2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

« 極端な紫陽花の花色はpHの操作で作り出した色でした(三陽フラワーミュージアム) | トップページ | プロバイダーを替えました。(大正解です!) »

2013年6月 8日 (土)

神戸戦の後半で出した気持ちを持続して、次は是非勝利を!(TV観戦)

今日の神戸戦はどうなるんだろうかと、山形戦の完敗を引きずりながらTVで観戦していました。

前半はシュートゼロ!(ええっ!と言う感じでした。)

かなりの練習を重ねて神戸戦に臨んだと言う事でしたが、全くそんな気配もなく、山形戦の続きを見させられているというショックさえ感じていました。

何点入れられるんだろう?

暗~い気持ちになっていました。

後半は、録画で見ようと思っていました。覚悟を決めて観た方が精神的なダメージが軽減されそうでしたから。

それでも、、、

ハーフタイム後に、ちょっと用事を済ませてからTVを付けると、既に1-1のスコアになっていました。

JEFは別のチームになったかのように、アグレッシブに気持ちを出したチームに修正されていました。

米倉選手、峻希選手、佑昌選手、勇人選手、健太郎選手、兵働選手、誰を見ても気合が入っていましたし、連動するプレーも始まっていました。

ケンペス選手が、足元のボール捌きが急に上手くなったとびっくりしかかったんですけど、それは佑昌選手の見間違いでした。

そんなに何もかもが、変わる訳がありません。一人苦笑いでした。

後半は、時間が速く過ぎていくように感じました。

それほど、見ごたえのある試合でした。

最初のゴールは何回もリプレイでやってくれましたけど、米倉選手からケンペス選手へのドンピシャなパスは、気持良かったですね。

「クロスやパスはケンペスを信じて、ここに入ってきてくれるという感覚があるし、練習からやっているのですが、そこに出せば入ってきてくれるというボールを意識してやっています」

米倉選手のその言葉が示すように、練習結果が後半戦にようやく表れたんですね。

一点目が入った時の、アップされた米倉選手のガッツポーズがとっても印象的でしたし、気合の入り方が違って見えました。

頼もしい選手になってくれました。去年は怪我で出遅れて、十分な活躍ができなかったことを払拭するようなプレーを見せてくれています。

1-2にされた後、また2-2にした時も、米倉選手が係わっていました。

2点を返した後、まだまだ得点できるような気持で応援していました。

選手達がそれほど、躍動していました。

エネルギー切れを起こしている選手は、誰もいないように見えました。

途中から入ったナムスンウ選手も、また活躍してくれそうな気配を感じています。

ケンペス選手が両足を痙攣させなければ、出場の機会はなかったのでしょうか?

若い選手が頑張って、どんどん出場機会を増やしてくれると、JEFはチームとして成長できるんですけど。

がんばれ!!!

次のフクアリで勝利するために、応援もがんばりましょう!!!!

« 極端な紫陽花の花色はpHの操作で作り出した色でした(三陽フラワーミュージアム) | トップページ | プロバイダーを替えました。(大正解です!) »

サッカー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1552234/51965733

この記事へのトラックバック一覧です: 神戸戦の後半で出した気持ちを持続して、次は是非勝利を!(TV観戦):

« 極端な紫陽花の花色はpHの操作で作り出した色でした(三陽フラワーミュージアム) | トップページ | プロバイダーを替えました。(大正解です!) »