2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

« 風の街7月の空と花と | トップページ | 水戸戦、リベンジ完了! »

2013年8月 1日 (木)

前倒しで執り行われた父母の法事なんですけど、、、、?

昭和59年に父が逝き、平成19年に母が他界しています。

その父母の法事を前倒しで行いたいと、数か月前に弟(S)から連絡が来ていました。

父親が60代で他界しているので、自分がその年齢に達する前に両親の法事を行いたいと言う事でした。

確かに、弟は父が亡くなった時の年齢に近づいてますが、男ではないけど私がその年齢にもう指先が届いています。持病もあり健康に自信が無いようですが、定年退職後に畑を買い足し野菜作りをし、地域の役員を引き受け団体役員までやっていると、それはそれでかなりの労を費やしているだろうと思っています。

自分の健康だけを考えて趣味の野菜作りだけにしたら良さそうなものですが、どうもそれはできないようです。

朝10時に招集をかけられました。

普段着で来てくれと言われましたので、暑いし黒のスーツは止めました。

もう一人の弟(H)の車に乗せてもらい実家に着くと、Sが言いました。「うちのU(長男)さ、普段着で良いって言ったら半ズボンで来たよ。全く!」と怒っていましたので「あなたの言い方が悪いのよ。」と甥を庇っておきました。

“普段着で良い”ではなく“平服で良い”と言ってやらなければいけないのです。

Sが、如何いうつもりで言ったのか分かりませんが、既婚者とは言え20代の子に“普段着で良い”と伝えてはいけないのだと思います。

当日招集されたのが、子供・内孫・特別に親しかった甥と姪というメンバーですから、普段着で良いよと言われたら、半ズボンもしょうがないかな?具体的に教えてやらないとダメですよね。

そして、僧侶は、私の小学校時代の同級生で、尚且つお寺と実家は遠縁にあたるのです。

半ズボンでもいいか!の判断条件が揃いすぎました。“Uドンマイ”

そんな事がありましたけど、心温かい法事だったと思います。弟夫婦に感謝です。

と、まあ、法事は良かったのですが、お墓でお坊さんがそのままお帰りになると言うので見送ろうとしていたら、突然立ち止まって「krimさんは今日は来なかったのですか?」って、思わず「はい!」と手を上げながら前に進み出てしました。

「分からなった。若いですね。」って

「いえ、太っているだけです。痩せましたよね?病気ですか?」って何と言う受け答えだろうかと、吾ながら可笑しくなってしまいました。

頬がこけてそこに縦皺ができていて、悪い病気にでもなっているのかと思いました。

一日一食で過ごすこと、1年2か月になるのだそうです。

「修行ですか。」と聞いてみたのですが、そう言う事ではなさそうでした。

「確かに顔にも皺が寄り、お腹まで皺になっているけど健康なんですよ。」と話していましたが、、、それを聞いていた従姉が「栄養失調ね。過激なダイエットだわ。」と後で私に言いました。

たぶん彼は、ダイエットをしている積りはないだろうと思います。

20代の時に本山で何か月かの荒行を経て仏門に入ったと、亡き母から聞いていました。その時も一日一食位だったのだろうとかと想像はするのですが、、、、今この時期に何故一日一食で過ごしているのか理解できません。

でも、精進料理の席を受けなかった理由が分かりました。

「私は、二食にした方がいいかしら?」と思わず言ってしまいましたけど、幼馴染としては「とにかく元気でねT君!」と声を掛けたいですね。

そのT君じゃなくて、お坊さんがおっしゃいますには、人生先は分かりませんから、親の33回忌を待たずして他界してしまう人もいるわけで、早くに法事を執り行う事は良いことだと言うのです。

そして、ある方の本を読んだことからの説教でした。“水”にも結晶があって(氷ではないそうです)、法事をした家とかそこに集まった人の家の水を見るときれいな結晶ができているのだそうです。

宗教学的過ぎて、、、、でも、心を込めて家族一同で父母に手を合わせる事が出来た幸せを喜びたいと思います。

お坊さんをお見送りした後、私たちは、場所を移して精進料理を頂く事になりました。

またまたこの席で、夫が私の仕事?を勝手に引き受けてしまいました。

大阪に住んでいる姪が、エイサー(沖縄)のグループで活動をしていて、娘の衣装が小さくなったので縫って欲しいと言う事でした。

実物を見た事もないのに、、、、、

帰宅後にメールのやり取りを何度かして、最後に電話をして出した結論は、小さくなった衣装と布を送って貰う事でした。

筒袖の男の子の着物に似た物のようです。

姪が、本当に困っているようなので縫ってあげようと思います。

これも、絆ですね。

弟(S)が法事の当日にみんなにくれた野菜です。きゅうりの形が凄いことになっています。

でも、新鮮でおいしい野菜たち↓です。

Cimg7953


Cimg7957

« 風の街7月の空と花と | トップページ | 水戸戦、リベンジ完了! »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

mattiさん
お金のことが、一番大変ですよね。
長男夫婦から、塔婆料だけで“ご仏前”は要らないと何度もいわれたんですけど、親の法事にそうもいかないと交渉すると、料理屋さんのお食事代二人分くらいの金額を言われましたので、結局、言われた金額にしました。ビックリですよね。
当日は、自主的に弟(H)と二人で果物を仏前に供えましたけど、それだけでした。
あっさりし過ぎでしょ?
長男夫婦は、本当に大変だと思いますよ。
良くできて普通、ちょっとドジルと何か言われますからね。
なので、手出し口出し一切しない小姑を貫きました。義妹は、感謝していたようですけど、その方が楽ですからね(笑)

のの字のようなきゅうりは、丸山さんにあげたいですね(笑)未だ冷蔵庫の中で待機中してます。

きゅうりの形がのの字になってるw
法事にハーパンOrz
私も長男の嫁でして包み(御仏前)ですね、義父の時義母の手伝いで集金したらですね、御実子さん(弟たち夫婦)Oえん。他の親戚は郵送迄して下さっているので。それを指摘(もちろん義母からやんわりいってもらったのに)して以来悪者扱いです。てか常識の欠落ぶりがあははは;;;私の常識と違いすぎて困ってます でも暖かな法事でよかったですね。

waiwaiさん
エイサーの衣装は、出来上がったらUPしてみますね。
大人用はメーカーから取り寄せている見たいです。
生地が化繊なので、手縫いよりミシンが良いみたいです。という情報は、姪からありました。
秋ごろに送って来るみたいですけど、未知の世界に入って見ますね。

身近な親族が集まれる・・・っていいですよね
親が亡くなってしまうとなかなか・・・と皆が口をそろえて言うし・・・。

普段着・・・そうなんです、若い人は噛んで含めて説明しないと「ありゃ!?」ってことありますね
私も気をつけなくっちゃ

エイサーの衣装、出来上がったらUPしてくださ~い

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1552234/52697139

この記事へのトラックバック一覧です: 前倒しで執り行われた父母の法事なんですけど、、、、?:

« 風の街7月の空と花と | トップページ | 水戸戦、リベンジ完了! »