2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

« 2011年11月 | トップページ | 2012年1月 »

2011年12月の投稿

2011年12月24日 (土)

稲毛海浜公園でコスプレイベント

ブログ“千葉徒然草”さんの記事を読んで、稲毛海浜公園のコスプレを知り、午前中に行って見ました。

近くにある場外市場に寄って買い物をし、先ず花の美術館の庭園から入って行きました。

この時期は、一番花の少ない時期で“冬咲菜の花”が少し咲いているだけで、バラも咲き終わり寂しい庭園でした。

Cimg2394
なのはなの向こう側の噴水は、地震で壊れ跡形もなくなっていましたがようやく工事が始まったようです。

Cimg2395


日焼けした工事夫の方が懸命に作業中でしたし、海への入り口の売店周辺も工事車を入れて急ピッチで復旧に入っていました。

今年度中を目安に、公園のあちらこちらで大地震の災害復旧に取り掛かっているのだと思います。

コスプレの受付をするという記念館まで行って見ると、隣の日本庭園でコスプレをした人たちを見つけました。まだ、時間が早いのか大きな荷物を持って芝生の広場に歩いて行く人達もいましたが、その広場も災害復旧が済んでいないために全面は使えない状況です。

Cimg2396


Cimg2398


海辺で見かけたグループは、男性かと思ったのですが声を聞くと女性のグループのようでした。

Cimg2400

後ろから失礼しましたが、写真撮影をしていたようです。

何のコスプレですかね?

Cimg2402

どちらを見ても全くわかりませんが、イベントはこれから始まるのでしょうか?

稲毛の浜では、当たり前ですがごく普通の日常も営まれていました。

犬に散歩をさせている人。

部活中の学生たち。

そして、海鳥は、少女たちのいる場所にたくさん集まって来ていました。

Cimg2404


海浜公園内の池が修復されたら、またこの鴨たちの憩いの場所になるのでしょう。

たぶん、もう直ぐだと思います。

2011年12月22日 (木)

従兄弟会で一人2万円の大相撲見物ですってぇ!

すぐ下の弟から、従兄弟会をするという連絡がありました。

去年は、ロッテの試合を観に行くと言われましたが、野球は好きな方だと自分でも思うのですけど、試合時間の長さや暑さを考えて断りました。

今年は、5月に両国国技館の大相撲を観に行くと言われました。

そのうちもう一度、前もって連絡が来て参加不参加を聞いてくるのだろうと思っていたら、いきなり決定通告がありました。

一人2万円だと聞いて、びっくりです。

「分不相応だから、うちは無理よ。キャンセルして!」

(すごいなあ、みんなOKするの?)

「キャンセルはできないよ。俺が出してやるから、、、。」

(いやいやいやいや無理)

でも、出してやるから出席するように。ですって。驚きです。

電話を切った直後に、もう一人の弟(次男)から電話がありました。

「兄貴は金があるんだよ『ごっつあんです』って言っておいたよ。いいんじゃないの」とあっさりしたもんです。

「たぶん、知り合いに谷街がいるんじゃないの?うちの家族で行った時は、友達が升席を用意してくれてずっと安く見れたけど、ランクがずっと上だと思うよ?」

まさか、ヤクザさんてことは、、、、?

「違うと思うよ。」と笑われました。

女性の従姉妹達の分を半分負担すると言って、連絡したらしいので実際に断れるものではないのかも、、、、

自分達夫婦で行った時は、一人8千円だったと義妹が言っていましたけどね。

姉弟でも、金銭感覚の違いは、生活水準の違い以上にギャップを感じた事件(?)です。

「別にお相撲は好きじゃないし、、、」と言う私に「結構面白いよ。生で見ると迫力があるし、家族で行った時朝青竜が負けた時で、、、、、」次男の弁でした。

でも、信じられませんね。自分の弟(長男)なんですけど。

家付き長男て、お金で苦労した事が無いみたいです。

「ふんっ、別に羨ましくもなんともないやぃっ」

暮れですって!

暮れなんですよねぇ。

年賀状を書いてお歳暮を送って大掃除をして、それでも大したことをやってもいないのに、12月が瞬く間に過ぎて行くんです。

20日に健康診断に行って来ました。

「風邪が、はやらない夏前に来てください。」って言われているんですけど、病気で行くのと違ってなんだか健診は億劫になります。

看護師さんに「病院に来る時は、風邪がうつらないようにマスクをして来てください。」と優しく言われました。

夫は「風邪を惹いてる人がするのはわかるけど、健康な人が何故するんだ?病原菌はマスクをすいすい通れるくらいの大きさなんだよ。」って言ってます。

マスクをする習慣を持っているのは、日本人くらいですかね?

去年は8月に受けてましたが、2Kgも体重が増えてしまいました。今飽和状態です。

TVに写った同じ年の歌手を見て「どう見ても整形してるわよね?凄く不自然。あっ私も目じりの皺に注入して貰おうかしら?」

すると、すかさず夫が言いました。

ぱんっぱんっになるよ!」

「くうぅーーーー」

2011年12月11日 (日)

皆既月食

昨夜(12月10日)のニュースで、「皆既月食が始まっています。」の言葉につられて、ベランダに出ると、白い月がかけ始めていました。

2153


2011/12/10   21時53分の月です。

23時26分の月は赤い月でした。ほぼ真上に近づいていて、デジカメで撮るのが大変でした。

2326

2011年12月10日 (土)

12月10日(土)湘南ベルマーレとのTG

さすがに12月です。

ウィンブレを着て出かけたのですが、震えました。

たぶん日当たりの良い場所で見ていたら、それほどでもなかったのでしょうけど、手足が冷えすぎてしびれてしまいました。年寄りの冷や水です。年齢を考えて、次からは手袋をつけてダウンを着て行く事にします。

今年は、フクアリに一度行っただけの夫を、強引に引っ張り出してキックオフ前にユナパに到着しました。

13時キックオフですから、引っ張り出すには絶好の時間だったわけです。

最初のステージには、いつものように勇人選手がキャプテンマークを腕に巻いて出てきました。

(ぃや~、安心安心 ほっと安堵です。)怪我はしっかり治ってるのでしょうね? ね!

メンバーも、いつも通りのメンバーでした。

村井選手も、林選手も、ファンゲッセル選手も。

Photo

それにしても、村井選手は素晴らしいですね。いなくなった後は、どうするんだろうと不安になりました。林選手も、まだまだもったいないけど、次に続く選手が頑張ってくれることを願うのみです。私が気をもんでも如何しようもないことですけど。

Photo_2

ゲームが始まって、最初の拍手は、村井選手からのボールを林選手が蹴りこんでゴールした瞬間でした。

(ほらっ、村井選手ですよ。やっぱりもったいないでしょ?)

でも、私は米倉選手がゴールを決めたと勘違いしてましたので<村井→林ゴール>が正しいと言う事にも自信が無くなりました。

私の希望は、米ゴール!ですから、村井→米倉ゴールだと思いたかったのかも知れません。

それに、うちの娘が唯一知ってる選手が米倉選手だったようですし、、、「米倉君て、高校の時から有名だったじゃない。だから知ってるわよ。」

(そうですって、米倉君。期待の星だったんだから、もっともっと活躍してくださいね。)

Photo_4


そういえば、湘南には巻選手がいたんですね。

手強そうで、すごく嫌な奴が随所随所に顔を出していると思ったら、それが巻選手でした。

夫が「細くて、他の選手より顔一つ上に出ていて11番。JEFにとっては邪魔な奴だった。」との感想でした。巻選手の顔はわかると思っていたのですけど、ロンゲに髭で色黒で細くて長身で、なんか容姿だけでも凄味がありました。

ザスパTGの時の戸田選手と重なりました。

鎌田選手も「翔雅」と言う声で、いるんだなあと思いましたけど、顔を覚えていません。

撮ってきたデジカメの中に、「2」をつけた若い選手が居ました。

2対1でJEFが勝ったところで、PK戦がありPKでもJEFが勝ちました。

天皇杯を睨んでの練習だったのでしょう。

次のの試合では、大きな選手がどどっと交代で入ってきました。

3人の見知らぬ選手も、、、、

坂本選手の、指示を出す大きな声が聞こえていました。

Photo_5

双方とも点が入りません。

一区切りで、またPK戦があり次の試合にオーロイ選手が出る気配を感じつつ帰宅の途に就きました。

ただ、JEFゴールは最初のゲームで上げた林、深井の2点だけですね。

スコアは2-1のままだったようですから。

久保ゴールも、米ゴールも、孝太ゴールもありませんでした。(残念)

今日のTGは、お天気に恵まれました。個人的には、寒さ対策を怠った以外は素敵なユナパ観戦でした。

夫も、久しぶりに楽しめたそうです。(JEFが勝ったからかな?)

沢山のサポーターの方が観戦していました。みなさんも、ご満足だったでしょうか。

JEFも、ベルマーレも、次の天皇杯に勝ち進めますように(^O^)

(キックオフ前に、円陣を組む湘南ベルマーレの選手)

Photo_6

*中後選手も契約期間満了です.。

 セレッソからも、期限付き移籍期間満了となっています。

 次のチームを目指して頑張れ!

2011年12月 8日 (木)

癒しの一時東京湾の夕暮れ

夕暮れの東京湾を眺める時が、癒しのひと時になっています。

今年は特に、東北大震災で未曾有の被害を受けた日本で、至福のひと時を味わえる事を申し訳なく感じて過ごしています。

12月4日(日)Jリーグ最終戦

その日の東京湾の夕暮れです。

Photo


富士山が周りの山々を従え、夕日の中にくっきりと聳え立っていました。

一年のうちでも、雲がなく、すっきりとした姿を現すことは先ずありません。

富士山から右にカメラを移動すると、スカイツリーが街並みの中にスッと立ち上がって見えます。

Photo_2

今度は、富士山を挟んで左側遥かに東京湾アクアラインが見えました。

Photo_3

めったにお目にかかれない景色です。

東京湾からの眺めの素晴らしさは、気象条件によって富士山の見える日見えない日があっても、海と人の営みが目を楽しませてくれることに変わりありません。

特に、静かな時の東京湾は、素敵な贈り物のように感じられます。

東側にある市街地のビルが、夕日に輝くわずかな時も嬉しく、この後 運が良ければポートタワーも輝きます。両方が輝きはじめ終わるまでほんの2~3分と言ったところです。

Photo_4

そして今年は、この東京湾沿いの集合住宅のベランダで、くさぎが花を咲かせ実もなりました。

大木を育てることはできませんけど、この海の見えるベランダでは育つ花にも制限があります。

道端で邪魔もの扱いされて、毎年成長する前に切り取られているくさぎが、花を咲かせ実をつけてくれたことも東京湾の景色の中の素敵なプレゼントでした。

Photo

最後にJEFの話題:12月5日の千葉市長のブログからです。

最終節も、JEFの試合を観戦されたようです。私も同じ気持ちなので、載せてみました。

“千葉市長:熊谷俊人の日記”より

ジェフ千葉の新旧社長の挨拶。
今シーズンの不振の責任を取って三木社長が辞任、島田取締役が社長に就任します。
来シーズンこそJ1昇格を決めてほしいと期待するとともに、できれば監督をあまり短期で替えないこと、市民に愛されるクラブ作りを長期的視点に立って行ってほしいという要望を伝えました。

2011年12月 4日 (日)

契約満了:分かれはいつも心が痛い

太田選手が契約満了でJEFを去ることになりました。

真面目な太田選手らしく、ご自身のブログで報告がありました。

柏レイソルからレンタル移籍後、完全移籍をしてJEFのために戦ってくれた選手でした。

移籍した時期が時期だっただけに、力強い戦力でした。

スピードあるサイドの駆け上がりは、ワクワクするほど得点の匂いを持っていました。

それが、ほんのわずかなズレで枠に当たったり、キーパーに止められたり、運に見放されていました。

それでも、最近の練習試合でゴールを決めるシーンを見ていましたので、契約満了選手の中に入るとは思ってもいませんでした。

そのほかの選手では、再びJEFに戻った選手達も契約満了になりました。

みんな30代になっていたんですね。

最終戦後、選手がお見送りをしてくれたあの場所で「ありがとう」「ほかのチームで頑張って下さい。」「これからも応援します。」そんな言葉をかけたかったファンやサポーターは、多かったでしょうに、発表は今日なんですね。

今日以外になかったんですね。

選手の皆さんは、ここで一旦ピリオドを打って、再スタートですね。

契約満了のどの選手も、良いスタートが切れることを願って止みません。

今までJEFで戦ってくれてありがとう。これからも応援します。

がんばれ!

がんばれ!

最終節、勝って来季へ!

雨の降りしきる中フクアリへと向かいました。

観客動員数が7500人弱と言う、ガラガラの状態でしたが、JEF愛の強いサポーターの集まりであると信じてキックオフを待ちました。

雨と寒さで、ユニの上のコートはずっと着たままの観戦となりましたが、ジェットスフィーンのお姉さんたちは、大丈夫だったのでしょうか?

最終節は、ユースから上がってきた佐藤選手と井出選手が途中出場を果たしました。

Cimg2096


ピンボケですが、黄色いピブス姿の二人が新人さんのようです。

バックスタ最前線で、応援をする友人?4~5人が目立っていました。

試合は、開始早々に深井選手がゴールを決め“うぉ~”と言う歓声が沸きあがりました。

素晴らしい出足でした。

そして、2点目は米倉選手でした。

先日ユナパで話し合っていた二人の、話し合い通りの結果となったのではないでしょうか。

ただ、前半のような楽しめるサッカーが、最後のホイッスルまでもたないのが今のJEFです。

見るからにモチベーションの高い鈴木選手にゴールを入れられ、後半は相手サイドの試合になっていました。

試合の中でいつも思うのですが、長いゴールキックを正確に蹴れる練習はしているのでしょうか?

そのまま相手キーパーに渡してしまったり、外へ蹴りだしてしまったりするのであれば、近くの選手に渡してほしいと思うのですが、ゴールキックの度にハラハラしてます。

自分たちのパスミスもちょこちょこ出ていましたが、相手もミスしていましたので、結果最終戦は勝利で締めくくることができました。

久しぶりに、JEFの試合で笑顔で帰ることができました。

セレモニーでは、若い社長が緊張のために精いっぱいの挨拶のように感じました。

前社長のもの慣れした挨拶とは対照的で、聞いていて痛々しいものがありました。

昇格できなかった事、ここ数年の至らなかった事のお詫びに「謝るのは三木さんだろう!」と言う大きな声に、笑いと拍手が起こりました。

まるで、父親の失敗を跡継ぎの息子がぎこちなく、それでも一心に謝っているような、、、、

監督の挨拶では、ブーイングが起こりほとんど聞き取れませんでした。

「や・め・ろ! や・め・ろ!」コールも一部で起きましたけど「来年は、私は監督はやりません」と言う言葉だけは聞こえました。

サポーターは、話し合いを持ちたいと署名運動をしていますが、「相手には話させない。自分たちの話は聞け!」と言う態度に見えてしまいました。

フロント側に、言いたいこと聞きたいことが山ほどあるのでしょう。

話し合いを持つなら、双方が誠実で真摯な態度で臨んでほしいと思います。

勇人主将の挨拶には、拍手で応えていました。

監督へのブーイングには参加しませんでしたが、選手へのねぎらいの拍手には参加しました。

来年は、気持ちの上でも、真に背水の陣で臨んでほしいと思います。

最後の最後は、選手がファン・サポーターをお見送りすると言う事でした。

「準備ができました」のアナウンスで外へ出て見ると、既に長~い行列が、、、

Cimg2119


慣れていますね、みなさん。

私は、行列には並ぶことなく外側から見ることにしました。

選手達の表情は一様に硬く、ただ ただ立っているだけだったり、人気選手が片側に集まっていたのか、反対側の選手に挨拶する人がなく気の毒な状況でした。

いっそ、誰も行かない列の選手達には、後ろのサポーターやファンのために気を利かせて「回れ右」させて欲しいと思ったくらいでしたが、「列の後ろの人が前に進めませんから、お目当ての選手のところに行って構いません。」と女性スタッフさんの言葉に、ちょっとびっくりしました。

こんなサービスが、これからもあっても良いと思いましたが、負けた試合の後では選手の重圧感はすごいでしょうね。

あらかじめ分かっていたので、頑張って勝てたのなら、こんなプレッシャーも素敵なものです。

家に帰って、柏レイソルの試合をTV観戦しその後の優勝セレモニー、選手たちのTV出演をずっと見続けてしまいました。

柏レイソルの皆さん、優勝おめでとうございます!

優勝の勝因は?と聞かれ

「誰が出ても同じように試合ができること。」と答えていました。

すべての選手が、練習の時から試合時と同じように緊張をもってピリピリしているのだそうですが、それほど見てきたわけではありませんでしたが、JEFの練習からピリピリ感は伝わってきませんでした。練習試合でもピリピリ感は感じませんでしたね。

ただ、JEFでも深井選手の成長には、目を見張る素晴らしいものがありました。

坂本選手は、休日でも練習していると言っていましたから、JEFのベテラン選手達は人の何倍も努力しているのだと思います。

だから、試合に出続けられるのでしょう。

柏では、同じポジションを争う選手同志がすべてライバルで、今年のリーグ戦では結果的に27通りのメンバー表ができたそうです。

二度のJ2落ちを経験し、J2をぶっちぎりで優勝しJ1に昇格した年にJ1で優勝するという素晴らしい戦績を残しました。

本当に おめでとうございます。

*元JEFの新居辰基選手の引退は、残念で仕方がありません。

  どうぞ、素晴らしい人生を歩んでください。

2011年12月 2日 (金)

風の街、海辺の散策

11月30日

朝の太陽は、雲の中で精彩がありませんでした。

Photo_5


10時過ぎには太陽も顔をだし、かかり付けの病院に健診の申し込みに出かける頃には、気持ちの良い散策日和になっていました。

山茶花の垣根は、いっぱいの花を咲かせて、うららかで心地よい気分です。

Photo_6

健診の申し込みは、年内はできないだろうという私の予想を裏切って「12月3日(土)から大丈夫です。」と言われ「あっ、3日だけは、、、、、(JEFの最終戦なので)」

先生(医師)からの催促でしたので、クリスマス前に受けることに決めました。

海の近くの大きな山茶花も、例年通りに花を咲かせていました。

Photo_7

花の美術館では、“冬咲なのはな”の植え付けを済ませ、1月の開花に備えていました。

つぼみを一つだけ見つけました。

来年1月、黄色に染まる頃を楽しみにしています。

Photo_8

風の街周辺は、地震災害の修復が大詰めを迎えていると言うことなのでしょうか。

ヨットハーバー沿いの道路が、震災後の台風で一層酷さをましたと市長のブログにありました。

Photo


震災後に、いづれ壊れるだろうと見た場所でした。

台風にやられたそうですけど、結果オーライです。おかげで、早く修復されそうですから。

鴨がヨットハーバーの内側で泳いでいましたが、手すりのひび割れはあちこちにあります。

Photo_3

フェンスも修復を始めるのでしょうか。

Photo_4

ビーチセンター(売店)も、修復に入りました。

1月末終了の予定だそうです。

Photo_2

海浜公園の中の池は確認しませんでしたが、魚・亀・渡り鳥・カワセミが早く戻れますように!

« 2011年11月 | トップページ | 2012年1月 »