2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

« 2012年9月 | トップページ | 2012年11月 »

2012年10月の投稿

2012年10月30日 (火)

POM(中1)からの報告は、文化祭と中間試験結果

夫がまだ風邪が癒えてなく、娘も風邪気味だと言う事で、POMの初めての文化祭には行けませんでした。

金曜日の合唱が見どころだと聞いていたのですが、ちょっと残念です。

娘は、土曜日のチョコバナナを売る担当なので、風邪のことも考えて合唱が終わった時点で帰宅し、報告がてらに電話をくれました。

1年生の合唱は、前評判通りだったと笑っていました。

クラス毎に選んだ曲の合唱だったので、誰が選曲したんだろう?と思ったそうです。

選曲は、大事ですからね。

POMのクラスの経過を、面白く聞きました。

POMは、指揮者だったそうですが、、、

先生「指揮者は、POMとAどっちがいい?」

生徒達「どっちがいいのかな?」

クラスメイト「POM、ピアノ習ってただろう?」

POM「でも、3年生までだよ。」

クラスメイト「じゃあ 同じかぁ」

POM「どうしようかなあ?」

先生「迷っているなら、POMお前がやれ」

POM「えっ?」と言う事で指揮者が決まったそうです。

何故、POMとA君を先生が推薦されたのかは、不明だそうです。

以後、POMは帰宅後、先生から渡されたCD?を毎日毎日聞いて一人で指揮の練習をしていたそうですが、男子のパートが難しかしい曲だったようで、教室では練習途中に「男子がちゃんとやっていない。」と女子から不満が出て激しい言い合いになったそうです。

娘がママ友から聞いて、POMに聞いてみたところ「そう言えば、後ろで何かやってたなあ。」と他人事のようだったそうです。

当日、合唱を聴いてきた娘の報告

前評判が良かったクラスは、伴奏が特に上手だったそうです。それから、指揮者と伴奏が合わないクラスがあって、最後まで調整できずに終了。終わった後で、ママ友が言ったそうです。「指揮者、合って無かったわよね?」

POMのクラスは、「男子が良く持ち直したと思う。半音狂うとそのまま行きそうな感じだったけど。」という感想でした。

でも、最後に、指揮者と伴奏者が一緒に礼をしてステージを去るという場面では、伴奏者の女の子が、怒り爆発寸前のようで一人サッサとお辞儀をして帰ってしまったそうです。POMは、あれっ?と言った様子をしながらも最後にお辞儀をして退場したそうで、ママ友と「二人夫々の性格が出てるわね。」と笑えたそうです。

伸び伸び自由な中学生生活を、送っているようです。

文化祭初日の報告がPOMからもありましたが、合唱での最後の場面を本人から聞いてみる事を忘れました。

中間試験の結果の報告に「良かったじゃない。頑張ったわね。」というと「うん、でも次は、学年でトップテンに入らないと。」と言ってましたが、少し欲が出て来たみたいです。

でも、試験結果でクラス平均が48点の科目があってびっくりしたというので、「50点満点?100点満点?」と聞くと「100点満点。」という答えが返ってきました。

「じゃあ、みんなが頑張らないとね!」と言うと「うん」と言いましたが、得点の低さにびっくりしたようです。

先生が、難しい問題を作ったのでしょう。

試験問題を作成する時は、平均点を予想して問題作りをするはずですからね。

その科目の期末試験の結果は、、、、興味がありますね。

まだ中学1年生です。POMもみんなも頑張れ!

2012年10月28日 (日)

対山形戦は、初戦と同じスコア2-0の勝利です。(TV観戦)

寒い山形まで応援にいらしたサポーターの皆さん、お疲れ様でした。

千葉からは800名が応援に行かれたそうですが、NDスタジアムのアウェイからの参戦では最多だそうです。

勝ち点3も、2-0のスコアも山形との対戦は、フクアリ・NDスタ共に同じ結果でした。

前半戦を見ていて、どうなるものかと不安でしたけど、後半に修正できるJEFを見ることができて、J1への希望が湧いてきました。

今年は特に、チームの勝ち負けで一喜一憂しながら生きている感じです。

後半早々、谷澤選手のコーナーキックから竹内選手のゴールが決まりました。

TVの前で喉が痛くなるくらい声を出して応援し続け、夫は、見たい番組が見られないと不満げでしたけど、最初の一点目は嬉しさに泣きそうでした。

26日には、谷澤選手のコーナーキックからのセットプレーを何度も何度も練習していました。

「JEFでなければ、移籍はしなかった。」と言ったそうですが、再加入ありがとうです。

後半のJEFは、プレッシャーもよく効いていましたし、前半と違って見ていて安心できる内容でした。

二点目、荒田選手のゴールも、気持ちが入っていました。

健太郎選手は、足が攣っていました。古巣との戦いで全力だった感が分かります。

勇人選手も、非常にアグレッシブで存在感がありました。

途中、智選手がストレッチャーでピッチの外に出た時は、不安が過りました。

智選手が、出場している試合は、見ている者としては、前の選手に気持が集中できます。

山口・竹内コンビのDFは、本当に安定感があります。最強のディフェンダーです。

兵働選手が欠場した試合に勝てた事は、チームとしても自信に繋がったのではないでしょうか。

後二戦、気を引き締めて勝ちにいって欲しいですし、プレーオフの二戦にも絶対勝利してJ1へ昇って欲しいと思います。

フクアリ最終戦が、楽しみになりました。

DAKKANというより、これから全力ですよね!

2012年10月26日 (金)

10月26日ユナパの午前中

来期のJEFは、悲願のJ1に行けるのか、このままJ2に居残りなのか?先の見えないチーム状況の中で、シーズンシートの販売が発表になりました。

少なくとも私は、まだまだそんな気持ちにはなれません。

今日は、POMの文化祭を見に行く予定でしたが、POM母が風邪気味と聞いて中止にしました。

なので、穏やかな午前中に、ユナパの練習見学に行ってきました。

駅前のモニュメントが、骨組み姿になっていました。次の試合までには、お花で飾られて装い新たにお目見えするのでしょう。

今日は、こんな感じ↓

Cimg5563


10時過ぎにユナパに着きましたが、未だ選手の姿はなく、スタッフの方が準備中でした。

選手が出て来て、見学者の皆さんも見やすい場所へ移動してゆきました。

見学にはちょうど良い、暖かで風もなく穏やかな日でした。

2


全選手の姿はありません。

徐々に別メニューの選手達もでてきましたが、それぞれにトレーナーさんがついて、歩いたり軽く走ったりしているのを見て、別メニュー選手が思った以上に多いことに驚きました。

ゲームで負け、腕立て伏せをした二人組。↓

4_2

ゲームの間間に、ストレッチ↓9

14

コーナーキックの練習、フリーキックの練習、流れの中からシュートを決める練習などを入念に、監督が指示を出しながら練習をしていました。

シュートが決まった瞬間↓

16

19


GKに弾かれたシュート↓20

ゴールの良い感触をもって、山形に行って欲しいと思います。

みんなで運んでいます。いつもの光景です。↓

21

アドバイスを受けているのでしょうか?

この後、緑と黄色に分かれて試合形式でのシュート練習が有りました。



24_2


以前の練習見学の時は、シュートが決まりませんでした。練習方法も違っていたかもしれませんが、今日はゴールを見て帰ることができました。

大卒の新メンバー君でしょうか?↓

00_2

短い距離をトレーナーさんと何往復も歩き続けて、その後は、ゆっくりしたペースで一人黙々と走っていました。

12時、練習は終了です。

お天気も最高で、気分良く家路に、、、、?

お財布を忘れて12JEFでの買い物を諦めて帰ったのですが、SUICAで買える事も忘れてました。

最近、うっかりが多いです。

年の所為にしては、いけませんけど、、、

では、山形へ応援にお出での皆さんに託します。

よろしくお願いします。

私は、TVの前で応援してます。

がんばって JEF ヽ(´▽`)/

2012年10月24日 (水)

東京湾の風景

雪を頂いた富士山が、くっきりと姿を現し、見下ろす山々も、ビルも橋も船も、ブルーと白が爽やかで軽やかです。

10月14日朝の風景

3


2


1

21

羽田に着陸寸前の飛行機も見えますが、何分デジカメですし、オーバー気味のズームで撮ってますので、霧の中の景色のようです。

22

10月21日夕暮れの一枚、鳩が上手く写り込みました。

平和の象徴というより、街の害鳥となっています。

うっかりすると、ベランダに巣作りを始めますので目が離せません。

糞害も、鳥ウィルスも、怖い鳩です。気候が温暖化してきて、いつでも隙あらば卵の産む場所を確保しようと躍起です。

01

2012年10月21日 (日)

夜香木とくさぎ

夜香木が蕾をびっしりと付け、重たげに枝がしなだれ、全体を見ると気の毒な状態です。

なので、一枝下から撮って見ました。

例年では、梅雨明時期に最盛期を向かえるのですが、今年は3か月遅れにやって来ました。朝は、蕾のままです。

Cimg5477

夜に小さな小さな蕾が開きます。

3

この小さな花が一つ開いただけで、開花に気付きます。かなり強い香りを放っています。

朝になると、また花は閉じて夜の為に待機します。

(大きさが伝わりずらいので、一房撮って見ました。)

Cimg5479

これから、全体の蕾が開きそして落ちるまで、昼間と夜の二つの顔を見せ続ける夜香木です。

暖かい場所では、通年咲くもののようです。

そして、くさぎは、いよいよ実が付き楽しみが増えています。

緑色が濃い青色に変わり、その実で染色を楽しむことができますが、量の問題でベランダ園芸では限界があります。

Cimg5480

花が咲く前の蕾です。(8月8日)
Cimg4634

花が咲きだした頃です。

1

優しい香りがします。

臭木というのは、葉を揉むと臭いので名づけられたようですが、若葉は食用になるそうです。

とっても残念だったことが有りました。

わが家のくさぎが咲きだす前に、大きな木のくさぎを見つけたのですが、先日行って見ると実は一つも有りませんでした。

たぶん小鳥が啄んでしまったのでしょう。来年は、もう少し早く行って見たいと思います。

此花↓が、実になった時の事を想像していたのですが、一足先早く小鳥が、、、(ノд・。)

Cimg4632

でも、秋の香りは、夜香木でもなく“くさぎ”でもなく金木犀ですね。

近所の歯科医院の金木犀が、満開になってました。

Cimg5450


金木犀も、遠くからでもわかる程の匂いを放っています。

秋の香りです。

この医院のお庭には、リンゴも実っていました。

この辺りでは、園芸店の鉢植え以外で初めて見たリンゴでしたが、年々実が小さくなっています。

でも、ここ以外では見ることができませんので、私にとっては魅力的なリンゴの木です。

Cimg5448


嬉しいですね、実りの秋 o(*^▽^*)o

2012年10月19日 (金)

国営放送フランス2は、福島の被災者の方の苦しみや悲しみを知らない。

サッカーの国際親善試合で、フランスを破った日本代表でしたが、好サーブを連発したGK川島選手に4本の腕が付いていました。

国営放送のフランス2の仕業です。

好セーブを表現したのでしょうが、これは福島(第一原発)の影響ではないかと付け加えたというニュースがマスコミで取り上げられました。

言った当の本人は、“フランスでは自由な表現が認められている。”と反省はしていないらしいのです。

彼は、コメディアンであると同時にジャーナリストでもあると聞いています。

ジャーナリストなら、一度福島を訪れ当時の状況をつぶさに知り、今被災された方々がどんな生活を強いられ、どんな思いでいられるかを把握してほしいのです。

その上で、同じ映像と同じコメントが言えるかどうかです。

当のフランスよりベルギーで問題視されたことも、フランスという国の日本の未曾有の大災害への捉え方の軽さを知ることとなりました。

あの大震災による原発事故を、コメディアンとは言え揶揄する表現には、人間としての心を感じません。

彼はたぶん、人間の形をした悪魔でしょう。

川島選手がご自身のブログで、この放送のことに触れています。

http://ameblo.jp/eiji-kawashima/entry-11383086039.html

川島選手は、ベルギーでのリーグ戦で相手サポータが掲げた福島に関する物にも、しっかりと抗議を起こしています。

その時のサポーターやチームは、日本への応援を形と行動で表してくれました。

言うべきことを言うべき時に言える川島選手を、頼もしく思います。

若い世代が、世界にしっかりと意見を言える時代になって来ました。

世界発信の意味では、政治家よりも影響力のある選手だと思います。

フランス2のコメディアンにも、人間の心を持って欲しいと願っています。

2012年10月18日 (木)

黄色い花

いつもの花の美術館は、前庭に沢山のハーブが花を咲かせていて、しそ科のイエローマジェスティ―の自由な枝ぶりがとっても魅力的でした。

Photo

裏庭のローズガーデンは、5月の華やかさとは打って変わって、夫々の株には小さな花が少し咲いているだけで、物足りなさを感じました。

Photo_2
それでも、秋のバラを見にカメラを肩にかけたり、携帯を片手にアングルを探してと、楽しそうに人々が集っていました。

花の美術館で、デジカメを手にしていると、男性カメラマンによく話かけられますが、カメラウーマンからは、一度も話しかけられたことが有りません。

「バラは、もう終わりですかね。」とか、じっと見続けていたら「これは、○○ですよね。」とか気さくに声をかけてきます。

それは、夫と一緒の時も一人で行ってる時も同じです。

女性と男性は、何が違うのでしょうね。

そんな私は、一人で自由に撮ってるだけですけどね。

震災で壊れた池が修復されて、水もだいぶ入っていましたが、流石にまだ魚は見当たりません。

ただ、羽音と水音を立ててカモが燥いでいるところを見かけました。

好い光景ですね。水鳥が遊びに来たのは、とっても嬉しいことです。

1

2012年10月16日 (火)

夢の話

いつも読ませていただいているブログhttp://khou.blog29.fc2.com/blog-entry-1366.htmlに、夢の話が書かれていました。

私も、大分戦の直後に忘れられない夢を見ました。

駅を間違えて降りて、最初に小学生に聞きましたが、歩いても歩いても目的地に近づく気配がありません。

次に、主婦の方々にお聞きしました。やっぱり、近いはずなのに少しも近づかないんです。

次に、中学校の先生に道をお聞きすると、ネットにつないで地図を出そうとして下さっていました。

みなさん親切に優しく教えてくださいました。

大きな公園の中の通りを、まっすぐに進めば良いと。皆さんが教えて下さいました。

広い通りを真っ直ぐに歩いて行けば、着くはずなんですが、歩いても歩いても目的地が見えません。辿り着く前に疲れ果てて目が覚めました。

目が覚めて考えたんですけど、間違って降りた駅とは言え、良く知ってる駅で迷う場所ではないはずなんです。

でも、全く知らない場所にいました。

たぶん、私が思っている今のJEFの状況です。

J1に戻りたい、J1のステージに連れ戻してください(懇願)

2012年10月14日 (日)

直接対決の敗戦とユナパ探検の感想

直接対決の大分に負けました。

前半に決めた谷澤選手のボレーシュートは、ほんとに素晴らしいゴールでした。

前半のようなプレーをしていたら、後半も期待ができると思っていたのですけど、大分の方がどんどん良い方向に進んでいました。早めに修正できた大分の勝利です。そう思える後半戦でした。

森島選手の2ゴールは、完ぺきにJEFのディフェスの隙をつきました。

ゴール前の連携が悪く1ゴール、ゴール前で彼をフリーにさせて2ゴールと、目の前でやすやすと入れられたゴールでした。私には、そう見えました。

相手が得点した後は、時間だけを考えているのか、攻め急いでいる感じが目に見えるようでした。

1-1になったら、そこから再スタートです。

負けてはいないのです。

勇人選手や健太郎選手が、中盤でものすごい頑張りを見せていました。

毎試合頑張り続ける兵働選手、荒田選手も、佑昌選手もと、、、、

相手のボールを奪う事も多かったのですが、どこか一か所でモタモタして結局カットされて、どうしても最後のゴールまで届かず、セットプレーも相変わらずで、悲しい結末でした。

ロボ選手と交代した佑昌選手は、残しておいてほしかったし、素人目にはこの交代の意図が理解不能でした。

45分頑張った全員が、90分頑張れるチームになって欲しいです。

みんなが同じ気持ちで頑張れないと、試合に勝つことは難しいでしょう。

嘗て深井選手が「サッカーは一人でできるもんじゃないから。」って言ってませんでしたっけ?

その深井選手は、今日は売店に立ち、山口智選手はサイン会にいて、藤田選手は「ユナパ探検ツアー」の案内人でした。

藤田選手は、もうすぐ復帰できそうな感じでした。

試合後、ゴール裏に挨拶に来た選手に「プレーオフに行けよ。」と優しい声をかけた人が有りました。

1

当初は、優勝する予定でしたね。今は「プレーオフに行けよ」と気にかけられる位置にいます。

今日は、「ホームタウン千葉市デー」で沢山の子供たちが招待されてきていました。

久しぶりに12000人近い観客が入り、選手達も気持ちが入っていたのでしょうけど、こんな日に勝てないと子供たちに夢を与えることはできないんですよ。

フクアリでの開催が始まった頃は、一般販売ではチケットが入手できないカードもありましたし、蘇我駅からフクアリまでの間にはダフ屋さんも出ていました。

魅力あるチームになって、どんどん試合に勝てるようになれば、観客は戻ってくるはずです。

とにもかくにも残念な結果でした。

それから今日は試合前に、「ユナパ探検ツアー」に参加させていただきました。

選手がバスに乗り込みお見送りした後に、ユナパの中へ!

Cimg5324

無言で乗り込む選手、笑顔で挨拶をして乗ってからまた手を振ってくれる選手、様々です。

米倉選手、オーロイ選手は、ファンサービスになれていますね。兵働選手も、いつもの笑顔で、、、

あっと思った選手は田中佑昌選手でした。

黒いロングヘアーが、肩の上でくるくるとカールしてとてもお似合いでした。

いつもの丁髷?と違って優しいプリンスのようで、、、

Cimg5325

バスの中から、手を振って応えてくれたのは、岡本選手とロボ選手でした。
バスは、一旦国道に出て迂回してフクアリへ。

決められた時間までにスタジアム入りしないと、チームに罰金が科せられるそうですが、JEFはいつも余裕をもってスタジアム入りをしているそうです。

ユナパの玄関入り口近くには、マスコミが選手にインタビューする場所があり、その直ぐ隣の部屋は記者の方が記事を書いたりネットで送ったりできる場所のようです。

建物の中は、筋トレルームがかなり広くとられていて、今日の案内人の藤田選手と戸島選手は、スケジュールを組んでトレーニングしているそうです。

マッサージ等体のケアも、十分にできる環境にあるようです。

寮生活の選手は、昼食はユナパの食堂でとるそうです。

選手全員のスパイクを置いている部屋は、量の多さもあって、常に換気乾燥に気を付けて管理しているそうですが、ちょっと匂いが、、、、

部屋もお風呂も、練習試合に来られたチーム用も準備してあるそうですが、普段はユースの選手が使用しているそうです。

最後は、選手がバスに乗り込む時に出てきた場所で藤田選手と戸島選手とお別れしましたが、そこにはJEFユースからトップチームに入った選手の写真が有りました。

山口智選手、祥選手、井出選手と現役選手の年齢幅が分かります。

約1時間のユナパ探検でした。ありがとうございました。

あ~勝ちたかった(u_u。) (試合のことですよ。)

2012年10月13日 (土)

朱色のかぼちゃ(福島産)でスープとゼリーを!

一か月ほど前に、夫の故郷福島から宅急便が届きました。

朱色の南瓜と、ジャガイモです。

ジャガイモは毎年送ってくれるので、その美味しさは知っていましたが、朱色の南瓜は初めてでした。

1


とっても美しいんです。

調理するつもりはあったのですが、南瓜は切るのに苦難を強いられます(大袈裟?)。しばらく置いていたら追熟していたようで、朱色が一層増して飾り用の南瓜だったのかしら?と思う程鮮やかな朱色になっていました。

夫は、パンプキンスープが所望のようでした。(言えばすぐに作ると思っているようですけど、、、)いつまでも、作らない訳にはいきません。会議があって外出したのを機に、かぼちゃ切りに挑戦しました。

何度も、一息入れては包丁を手に奮闘を続け、ようやく下ごしらえを終える頃には、右手の親指近くが赤く炎症を起こしていました。

種を取り皮をそぎ落として、3分の1個分をオーブンレンジ(根菜用にセット)にかけて、チンとなって取り出して、、、、

それを味見してみると、何ともおいしいのです。ホックりとして甘~い南瓜でした。

ちょっと手抜きをして、裏ごしもせずポテトカッシャーで潰して、塩コショウをして、バター少々を暖かいうちに混ぜ、牛乳で伸ばしながら、火にかけて好みの濃さに仕上げて終了です。

クリームを加えても良いですし、バターの好きな方はバターの量を増やしても良いと思います。

簡単スープが出来上がりました~!

美味しいかぼちゃは、やっぱり本来の味を生かすべきですね。手の込んだ料理を作らなくても、素材が助けてくれますからね。

ビックリするほど色の濃いかぼちゃで、時間がたつと、幕が張ってこってりとした感じになりました。

濃厚な美味しいパンプキンスープの 出・来・あ・がり~!

Cimg5282

お砂糖は一切入れないのに、夫は甘すぎると不満でしたので、(下の写真↓)牛乳をより多く入れてやりましたが、まだ甘いと言われましたし、バターもいらないそうです。

でも、年を重ねる毎に、バターやクリームは控えめが良いですね。

Cimg5299

甘すぎる南瓜なら、ゼリーはどうでしょう!

今度はきちんと裏ごしをして、パウダーゼラチンでパンプキンゼリーを作って見ました。

裏ごししたかぼちゃ:340g、塩一つまみ、ゼラチンパウダー15g、レモン汁数滴

Cimg5308

(パウダーゼラチンは、使い方を読んで好みの固さで作る。)

パウダーはお湯で溶かして入れ、裏ごしした南瓜に混ぜ込みますが、お湯の量で硬さが決まります。

ゼラチンは固く作りすぎてもお鍋に入れて水を足し、もう一度火にかければ直ぐにやわらかく戻りますので、寒天と違いやり直しがききます。

但し、羊羹は寒天にしないとできません。ゼラチンは、気温の上昇で融けてしまいますので、ご注意を!

型に入れて、冷蔵庫で1時間半ほど冷やしました。


Photo


程よい柔らかさと、ひんやり感と、かぼちゃそのものの甘さが丁度良い、私好みのスイーツになりました。

夫が「この味は、サツマイモか?」ですってさ、ヤッテラレンワ…ヽ(○´3`)ノ フッ

福島のかぼちゃ!でしょ?

確かに味は、サツマイモのようなかぼちゃですけどね!┐(´д`)┌ヤレヤレ

円形の虹

10月13日正午、円形の虹を見ました。

買い物帰りに、見た虹です。

出がけに「カメラはいいのか?」との夫の声に「撮るものがあるかしら?」と言いつつ、持って出かけて撮れた写真です。

2


太陽の周りが、美しい虹色に染まって見えました。

直接見て撮ることが出来ないので、木で太陽を隠して覗いてみました。

気づいた方は、いらっしゃるでしょうか?

これも虹なのだそうです。

帰宅後に、自宅のベランダからも挑戦して撮って見ましたが、右上に少し名残が見えます。

Cimg5307

何か良いことあるかな(*^-^)

2012年10月 7日 (日)

久々の勝利、あ~すっきりー!

今日の選手は、み~んな素晴らしかった~ヽ(^o^)丿

久しぶりに、やりきった選手達を見ました。

手抜きなく、抜かりなく、徹底した守備と連動した攻撃と、あ~~こんなに褒めちゃっていいんでしょうか?

とにかく、最近稀にみるほどの上出来です。

ここ何試合かに、不満がありすぎてそう思えるのかもしれませんが、嬉しい (o^-^o)

帰りの足取りも、口々に出る言葉も明るく弾む(゚▽゚*)「また、来週ね!」別れ際の顔もほころぶ(*^-^)(v^ー゜)ヤッタネ!!

「いつも、こう有りたいわね。」

今日のザスパ草津戦

サポーターの皆さんが最前列に出した弾幕↓

“一戦必勝迷わず闘え”

Cimg5271

選手の皆さんは、勝つ気持ちを全身で表し、全力で戦い、勝ち切って見せました。

一点目、谷澤選手が撃ち込んだと思ったのですが、キーパーに弾かれたボールを荒田選手が決めました。

嬉しい嬉しい先制点でした。この時のみんなでのハイタッチが、今日はぬか喜びに終わりませんでした。

がんばって、頑張って、頑張れるんじゃないの!ね!

今日の渡辺選手は、久しぶりに出た時と違ってミスも目立たず献身的でしたし、大岩選手も前回よりずーっと良かったですよ。

若い選手や、出場機会の少ない選手が、チーム一体となって同じ方向を目指せるようになると、強いチームになれるんですよね。

3点目も取れそうでしたけど、取れなかった事がちょっとだけ不満です。

余談ですが、今日は、シーズンシートのお客様感謝デーでした。

初めてですね。何だかとても嬉しかったです。

シーズンシートを持ってる人は、それが当たり前みたいな感じで、感謝されるなんて思ってもみなかったし、感謝されてるなんて感じていなかったし、、、だって、「お友達連れてきてください。」なんて云われると、観客動員が少ないとこちら側の責任みたいな感じに思えてくるし、とっても、切ないものがありましたもの。

抽選は「ハズレ」でした。↓全員がもらえたポストカードです。

ものすごい列でしたね。こういうイベントには殆ど参加しなかったのですが、ちょっとづつ参加してみようかなという気持ちになっています。

Cimg5281

お友達は、“手を汚さずに塗れる”文具の糊が当たりました。

でも、タオマフを忘れて来て買ったそうです。今年3本目でしょうかね。

帰宅後、夫に話すと「サポ―ターにとっては、弁慶の七つ道具のようなもので無くてはならないものか?」と笑っていましたが、チケットとユニとタオマフは、サッカーの応援に忘れてはならないものですよね!

試合以外の余談でしたけど、ゲームは最後まで盛り上がりました。

“大脱走”の大合唱もあり、ほんとに久しぶりの“オブラディ・オブラダ”を歌って跳ねて、来週も勝ちたい!全員がそう感じたと思います。

最後に写真ですが、ほとんどピンボケです。

試合前練習↓

2

後半始まります。↓

Cimg5273

勝ってGoal裏へ挨拶に↓

Cimg5274

Cimg5278


そして、今日のヒーロー↓

3

ご自身のチャントをサポーターと一緒に、と云う時は、選手の皆さんはそそくさと行ってしまいます。

このべたべた感の無い、一見冷たいような男の子の関係が微笑ましい。

さあ、来週も勝ちましょうね!o(*^▽^*)o

2012年10月 2日 (火)

台風一過の日の出前

10月1日、朝5時過ぎ

体が冷えて目が覚めました。

掛け布団は、体の隣にあって役目を果たしていません。

目が覚めたついでに外を見ると、もうすぐ日の出のようでした。

Photo


2


旭日旗や朝日新聞のデザイン元が、こんなところにあったんですね。

もうすぐ出番で~すと、日の出を知らせているようでしたが、早起きの方は結構目にする光景のようです。

さあ、もう一眠り

やがて朝の富士山もうっすらと姿を見せました。

Cimg5225

夕方の富士山は、頭をちょっとだけのぞかせて

Cimg5231

やがて夕闇の中に消えて行きました。

« 2012年9月 | トップページ | 2012年11月 »