2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

« 街の明かり、冬のライトアップ | トップページ | 江尻篤彦さんの男気を応援 »

2012年12月23日 (日)

木山監督JEFを率いての最終戦(TV観戦)

JEFの天皇杯への挑戦は、今日終わりを迎えました。

JEFでの最終戦だった木山監督はじめ、コーチの皆さんの、新しいサッカー人生が別の場所で花開くことを祈ります。

今日を境に来季のチーム作りが、一気に動き出すのかもしれませんね。

来年は、どんな監督がどんな選手を選んで天皇杯に臨んでいるのでしょうか。

このメンバーで戦った最後のゲームは、TV観戦となりました。

それでは、JEFの最終戦の感想です。

放送が始まるやいなや、JEFのビッグユニが揺れ動いているのが映し出されました。

チャントも響いていましたが、前半戦はなかなか鹿島の固い守りを崩せず、シュートまでいくことができません。

相変わらず、攻撃に問題のあるチームだと言う事を露出している感じがありました。また守備の要である岡本選手のファインセーブに、何度も助けられました。

TV観戦中、最初に出た声が、「あ~~!」という悲鳴でしたから。

リーグ戦を戦った主力選手を欠いても、あれだけ戦えたというのは望みが持てる反面、やはり攻撃においては、なにか重要なことが足りないような気がするのです。

後半途中から、深井選手、田中選手、荒田選手が入り、鹿島ゴールを脅かすようになりましたが、やはり正確さに欠けていました。

兵働選手が、シュートを2回外した後に、自分で打つことを躊躇してパスにしてしまったようなところがあって、調子の良い時の兵働選手なら思い切って打っていただろうと見ていました。

米倉選手の惜しいゴールもありましたが、そこまででした。

鹿島の選手は、一得点ながらも気持ちの上で余裕があったように見えました。

後半は、だいぶ攻め上がり鹿島陣内を崩すこともできましたが、もっと早く、後半戦のような布陣で選手で戦っていたら、精神的にも違った戦いができたのではないでしょうか。

J1経験者の勇人選手や竹内選手が負傷欠場したことは、大きな痛手となったような気がします。

JEFは、負傷者の情報をオフィシャルでは発信しない事にしているようですが、TV放送から負傷者全員の様子を知るという事には、何故か心情的に納得できないものがありました。

あの衝撃的なPO敗退から、選手の皆さんは立ち直り天皇杯を戦い、選手と同じように一度は心が折れても立ち上がって応援を続けたサポーター全員の今年の予定が終わりました。

来年を、楽しみに、再出発です。

私は、シーズンシートで、またフクアリに足を運びます。

一生懸命に戦って下さった選手の皆さん、ありがとうございました。

木山監督、コーチの皆さん、ありがとうございました。

遠くまで選手と一緒に遠征して下さったサポの皆さん、ありがとうございました。

来年こそ、JEFのゲームが楽しめますように(o^-^o)

« 街の明かり、冬のライトアップ | トップページ | 江尻篤彦さんの男気を応援 »

サッカー」カテゴリの記事

コメント

mattiさん
地方遠征も含めて、一年間お疲れ様でした。
最後の最後が鹿島戦で、選手にとってもサポーターにとっても負けはしましたけど、良かったですね。
時期隊長は、岡本選手ですね。きっと。

J2にどっぷり嵌っていては、J1にはなかなか戻れないですね。
個人能力の違いよりも、もっと他の何かが違う気がするんですよね。
実戦に対する受け止め方の違いかな?
その差が大きくならないうちに、J1に戻らないと。
来季に、幸あれ!

アジスタのH側ゴール裏へ入るという不思議体験デー。さすがJ1対戦相手だと京王線も混雑。赤ユニ族も一杯。智選手の試合後コメントのとおりJ1との差はやはりある。ピンポイントでG前で合わせられない・・・ただあのPO後良く2試合たたかえたのかなあとも思います。
試合後いつも先頭で挨拶に来る坂本選手不在なので岡本君が皆に促してましたね。坂さんを引き継ぐのはグッピーなのかも。岡本君は兵働さんと大取りを飾って下がって行きました。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1552234/48436695

この記事へのトラックバック一覧です: 木山監督JEFを率いての最終戦(TV観戦):

« 街の明かり、冬のライトアップ | トップページ | 江尻篤彦さんの男気を応援 »