになっていました。前半アディショナルタイムにはFKを得ました。例によって田口選手と日高選手がボールを前に並んだときには「日高選手が蹴ってー!」と叫んでいました。素晴らしいゴールを決めた時のことが思い出されるのです。こんな時は毎回のように日高選手に蹴って欲しいと思いながら観戦していましたので、私の気持ちはいつもと変わりませんでした。日高選手に期待していました。

そして、遂にその時が訪れました。とても難しい場所に難なく蹴り込みました。素晴らしすぎるゴールでした!期待通りのGOALでした!

後半には小森選手が倒れて起き上がらず、不安と心配が交差していました。

そのままピッチに立ち続けましたが、心配と不安は今もあります。

庇い乍らプレーしていたように見えました。

後半72分、dudu選手に代わって岡庭選手が投入されました。

88分、一度相手に渡ったボールを横山選手が奪い返して岡庭選手に!

受けた岡庭選手が思い切ってゴールに蹴り込み2点目をゲット!

やったー!と思いましたが、直ぐに1点を返されてしまいました。転びながらも藤田選手は足で弾き出そうとしたのかもしれませんが、失点しました。良く分からない失点でした。

その後は、チーム一丸となって守り切りました。

漸く3度目の連勝だとか、前半戦の最後を勝利で飾れてほっとしました。

次、必ず3連勝を手にしましょう。

ロングホイッスルと同時に「現地組の皆さんおめでとうございます。」と口にしていました。

雨の山口戦、現地で応援してくださった皆様ありがとうございました。

12日の天皇杯はフクアリで声援を送ります。

 

2024年6月 2日 (日)

久しぶりに味わった勝利の充実感(岡山戦)

今節もJR蘇我駅の駅員さんからのメッセージそして12JEF で買えた“10こもり”です!

Img_20240601_140755Img_1727

蘇我駅のメッセージは毎回楽しみです。

10こもりは、私の周りではあまり盛り上がりがありません。近所の大型スーパーにも小さいスーパーにもどこにも売っていませんし、フクアリでお会いした方たちにはお裾分けしたのですが知らなかったようです。まだまだですね!

今日こそ勝利を!そんな気持ちでフクアリに向かいました。久しく勝利の喜びを味わっていないと感じていました。それはたぶん連勝していないからだと思います。

岡山戦は絶対に勝って欲しいとみんなの気持ちが入っていました。

だから勝てるというのではありませんが。

オシムさんと同い年のSさんですが、フクアリに来るたびに「頑張ってきました。」と言われます。

お一人でいらしているようですので、本当に頑張ろうという気持ちが無ければお出でになれないのかもしれません。

勝って良かったです。

そして、また、田口選手が超技ありの先制弾を放ってくれました。本当に凄い選手なんだと思わせてくれています。

素晴らしいです。最後まで怪我をしませんように!

久しぶりに先発メンバーで登場した高木選手は、途中で動きの鈍さに気が付きました。エネルギー切れだったのかもしれません。ほどなく交代となりました。

今節は、どの選手にも強さを感じていました。

メンデス選手、佐々木選手にもいつにも増して安心感が存在していたように思います。壱晟選手にも日に日に成長が見られるように思います。強さを感じました。

私の一押し日高大選手も期待を裏切りません。田中和樹選手には昨年のようなスピードと粘りがまた感じられるようになりました。

小林祐介選手の技術も冴えわたっていたと思います。奪う躱す捌くとシーズン初めには見られなかったプレーが当たり目のように魅せてくれています。だからこその田口選手の攻撃的なプレーが毎試合のように見られるようになったのかな?と思えるようになりました。

選手の皆さんのプレーは、頑張っている声援に沿うようにきれいに反映してくれてるようでした。

そんな中で、あれっ!と思ったのはJEFの攻撃のビルドアップ時だったと思います。

味方の選手に目をやり、その一線上に主審が重なっていたので他の選手にパスを出したように見えました。主審の真後ろに選手が見えていましたので出しにくいのだろうなと思いました。2回も同じような場面を見て主審も気を使ってプレーの邪魔になる位置取りはしないで欲しいと思ってしまいました。

私の気の所為ですかね。(笑)

終わってみれば楽しい試合でした。

後半に入って同点に追いつかれてひやひやしていたのですが、エースが特技のプレーで勝利に導いてくれました。

流石でした。あの狭さで3~4人くらい躱して素早く振りぬくという超絶技を見せてくれました。感激しましたね!

小森選手がMOMに選出されて、親会社の親心に応えられてほっとするやら嬉しいやら。賞金14万円と言う数字の意味が分かりませんでしたが今日になってやっと理解しました。

創業140年で14と言う数字になったのですね!

4_20240602230701

それにしても、両チームから退場者が出たことに驚きました。

二回もイエローとレッドが重なって見え、私の目の所為で何重にも見えていたのかと少し心配になったのですが、正確に見えていたのですね!びっくりしました。

友人がこの試合は、8‐0で勝った時よりもずっと感動して涙がでそうだったと言いましたけど、一戦一戦が決勝のつもりで勝利に拘って戦って欲しいです。

次の山口も強敵です。強いです。

特にあのキム・ボムヨン選手に負けないようにしましょう!

フクアリのような迫力あるWIN BY ALL!で前半戦を勝って折り返しましょう!

2_20240602231601 3_20240602231701

追:末吉塁選手

やっぱり良い選手ですね!ゴール裏に来てくれました。90度の最敬礼に拍手とそして声をかけている方もいました。岡山の皆さんにも愛されていることでしょう!がんばれ!塁君!

Photo_20240603083001

2024年5月26日 (日)

浮き沈むJEFの試合結果に、自分の自律神経が正常に働いてないような気がしています。

長崎戦のblogは書かないことにしようと思いましたが、パソコンの前に座ってみました。

次の試合までも、どんな気持ちで居れば良いのかさえ分からなくなってしまいそうです。こんなにのめり込まなければ良いだけの話ですが、なかなか振り切れません。JEFサポ歴19年位ですので、殆どJ2生活ですからこのままでは終われないという気持ちがあるのです。

8‐0や7‐1で勝った試合は何だったのだろうかと、遠い目をして消すことを考えています。

現実は違うのだよ!と言い気かせながら周りのチームを観ています。

みんな強い!JEFは強くなっていない!

昨シーズンPOで敗戦を期した時のことを思い、そして今シーズンはJ2優勝だと大見得を切っていたことを思うと、やりきれないのです。

長崎には勝てませんでした。大勝した後の試合がゴールゼロという事が受け入れてはいけないような気持ちになります。

J1に昇格した東京Vは、前節町田ゼルビアに0‐5で負けましたが今節はオウンゴールとはいえ神戸に勝ち切りました。ドローの試合が多いのは勝ちきれなくとも負けない。そこに選手や監督の気持ちが見えてるように思います。

JEFも頑張って欲しいのです。

弟が何年振りかでJEFに興味を持ってくれています。もしPOに進出してフクアリで試合が出来たら招待するというと楽しみにしているとLINEが来ました。

叶えたいなーーーー!

今年も孔雀サボテンが美しい花を咲かせてくれました。

手入れと期待の賜物です!JEFにも期待と応援の力で上に行って欲しいのですが。。。。賜物が、、、

Img_20240525_102634

«勝利は素敵!