2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

« 2012年8月 | トップページ | 2012年10月 »

2012年9月の投稿

2012年9月30日 (日)

行けなかったKAUL(小5)の運動会

楽しみにしていたKAULの運動会。

新校舎が完成して、初めての運動会。

私は、体調を整えることが出来なくて、KAULの運動会を初めて欠席することになった。

KAULから電話が来た時には、まともに声を出すこともできず「治ったら行くね!」と伝えたが、やっぱり出かけられなかった。

処方された薬のおかげで、話ができるほどの声が戻り咽の痛みもほとんど消えたのが当日だった。

運動会当日、行けなかった私に、11時近く 娘(KAULの母親)からメールが届いた。

“喉はいかがでしょうか。

暑いです。

KAULさんは、「進路決定走」で運良く三位。

ゴールテープや一位の子を誘導する審判と、楽しそう。

これからソーラン節です。”

おぉ たのしそ~ねぇ(o^-^o)

POMは、サッカーの新人戦(部活)に行ったようだった。

娘には、KAULの写メを送って貰った。

同い年の従姉妹と、楽しそうにお弁当を食べている写真だった。

電話をすると、そっけなく「うん」「うん」と言う返事ばかりで、それ以上に話は弾まない。

そりゃそうだ。楽しいお弁当の最中に電話をしたのだからね。

娘の報告によると、POM達のチームは、後一歩で県大会に出場と言う位置まで行ったらしいが、惜しくも敗退。応援に行ったママ友からの連絡があったそうだ。

お弁当をもって出かけたようなので、楽しい食事の場にはまだ戻って無かったが、1時半にPOMから電話がきた。

私が出ると「あっ、来れなかったんだ。」と言った。

「うちに帰って来たの?」と聞くと

「うん、(母親に)電話したけど通じないんだ。」と言った。

「じゃあ、私から電話をしてみるから、うちで待ってて!」と家で電話待ちさせることにした。

娘にかけてみると、やっぱり出ない。

それなら、、、、同じ運動会会場にいるはずのPOMの父親に電話する。

と、すぐに繋がった。

POMは、父親の携帯番号は覚えていないのかもしれない。

数分後確認の為に、娘に電話をすると、今度はPOMの方が出ないという。

「たぶん、こっち(運動会会場)に向かっているんじゃない?」と言われたが、私が電話するとすぐに出た。

「電話は?」と云うと「来ない。」

どうやらトイレに入っていて気が付かなかったらしい。

「今なら連絡できると思うから、もう一度電話して!」と伝えた。

2時近くになっても、娘からは何も連絡がなかったので、メールで一言

“POMと連絡ついた?トイレに入っていて、電話に気が付かなかったらしいよ。POMは真面目な子なんだから、自分の予想で決めつけないで、きちんとケアしてあげてね。都会と違って事件は無いだろうけど、連絡貰った私がいい加減な事をしているようで、信用して貰えなくなるからね。”

1時間半後に、返信があり

“友達と家で遊ぶと連絡あって、遊んでます。お騒がせしました。”

そして

“了解” 送信

POMの躾は良いけど、私の娘への躾の方に問題?

アディショナルタイム、あと何秒我慢できれば勝てる?

(TV観戦です。)

兵働選手の素晴らしいフリーキックが、消えかけるほど悔しい同点打を、アディショナルタイムが終了するぎりぎりの時間に決められて試合終了。

また、このパターンで締めくくられた。

岡本選手のファインセーブに助けられ、相手のサイド攻撃に振り回され、イエローもまた増えて、手に入れかけた勝ち点3をスルリと交わされ勝ち点1を握らされた。

終了のホイッスルまで、気の抜けないチームではあるが、何故勝ちきれない?

台風上陸が危ぶまれた試合時間に、千葉から応援に駆け付けられたサポーターの皆さんが、拍手で選手を迎える場面は、単なるTV観戦者としては辛いものがあった。

サポーターの前から帰る選手たちの表情も、見るに堪えられない。

兵働選手の悲しそうな悔しそうな顔を見ると、やはり拍手で迎え拍手で送るサポータの皆さんの気持を図り知る事となる。

夏以降のJEFは、やはり、J1に上がっても戦っていけるのだろうかと思える戦況が続いている。

ようやく、出場機会を得た武田選手も、次節はイエローカードの累積で出場停止?

がんばって練習に励んでいたようだが、まだまだ、まだまだと言ったところだ。

サイドから、切りこまれる攻撃が多く危ない場面が何回もあった前半、竹内選手が大岩選手を大声で怒っている様子が映し出されていた。

後半は、竹内選手の守備は、よりはっきりしたクリアをするようになり、気持ちが入っていた。

勝利とドローの差が大き過ぎて、切りかえて次節の応援にと思う気持ちが萎えそうだ。

今日は、3試合が中止になっているそうだが、ライバルチームにプレッシャーをかけることはできなかった。

非常に残念な試合だった。

がんばろう!

2012年9月27日 (木)

9月、二日続きの青潮

幕張方面から千葉港まで、今日も青潮が広がって来ています。

千葉港の入り口辺りは、昨日よりも広がっているようです。↓

工業地帯は、市原辺りです。

Cimg5200

向こうに岸に見えてるのは東京↓
Cimg5206


Cimg5209

今朝も、青潮で海が緑色がかっていました。

2012年9月26日 (水)

9月の青潮

秋めいて 寝冷えして 咽傷め・・・・・最悪です。

私の場合は、一度咽が痛くなると、自己療法では完治しません。

微熱とのどの痛みに耐えられなくて、とうとう内科に行きました。

先生があっさりと「寝冷えでしょう!」と言われて咽に薬を塗布して下さいましたが、しつこい咽の痛みです。

29日はKAULの運動会ですから、それまでには治したいのです。

今朝、夫が海を見て「青潮だよ!」と教えてくれました。

青潮になるのは、どんな時なのでしょう?

台風で海が上下かき回された訳でも無さそうだし、水温の温度差がプランクトンを上に押し上げたのか?花見川との関係があるのか?素人が考えてもわかりませんが、海の色が違います。

岸の近くは緑がかっています。

1

03

寝冷えには、気を付けましょう(。>0<。) 

早く治して、さあ運動会へ (◎´∀`)ノ

2012年9月23日 (日)

ドローでも、戦う気持ちが届いた試合(対東京V戦)

今日は、生憎の雨でした。

家を出る前の夫との会話です。

夫「TVで見られるなら、行かなくてもいいんじゃない?」

私「そう云う事じゃないのよ。」

夫「あぁ 見に行くんじゃなくて、応援に行くんだね。」

私「そう云う事です!」

↓練習中の両チーム(手前のJEFと後方の東京V、混じってしまったらちょっと見分けがつき難くそうです)

Cimg5181

今日の東京V戦は、第三者が見たら、見ごたえのある良いゲームだったと思います。

JEF千葉も東京Vも、気持ちの入ったゲームをしてくれました。

JEFは、サポーターを心底がっかりさせたここ何試合かとは全く違いました。

ただ、イエローを貰った数が多く、次からの試合に多少の不安があります。

智選手も、後半は大岩選手と交代をしました。

それも不安なのですが、でも、そろそろ大岩選手も活躍してくれるだろうと感じた試合でもあるんです。

そして、JEFサポーターを喜ばせた得点のシーンです。

谷澤選手から出たボールで荒田選手が決めたゴールは、とにかく素敵なゴールでした。

気持の良いゴールでした。

また、ワンタッチワンタッチで繋いで、最後に惜しくも外したプレーは、それでも、良い時のJEFを思い起こさせるものでした。

2点目のゴールは、そこで待っていた谷澤選手の感が素敵です。

ワンアシスト!ワンゴールです!

やっぱり谷澤選手には「戻って来てくれてありがとう!」と伝えたいです。

東京Vの中後選手には、しっかりと恩返しをされてしまいました。C大阪時代からコーナーキックを任されていた選手ですから、力のある選手に違いないのですが。

それから、巻選手のことです。骨折と言う事で今期の復帰は無理なようです。

東京Vサポーターさんが「巻魂」(画面右下)を出してありましたが、本人もフクアリに来ていたんですね。

Cimg5180

しっかり治して、巻選手らしいプレーをまた見せて欲しいと思います。

東京Vの選手は、キビキビとしたプレーが印象に残り、若い選手が多いのかと思ったんですけど、そうでもなかったようです。それだけ、気持ちが入っていたのだろうと思います。

JEFは、セカンドボールをカットされることも多く、完全に復調と言う訳ではありませんでしたが、頑張る姿を見せてくれたので、サポーターからブーイングを受けることはありませんでした。

でも、ロボ選手は守備のことは全く考えてないんでしょうか?

そして、アディッショナルタイムで同点に追いつかれた時は、サポーターはまだ諦めていませんでしたよ。

へたれこんでる選手に「まだ(時間が)ある!」と声をかけていましたから。

頑張りました、けど勝ちきれませんでした。

次こそ勝ちましょう!

Cimg5185

2012年9月20日 (木)

9月20日、街もユナパもまだまだ暑い

急遽ユナパ行きを決めました。

今日も暑い一日でした。

時々吹く風は涼しく感じるのですが、太陽が照りつける日中は、まだまだ暑いですね。

暑い時は“ユナパの観覧席に屋根が欲しい!”

寒くて凍えながら見ている冬には“屋根と囲いが欲しい!”

いつも憩える場所としては“緑の木が欲しい!”

贅沢ですが、そう思います。

ユナパでの選手へのTVインタビューで、緑が写っていたりすると“あそこは、お隣のゴルフ練習場よ。紛らわしいな。”なんて思ったりしています。

今日は、女性のサポーターさんの方が多く、日傘や帽子で暑さ対策をしている方が多かったのですが、目の前にいらした男性は、帽子も被らずとっても暑そうでした。

私のすぐ下のベンチに座ったら日傘の影に入れたんですけど、声をかけることができませんでした。勇気がありませんね。「こちらにどうぞ。」たったそれだけなんですけど、、、、

男性の方も、せめて帽子を被って下さい。

暑い日中に、長時間暑い陽に当たっているだけでも疲れますよ。

アラフォーの息子に会うたびに「帽子を被ったら?」っていうんですけどね。帽子組合(そんなのがあるかどうかわかりませんが)は、日本のサラリーマンに帽子を普及させてください。

そんな暑いユナパでは、午前中みっちり練習がありました。

1

2

3

4

選手達は、精力的に練習に励んでいました。久しぶりに近くで見た所為でしょうか、ボールを蹴る時の強さは、凄いものがあります。

この日は、智選手の状態を見たかったことが一番の目的でしたが、大丈夫そうでした。

再加入の谷澤選手の上手さには、改めて感じ入りました。良く戻ってくれました。と伝えたいです。

先日の試合で奮闘していた峻希選手ですが、私は北九州戦でしっかりと顔と名前を覚えました。

午前中の練習は、“午後練なしで終わりで良いんじゃないの?”と思えるほど集中して行われていました。

正午をまわる頃、試合形式の練習が終わりクールダウンを始めたところで、この日、急遽落ち合った友人と共に12JEFに寄ることにしました。

私は未だ買ってなかった月の“UNITED”を買うつもりでしたが、レジに持って行った品物の確認で「7月、9月ですね。」でしたので「8月もありますか。」と聞くと8月のUNITEDを持って来てくれました。

そして、ぶっきらぼうなお兄さんが「結局どれを買うんですか」

え~( Д) ゚ ゚ 「3冊とも買います。」と言ったのですけど、、、、

友人の欲しかったカード入れは、売り切れで、もう手に入らないようです。

12JEFの売れ筋は、コンフィットTシャツとタオマフだそうです。

前にも書きましたけど、それを受けてもう一度“コンフィットTシャツは全選手分揃えて下さい。”

ヴェルディ戦に向けて、選手達が良い緊張感を持って練習に励んでいるようでした。

勝ちましょう!

2012年9月19日 (水)

夕日に輝く虹

オレンジ色の夕日に、輝くような虹が出現しました。

ファンタジーです。

Photo

Photo_2


ほんの短い時間に、色が変わりました。

Cimg5114

虹が出る直前の景色↓金色色に輝いていました。

港の先、ユナパの向こうは、雨の予感も分かります。

Cimg5111

2012年9月18日 (火)

ファインダーに入りきれない大きな虹

ファインダーに入りきれない大きな虹が架かりました。

とっても、幸せな気分になりました。

Cimg5100


二重橋です。

もう少し早くに気が付いていたら、くっきりとした二重橋を見ることができたようです。

デジカメでは、これが精いっぱいの描写です。

そこで、同じマンションにお住まいの方が捉えた素晴らしいお写真をご紹介します。

撮った位置も違いますし、カメラの性能も違います。

どうぞ、ご堪能ください。

http://makomm.cocolog-nifty.com/blog/atom.xml

2012年9月17日 (月)

JEFは、今節も10人で試合をしました。

始まった途端にギラバンツが一点先取、その直後からJEFは、10人で試合をする事に決めたようです。

そして、またその直後に点が入りました。北九州にですよ。

2戦続けて退場者を出し、自ら窮地を作り出すチームを、応援する気持ちにもなって欲しいものですが、、、

試合中は、不甲斐なくてブーイングもしました。でも怒る気持ちにもなれません。不思議なくらい静かです。

智選手がゲームを離れる時は、どんな布陣を考えているのだろうか?と思っていたのですが、代わりの選手を育ててなかったようです。

あんなに、完璧に近い選手の代わりは無理とは言え、もう少し何とかならないものでしょうか。

ガタガタです。

試合後にゴール裏に挨拶に来た選手に、ブーイングする人はいませんでした。

勿論拍手なんてあり得ません。

Cimg5093

ゴール裏の二階では

「○○JEFに残ってくれー」と何度もレンタルで来ている選手達に呼びかける声がしてました。

「木山来い!」「逃げるな!」という声も、、、、

いろんな思いがあるんでしょうけど、私たちは応援するだけなんですね。

試合前のビッグジャージとビッグフラッグ提出が、なんだか空々しく思えました。

観客総動員数云々より、先ず勝つことです。

勝てなければ、盛り上がることもできませんから。

青木良太選手は、ユニフォームプレゼントの予定でした。

退場したら、出ては来れないですね。

代わりに役員?のおじさんがプレゼンターになっていましたね。

話を聞くこともなく帰途に着きました。

ただ、後半は10人で良く戦っていたとは思います。

セットプレーで、得点できるチームになったら10人でも勝てるのでしょうけど、いつもできていない事は、いざという時には尚更できないもののようです。

選手の皆さんには、一人少しずつで良いから頑張ってもらいましょう。

そうしたら、次はきっと勝てますよ(*^-^)

今日も咽が痛い、立ちっぱなしの足も?足の違和感は年の所為かも、若い方たちは平気でしょうからね。

最後まで手を抜かずに戦い抜いた北九州の皆さんに、拍手を送ります。

喜びに沸く皆さんです↓

Cimg5090

今になって泣きそうです。

がんばろう!JEF!

*既に大勢の皆さんに読んでいただいた記事ですが、「11人で試合をしました」と書いてしまったのですが、10人の間違いでした。訂正しました。すみませんでした。サポーターを入れても11人でした。

それは10人じゃないのか!(`Д´)と毒づく方も無く、皆さんありがとうございました。

今頃になって冷や汗をかいています。(2012・9・18 PM17:52記)

 

2012年9月16日 (日)

POM初めての体育祭は、土ぼこりに塗れた体育祭でした。(中1)

中学生になったPOMの、初めての体育祭がありました。

POMの地元A駅からタクシーで中学校に向かいましたが、タクシーに乗っていつも思う事は、我がホームタウンの運転手さんとは違い、どの車に乗っても心が和むと言う事でした。

目的地に着くまで、ほんわかとした気分にして貰えます。

千葉は知事によると、観光県を目指しているようですが、タクシードライバーさんが優しい方だとその町が素敵に思えるんですけどね。

ぶっきらぼうで、挨拶もしないドライバーも珍しくありませんから、、、、。

朝9時半、前日のJEF の敗戦を払拭すべく、期待いっぱいに体育祭会場に到着しました。

POMの最初の徒競走が、終わったばかりのようでした。

中学生は、み~んな元気で気持ち良いですね。

気温は真夏並みで、元気すぎる気温には少々大人しくして欲しいと思う暑さでした。

それでも千葉と違うのは、海からやって来る湿った潮風ではなく、さらっとした涼しい風が木陰で休む楽しさを味わせてくれることでした。

関東ローム層特有の土ぼこりが舞い上がり、元気な中学生が埃まみれになって観る者たちを楽しませてくれましたが、POMをファインダーで追っかけた私の靴は、埃に塗れて本来の色が失われていました。その挙句には、黒ジーンズが仇となって、膝から下が埃色と化していました。

凄い経験となってしまいました。

クラブ紹介でのサッカー部の行進ですが、、、、どのクラブもそうでしたが、埃を巻き上げながら歩く子供たちの肺が心配になりました。

13
 

徒競走や玉入れなど、すべてが縦割りのクラス対抗で、全員参加と言うのが見ていて本当に面白かったですね。

リレーもそうでした。

最後の最後の走者で、いきなり一位からどん尻(5位)になってしまっても怒る子は誰もいないようすで、とても楽しい盛り上がりを見せていました。

玉入れでは、1~5位まで読み上げられると、順位が下がる毎に歓声が小さくなり、もしかして5位のクラスは、、、、、と思いきや、大歓声で締めくくってくれました。

盛り上げ上手に、幸せを届けて貰った気がしました。

POMの徒競走は、5クラス5人での競争でした。↓


11


リレーでは人数の関係で2回走りました。

2回目に走った時は、カメラの設定を間違えて連射できず、一発で決めようとしたのですが、、、、?

写っていたのは、コーナーを走る目の前の足!たぶんPOMでしょう

15

本人なら、自分の足が分かるでしょうか?

最後は、男子全員による組体操でした。

リーダーが、大太鼓10メートル前から走りこんで打ち、戻ってまた走りこんで打つ事3回、そしてリーダーの先導で、「オー!」と時の声を上げてグランドに走り出して行きました。

6

裸で裸足の中学生は、誰が誰やら見分けがつきません。

直前にPOMから情報を得、グランドを左右に大きく使うと言われたので、最初と最後の演技は収めることができました。

4

演技が終了して退場する時は、まさに土ぼこりに塗れた少年たちになっていました。

5

POMの初めての体育祭は、決勝係でした。


1


クラスのみんなから離れて、役員テントに終始待機していました。どんな決め方をしたのでしょう?自己推薦?じゃんけん?聞くのを忘れました。

娘が夫に「お母さんは好きにさせておいて!POMの追っかけでしょうから。」と言ったそうですが、まさに追っかけ状態でした。

翌日は、サッカーの新人戦があると言ってましたが、2年生の試合だそうですから、また応援ですね。

娘に、POMの試合をしているところを見たいというと「もう少し上手になったらね!」と当たり前のことを言われました。

幼稚園から続けてはいても、みんなそうでしょうから、出場機会はまだ先なのでしょう。

「POMや、サッカーも頑張ってね。」

POMの父親に「お母さん、JEFはどうしちゃったんですか?」と言われましたけどね。

言ってやりましたよ。 「ロボって知ってる?」

「はい、知ってますよ。リカルドロボでしょ。栃木の、、、」

「栃木から柏に行って、出場機会があまり無くてレンタルでJEFに加入したのよ。」

「いいじゃないですか!」

「と思うでしょ。私はJEFに送り込まれた刺客じゃないかと思うのよ。、、、」言ってやりましたよ。

私の話を聞いて「最悪ですねぇ。」

彼は、一緒にJEFの話ができる唯一の人間です。

POM達の体育祭のように、明日はJEFから喜びを受け取りたいな~、応援は何時も頑張ってるわよヽ(´▽`)/

2012年9月 9日 (日)

天皇杯2回戦に勝ちましたけど、、、、

対V・長崎戦は、勝ちましたけど、、、、と言ったところで、内容は推して知るべしというがっかりな内容でした。

試合になかなか出られない若い選手が、育ってないなあという感想と、やっぱり期待はでき無いなあと言う気持ちで、相変わらず歯がゆさが先に立ちます。

トップチームのトップ選手達との実力の差を思うと、勝ちはしたけどすっきりしないのです。

オーロイ選手のアシストでゴールが決まりましたけど、本人のゴールは期待できませんし、米倉選手は、相手にしっかりマークされていたのか振り切ってのゴールもできませんでした。

連動がなく、チームとしてのまとまりも今一でした。

キャップテンの勇人選手や、いつものように走り続けていた深井選手には、物足りなさや歯がゆさのストレスがあったのではないでしょうか。

戸島選手は、FWらしいプレーもありましたけど、もう少し長く見ないと何とも言えません。

祥選手は、入った直後にホイッスルでしたから、何にも見ていません。

出場機会の多かった武田選手も出場がなかったですね。

大岩選手は、入院するほど体調を崩したんですね。

チームとしてのサブメンバーが、もっともっとやる気を見せてアッピールできないと、この先不安です。

そんな試合内容でした。

試合前の選手達です。(先発メンバー)

12

2

そして控えの選手達。

5

出場しませんでしたけど、谷澤選手はとても疲れているようでした。

練習時に、何度もシュートを外して、ゴール裏最前列のサポーターから「枠にいってないぞー。」と何度もシュートを要求されて、ようやく入れてピッチを後にしました。

リーグ戦とは違う方たちが最前線に立っていたようで、統率のとれた応援とは違ってちょっと怖い感じもしました。

米倉選手を個人的に応援している方が、本人を頑張らせたいのでしょうけど、おしりをたたいて叱咤しているようで、なんとも居心地の悪い空間を作っていました。

応援の仕方って大事ですよね。もしかしたら、友達だったのかもしれませんけど、、、、。

とにかく勝ちました。

Cimg4943

11

3回戦に進みますが、天皇杯の2回戦は、サポーターの力の入れ方の薄さにもちょっとがっかりですね。

今日私の周りでは、いつも見慣れた方たちが一人もいませんでした。そんなもんですかね?

観客数3207人です。

ガラガラです。Cimg4921

途中で雨が降ったようです。左上の黒い雲が、アリーナを覆いました。ボールパーソンの高校生が雨具を着ていて「雨かな?」と思ったんです。

ゴール裏二階席は、全く影響なしです。

今日のボールパーソン・ストレッチャーパーソンが、息子の後輩たちのようでしたので、偶然の出会い?にきっと勝てると思い込んで応援していました。
自分勝手なゲン担ぎですけどね。

試合後にエールの交換がありました。

JEF側が先に「な・が・さき、な・が・さき」・・・(拍手)

V・長崎からのエールがなく、もう一度「な・が・さき、な・が・さき」・・・(拍手)

でも、、、、長崎の皆さんは、みんなで相談?

私は、帰りかけました。二階の階段を下りて、外に出かかった時に「JEF、JEF,JEF」のエールがあり、立ち止まって拍手、返礼・健闘を讃えてから帰りました。

J2を目指すV・長崎とJ1に帰りたいJEFの戦いは、JEFの勝利となりました。

*追記

ゴールを入れた大塚選手には、大きな拍手を送ります。(ごめんなさい。遅くなりました。)

武田選手をベンチ外と書いてアップしたのですが、名前をコールされていたことを思い出して、書き換えました。一度嘘をつきました。すみません。(既に手遅れ?)

最近リーグ戦でも、ベンチ外だったりしている武田選手です。あんなに使われていたのに、何故今回も出場機会がなかったのか、気になります。

ジェフ☆コレの武田選手の記事をアップしてから、武田選手で検索して訪れる方がいらっしゃるので、私自身も武田選手が気になって来ました。

伸び悩みでしょうか?

レンタルと言う立場の事情でしょうか?

素人の私には、分からないことなのかも知れませんが、頑張って先発メンバーに戻って欲しいと思います。

2012年9月 3日 (月)

時々俄雨がやって来ます。

瞬く間に止んで、空に虹をかけました。

幅の広い色彩のはっきりした虹でした。

Cimg4889

数分前にも、虹が出ました。

うっすら見えた虹がすぐに消え、場所を移動してきれいな虹が架かりました。

洗濯物を干しながら「もう一度、虹を出して!」空に向かって言って見ました。

願いを叶えてくれたのです。

Cimg4890_2


だんだんと上空に伸びて行った虹が、今度は、上空の雲に吸収されるように消えてゆきました。

Cimg4892

数分前に空に架けられた虹はこれ↓

Cimg4882

気まぐれな雲が、雨を降らせたり太陽を覗かせたりして、美しい虹を架け替えていました。

ようやくホームで連勝です

勝ちました ヽ(´▽`)/

ようやくホームで連勝です。

試合前の選手達は、いつも通り元気にアップしています。

Cimg4872

Cimg4873


試合が始まって、福岡のスピードに驚かされました。

特に、オズマール選手のスピードです。

前半戦早々に、危ういところで彼を止めましたが、思わず息をのみました。

福岡の速さをしっかり抑さえ込みましたが、ボールを持ってから攻撃に移るのが早い!

JEFには危なかったミスもあり、雨に濡れた芝生で滑ったりと、、、

それでも、頑張っている選手がかっこよく見えました。

後半は、いい具合にゲームが進んでいきました。

今日も、選手は良く見極めて走り続けていたと思います。

兵働選手のゴールは、日ごろの練習が実ったもののようですから、この先も期待できそうです。

取られた一点は、私の後ろで「あぶねえ、あぶねえ」という声が聞こえていましたけど、結局「あ~!」と言う悲鳴めいた声と共に入っていました。

観客動員数は、前回より減りましたけど、お天気の所為もあったかもしれません。

がんばれる選手が見られるようになったら、今日のようなお天気に惑わされることなくフクアリに出かける人が増えるでしょう。

夏休み最後の日に勝てて、声をからして応援していた学生さんが「勝って行く(登校)のと、負けて行くのとでは相当違う。」と話していました。

それは、誰もが同じ気持ちです。

次のアウェイは、絶対勝利を!

谷澤選手が契約前に、町田戦をフクアリで見ていたそうです。FC東京にいた時にもJEFの試合は全部見ていたそうですから、再加入は本当に心強く思います。

今日の試合で、藤田選手が負傷退場しました。

早い復帰を祈っています。

2

4


サポーターと共に勝利を喜び合った選手達の表情が素敵です。

おまけの写真は?

1


雲だと思っったんですけど、フクアリ近くまで来て工場から噴き上げた水蒸気だと分かりました。

なんだかすごい!!(゚ロ゚屮)屮

来週は、天皇杯です。

またヽ(´▽`)/この笑顔で!

2012年9月 1日 (土)

気まぐれな雨

カシャカシャカシャ、何かを叩いているような音がする。

道路を行くいたずら坊主の仕業だろうと思っていたら、ベランダの手すりを打つ雨の音だった。

黒い雲の下だけ降る雨。

赤い屋根が濡れて、木の影が映っている。

3

港の向こう側は見通せるので、蘇我駅辺りは降っていないようだ。

いつもとは逆。

雨の訪れを待っても、いつもフクアリやユナパ辺りがねず色で隠され、こちらにやって来る気配はなかった。

黒雲の繋がりを辿って、東京湾を見る。

雨の境目が見えるようだ。

12

Cimg4859


夏の雨雲は分かり易いが、時々この雨雲にしてやられる。

買い物帰り、後一歩のところでひょんな場所で雨宿りをさせられる。

今日のにわか雨は、お湿りにも満たない気まぐれな午後の雨。

« 2012年8月 | トップページ | 2012年10月 »