2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

« ドナルド・キーンさん、「お帰りなさい!」 | トップページ | 思い当たらない足の爪の負傷:皮膚科 »

2011年9月 3日 (土)

ブラジルへ!サッカー日本代表勝ち点3をゲット

台風の影響をもろに受けた埼スタで、北朝鮮を迎え撃った日本代表は辛うじて勝ち点3を手にした。

サムライブルーのユニフォームは、ナンバーが金色になり、TV画面で見る限りは落ち着いた色合いでかっこ良さがアップした。

主力選手を欠いてのチーム力は、如何かと楽しみと不安で見続けた。

遠藤選手がいつもの遠藤選手らしくなく、長谷部選手もトラップミスをするなどはらはらし通しだった。

北朝鮮は、負傷したゴールキーパーを替えることなく最後の笛が鳴るまでゴールを守らせていた。

日本では有り得ないだろうと思いつつ、無理をさせて北朝鮮はGKPを潰してしまうのではないかと、はらはらしながら見守ってしまった。

日本は、後半のロスタイムぎりぎりにゴールを決め、日本中が胸をなでおろした瞬間だったのではないだろうか。

長谷部選手から清武選手そして吉田麻也選手へと渡り、美しいヘディングでゴールマウスにへとボールを押し込んだ。

渾身のワンゴールだ。

前半とは打って変わって、長谷部選手が強烈なドリブルで切り込みチャンスを作っていた。

若い選手に、身をもって示したドリブル突破が最後のゴールにも繋がったように見えた。

JEFの山口慶選手が、吉田麻也選手のブログを紹介して以来読者になっているが、とても軽快で楽しい。

ヨーロッパで活躍している選手同士の交友関係も、自然で仲の良い繋がりが心楽しいものとして綴られている。

現日本代表のチームワークの良さもわかる気がする。

http://maya.blogzine.jp/blog/

上記のブログは、吉田選手が代表で活躍するようになってアクセス数が上昇中だとか。

選手達は、既にウズベキスタンに移動中のようだが、遠藤選手も右内転勤の故障を抱えているようなので、他の選手に、より頑張ってほしい。

元日本代表の岡田監督は、麻也選手は闘莉王選手同様サッカーセンスを持っていると語っていた。

去年は、悔しい思いをしている筈なので、今年は、怪我に泣かされないように頑張ってほしい。

« ドナルド・キーンさん、「お帰りなさい!」 | トップページ | 思い当たらない足の爪の負傷:皮膚科 »

サッカー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1552234/41484167

この記事へのトラックバック一覧です: ブラジルへ!サッカー日本代表勝ち点3をゲット:

« ドナルド・キーンさん、「お帰りなさい!」 | トップページ | 思い当たらない足の爪の負傷:皮膚科 »