2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

« 監督解任でこれ以上選手に動揺を与えないように全力で応援しましょう! | トップページ | 第一回 Next generation マッチ(松田直樹が繋ぐストーリー) »

2014年7月 6日 (日)

漸く森本選手がFWとしての力を見せてくれました!(PC観戦)

前半立ち上がり、佑昌選手のアシストで森本選手の今期初ゴールが生まれました\(^o^)/始まって4分の出来事でした。

良い予感のままゲームが始まりましたが、あまり良い試合をしていたわけではありませんでしたね。前半は膠着状態のまま終了です。

でも、ゴールが決まるって気持ち良いですね。(^^♪

毎回佑昌選手の先発を望んでいましたので、斎藤監督代行に感謝です。

谷澤選手は負傷欠場のようですけど、良い休養になる程度の怪我であって欲しいと思います。

大分は、伊藤大介選手が中心になって戦っていました。JEFの選手は大介選手に遠慮が無かったですね。

いつもJEFを出た選手にやられていて、今回は大丈夫そうだと思ったんですけど、後半のアディショナルタイムに大介選手のクロスでアシストをされてしまいました。2点目のゴールは油断でしょうか?ほんの少しの我慢が足りませんでした。

大分に勝って漸くアウェイ2勝目です。ちょっと情けないですけど、、、、

後半も、立ち上がり2分で森本選手が2ゴール目を決めました。早々と2点目を決めてくれたので応援していて気持ちが軽やかになりました。本人が言うように本調子になって来ているのかも知れません。

これからは期待してもいいかなあ?本当は去年からずっと期待し続けていたんですけどね。やっとです。ハットトリックもできそうな気配があったのですけど、そのくらい調子が良さそうでした。

2点目のゴールは最初のシュートで決めきれずに撥ね返って来たボールを粘って決めたものでした。素晴らしい執念です。ちょっと笑顔になった口元の黄色いマウスピースが印象的でした。いつもしてましたかしら?

ゴールの度に、また、押し上げている時には大きな声で応援してしまいます。

観戦している間、私のいる部屋は戸を占めていたのですけど、少し離れた部屋の戸が開いていたらしく、夫は私の声に思わず戸を閉めに行ったそうです。

3点目はケンペス選手が決めましたが、これも佑昌選手のアシストでした。

今日の佑昌選手は素晴らしかったですね。今までのうっぷんを晴らしているような活躍でした。

67分、佑昌選手に代わって遥也選手が入りました。

その前62分位には、大塚選手と山中選手の交代が有り、その山中選手は長い距離を走って角度のない所からシュートを撃つと言う素晴らしい個人技を見せてくれました。入って15分で結果を出せる選手って凄いですね。4点目のゴールでした。

今日の大塚選手は余り実力を発揮できませんでしたけど、若手との交代時間が斎藤監督代行は上手くやっていますね。そこが淳さんとの違いだと思いますが大きな違いだとも思っています。それまではもっと早く交代して欲しいとやきもきしながら応援していましたので、この2試合でそこのストレスが解消されました。

アディショナルタイム4分を含め最後の8分間、怪我から復帰した勇人選手が兵働選手に代わって入りました。

慶選手の復帰も待ち遠しいですね。

みんな怪我から復帰して、ピッチを暴れ回って欲しいと思っています。

久しぶりの複数得点、しかもアウェイで得た勝ち点3です。まだまだ上は遠いのかも知れませんが、諦めずに戦って欲しいと思います。

応援も頑張りましょう(^^♪

次は、天皇杯での関塚監督の初采配です。どんなゲームを見せてくれるのでしょう。

« 監督解任でこれ以上選手に動揺を与えないように全力で応援しましょう! | トップページ | 第一回 Next generation マッチ(松田直樹が繋ぐストーリー) »

サッカー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1552234/56704302

この記事へのトラックバック一覧です: 漸く森本選手がFWとしての力を見せてくれました!(PC観戦):

« 監督解任でこれ以上選手に動揺を与えないように全力で応援しましょう! | トップページ | 第一回 Next generation マッチ(松田直樹が繋ぐストーリー) »