2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

2018年12月11日 (火)

勇人選手は、優秀なチーム内スカウトマン?

勇人選手のシーズン最終節の挨拶を聞いて、絵を描いてみようと思いました。

あの社長挨拶後の監督とのチャラチャラとしたハイタッチからの握手。

その直後にあいさつに立った勇人選手。

振り絞るようにして言葉を選び発した挨拶が、胸に沁みました。

一度は、ユニフォームを脱ぐことも考えたようですがやはりチームには必要な選手だと思います。

≪やってやる。 1年後の今頃に皆んなで嬉し泣きできるように。ジェフに関わる全ての皆さんで力を合わせましょう!≫

Yuto

7年前に描いた絵と一緒にしてみました。

12月10日 為田選手の契約更新

勇人さんに『来年絶対J1に上がりたいから絶対残れ』って言ってもらえたし、僕が移籍してしまうとアンドリューの友達がいなくなってきっとストレスを溜めてしまうので。つまり、自分がここでやることがジェフのために絶対に力になると思いました!

勇人選手の言葉に自信と元気を貰ったのかも知れません。

為田選手の生の声を聞いてるような感覚を持ちました。

そして、Twitterに載せた高橋壱晟選手への一言

≪自分の価値を示してやれ!≫

契約更新して欲しい選手全員に声かけして欲しいなヽ(´▽`)/

勇人選手ガンバレ!

2018年11月30日 (金)

アンドリュー選手の契約更新が嬉しくて、ついしてしまった事。

熊谷アンドリュー選手の契約更新を、殆ど動かないJEF公式LINEが動画付で届けてくれるなんて・・・・なんて嬉しいサプライズでしょう!

多くのJEFサポさんに届いたと思うのですが、、、、。

GMのインタビューもそうでしたし、モヤモヤ感が一気に吹っ飛びました。

時には、意図しない事への対応に対処できずにパニック障害かと思える事態を引き起こす私ですが、この場合は嬉しくてついやってしまった事がありました。

公式LINEに、こちらからも送れるのか?

ふと、湧き出す思いを送って見ました。すると既読と共に返事が、、、、速攻でした。

772

思わず「アッ!」と声を出してしまいました。私のような人はいませんよね!

無視されると思っていたので、びっくりしました。ありがとうございました。

オフィシャルショップへの誘い付でしたけどね。

アンドリュー選手については、Nさんから「性格が良いのよ。」と言われ続けていました。そのNさんの為に、頼まれてもいないのにアンドリュー選手の小さいゲーフラを作ってプレゼントしたのですが、サインをお願いしたNさんに「これ、欲しい!」と絵を差して言ってくれた事がきっかけで、4枚も描いてしまいました。

公開練習最後の日に、一行だけのメッセージと共に残り3枚の絵を受け取って頂きました。

「ワッ!スゲー!」

この言葉が、私のモチベーションに繋がっています。

私自身は、3枚を布プリにして手提げバックに残しました。

Photo

来シーズンも、大いに期待しています。

他の選手も早く更新してくれないかな。

739

2018年11月26日 (月)

兵働選手へのJEFサポさんからのメッセージがご本人の手へ!

清水ホーム最終戦(清水:神戸)に途中出場した兵働選手。

試合は、稀にみる程荒れた様相を呈していましたが、兵働選手の引退セレモニーは感動的でした。

3

30

多くのJEFサポさんからの感謝と応援のメッセージを、Mさんが直接届けて下さったそうです。

ご協力くださったみなさま、本当にありがとうございました。

友人のMさんが懸命にメッセージを集めるべく努力をされていましたし、アルバム作りにも頑張っていらっしゃいましたので、多くのJEFサポさんのご協力が得られほんのちょっと係わった私も心が温まりました。

昨日(25日)、清水エスパルスの練習場に行き手渡して下さったそうです。

’肖像画、色紙8枚、フラッグ、アルバムを手渡されたそうです。’

「何年もたっているのに気に掛けて頂きありがとうございます。いずれユナパはじめ所属チームへご挨拶に伺います。」

とのお言葉があったそうです。

昨夕 Mさんから

≪今回後援会やサポーターの方からの後押しあり、無事お渡しでき、ホッとしております。まだ、静岡駅です。≫とメールが届きました。

JEFサポーターの皆様、快くメッセージを書いて頂き感謝しています。

本当に ありがとうございました。

兵働選手のこれからに期待しています。

Mさん、良かったですね。そしてありがとうございました。

2018年11月18日 (日)

シリーズ最終戦スコアレスドロー

シーズンが終わりました。

優也選手のPKストップ等、ビックセーブに助けられての引き分けだったと思います。

素人目には、勝てない試合はいつも工夫が無いと思えるし、何回かあったセットプレーは、いずれも船山選手がキッカーで同じようなボールを蹴って同じように跳ね返されていました。

「旭選手は如何して蹴らないの?」と言って見たらお隣さんが同意したように、頷きました。

栃木はあの方法がJEF封じだったのか、攻略できずに負けた感のある試合だったと思います。

今年は、非常に笑顔の少ない情けない試合が多かったと思っていましたが、‘2018シーズンの活動が終了いたしましたので、お知らせいたします。’即刻出したお知らせが、これでした。

社長の業務報告のような挨拶に続いて目にした‘お知らせ’にも、同様に少しの温かみも感じられません。

エスナイデルさんは、今年も挨拶をしませんでしたが、社長の挨拶と言い何も言わない監督と言い、、、、、応援している者への心配りは何もなく、来年はどうするのかどうしたいのか?一番知りたい事の具体的な策は一切ありませんでした。

ー私たちは戦う集団をめざし、クラブ、チームが臨んだ2年目。90分間ピッチで自分たちが主役になるんだ。自分達で主役の座を掴みとるんだ。自分たちの手で主役の座を。と覚悟を決めた腹の座った男たちの集団を編成し、、、、ー

にこやかな社長の挨拶は、ゴール裏一階のブーイングで聞こえないと思っていたのですが、DAZNで確認すると略聞こえていました。

ブーイングの中で挨拶を終えた社長とエスナイデルさんの、ハイタッチはそのまま握手に繋がった映像がスタジアムにも流れましたが、お二人にとってあの挨拶が最高だったのでしょうか。

勇人選手の苦しそうな挨拶を、彼らは、如何聞いたのでしょうか?

来シーズンも、JEFに残ってくれる選手と来てくれる選手を精いっぱい応援します。

001
19
(栃木GKのユニフォームは、JEFのフィールドプレイヤーのユニと紛らわしい色合いでしたね。そう云う時こそ着替えて欲しいですけど・・・。)

******

帰宅したら、TVで結果を知っていた夫が「引き分けだったんだから、まあまあじゃないか。」と言いました。

よくは、有りません。

今日は業者さんがやって来る日でした。部屋の探知機を調べながら、リビングに入って来た業者さんがにこにこしながら夫に「今日も行くんですか?」といきなり???

「栃木ですよね。」の言葉にサッカーの事かと、、、、

夫「どうしてわかったのかな?」と不思議そうでしたが、、、
私「私の部屋に入ったでしょ?」「ユニが何枚も下げてあるし、来年のJEFカレンダーはあるし、JEFサポさんなら直ぐに気が付くでしょう。」

夫「そうか」

業者さんは、去年まではシーチケでフクアリに通っていらしたのだそうですけど、土日の仕事が回って来て今年は行けなくなったのだそうです。夫が「女房はもう行ってるよ。」というと「よろしくお願いします。」と言われたそうです。
それを聞いて、ごめんなさい。勝てませんでした。と申し訳なくなりました。

フクアリに行けないサポさんが、美容師さんに続いてもう一人お仕事の為に行けない人がいらっしゃいました。

サッカー観戦できる幸せを思いました。

2018年11月10日 (土)

京都戦勝ちました。

気持の良い勝ちっぷりでした。

最終盤に向ってようやくエスナイデルさんの采配が当たるようになったのでしょうか?そんな勢いを感じていますが、まだ二連勝です。最後の試合も勝利で飾る事が出来るかは、終わって見なければ分かりません。そんな今年のJEF千葉です。

昨年は、終盤の7連勝でプレーオフに進出し、J1に昇格はできませんでしたけど、私達に次シーズンへの希望を持たせてくれた戦い方でした。

それが、いざ蓋を開けて見れば、目も当てられない戦況を見せられてショックの連続でした。そして残すところ3試合となった所で爽快感に浸れるような試合を始めています。

今日も、連動性のある素晴らしい試合を見せてくれました。

今度こそ、来シーズンに繋がるものをチームとして得て、私達を楽しませて欲しいと願っています。

今日の試合は、シュートを何本も見せてくれました。

1点目:前半35分

矢田選手のCKは撥ね返され、再度拾い直してクロスを上げると、増嶋選手が頭でそっと触れるかのようにしてパスを送ると、船山選手がタイミングの良いヘディングでゴールを決めました。増嶋選手、今日もアシストです。

2点目:前半37分

也真人選手がドリブルで持ち上がり茶島選手にパス。茶島選手が思いっきりよくシュートを撃つ。それがゴールポストに弾かれると走り込んでいた下平選手が待っていましたとばかりに蹴り込んでゴール!

まだ、安心のできない2-0ですが、このまま前半を折り返しました。

前半に、也真人選手のユニフォームが破れ審判にアッピールしていましたが、主審はそのまま続けさせました。

ユニの破れ具合で着替えるかどうかは、主審の裁量で決めるのだそうです。

後半に入って、也真人選手は 破れていたユニフォームをしっかりと着替えて入って来ました。

56分、旭選手に代わって指宿選手が入りました。

3点目:後半69分

直前に決定的場面を外していた指宿選手が、茶島選手からのクロスを上手くトラップしてゴールネットに突き刺しゴール!

73分には、也真人選手に代えて近藤選手が入りました。

3バックにシステムを変えたと解説者の方が言ってました。突き放しにかかったと言う事ですね。

79分、茶島選手に代わって為田選手を投入。人一倍走り続けていた茶島選手の足が交替を要求していたようです。

為田選手の活躍は、もう少し見たかったですね。

今日の解説者は、どちらのチームにも所属したことのない方だったのかも知れません。偏る事のない解説でストレスフリーで気分よくDAZN観戦ができました。

京都まで応援に駆け付けて下さったみなさま、ありがとうございました。

勝利は、本当に嬉しいものですね。ラインダンス、楽しそうでした。

ホーム最終節が楽しみです。

―――――――*――――――――*――――――――*――――――

*先日、ユナパに練習見学に行ってきました。可愛い御客様たちもお行儀よく見学をしていました。↓

015

2018年11月 6日 (火)

兵働選手ありがとうございました。

清水公式から兵働選手の引退が発表になりました。

JEFに完全移籍してくれた時は、本当に嬉しかったです。

ありがとうございました。

今シーズンは、なかなか出場が無く気に掛けていましたが、引退を決意されたのですね。

遅くなりましたが、シーズン終了までには間に合いました。↓

Photo
JEFに在籍時代の事ですけど、知り合いの息子さんが「krimさんて、本当に兵働好きだよね!」と言ったと言う事を聞いて自分でも驚きました。JEFの選手は全員好きなのですけどね。

兵働選手、本当にありがとうございました。

これからは、兵働昭弘さんとして何をなさるのかを楽しみにしています。

2018年11月 4日 (日)

全員で戦い抜いた勝利

今日の勝利は、選手全員が力を出し切り走り切った結果から得られたものですよね!

団体サポさんも、いつも通りの応援をします。と言う事でしたので、やはり統率のとれた応援にもなりました。

この応援を大分戦でもやってくれていたらと、悔いが残ります。

久しぶりに咽が痛い程、声を出させてくれたゲームでした。

アンドリュー選手の奪取力、船山選手の加点にならないシュートやハンド、他は言う事無しのプレーヤーなのにです・・・、増嶋選手の熱いプレー、優也選手が高い位置から起こすヘッディング、その優也選手をアシストして危機を救ったゲリア選手、、、

リズムよく進むゲームの楽しかった事。

こんな試合をもっと早く観たかったですね。こんな試合ができるチームだったんですね。

増嶋選手も小島選手も素晴らしいゴールでしたし、そのボールを運んだ選手達も素敵でした。

試合前には、光永亮太さんの≪OVER≫が流れて、勝てるぞ!と言う思いが沸きあがりました。

今日の勝利は、今までの鬱憤を晴らしてくれた一勝となりました。

38
47

86
95
99

勝利のでんぐりの後は、ゴール裏と選手が向かい合ってオブラディオブラダ。後二試合も、笑顔の対面をしたいですね!

*ちょっと席をはずしている間に、会いたかったムーミンが・・・

75

*フクアリ入口近くの黄色いテント(DJふうみんさんの後ろ)で、選手の人気投票をやっていました。最終節もやっていると思います。是非投票してあげてください。選手のモチベーションにもなると思います。点数の書き方は係りの方が教えてくださいます。全員に投票したい気持ちでした。

申し訳ございません。人気投票と書きましたが以下のようなご指摘を受けました。

”人気投票では、「好きな選手は?」の意味が強くなってしまうので
趣旨と合わなくなってしまうと思いますよ。”


私自身は、どんな意味があるのか知っていて投票をしたのですが、勘違いされた方申し訳ございません。投票をされる時には、先にも書きましたが係りの方にお聞きください。

スタジアムDJの方が投票した方が少ないとおっしゃって、投票を促してらっしゃいましたので、多くのみなさんが参加されることを個人的には願っています。唯、一般ファン・サポが投票できる事は、今年初めて知りました。

多分、過去の受賞者?にはラリベイ選手、中村太亮選手がいたと思います。

(間違っていたら、ご指摘ください。)

2018年10月28日 (日)

岐阜に完敗

DAZNの解説者曰く

「(JEFは)勝つぞと言う気持ちが見えない。淡々とやっている。」

岐阜の選手達の気持ちが伝わる試合でした。

JEFはミスが目立ちましたし、ジャッジは片方よりだったような・・・・・

この先は、消化試合だと言われないように頑張りましょう!

“監督、選手、スタッフ、クラブが一丸となって最後まで闘ってまいりますので、今後とも変わらぬご声援をお願いいたします。” 

JEFからサポーターへのお願いの中の一文でしたが、一丸となってならば、“サポーターも共に戦いましょう。”です。

シーズン終了後に、監督だけを残して選手全とっかえは止めて下さいね!

さあ!次はフクアリです!

勝ちましょう!

がんばれ!!!!

Photo

2018年10月22日 (月)

選手紹介で選手コールは、無し (対大分)

初っ端のGKミスに、唖然とした。

なに?

顔を見合わせた。

試合の始まりが、そこ・・・・

そして、結果はアウェイの時と同じ4失点、3連勝阻止。

何も変わって無い?

入場前待機列で聞いた団体サポさんからの言葉は「応援は、やります。」だった。試合中は、声をだし拍手をし太鼓もやると言う事だけは分った。

多分、それだけで良かったのだろうと思う。

先日の居残りに関しては、具体的なことは言ってくれないし、同じ言葉の繰り返しだけで、何も伝わってこない。

ピッチ内練習で選手達が入場してきたが、、、、

何方かが“黄色の情熱”を歌い出してくれた。私たちはそれに追随したが、迫力には欠ける。メガホンや打ち鳴らす太鼓には勝てないが、声を出した一般サポーターの声は届いていると思っている。

*すみません。肝心な歌の題名を間違えました。♪夢をのせて フクアリで歌う♪  でした。

団体サポさんは、選手紹介でコールの先導はしなかった。どなたかが自発的にコールをしてくれたので、またそこに声を合わせた。

最後まで、バラバラのコールではあったが、一般サポの声は届いたはず。

何年か前には、応援をしない試合が有った。

試合後、選手がゴール裏に来た時、谷澤選手が性格溢れるあの声と笑顔で「応援して!」とゴール裏に声をかけた。

思わず笑顔を返したが、今回は選手達からのアッピールは何もなかった。完敗を期しては行動もできなかったのだろうとは思うが、あの居残りの後のJEF側からのあの発表が、距離を広げているようにも感じる。

一致団結した応援には程遠かったが、それでも後ろ姿にみんな夫々に声をかけた。

プレーオフ圏外に弾き飛ばされた今日の敗戦は、不協和音の結果でもあると思っている。

虚しさだけが残った。

今年の選手達は、何年か前のホーム最終節のような無気力試合はしないと信頼しているが、団体サポさんは如何なんだろう?

“どんな時も 俺たちがついている”の歌声に真実味が無くなった。

クラブ側も、団体サポさんもWIN BY ALL!の意味を噛みしめて欲しい。

私は、一緒に応援しているサポさん達と今まで通り応援を続けるし、一体感溢れるフクアリを体感したい。

選手たちが躍動できるフクアリで有って欲しいと切実に思う。

がんばれ!選手のみなさん。

013

がんばろう!わたしたち。

*高木駿選手がゴール裏にも挨拶に来てくれました。

018

「高木上がれよ!」とサポさんから声がかかっていました。

がんばれ!大分。

2018年10月19日 (金)

みんな頑張っている。

先日の山形戦は、久しぶりにホームで勝利し気分よく帰宅。

その後、一部サポーターがスタジアムに居残り、弾幕を垂れて抗議行動を行っていると知った。

この気分の悪い出来事に、今日選手たちから、お願いが出された。

このような事は初めてだ。私の経験の中には見当たらない。

JEF公式が出したような選手達からのあのようなメッセージを目にして、堪らなく寂しい気持ちになった。

でも、違う言葉で自分の気持ちを伝えてくれてる選手の存在がある。

也真人選手のツイート。

残り5試合 今こそ1つに!!! よろしくお願いします!    

このメッセージだけで十分だと思うし、殆どのサポーターの心にしっかり届くはず。   

選手の気持は、クラブからのお願いの中で触れるだけで良いのではないだろうか。どれもこれも、とにかく悲しくてやるせ無い。

矢田旭選手:残りの試合はジェフのプライドとサポーターの為に戦う! 

http://blogola.jp/p/79688

こういう言葉を伝えてくれた方が、モチベーションも上がるし「ヨシッ!頑張って応援するぞ!」と胸の奥底から湧いてくるものが有るのに。

町田也真人選手と矢田旭選手のこのメッセ―ジを届ける事の方が重要ではないだろうか!

残り5試合 今こそ一つに!!! がんばりましょう!

WIN BY ALL!

«7月末以来の勝利! 選手が気持ちよく戦える応援をしましょう!