2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

« 千葉市長が代表発起人<ジェフユナイテッド千葉絆会>HP開設 | トップページ | JEF、ヴェルディに敗北(TV観戦) »

2013年9月20日 (金)

スカーフの栗渋染め

POMの体育祭に行って、父方のおじいちゃまに大きな栗を沢山いただきました。

栗渋煮に挑戦して見たのですが、その時出た渋の黒さに驚きこれは良い染液になるだろうと直感してスカーフを染めて見ました。

栗は鬼皮をむいて、渋皮を付けたまま重曹を入れて20分ほど煮ました。

その時の液の黒さに驚いたのです。

真っ黒です。

Photo


この液で、ジョーゼットのスカーフを染めて見ました。

きっちりと計算して染めたのではなく、かなり大雑把な染め方をしました。

染液をガスにかけて沸騰しない程度に温度を保って、水に浸して軽く絞ったスカーフを20分ほど煮染めしました。これを二度程繰り返しました。

染液から取り出し色が出なくなるまで水洗いし、乾かしてみると渋めの淡いピンクに染まっていました。

優しい色です。

Cimg8292


結んだ部分を濃い目にしてみたのですが、解いて見るとコントラストが今一でしたのでやり直すことにしました。

結び目を解いて煮染めではなく、浸し染めをしてみました。

もう一度濡らして、色を濃くしたい部分だけを数時間浸して見ました。

Cimg8298


真っ黒い栗渋から、こんなに優しいピンクが染まるなんて草木染めは魔法ですね。

« 千葉市長が代表発起人<ジェフユナイテッド千葉絆会>HP開設 | トップページ | JEF、ヴェルディに敗北(TV観戦) »

趣味」カテゴリの記事

コメント

waiwaiさん
陶芸の奥深さを知るwaiwaiさんだからこそ、草木染もお分かりになるんですね。
真っ黒な液を見た時に、ドキドキしました。
私自身、何色に染まるのか分からずに布を入れて見ました。水洗いしてみてピンクに染まって感動です。

陶芸も釉薬の色と、焼き上がりの色が全然違うんです

それにしても
栗の渋皮がピンクに~! すてき~!

やっぱり自然の色って優しいですね パチパチ~

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1552234/53324103

この記事へのトラックバック一覧です: スカーフの栗渋染め:

« 千葉市長が代表発起人<ジェフユナイテッド千葉絆会>HP開設 | トップページ | JEF、ヴェルディに敗北(TV観戦) »