2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

« 悲しいかな年齢に比例する物忘れ | トップページ | 部活(サッカー)の合間を縫って束の間の夏休み(中1のPOM) »

2012年8月13日 (月)

これが?J1昇格を目指しているJEFの試合なのか?

Cimg4645

2試合続けて、「見せて欲しくない試合を見せられた。」そんな悔しいJEFの試合だった。

今回は記事にすまいと思ったが、後々「そんな事もあったなあ」と笑える日を信じて気持ちを奮い起こしている。

栃木戦にしても町田戦にしても、落ち着いてシュートを決める気持ちが見えない選手がいた。

栃木戦のロボ選手の次は、町田戦での米倉選手だ。

<米倉お前もか?>

<一時は、JEFの希望の星だったのではないか?>

<思いっきりと勇気がないよ。>

ここで絶対に決めてやろうという気持ちが、すっかり萎えたシュートだった。

<本当にがっかりだよ。>

覇気もなく、勇気もなく、工夫もなく、そんな選手達はブーイングの嵐の中にいたはずだ。

私は、試合後に挨拶に来た選手にブーイングはしなかったが、試合中はした。

何回もブーイングをした。

そんな情けない試合だった。

お盆休み前の日曜日に、田舎や旅行に行くのを遅らせた方も多かったのだろう、九千人強の観客が集まった。

夏休みに入り、高校生らしきサポーターさん達が通る声で応援を続けていた。

力強い声だった。

その気持ちに応えて欲しい。

帰る道すがら、来年はシーズンシートでフクアリ通いをするのは止めよう。

そんな気持ちになっていた。それほどがっかりした試合だった。

間違えれば相手のゴールを誘う場所で、相手選手を3人も傍に呼びこんでパスを通そうとして失敗するような掛けは、まだ君の技術では無理だろう?

そんな選手もいた。

藤田選手には、落ち着きが足りない。いつも、そう見えてる。ばたばた、ばたばたと駆けずり回るだけ。そう見える。

今回は、全く連動できていなかった。

ボールが出る方向とは、反対側に走っていく。ボールを出す方が悪いのか、見極めが効かないのか、とにかくちぐはぐな攻撃だった。

全体を通じては、深井選手の出場が遅すぎた。

せめて後半直ぐに出していれば、良い流れを作れたんじゃないかと、、、

町田ゼルビアは、サポーターさんが「残留」を出していた。

J2残留を願うチームに、J1昇格を目指すチームが成す術もなく負けるなんてあり得ない。

JEFは、J2残留を目標に頑張っているのではないのだから。

とにかく、がっかり。

オリンピック決勝戦で、メキシコ対ブラジルの素晴らしい試合を見た後だけに、JEFのオンボロ試合が逆に衝撃だった。

帰宅すると、息子からの留守電があった。

お酒を飲んで眠っていた夫は気が付かなかったようだ。

10数分前の留守電だったので、電話をしてみた。

近況やらなにやら聞いて、息子の声をきいて、少し癒された。

エネルギー省の仕事をしている。と言っていた。この大変な時期をなんとか乗り切って欲しい。私たちの為に。自分たちの為にも。

がんばれ!

JEFも、がんばれ!頑張ろう!

« 悲しいかな年齢に比例する物忘れ | トップページ | 部活(サッカー)の合間を縫って束の間の夏休み(中1のPOM) »

サッカー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1552234/46677127

この記事へのトラックバック一覧です: これが?J1昇格を目指しているJEFの試合なのか?:

« 悲しいかな年齢に比例する物忘れ | トップページ | 部活(サッカー)の合間を縫って束の間の夏休み(中1のPOM) »