2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

« 2013年9月 | トップページ | 2013年11月 »

2013年10月の投稿

2013年10月27日 (日)

競技場脇の社宅には今年もJEFフラッグが(対FC横浜TV観戦)

競技場隣の社宅に、今年もJEFフラッグを出して応援して下さっていた方がありました。

アウェイでの試合には、心強い応援です。

元古河のホームグランドだそうですから、何か他のアウェイとは違った感じも受けます。それに、黄色いユニがTV画面の半分を占めていたようにも見えました。

お天気も良くサッカー日和でしたが、岡本選手がまぶしそうにしている場面もありました。

横浜FCは、先発に三浦カズ選手を投入したことを思うと、前半に先取点を取りに来たんだろうなと思いました。

起点になったと言う様な場面はなかったと思いますが、やはり上手い選手だと言う事が素人目にも分かります。

JEFは、前節のようにスムーズなパス回しではありませんでしたが、勝ったことが全てです。

それ以上は望みません。只々TVの前で拍手を送りました。次に繋げられるメンタルを維持して、コンサドーレ札幌と対峙して欲しいと思います。コンサとの試合で勝った記憶が私には無いのです。是非是非次も勝利を!

今日最初の得点は、佑昌選手でした。健太郎選手からのパスが通り、二人のDFを躱して見事に流し込みました。

佑昌選手、前回に続いてのゴールです。

次は、、、、、

横浜FCの美しいゴールが決まってしまったんですね。やんごとなき理由でTVの前を離れていた隙の出来事でした。

TVの前に戻ってくると、アナウンサーの声「横浜は、いい時間帯に追いつきましたね。」ええっ?でした。次の瞬間、美しいゴールのリプレーを観る事になりました。がっかりでしたけど、、、

次のゴールは、待ちに待ったJEFゴールです。

谷澤選手が起点となって最前戦に駆け上がって行った竹内選手にパスが通り、そして竹内選手の低めのクロスに横浜DFの後ろからケンペス選手がゴールに蹴り込みました。

DFの二人は、前にいた選手(佑昌選手)に気を取られて後ろから入って来たケンペス選手に気が回らなかったのかもしれません。

今回も惜しいゴールが何本かありましたし、セットプレイは一度も成功しませんでした。

決定力を磨いてJ1にいきましょう!絶対J1に!

2013年10月20日 (日)

嬉しい勝利です(対熊本戦)

熊本戦は、ポンポンポンと小気味よくパスが繋がって調子の良い時のJEFの試合そのものでした。

多少のミスはありましたけど、ケンペス選手もボールをキープ出来るようになりましたし、素人が言う言葉ではないかも知れませんが、也真人選手はサッカーセンスの良さをいかんなく発揮してくれました。

チームとして、相手へのプレッシャーもよく効いていましたし、セカンドボールをよく拾ってましたし、連動した動きがそこ此処に見て取れスカッとした爽快感がありました。

ゲームキャップテンの慶選手は、長い間ゲームを離れていたとは思えない程素晴しかったです。

大分前でしたが、ベンチ入りはしたものの試合に出られない時がありました。

その時のピッチ練習で蹴った、ブレ玉のシュートの凄さを目の当たりにした時に、出番を待ってかなりの練習を積んでいそうだと思ったものでした。今日の慶選手を見て、努力は本人を裏切らないものだと思いました。

熊本戦は、慶選手、兵働選手、也真人選手の連携に特に目を見張るものがありました。そして慶選手が指示を出している姿を見て、チームを引っ張る年齢になっている事への自覚が感じられました。

兵働選手も蘇ったようです。少しのミスはありましたけど、兵働選手らしさが随所に見られました。

智選手が出場停止で不安があったのですが、逆に選手一人一人の責任感が見て取れる気がしました。

いつも智選手に頼ってボールを預ける事が多かったと思います。今日は、頼る選手が居なかった事で個人個人が責任を持って動いていました。

智選手のいないゲームを安心して見ていられるなんて、思ってもみませんでした。去年負傷して出られなかった時の試合を思い起こした時、不安が先に立っていましたから。

これで、堅い守りのJEFになりそうです。そうあって欲しいと思います。

そしてそして、いつも献身的に走っている佑昌選手がゴールを決めた事から始まって、6-0と無失点での勝利!

森本選手もようやく初ゴールを決めました。

森本選手のゴールに関しては、周りの選手が何とかして決めさせてやろうとしている事が、二階席からもはっきり見て取れました。

ですから、JEFに関わるすべての皆さんが森本選手のゴールにホッとしたと思います。

森本選手がお立ち台に立った時、待っている選手達の優しい目がとっても印象的でした。

特に勇人選手は、お立ち台に立つチームメイトを見つめるまなざしがいつも優しく感じられます。

選手の皆さん、嬉しい勝利を本当にありがとう(◎´∀`)ノ

熊本の北島選手が今季限りの引退を発表したこともあって、選手紹介の時にJEFサポーターから大きな拍手がありました。

怪我をしても、何度も不死鳥のように蘇る凄い選手だと思っていましたので残念です。これからの北島選手にも期待したいと思います。試合後に兵働選手と北嶋選手がユニフォームを交換していました。お互いをリスペクトしている素敵な姿でした。

今日のスナップを載せておきます。

勝利のでんぐりです。このでんぐりを最初にやったのがリティ―さん達だったそうですが、ガラスの中のゲスト席にリトバルスキーさんがいらしてましたね。

3

5

2013年10月14日 (月)

今日の目的はJEFと明治大との練習試合を観る事でしたが、、、

昨夜のFC東京戦の余韻を持ったままユナパで行われる練習試合を観に行ってきました。

いつもなら疲労困憊で、出かける気にもならないはずなのですが、気の持ち様とは大したものです。

朝の7時前に目が覚めて、11時の試合に行く気満々でした。

自分でもびっくりです。

そのうえ、ここ数週間は体調も芳しくなかったのですが、朝起きた段階で大丈夫だと言い切れる状態になっていました。

JEFの選手達の頑張る姿が、私の活力となってくれてるようです。

どうも、良薬は苦いものとは限らないようです。

蘇我駅を降り、ユナパが近づくにつれフクアリからも聞き覚えのある声が、、、。

蒲さんの声です。たぶん、、、

JEF以外のチームのDJを担当されているのかと思いましたら、結婚式が行われていたとか?

何方か存じませぬが、見知らぬ方とは思いますが、たぶんJEFのサポーターさんなのでしょうね。

“ご結婚おめでとうございます!” o(*^▽^*)o 末永くお幸せに(^O^)

私も10日ほど前に、姪の結婚式に出席したばかりでした。夫になった方は、読売巨人軍の大ファンで、学生時代にはビールサーバーを背負ってドーム内でアルバイトをしていたそうですが、なんとお色直しで水色のお姫様のようなドレスを着た花嫁と一緒に巨人のユニフォームを着てビールサーバーを背負って列席者の皆様に大ジョッキ?いいえジャイアントジョッキにビールをついで回りました。

色々考えるものですね。

その彼は、なんとなく身長と言いお顔の雰囲気と言い、ゴールキーパーの岡本選手似でした。なんとなくですけどね。そして花嫁の義兄は、浦和レッズの大ファンで社会人チームのサッカープレーヤーでもあるのですが、自分達のチーム名にも○○レッズと名前を付けていて、自分の結婚披露宴では赤いユニフォームの友人たちが勢ぞろいしました。お顔は某水泳選手にそっくりで一度会っただけで直ぐに分かります。その彼も、義妹の夫が岡本選手に似ていると頷いていました。

レッズファンの彼に会った時は、JEFが勝利したという過去を思い出しました。

私がゲン担ぎをしたところで勝敗が決する訳ではないのですが、優勝した巨人ファンの結婚式と優勝を目指しているレッズファンの勝利の運を分けて貰ったような気分になって勝利が迎え入れてくれると思いながら神戸戦は、応援していたのです。

そんな事を思い出しながら、ユナパに近づくと駐車場では既にイベントが始まっていました。

私は、真っ直ぐに試合会場へ。

大学生はアップをしていて、階段状になっている見学場所は8割方埋まっていました。

前半が始まると、軽やかな動きの大学生が優位に立ち、JEFは少し重いように感じました。

やはり、見た目が示すようにポンポンと2点先取されてしまいました。

まあ、如何しましょう。という気持ちで見ていたのですが、さすがプロです。

前半の終盤に差し掛かったところで、瞬く間に5ゴールを決めてくれました。

その中でも、ケンペス選手の迫力満点のゴールは圧巻でした。

後半戦は、選手が入れ替わりました。そしてまた40番代を付けた選手が二人入り、キーパーが変わると崩れ出しました。

3-3のドローで、総計数は8-5という野球のような数字になっていました。

足元のボール捌きが上手いと思うと、やっぱりベテラン選手だったりするので改めて感心しつつ観戦していました。

若手がベテラン選手に交じって試合をする環境の大切さも感じました。

今日の二人はU-18の選手だったようですが、知っているからかもしれませんが実力別の選手層を集めた見本のような後半戦でした。

以前練習試合を観に来て感じていたことは、練習生として入った選手は最後の挨拶に加わらないのはどうしてなんだろうと、、、、でも、今日の二人は最後の挨拶に加わっていました。

一度天皇杯の為に、始まる前に登録された選手だったのでしょうか。

気候の良い時は、練習試合の観戦も良いですね。

Cimg8463

JEFの天皇杯は終わりましたが、気分は爽やかで~す。

神戸戦に続いて非常に気持ちの入った試合をしてくれたJEFでした。

PK戦で負けましたけど、負けて悔しい気分ではなく非常にすっきりとした気分です。

120分戦っても、FC東京に負けなかったという事実が軽やかな気分にしています。

PKで負けた時の選手達の落胆振りを見て、やっぱり戦っている本人たちが勝ち負けに一番敏感なんだと改めて思いました。

サポーターは負けて満足はしていませんけど、あれだけ懸命に走り闘い抜いたら負けてもブーイングなんて起きません。拍手と大きな声援でした。

最後までフクアリを沸かせてくれました。

PK戦を戦う選手たちを「かっこいい!」と、見とれていた方もありました。

PKも、全員が開き直って蹴る事は出来ないだろうと思いますし、失敗した選手は負い目を負わずに糧としてこれからの試合に臨んでほしいと思います。だれも非難なんて出来ません。頑張って下さいねヽ(´▽`)/

G大阪戦、神戸戦、FC東京戦と正面から勝負してくるチームには強い千葉が証明されました。

がっちりと守備を固めて闘うJ2の試合に勝つ術をそろそろ覚えて欲しい所ですね。

上記の3チームは、両方揃って抜かりないチームに育っているからこそJ1だったりJ1に一番近いチームに仕上がっているのだと思いますので、この辺でJEFも3チームに追いつきましょう!

その為に、私達は全力で応援しま~す!

F東京の長谷川選手が、峻希選手と接触したことに対して苛立ちを露わにし、F東京のサポさん達は峻希選手がボールを持つたびに大ブーイングを浴びせていました。

帰宅後録画をざっと流し見した限りでは、峻希選手は顔を強く打たれたようで出血しているのではと思っていた節がありますので、わざと倒れていたとは思えません。

あの大ブーイングにも負けずに走った峻希選手です。J1に上がるためにもうひと踏ん張りですよ!がんばれヽ(´▽`)/

森本選手も、あともう一歩分、気づきが早くでき、そして動けたら、ばっちりタイミングが合いそうです。

「弱いJEFの試合を見るのは、精神衛生上悪いからフクアリに行かない。」と言い続けていた夫ですが、「TV観戦してて!」と言い残して家を後にした私が、PK戦まですべて見届け帰宅すると、「負けたけどいい試合を見せて貰った。」と言いました。

負けたけど、次のリーグ戦につなげて欲しいと思えるゲームでした。忘れかけているJ1の試合を呼び起こしてこの先を戦って欲しいです。

対FC東京戦の写真を載せておきます。

アウェ側自由席は、FC東京のサポさん達で埋め尽くされました。

Cimg8447

試合前のアップ
Cimg8448

試合終了後、みんな下を向いてますね。がんばれ!

1

2013年10月 6日 (日)

也真人選手へ!大丈夫です。私たちだって諦めていませんから。

ようやく勝ちました。

今日の神戸戦は、“勝てました”ではなく“勝ちました”。

選手の気持ちの入ったプレーに、私も共に戦った気になって、とっても充実した気分です。

今日は、全般的にセカンドボールもよく拾えていました。動きも良かったですね。心の萎えが嘘のように消え去りました。

若い也真人選手の気迫に満ちたプレーは、凄かった。

このまま、レギュラーポジションを獲得しそうな勢いでした。華奢であどけなく見えてた顔が、マイクの前に立った時はプロサッカー選手の顔になっていました。頼もしくさえなりました。

佑昌選手の同点ゴールも、どんなことがあっても点を入れたいという執念が実ったゴールでした。

そして危険なところで、体を張ってゴールを食い止めた勇人選手の気持ちも凄まじくさえ思えました。

ヘアースタイルを変えたケンペス選手も、「やれば出来るじゃない!」と言いたくなるほどボールをロストせずに繋げていました。出来るんですね!

でも、またイエロー2枚ゲットで退場です。みんなが頑張っている時に、どうしてなんでしょうね。感情のコントロールを上手くできないのでしょうか。

それでも、がんばったケンペス選手をサポーターは認めたんです。退場したケンペス選手をゴール裏のお立ち台に立たせましたもの。これからの試合で、サッカー選手の心意気を見せて欲しいですね。J1昇格には必要な選手なんでしょうから。

森本選手は45分も持たないんですね。体を鍛え直してせめて45分持てば、状況も一変すると思います。今の状態では代表に呼んでもらえそうにないですね。それとも運動量が多いのでしょうか。もしそうなら、戦い方を変えなければいけないですよね。とにかくエンストはダメですよ。

それでも、JEFは勝ちました。選手全員が一体となり、サポーターを含めてフクアリがJEFの勝利の為に一体となりました。

今日は、本当に気迫に満ちた素晴らしい試合を観戦させて頂きました。

選手入場時のサポーターの声がスタジアムいっぱいに満ち溢れた時から、最後のホイッスルが鳴るまでの時間、高いモチベーションを維持し勝利を勝ち取りました。

也真人選手が、自分たちは諦めていないのでサポーターもそういうスタジアムの雰囲気を作って応援して欲しいと真剣に訴えかけていました。

也真人選手へ!

サポーターも諦めてなんかいません。大丈夫、J1までついていくつもりで応援してます。

だから、今日のような試合を続けて下さいね!

3連敗の試合の後は、本当に気持ちが萎えました。でも、あるブロガーさんの頑張る気持ちを読ませて頂き、気持を持ち直してフクアリに向かいました。

今日は、「あ~」という溜息は殆ど聞こえませんでした。

「あ~」と言った後に「がんばれ!」という声援に変われば良いなあと思っていましたが、がんばっている選手に落胆の溜息をつく人はいないものです。

選手が頑張ればサポーターも頑張る。サポーターが頑張って声を出せば選手も頑張る。

これからこれで行きましょう!

≪勝利のでんぐり≫

Cimg8436

サポーターがケンペス選手と也真人選手を呼び寄せています。
Cimg8438

2013年10月 2日 (水)

コラム≪フロム ジェフ≫の米倉恒貴選手 より

読売新聞“Wednesdayちば”で≪フロムジェフ≫が始まるようです。以前≪フロム勇人≫が掲載されていたコーナーです。最近までプロバスケット“ジェッツ”の選手のコラムが続いていました。

先頭は、米倉選手でした。

今回「ジェフ」と言うチームを多くの人に知ってもらおうと、選手が交代でコラムを書かせていただくことになりました。少しでもジェフの魅力が伝わればと思います。

という書き出しで始まっています。

選手からの発信が非常に少ないJEFですが、選手は夫々どんな思いで戦っているのか、特に今のように負け続けている状況の中では、どんなモチベーションで練習に励んでいるのか、応援する者にとっては知りたい事です。

POに向けて頑張る姿を見たいし「J1に絶対行きます。」と当初から言い続けている米倉選手には、特に特に頑張って欲しいです。

今年大きな転機が二つあって、一つはポジション変更でもう一つは結婚だそうです。

ポジションがMFから右SBに変わり、やるしかないと決心して智選手のプレーをよく観察したり積極的に話を聞いたりして適応力のアップに励み、攻撃の選手だった経験から相手が嫌がる攻撃も分かるようになった事でプレーの幅が広がったと感じているそうです。

そしてもう一つの転機である結婚は、家族ができたことで責任感が出てモチベーションも上がったそうです。素晴らしい転機ですね。

奥様は“アスリートフードマイスター”の資格を取り、凝った料理を作ってくれるので、家での食事は日々の楽しみの一つなのだとか、理想的ですね。いいですね~ O(*^ー^)O

奥様と共に戦っていらっしゃる感じが素敵です。

怪我をしなくなったのも、体の基本を守る食事作りで奥様がサポートしてらっしゃるからではないでしょうか。そんな気がしています。

昨年柏戦で大怪我を経験して“サッカー選手はプレーして初めて評価される”と改めて実感したそうです。

怪我をせずにピッチに立ち続ける事の大切さを重要性を力強く語っています。

現在PO出場ギリギリですが、去年昇格を果たせなかった悔しさが今年の戦いにかける思いに繋がっているようです。

そして、同い年の森本選手の加入が大きな刺激になっていて、彼の勝ちに拘る闘争心と米倉選手の「何が何でもJ1昇格を実現してみせます。」の気持ちの相乗効果で絶対J1に昇格して欲しいと思っています。

がんばれ!

色鮮やかな大きな虹

急激に雨がやって来たかと思えばすぐ止んで日が差しはじめると、東の空に大きな虹が架かりました。

最初はぼんやりとしていた虹が、色鮮やかにくっきりとした姿を現しました。

15時15分の東の空です。

Cimg8326

内側の紫色がとっても鮮やかで感動!

Cimg8319

カメラでは、紫色のその鮮やかさが映し出せません。

そして16時40分、セピア色に近い東京湾です。

Cimg8333

17時10分、再び虹が架かりました。この後薄い雲を頼りにどんどん上に伸びて行きました。

Cimg8336

« 2013年9月 | トップページ | 2013年11月 »