2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

« 連敗は避けても、やっぱり勝ち切れないJEF(対ザスパ戦) | トップページ | 9月、JEFは勝利でスタートを切りました。(TV観戦) »

2013年8月26日 (月)

下位チームに絶対的に弱い、勝てない、JEFはこうして又今年の8月も終わった。(対岐阜戦)

元JEFの益山司選手に、恩返し弾を打たれたJEFは、圧倒的に試合を支配していたように見えて、実は又ボールを回すことに専念し過ぎたようだ。

試合早々に得点したし、CKも倍も蹴ってるし、なのに、追加点成らずに1-1のドロ―で試合終了。

観戦していて岐阜は怖いチームではなかった。

下位チームにほとほと手を焼き、勝ち点を積み重ねられないのが例年のJEFだが、また今年もそんな夏が過ぎようとしている。

駅への道すがら「いつも、どんな練習をしているのかしら。CKの練習はしているのかしら?」とSさんがつぶやくように言った。

シュートへの意識も、薄すぎるとしか思えないし。

特に前半はボールを持ってる時間は圧倒的に長かったが、全体的にはシュート数は相手と殆ど変らないし、何をどのようにすればシュートまでいけるのか、動きの中から見えてこない。それは、エースストライカーへの信頼が無いからではないかと思っている。JEFはどんなチームなら勝ち切ることができるのだろうと考えてしまう。

溜息が出る。

ただ、前回の試合では、積極的な動きが見られなかった峻希選手に、いつものように前線に駆け上がって行く姿が見られ安心した。

そして、勇人選手が久しぶりに出場して闘志を見せて闘っていたことも、安心材料の一つになった。

ただ、ここ数年思う事は、消耗している選手を何故もっと早く代えないのかと言う事だ。

去年も一昨年も、そして今年の夏も、そうだ。

試合終了間近の交代ではなく、きちんと試合を構築して直せる時間帯の交代の方が効果的ではないだろうか?

焦って懸命になるも、間に合わずに終了してしまっていると見ているのは、私だけなのだろうか。

こうして毎夏、鬱々として過ぎてゆくのは堪らない。

最終盤に、ゴール前で必死にボールを撥ね返す岐阜のディフェンダーたちの姿が印象的だった。

あの懸命な姿を目の前で見せられて、感動さえしてしまった。

必死で食らいつく岐阜の選手を相手に、危機感を持たずにゲームをしているJEFの選手が勝ち切れる訳がない。

ケンペス選手はFWなのだから、確実にシュートを決めて欲しいと思ったし、森本選手は有名選手ではあるが、5月以来の試合だそうだから調整以前の問題のような気がする。

どの選手も、シュートに対して貪欲にならないと勝てない。ずるずると落ちるのを見続けるのは酷というものだ。

試合は、感動しなければ何にも書けないものだと思った。

今回も、ブーイングする人もいたように、つまらないし楽しくなかった。

観客数は、アウェイからの参加が少なかったにも拘らず、一万人を上回った。

森本選手の加入に期待しての入場者数のような気がしてならない。

JEFのメルマガによると、森本選手の加入によってか、この暑い時期に練習を見学する人が大勢いると言うから、なまじ間違ってはいないだろうと思う。

良いゲームを見たいと切実に思うが、選手が危機感をもって懸命にプレーしない限り願いはかなわないだろう。切ない(u_u。)

がんばれ!JEF!

選手と共に、千葉のマスコットがピッチに集合

Cimg8068
 

試合終了後の挨拶に。

てないと選手もサポーターも辛い一瞬となる。
Cimg8074

 

« 連敗は避けても、やっぱり勝ち切れないJEF(対ザスパ戦) | トップページ | 9月、JEFは勝利でスタートを切りました。(TV観戦) »

サッカー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1552234/53033796

この記事へのトラックバック一覧です: 下位チームに絶対的に弱い、勝てない、JEFはこうして又今年の8月も終わった。(対岐阜戦):

« 連敗は避けても、やっぱり勝ち切れないJEF(対ザスパ戦) | トップページ | 9月、JEFは勝利でスタートを切りました。(TV観戦) »