2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

« 2012年2月 | トップページ | 2012年4月 »

2012年3月の投稿

2012年3月30日 (金)

なかま・ともだち・絆・・・・

久素振りに内房線に乗って、友達に会いに行った。

なかまたちの“色でつなごう 絆”染色展のお知らせが届いていたのだ。

私は休会中で、再度筆を持つには心が決まっていない。

「どうして復帰しないの?」と聞かれると「まだ一歩を踏み出せない」としか言いようがない。

染めかけの作品を山と抱え込んでいるので、先ずそれを片付けて、染め上っている物は何かの形にして、、、、そう考えているが、一番親しくしていたYさんが、昨年は病気でほとんど活動していなかった事を聞いて猛反省した。すこし、急かされたような気になった。

どうやら彼女の病気は、ストレスからだったようで、なでしこの澤選手と同じだった。

真面目さを絵に描いたような人で、マンション内の手芸サークル部長を5年も務めた。

完ぺきに熟す彼女に、周りが甘えっぱなしで、我儘を言う人の言い分を聞いてやる彼女は、自分を追い込んでしまったようだ。

去年私は、友人たちと殆ど連絡も取ら無い生活をしてしまっていた。

それが、一番の反省。これから、少しづつ連絡を再開しようと思っている。

そして、今日の染色展は、会を退会休会中の3人の同窓会?になった。

二人は、難病を患ってやめた人達で、私は唯の怠け者で休会中。

Sさんは、ご家族の方には、車いす生活になるかもしれないと医師が告げていたそうだが、しっかりと自分の足で立ち歩けるようになっていた。もう杖さえ必要なかった。

相変わらず若々しく、凛としてらした。(たぶん、70代半ば)

Aさんは,舌癌の手術をされた。(私とは、学年違いの同い年)

ご自身の腕から皮膚を移植して、日常に困らない程度に回復されていた。お元気になってまたお会いできて“嬉しい”の一言。でも、まだ、途中。

3年ぶりの再会だったけど、話をしていて気持ちがほっこりしてきた。

今度は、作品展ではなく、機会を作って会いましょう。と別れた。

しばらく振りに会っても、距離は全く感じなかった。昨日も会っていたような感じがしていた。

12階のレストランから市原の街を眺め、養老渓谷につながっているという養老川を教えてもらい、市原臨海競技場のある辺りを教えてもらい、久しぶりの再会を楽しんだ。

やはり仲間は、素敵だ。

やはり友達は、良い。

今度は、現役のなかまを含めて集まりたいと思った。

Sさんが、入院中にお友達が作ってきてくれたという、小さな御殿まりを沢山持ってきた。

その中の一つは、ラスタカラーの御殿まり 気にも留めずに手に取って持って帰ってラスタカラーだと気付く当たりは、まさに天然なのかも、、、、

Cimg3115

染色展会場のサンプラザ市原は、これから耐震補強の工事にとりかかるようだ。

素敵な作品展、素晴らしいなかま、心地良い絆はこれからも続く、私たちの中で。

2012年3月28日 (水)

ミリガン選手復帰のユナパ

”ミリガン選手復帰”と言うことで、穏やかに晴れた午前中に、ユナパに行って来ました。

グループに分かれて、距離を置いて、ユナパの半分を使ってランニングをしているところでした。ミリガン選手は、オーロイ選手の隣でランニングをしていましたが、コーチ?通訳?どっちでしょうか?ずっと付きっきりでした。

復帰後の初日だからでしょうか?

ランニングでは、グループ毎にカウントを知らせていました。

ただ、走っているだけではないんですね。(当たり前?)

00

000_2

レジナルド選手は、普通に馴染んでいるように見えました。

次のカリキュラムも、走りでした。離れた場所に向き合って並び、そして走る。

さあ!走ります!

12

クールダウンの途中から、みんなと離れて山口智選手とミリガン選手が一緒に走っていました。

下の写真右下(みんなの元に向かう智選手とミリガン選手+1)

01
全員でストレッチです。

二人は、ストレッチの時も話をしているように見えました。

002

Photo


午前の全体練習が終了しました。

全員が集まり、そこで笑いと拍手が起こっていましたが、もしかしてミリガン選手のこと?かな、、、、、?

この後、自主練もあるようでしたが、ミルジートーレに歩み寄って、何やら話しをしながら帰って行きました。

私は、フクアリ周辺を廻り、そのまま隣の駅まで歩く事になってしまいました。

(過去には一度だけですが、自転車で自宅からユナパまで往復しました)

花粉は、まだまだ猛威を振るっていますが、せっかくユナパに連れ出した夫でしたので、「歩いてみよう」の言葉に逆らわずに、ユナパから千葉みなと駅まで歩く事にしました。

久しぶりに行って見ると、千葉みなと駅前(海側)が、完成していてちょっと意外な感じがしました。駅前ロータリーができることをまったく予想してなかったのです。

自転車で通った時は、まだ工事中で立ち入り禁止が沢山ありました。(たぶん2年前)

その工事は、またビルの建設なのだろうと思っていたからです。

駅前の市役所側には、フクダ電子の千葉支社が建築中でした。

蘇我も、千葉港も、これから変わって行きそうです。

2時間近く歩いて、足だけが疲れました。

(ふんふん、体重を減らせば良いって?)

2012年3月26日 (月)

大岩選手、自ら祝卒業ゴール

嬉しい勝利です。

青空から時折大粒の雨が、一つ二つ三つと落ちてくる不思議なお天気でした。

試合に勝って、ルンルン気分とは言え、今日の花粉の攻撃には参りました。

本日のMVPは大岩選手です。

大岩選手は自らの卒業に、2ゴールの祝砲を捧げてお祝いしました。

大岩一貴選手、中央大学ご卒業おめでとうございます!

「プロで社会人なので、卒業式より試合を選びました。」そんな言葉に、決意が感じられました。

オリンピック予選では、ベンチに甘んじていた悔しさを、リーグ戦でしっかりと結果を出して、本戦で出場できるように頑張って欲しいと思います。

試合が始まる前の練習風景です。

Photo


Photo_4


試合中のレジナルド選手は、体が重そうでした。

走りは遅いように見えましたが、本当は如何なのでしょう?

JEFのメルマガで出場予想はしていたのですが、先発でした。

期待の凄さを感じます。

Photo_2

私が信頼を寄せる智選手は、今日のゲームキャプテンでした。

この選手が、試合をコントロールしていると見ています。

ポジションは違いますけど、ガンバの遠藤選手のような安心感があります。頼もしさがあります。

そして、勇人選手が負傷でいないという不安が、伊藤選手を見ていて払拭されました。

大岩選手の得点に絡んだ、素晴らしいアシストでした。

その大岩選手は“前にアグレッシブに”と監督さんに言われていたようですけど、バックからぐいぐいスピードを上げトップに走りこんで来た選手が居ました。竹内選手でした。

みんなが、ゴールを目指していると感じた瞬間でした。

途中交代したオーロイ選手も、足元が去年よりも効いているように見えましたし、競争の激しさが功を奏しているのでしょう。

それにしても、オーロイ選手には3~4人もプレスが着くんですね。

今年も大変ですよ。

JEFというチームが、良い方向に動いています。

私にはそう見えます。

今日もホームで3-0の圧勝でした。

福元選手の悔しそうな写真がhttp://www.jsgoal.jp/photo/00091600/00091614.htmlあります。太田選手は帯同してなかったですね。心配です。

仙台の弟君に負けずに頑張って欲しいです。

勝利の挨拶に、バックスタ前に向かう選手

1

そして“でんぐり”     いぬくんも“でんぐり”ですが、今までもやってましたっけ?

Photo

Photo_3


大岩選手挨拶時の笑顔の選手達です。

フクアリは、試合の最後の方は勝利へ向けてオブラディオブラダの大合唱でした。

♪ おーおーおージェフ お・おーおー

・・・・・・・・・

ジェフユナイーテーッ!勝利をめざーせー!

2012年3月23日 (金)

選手へのスーツありがとう!(イオントップバリューさん)

選手のスーツが無くなって心配していたのですが、イオントップバリューさんから提供されたようですね。

良かった、好かった。

いつも利用しているイオントップバリューが、すぐ近くにあるのに、JEFサポさんが沢山利用しているはずなのに、、、、

そんな気持ちでいましたが、スーツが提供されたのですね。

先日の試合では、選手挨拶に間に合わずに見ることができませんでしたけど、

http://www.so-net.ne.jp/JEFUNITED/news/club/509971

選手の皆さんが、スーツ姿でご挨拶されたのですね。

オフィシャルサプライヤーとして名前があったことは気がつきましたので、そうあってくれれば良いなあと考えていました。

イオンさん、選手にスーツを着せて下さってありがとうございます。

いつもお使いは、イオンです。

今日のマリンピア(イオン)の河津桜です。

ここから、暖かい春がやって来るようです!

01


お客様がいないことをチャンスに、エレベータの中からも1枚

1

雨中の河津桜です。

おまけは、マリンピア周辺を流していた若い3人のちんどん屋さん(3月20日撮影)

Photo

2012年3月18日 (日)

3-0の勝利は、未来に繋ぐ迫真のプレー(横浜FC戦)

水たまりに跳ねる雨が、ちょっと恨めしいフクアリでしたが、街にはようやく桜の春がやって来ました。稲毛海岸駅前の河津桜です。

Photo

フクアリには、キックオフ1時間前に入りました。
そぼ降る雨が降りやまず、気が付けば髪も着たままのコートも細かい水滴に被われていました。

ハーフタイムにポンチョを着て見て、、、コートの上から楽々着られる大きさにびっくりしました。

観客数は、7000人弱という少なさで、私のフクアリ経験の中で最低でした。

いつも大勢いる子供達の姿が、ほとんど見えなかったのは当然と言えば当然でしょう。

第3節横浜FC戦は、以外にもJEFの圧勝となりました。

ボールを持った横浜選手への圧力が小気味良く、JEFサポにとっては非常に楽しいものでした。

前半序盤こそ不安がありましたが、JEF選手たちの攻めの姿勢は迫力をもって相手を攻めたてていました。

京都戦は、全く見ていませんが、たぶん別チームのようだったでしょう。

要所要所に、去年まででは考えられなかった頼もしい選手が配置されていて、それが手に取るように感じられ、このチームで若い選手を育てていけるのではないかと期待が持てました。

ゴールは3点に終わりましたが、惜しいシュートは沢山ありました。

量産できそうな試合でした。

深井選手、兵働選手、健太郎選手、勇人選手、、、連動が攻めが見るものをワクワクさせました。

智選手がどんと構え、前に出す様子は応援するものにとっては頼もしい限りでした。

山口智選手には、是非一度インタビューしてほしいと思っています。

深井選手の2ゴールも兵働選手のゴールも、すべてを開放して喜び合えるゴールでした。

深井選手の疲労度は、全力でやりきった感が漲っていました。

兵働選手の明るいマイクパフォーマンスも、素敵でした。

00

写真は、相変わらずピンボケですが、、、

離れて見守る選手たちの表情の明るさも、みんなみんな最高!でしたよ。

Cimg2982

20日の春分の日は、アウェで福岡戦です。

今のチームなら、アウェで連敗なんて考えられません。

この勝利を心底喜び、福岡戦もワクワクしながら勝利の報告を待ちたいと思います。

25日は、春休みに入っています。

徳島戦では、大勢の子供たちに楽しんでもらえる試合を期待しましょう!

勝った時は、勝ったことを精いっぱい喜びたいと思います。

2012年3月15日 (木)

暖かな観戦日和(ユナパのU-19戦)、自由に使える時間を楽しめる幸せ

暖かさに誘われてユナパまでTG観戦に行って来ました。

忙しく働いているJEFサポの皆さんに申し訳ない気持ちもあるのですが、人間は時間ができる年ごろになると体力が無くなり、フットワークが悪くなり、記憶力が悪くなり、体脂肪はかなりついているのですが、血行が末梢まで行き届かなくなり、、、、、とにかく年を取ると大変になることの方が多いものです。

子育て中や夫が現役で働いていた時(つい3年前まで)は、自分の趣味の為に好き勝手に時間を使う事なんてありませんでした。

家族夫々の為に、私の時間は割り当てていましたが、今かなり自由に時間を使わせてもらっています。

そんな訳で、何でも出来るときにはやっておこうと好きなサッカー観戦に出かけることにしています。

今日も、そうでした。

夫に「ご一緒します?」と聞くと

い・か・な・い!」「俺は、キチ○イ じゃないから。」

「はあ~?ちょいと聞きますけど、誰がサッカーキチ?」

なんと言われようと、良いことにしました。

蘇我駅を降りると、なんとなくユナパに向かう人って分かるものなんです。

一緒に駅からの階段を下りても、ユナパに着くころには30メートルくらい先を歩く男性たちの背中をはるかに見ることになっています。

今日の試合のキャップテンは、青木良太選手でした。

オーロイ選手、慶選手、坂本選手、久保選手、そしてズラーッと20番台の選手でチームが構成されました。

Ok

Ok3

前半は、両チーム共に得点なし。

JEFの方が危ないシーンが多かった上に、ゴールを脅かすこともなく、むしろU-19代表が生き生きとプレーしていて魅力的。「7」「25」がとっても良い。

若さにあふれている感じと勢いの感じられるチームでした。

JEFは、、、、?まだまだぎこちなく、見ていて歯がゆさを感じました。

U-19に比べて、躍動感を感じないのです。

オーロイ選手も、久保選手も、FWとしての逞しさを感じることができないのです。

後半に入って、3~4人の練習生が入っていきいきと動き始めると活性化されてゆくように見えました。武田選手が入ったからかな?とも思えました。

見ていた場所から一番遠くで、シュートが決まりました。

ようやく、、、、

そのうちにレジナルドらしき選手がランニングを始め、双眼鏡代わりのカメラをズームして確認していた時、逆にU-19に得点を許してしまいました。

Re

1-1の引き分けです。

この場合は、U-19の将来に期待すべきなのでしょうかねぇ?

お兄さん格として、JEFに勝って欲しかったのですけど、、、、

試合後、レジナルド選手?のいる方に多くのサポーターの皆さんは移動されていましたが、たぶん私には見えないだろうと帰ってきました。

土曜日の試合には、絶対に勝つと言う事ですね。

勝利の為に応援しましょう!

2012年3月11日 (日)

3月11日

東日本大震災から一年が過ぎました。

お亡くなりになられた皆様のご冥福をお祈り申し上げます。そして被災されたすべての皆様に、平穏な日々が速やかに戻ってくることを願っています。

昨年3月11日の震災時は、確定申告の為に区役所に出かけた帰り道でした。

集合住宅がずっと続いている場所で、緩やかなカーブになっている車の多い通りにいました。

後ろから得体のしれない音が襲ってくるような感覚を覚えていました。

自転車のハンドルを取られて、地震だと気づきました。すぐに自転車を降りて、ガードレールにつかまって地震が収まるのを待ちました。

家に帰ると、固定してなかった小さな本棚だけが倒れていました。

阪神大震災の時に、息子の友人のおじい様が家具を固定しておいて無事だったという話を聞いていました。

箪笥、本棚、食器棚のほとんどを、固定していました。

その時の話が、役に立ってくれました。

家の前の公園は、液状化が起きて、いくつもの水たまりができていました。

液状化で家が傾いたり、道路が凸凹に歪んだり、公園の池が消えてしまったりと、周辺でもかなりの被害が出ていました。

この建物への被害は、あらかじめ液状化を予想して家を建てた方もあったと言う事で、被災者への経済的な援助は公平を期すためにできないと言う事でした。

現在、道路の補修はかなり進んでいます。

稲毛海浜公園も3月いっぱいくらいには、ほぼ元通りに修復してもらえそうです。

“いなげのはま”の入口は、きれいに修復されました。

1


KAUL(小4)が言いました。

「きれいになったね~!蒸しパンみたいだったのにね~!」

5

花の美術館の噴水は、修復途中です。

春休みには、間に合いそうです。

4

消えた池がもうすぐ戻ってきます。

水鳥も魚もカメも、、、、

その池にそそぐ小川の傍に、美しい紅梅が咲いていました。

6


さびしくなった公園の中で、一番華やいでいる場所でした。

公園を離れ、駅前のスーパーの河津桜の咲き具合を見に行ってみました。

桜は、まだでした。

でも、白梅が満開です。

10


まだ蕾の河津桜に小鳥が止まっていました。きれいな小鳥です。

メジロがやってくるのは、満開になるころのようです。

11

桜は、まだですが、、、、

スギ花粉が、、、、涙が涙が、、、止まりません。

稲毛海岸駅前では、東日本大震災の募金のパフォーマンスが行われていました。

9

来年こそ、被災された皆様に笑顔が沢山戻りますように。

2012年3月 5日 (月)

足利ダンスフェスタ:POMとKAULのヒップホップダンス

KAULの“赤ちゃん体操”時代からの繋がりで、ヒップホップダンスまで成長したPOM(小6)とKAUL(小4)のダンスフェスタを見に足利まで行ってきました。

ステージ前の練習風景は、二チームが狭い場所でしていたようで「暑い。」を連発していました。

1_2

どんどん難しいステップも踏めるようになり、今回は光陰矢のごとしを実感しました。

礼儀をわきまえないでステージ撮影をする人をシャットアウトするために、個人撮影は二年ほど禁止されていましたが、今年は二階席からの撮影が認められました。

2_4

3


4


曲は“MOVIN'ON'EM”

激しいステップで5分も踊り続けるパワーには、本当に圧倒されました。

男の子も、女の子もかっこいい!!!

特に、男の子がキレキレで最高!

6

6年生になった3人です。

6年生まで続いていることもすごい!

「ポーズとってくれない?」と頼むとこの通り。

かわいいです!

痩せてチビだったPOMも、今年二人に身長が追いつきました。

身長が伸び始めているPOMに、物の高さの感覚の違いからアクシデントがおきました。

サッカー帰りに、母親の車に乗り込む時に額をぶっつけて3センチほど縫ったのだそうです。

あまり自覚がないのでしょうけど、疲れていて高さの感覚に鈍感になっていたのでしょう。

今まで通りに腰をかがめたつもりが、身長が伸びたせいでぶつけたんですね。

一年で完全に私が追い抜かれました。(私が小さいんですけど)

POMともう一人は、サッカーチームでも一緒です。

中学生まで続けられるのでしょうか。サッカーもダンスも、どっちも楽しいそうです。

さしあたっては、5月の北関東大会(ダンス)に出場するそうです。

フェスティバルには出ても、大会に出場するのは初めてです。

頑張ってね!サッカーもダンスもね!

「みんな上手になったわね。すごくかっこよかったわよ。」

私の言葉に笑顔を返してくれました。

一時間の滞在で、千葉に戻ります。

いつもは、昼食を一緒にして、ゲームに付き合って、、、、ですが、フクアリに向かいます。

Jリーグの初戦です。

POMもKAULも理解してくれていました。

(この日JEFは、フクアリで山形に勝利しました。)

リーグ初戦勝利に、喜びで湧き上がるフクアリでした

前日は、とうとう一睡もできないまま朝を迎え、足利に行き、足利に一時間の滞在でフクアリに入りました。なぜ一睡もできなかったのか?私的には不明で、心理解析が必要かも(笑)

1

チーム夫々のウォーミングアップの後、昨年3月11日の震災で亡くなられた方々に対する黙祷から試合へ。

お亡くなりになられた皆様のご冥福を心よりお祈り申しあげます。

一日も早い復興を願ってやみません。

2_3

待ちに待った初戦勝利!

こんなに嬉しいことは、何時振りですか?

一点目のゴールが決まり、選手が大挙してゴール裏に走り込みサポーターと歓喜の時が、、、、そして間もなく2点目も決まり、3点目も期待十分に寒さの中で立ち続け応援し続けていました。

勝ったんです。

JEFは初戦をフクアリで「3」を手にしました。

スキルの高い智選手、兵頭選手が、JEFの勝利の為にやって来てくれたのだと心底思える試合でした。

危ないシーンも勿論ありましたし、武田選手の心もとない場面も沢山ありましたが、勇人選手竹内選手深井選手に加わった+アルファーの存在の大きさを感じられる試合でした。

二得点を挙げたあの「18」は、TGの水戸戦で目に焼き付いていました。水戸戦での得点はありませんでしたけど。

JEFの18番をしっかり受け継ぎ、サポーターの信頼を得てくれそうな予感がしています。

藤田選手の活躍に超期待です!

『山形のサポーターの皆さん、遠いところ本当にようこそいらっしゃいました。』

やはりJ1に上がらなければ、と感じたサポーターの数でしたね。

勝利の「でんぐり」を久しぶりに見ることができ、勇人選手がサポーターに促されて「俺たち ジェフ!」も、、、、

Photo

(相変わらずピンボケですが、でんぐり直後の選手達です。)

やっぱり勝たなきゃね!

キックオフ30分前にフクアリに到着し、いつもよりずっと後ろの席で観戦していました。

それだけの違いだったのですが、ごみの散り方が酷すぎました。

誰かが座っていたらしい形跡が合って、観ないで帰ったのでしょうか。

足元に落としてあったもの、座席にほったらかしていった物。(これは、私が持ち帰りました。選手の顔写真一覧などでしたので、ごみとして処理することができません。)

帰りがけに後ろ(上方)を振り返ると、座席の下にごみが散乱していました。

小学生くらいのお子さん連れも大勢いらしていました。

ごみを散らかさないことくらいは、サポーターも頑張らなくてもできることです。

きれいなフクアリを保って、ボランティアの方の負担を軽減しましょう!

Cimg2876

入場時に配布された深井選手のカードも、上に掲げた黄色い紙も、自分の分を含めて3枚持って帰りました。

いつもスーパーで買っていたお茶とおにぎりを蘇我駅で買って、メンバーのカードをもらいました。

2012年版の歌詞カードもいただきました。

Cimg2879

入場前に配られるスポニチも、楽しみにしています。Cimg2877


2012年の始まりです。

勝利からの始まりです。

2012年3月 3日 (土)

JEFの緊急特番をネットラジオのユーストリームで楽しみました

JEFオフィシャルの告知も緊急に出た感じでしたが、久しぶりにユーストリームを楽しめました。

先ず、ラジオを付けたのですが、ユーストリームで見ることができるとわかりPCを起ち上げました。

以前XPで見ていた時と違い7での環境は、なかなか良いものでした。

オフィシャルの告知通り深井選手と竹内選手の出演でしたが、なかなか表情が硬く音声にはタイムラグがありすぎましたので、できればラジオを聴きながらPCの画面を見ることがベストのような感じでした。

深井選手の眠そうな表情には、何度もツイッターでつぶやかれていたり、彬兄さんがハンサムだと何人もの人がつぶやいていたり、どちらかと言えばつぶやきが楽しかったですね。

深井選手は、キャンプ中の最初の同部屋の住人を忘れたと言っていましたが、思い出した時の感想は「うるさい」でした。眠いのに話しかけられてなかなか眠れなかった。とかなんとか、、、

また、途中途中にチームのメンバーや監督のインタビューが流されていましたが、兵働選手はインタビュー中に携帯が鳴りだし「ひょっひょっひょっ」という楽しい笑い声に、一人大爆笑してしまいました。

良いですねぇ、兵働選手のキャラクターは。プロ選手の実力と楽しい普段の人間性の両面を知ることができて、番組中一番の盛り上がりでした。

ツイッターでは「もってるねぇ。」と、、、

坂本選手の時だけ、画面が消えてしまったことが残念でした。

ツイッターでの質問への答えはあまりありませんでしたが、お二人とも読んでた見たいですね。

ヘッドホンをつけなくても良かったようでしたが、深井選手はヘッドホンを外す度にヘアースタイルを気にして意外でしたが、とても可愛く感じました。

竹内選手は、JEFに残った理由を聞かれて「JEFでJ1に上がることしか考えてなかった。」でした。

以前から、竹内選手の真面目なサッカーへの取組に好感をいだいています。

昨年度のジェフコレの番組でのインタビューなど、表に出た情報からの個人的な推測からJEFで頑張ってくれると確信していましたし、気持の入ったプレーで、今季限りのJ2にしてほしいと切に願っています。

番組の最初には、山形の監督さんと選手、それから柏の北嶋選手のインタビューが出ました。

北島選手は、本当にクレバーな選手で大好きです。今年も柏にも頑張ってほしいと思います。

明日の山形戦のチケットの売れ行きが気がかりです。

アウェのチケットの売れ行きは、好調だそうですが、皆さんフクアリに応援に行きましょう!

私は、足利で行われるPOMとKAULのダンスフェスタを見に早朝から出かけますが、とんぼ返りで足利からフクアリに向かいます。

« 2012年2月 | トップページ | 2012年4月 »