2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

« JEF対富山:フクアリでのブーイング | トップページ | KAUL(小5)のゴールデンウィーク、今年もユニティさんにお会いしました。 »

2012年5月 3日 (木)

夫のふるさと福島へ

夫の母校(小学校)が今年の3月で廃校になり、校庭でお別れのお花見が有りました。

5月2日午前10時30分小学校に集合。

クラス会に出席したことのない夫が、今回は行くつもりのようでした。

出里に連絡をして、都合をお聞きして急遽福島に向かう事になりました。

4月29日休日

たまたま電話してきた息子に、往復切符をすぐに手配するように促されましたが、そういう雑用は、すべて私の仕事と勝手に心得ている夫です。

急遽家中の現金を掻き集め、緑の窓口に出かけ、二人分の往復乗車券・新幹線の指定席券を手にすることができましたが、冷や汗ものでした。

普段の買い物はWAONカードで済ませ、電車やバスに乗る時もSuicaで済ませ現金が手元になくても困らない低い次元の生活になれているのです。

ですから、遠い郷里からの突然のお誘いは、私のような生活をしている主婦には恐怖ともなるのです。

銀行のCDから、休日の引出は未経験の臆病者なのです。

夫の同窓会に、私が出席するのではありませんが、自分の郷里に行く時は、同伴が当然と決めつけているのです。

でも、今回は行って良かったとつくづく思いました。

久しぶりに見る車窓からの景色は、急用で訪れていた時と違い新鮮でした。

ジーゼルの両側の斜面には、黄色い山吹が点在し新緑と相まって本当に美しいと思いました。

無人駅になって久しい駅は、花壇が快く迎え、そして見送ってくれました。

Cimg3441

生家までの道筋に咲くタンポポは、のびのびと生き生きしていましたし、土筆の坊やも、まだまだいっぱいありました。

Cimg3443

息子が小さい頃にオイカワを釣った小川も、同じように流れていました。

00


そして、生家の古い桜は、数十年前に家の建て替えで一部枝を切られたものの満開になっていました。

Photo


桜の種類は分かりませんが、ピンクの濃い色合いが引き合いになり、何本も分けて差し上げたそうですが、この色の花は出ないのだそうです。

広い庭は、草花と雑草の競演でしたが美しいと思いました。

Photo_2


真っ白なプラムもとっても魅力的でした。

Photo_3

土壁のふる~い蔵と母屋の間に見えた藪椿の大木の美しさにも驚きました。

Photo_4

家の周りには、風よけのために植えられた木々が時を過ぎ大木になりすぎ、切ることも考えているようでした。

スギの木も多く、再び花粉に悩まされながも、生家の愛宕様を祭ってある山?にも登ってお参りもして来ました。

小さなすみれの花、きんらん・ぎんらんは、小さい蕾を持ち、子供のころに見た花々の光景が思い起こされました。

登につれ、細い急勾配の道が続くので、本当に大変でした。

傾斜45度はありそうな場所もあり、大きな岩があり、ちょっとした登山です。

サッカー観戦に履いて行く紐靴でしたが、靴が壊れるんじゃないかと不安になりました。

道とは思えぬ道の周りには、大きな馬酔木の木が沢山生えていて、お社の周りは、落ちた実が沢山芽吹いていました。

木々の間から景色を見下ろしながら、足がもつれたらどこまで転がり落ちるんだろう?と冷や汗ものでした。

その足でお墓に行ってお参りをさせていただいたのですが、見上げるような大きな墓石の隣にある墓碑の名簿を見て、亡き義母の命日と知り夫婦そろってうっかりしていたことを詫びました。

親不孝者です。

「お母さんすみません。何も持たずに参りました。飲みかけのほうじ茶ですが、千葉から持ってきたものです。」そう言って墓石にすこし飲んでいただき、夫に渡し一口飲んでもらい私も一口飲んで、しばらく佇んでいました。

33回忌が済んでいたとはいえ、今回の夫のクラス会の件、そして息子からの嬉しい報告があって、義母が呼んでくれたのだろうと思いました。

夫の故郷は、原発から35キロの場所と山のおかげで放射線の被害はないそうですが、去年の今頃は家に閉じ込められる生活を強いられ相当大変だったそうです。

こいのぼりを揚げてたお宅では、去年は揚げられなかったと嬉しそうに見上げていました。

農協に収めたお米は、風評でまだ巷には出てないだろうと言っていました。

もったいないですね。

美しいふるさとでした。

« JEF対富山:フクアリでのブーイング | トップページ | KAUL(小5)のゴールデンウィーク、今年もユニティさんにお会いしました。 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

mattiさん
前橋まで応援お疲れ様でした。
勝てて良かったですね。まして山口智選手のゴールを見られたなんて羨ましいです。
智選手が、JEFに再び戻ってくれたことを心強く思っていました。
息子さんの誕生日だったそうで、凄いと思っています。智選手には、不本意かもしれませんが、私と誕生日が一緒で、尚更応援に力が入ります。

はなみずきの美しい5月になりましたね。
まだ、JEFPRESS があるかもしれませんので、遠慮なくお持ちになって、メールでお知らせください。
明日は、孫を送り出してからフクアリに向かいます。

美しいお花の写真ありがとうございます。田村でしたよね。昨年は大変でした。仕事があって町を離れられないと書かれてました・・・地震風評被害まだまだ続いてます。
私の方は草津戦で前橋へ行ってきました。関越渋滞はすごくてお昼の渋滞ニュース渦中の人になってましたね~笑
前橋の街はゆったりしててはなみずきの街路樹が満開でした。(車窓で判らず後でJEFサポで前橋出身の方に教えて頂きました)ピンク白の花。今年は春先アウェイが続き花見の旅が続いています。明日はピッチ見学も当たったので早めにスタジアム行きます。メールしますね

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1552234/45109806

この記事へのトラックバック一覧です: 夫のふるさと福島へ:

« JEF対富山:フクアリでのブーイング | トップページ | KAUL(小5)のゴールデンウィーク、今年もユニティさんにお会いしました。 »