2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

« 昨日の勝利から一転して非常に悲しく悔しさの残るタオマフ事件です。 | トップページ | 3月半ばに咲く風の街の花 »

2014年3月11日 (火)

2014年3月11日

2011年3月11日、東日本大震災でお亡くなりになられた皆様のご冥福を改めてお祈り申し上げます。そして、未だに不明の皆様が一日も早くご家族のもとに戻れますように心よりお祈り申し上げます。

「絆」であるとか「風化」であるとか、3月11日が近付くと一斉にマスコミが報道をします。

日々の生活がきちんと成り立つ事が最善であるはずの被災地では、まだまだ、まだまだ厳しい生活を強いられています。

マスコミが騒がなくても、忘れる事なんてできる訳がないではありませんか。

私自身は直接の被害にも会っていませんし、福島の身内は風評被害がまだ続いているとは言いますが、家族も自分たちの家で無事に過ごしています。

そして、岩手や福島で医師をしている夫の甥たちの話が少しだけ耳に入るだけで、私自身は何の役にも立っていません。

毎年同じことしか書けません。

3月11日は、区役所に確定申告に出かけた帰り道でした。

高層住宅の建ち並ぶ通りを、夫と二人で自転車に乗って走っていました。

グワングワンと言う今まで聞いたことも無い不気味な音が聞こえ出しました。高層マンションの揺れる音だったようです。

自転車のハンドルが取られ、慌てて自転車を降り、かがみこむようにして自転車を体の間にしてガードレールにつかまっていました。

直ぐ近くのビルは、歩道の敷石の間に隙間ができていました。

その隣には嘗て夫が尿路結石で入院した病院が有りましたが、現在は別の場所に大きな総合病院として建てなおされています。そこは、今回前立腺癌の疑いで通院した病院でもあります。

帰る道すがら、縁石が崩れた場所もありましたが、目につくようなひどい被害は無いように見えました。

帰宅後、家具の殆どは固定してありましたので、固定してなかった小さな本棚が倒れていただけでしたが、その片付けだけでも大変だと思いました。

家具の固定は、息子が大学生になったばかりの時に起こった阪神淡路大震災の時に、友人のおじいちゃんがそうしておいたお蔭で家具が倒れる事も無く無事だったと聞いていたおかげでした。

娘や息子夫婦に、無事かどうかの確認のメールを打つと、全員無事でした。勿論娘や息子たちからのメールも届いていました。都内の息子夫婦は自宅に戻れず、会社に泊まったりお友達のところに留めて頂いたりしたようでした。

ベランダから外を見た時、公園の芝生には人が避難していましたが、液状化現象を起こしていてところどころに池ができているように見えました。

その後、公園周辺の中層住宅の外国籍の住人は帰国したとかで、美浜区の人口はかなり減少したようです。

わが家のある地域は重要なインフラが集中していると言う事で、停電も有りませんでしたが、申し訳ない気持ちで最小限の使用をしていました。

食料も大きなスーパーの棚がガラガラになり、品物が殆どありませんでした。

今思えば、ほんの少しの間でした。

美浜区も、かなりの被害が有りましたが、たぶん殆どが修復されています。

被災地の方々は以前のようにゆっくりと手足を伸ばして体を休める場所さえも、未だに無いと言う事に政治の無策を感じています。

使わずにあると言う被災地の為のお金を、有効に使ってください。

政治家の皆さん国会で討論するだけでなく、早く実行できるように行動して下さい。

お願いします。

2015年3月11日は、同じことを書かなくても済むように、被災地の皆様の生活に良い変化がある事を願っています。

« 昨日の勝利から一転して非常に悲しく悔しさの残るタオマフ事件です。 | トップページ | 3月半ばに咲く風の街の花 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1552234/55326950

この記事へのトラックバック一覧です: 2014年3月11日:

« 昨日の勝利から一転して非常に悲しく悔しさの残るタオマフ事件です。 | トップページ | 3月半ばに咲く風の街の花 »