2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

« 2014年6月 | トップページ | 2014年8月 »

2014年7月の投稿

2014年7月31日 (木)

平日夜の山形戦は、選手達の手抜きの無いプレーで完封勝ち。

平日水曜日の夜7じキックオフに沢山の観客が集まりました。

山形からも平日を感じさせないサポーターの皆さんが集結しました。

8000人強の観客数が多いか少ないか、感じ方は人それぞれかも知れませんが、実際の数字以上に多く感じました。

疲れの見える選手もいましたけど、長崎戦よりはずっと地力を見せてくれた試合だと思います。

それでも今回も決定的なミスにはなりませんでしたが、気になっている選手の癖が見えてしまって仕方がありません。

山中選手は、ピッチのコーナー近くでボールを持って相手二人を呼び寄せて置いて抜ける積りなのでしょうけど、逆にいつもボールを奪取されています。相手を焦らしているように見えて結局やられています。柏の選手で同じことをしている選手を見ましたが、柏のやり方でしょうか。JEFでは他の選手はしてないですね。

岡本選手は、ゴールキックで一試合に一回くらいはとんでもない方向にボールを蹴り出しています。

ミスした次のゴールキックの時に、小さい声で「今度はちゃんとやってね。」といったら隣の方に聞こえていたらしく笑っていました。

集中力が切れてしまうのでしょうか。私としてはぞっとする瞬間なんです。

森本選手は、足元にボールが落ち着きません。トラップが大きすぎるきらいがあって、それまで良くても連続してミスを見てしまうと応援している側としては不安になるのです。

勝った試合ぐらいは、素人なりに選手に褒め言葉を贈りたいと思ってはいるのですが、、、

今日はゼロに抑えられ、選手それぞれの自力も出せるようになったのかな?とも思いますけど、、、

監督は立って指示をおくっている時間が多く、その気持ちが選手に通じてファイトできるようになったのかなと思います。それは素晴らしいですね。

本格的にチーム内の競争が始まって、それが良い方向に動き始めているとも思っています。

それが、応援する側にも伝わって来て観客の声援も大きくなってきています。

山形戦は、長崎戦とは一味も二味も違っていました。

休暇を取った後のキムヒョヌン選手が、セットプレーからゴールを決め待望の先制点をあげました。

休暇のお礼ですね。

純粋な気持ちが伝わってくるプレーでした。

試合後お立ち台に立って、憧れていると言っていた「俺たち ジェフ!」をしましたね。

「良かったですね。キム選手憧れのお立ち台にこれからは何度も上がって下さいね。」

タイミングの問題でサポーターには戸惑いもありましたが、ちゃんとできましたよね。

それから

以前、ベンチに入っただけなのに、嬉しくてお立ち台に立って「俺達 ジェフ!」をやってしまったアド選手ですが、試合前練習でガンガンシュートを決めていました。

森本選手に代わって、ちょっとだけでも出して欲しいと思ったのですが今回はアド選手の豪快なシュートは見られませんでした。残念です。

期待感いっぱいです。

若いだけに乗せたらやってくれそうな気がします。

頑張って貰いましょう(^O^)

勝利の後のお決まりが始まりました!

Cimg2004

ブレブレの画像です。この喜びが伝わるでしょうかヽ(^o^)丿

Cimg2007

湘南戦は一矢報いたいですね!

頑張りましょう!

2014年7月27日 (日)

終了後に拍手を送るほどのものではありませんでした(対長崎)

前半戦はポーンポーンと蹴鞠のように又花火のように高く蹴り上げるパスが続き、全く落ち着きのない試合になっていました。

主力3人不在とはこういう事なのかと呆れる略で、居た堪れない気持ちになりました。

長崎を苦手としていましたから、引き分けでも最後は拍手を送ったのでしょうけど、拍手したくなる試合ではありませんでした。

応援のコールだけで良かったのではないでしょうか。

後半始まって10分位で、見事なシュートを目前で入れられてしまいましたけど、より大きな声援が選手達に掛けられました。

そこはサポさん達、素晴らしかったですね。

その5分後、山中選手のゴールで追いつきました。

ややホッとした気分でした。

後半は得点を入れられてから、動きが少し良くなったように思います。

ただ、前半が悪すぎましたしゴールにちっとも近づいてきませんでしたから、それから比べると良かったかな?と言う程度です。

智選手が、最後尾からボールを持って駆け上がって行っても誰も付いて行きませんでしたから、勝つ気が無いのか暑くて動けないのか、、、、両方なのかもしれませんが、少ないチャンスを長老が力を振り絞って仕掛けているのですから、「若い選手は智選手に続け!」と思いながら観ていました。

気持が足りません。

今日はミスが多かった事と、セカンドボールを拾えなかった事と、、、、選手の底上げが必要です。

主力が一度に3人もイエローの累積で出場停止では、やはり気持ちの問題も大きいと思います。しかたの無いイエローもありますけど、貰わなくても良いイエローが目に付きますから、反省すべき選手もいるはずです。

殊イエローに関しては、応援している観客がいる事を自覚して戦って欲しいですし、頑張っているチームメイトには気持ちの伝わるプレーをこの先して欲しいと願っています。

帰りの電車で隣り合わせになった方から声を掛けられました。

今日初めて試合を観にいらしたのだそうです。

初めて来場された方が、次も来たいと思う様な試合をして欲しいと思いました。

頑張りましょう!

Cimg1996

2014年7月20日 (日)

グリスタで初勝利(TV観戦)

遥也選手、いきなりのゴールでしたね~ヽ(^o^)丿

小柄な所為でしょうか、ゴール前で完全にフリーでした。誰ひとりついていませんでした。

「遥君やったーーーー\(^o^)/」思わず飛び上ってしまいました。

試合が始まって1分もたってなかったんじゃないでしょうか、太亮選手の素晴らしいコーナーキックに頭から飛び込んで見事にゴールを決めました。

相手にしたら、まさか井出選手が?と言う思いがあったと思います。ノーマークでしたので、してやったりと言ったところでしょうか。

2点目のケンペス選手のゴールは、兵働選手の機転の良さから生まれたゴールだったと思います。

斎藤監督代行から関塚監督と何試合でもありませんが、鈴木淳監督とは違った戦い方をしているように思えます。

ここ二試合観て、兵働選手が長いパスを出していてそれが功を奏している事に気が付きました。

積極的に裏を取るようになったと思います。

観ていてストレスを感じない試合運びをしてくれるようになりました。

ただ、イエローを貰い過ぎの選手も目に付きます。

その最たる者がケンペス選手で8枚目のイエロー!!!

この暑い最中の大変な時期に、何試合お休みを取るんですか?

一人夏休みは、クラブからもペナルティーを出すべきではないでしょうかね。

次の試合は、3人がイエローの累積で出場できないようです。

貰わなくても良い所で貰っている事が多い選手達だと思います。

その上今日は、ケンペス選手のパスミスから非常に危ない事態を呼び起こしました。

チームメイトへ配慮の無いパスでした。他の選手は気力を振り絞って集中力を維持して頑張っているんですよ!

ケンペス選手、もう少し頑張りましょうね!

そうそう、健太郎選手は≪守備の職人≫と紹介されていませんでしたか?

素晴らしいですね。

井出選手に代わって入った山中選手も、素晴らしい個人技を見せてくれました。ほんとに惜しいシュートでした。

大岩選手も、ずいぶん頼れる選手になりました。

若い選手達の躍動に期待しましょう(^O^)

次の試合は、Vファーレン長崎との戦いになります。

V長崎には、勝った記憶が有りません。GKの大久保選手につい先日フクアリ満員大作戦の宣伝部長だった深井選手が在籍しています。

元JEFの選手に活躍されないように、チーム一丸となって戦って欲しいと思います。

3人が出場停止になっても、活躍できる選手が他にもいる事を見せて欲しいと思います。

佑昌選手、竹内選手、也真人選手、勇人選手、、、、

チャンスをものにしてくださいね!

がんばれ!

2014年7月13日 (日)

天皇杯AC長野戦は3-2のスコアで勝利も、ゴール前の守備に不安が残った

AC長野が強いチームだと言う事は分かって臨んだフクアリでした。(勿論応援ですけどね。)

J2選抜のU22チームが、J3のリーグ戦では0-4で完敗したチームです。ましてその時のキャップテンが佐藤祥選手でしたから、結構不安が入り混じっての応援参加でした。

J1チームでさえも、天皇杯ではなかなか勝たせて貰えない事が昨日の試合結果を見ても明らかで、油断などというものではなく本気で戦ってどうなるのかと半分不安で半分楽しみにしていた試合でした。

先制点を奪えるかどうかが、勝てるか否かを決めるような気がして、その一点に集中していつも観戦しています。

今日は前半10分に、森本選手が先制のゴールを決めました。

勝てる!

単純に思い込むことにしました。

ところが、直後に同点打を決められてしまいます。

しかも佐藤悠希選手にです。JEFのリザにいた選手ですよね?見覚えのある名前です。

またまた恩返し弾ですか(ー_ー)!! 前半にもう一点入れられて1-2で折り返します。

10分の森本選手の先制点に気を良くしていましたが、不安な気持ちで後半を迎える事になりました。

カウンターは本当に怖いんですけど、ゴール前の守備が結構緩慢で目の前で(危ない!危ない!)と思いながら見ていてゴールを決められるって、その時のがっかり感と言ったらありません。

後半に入って間もなく大塚選手のクロスにダイビングヘッドで合わせたのはケンペス選手でした。(ケンペス選手にこんなゴールもできるんだ!)驚きと喜びでした。智選手が傷んでピッチの外に出ていた時だったと思います。一人少ない時間にゴールを決めた事が、明るいこれからの道筋を見せてくれたような気がしました。

一旦ピッチに戻った智選手でしたが、少し足を引きずっているのが気になりました。

やはり遥也選手と交代になりました。新鮮な遥也選手の動きは観ていてスカッとするものが有りました。

≪大丈夫、鈴木淳さんが若い選手を確実に育ててくれていた。≫

遥也選手が入って、チームは元気を取り戻したような雰囲気になっていました。

そして69分、ケンペス選手から森本選手に繋がりきれいにミドルシュートが決まりました。

勝ち越しましたヽ(^o^)丿

やっとです。

その後兵働選手に代わり勇人選手が入り、残り10分を切った頃森本選手に代わって竹内選手が入りました。クローザーの意味があったのでしょうか。久しぶりの出場ですか?

どの選手も切磋琢磨して、自分で自分を成長させて出場機会を増やすことがチーム力を上げる事にも繋がりそうですね。

也真人選手が消えつつあることが気になっていますけど、ベンチには入っていましたので気持ちの強さで這い上がってくれる事を期待しています。

みんな頑張れ!

関塚監督の初采配が勝利で飾れて一安心です。

*鈴木淳さんとの違いは、選手を度々呼び寄せて支持を与えている点でした。

Cimg1981

最後は、ゴール裏から江尻コーチに♪HappyBirthday♪

勝利で飾った素敵なBirthdayでしたね(^O^) 

2014年7月11日 (金)

7月11日、真っ赤に街を染めた夕焼け

夕食の準備をしていてふと外を見ると、街が真っ赤に染まっていました。

強烈な赤です。(写真は、見た目に近い色に編集して再アップしました。)

もう直ぐ午後7時です。

1_2



Cimg1970


未だ間に合うと、急いでエレベーターに乗って最上階までいく事にしました。

この赤さに驚いた方が途中から一緒になりました。

私は沈みゆく夕日を追いかけたのですが、この方はいったい如何したのだろうと驚いて見に行く途中だと言われました。

どうやら夕日の仕業だとは思わなかったようです。

Cimg1973

もう少し早く気が付いていたら、別の顔をした街を見る事が出来たのに残念です。

7月に咲いている花(3)と 世界最大の果実パラミツ

三陽メディアフラワーミュージアムの温室

Cimg1906

ここには、パラミツという世界最大の果実が実っていました。30センチ以上もある大きな実です。

西瓜は果物ではなく野菜と言う事で、パラミツが世界最大だそうです。

クワ科パンノキ属、英語名はジャックフルーツ

Cimg1914

熟したものは皮も食べられるようです。

他にはバナナと小さいパイナップルが実っていました。

幼子の握りこぶしほどのパッションフルーツも実を付けていました。

Cimg1911


Cimg1910

Cimg1927


温室内にいる時に拡声器が壊れたような大音響が響き渡り何事かとびっくりしたのですが、何の案内もありませんでしたので未だに謎です。

温室を出て裏庭に行って見ました。ローズガーデンなのですが今はバラの花は少なく他の花が多く植栽されていました。

2


Cimg1945

Cimg1943

台風が接近していて、雲が低く垂れこめていました。

人が少なくいつもの花の美術館とは雰囲気が違うと感じていた所為か、裏庭にいらしたおよそ花には相応しくない男性を見かけて奥まで足を運べませんでした。

大きなメキシカンハットを被り、真っ赤なTシャツに短パン、小さなビニール袋を片手にして大きなおなかをしたおじさんでした。

その時裏庭には、その方の姿だけでした。

先ほどの壊れた拡声器のような大音響を耳にした後でしたので、何か観てはいけないものに遭遇したような気がしてそそくさともと来た道を戻って来ました。

帰宅後に夫に話すと、「外国人だったんじゃないのか?」と言われました。

言われてみれば、日本人らしからぬ風采のおじさんでした。

因みに、美術館のアトリュームガーデンでは七夕をイメージした展示になっていました。

アトリュームガーデンから温室に続く天井↓

Cimg1905

それからこの鉢植えの植物は“七夕”↓だったような?

Cimg1896

すみません。無理な形のイベントにはあまり興味が無いものですから、、、、

2014年7月10日 (木)

7月に咲いている花(2)花の美術館脇庭ボーダーガーデン

花の美術館の脇庭にあるボーダーガーデンの花

鋭い爪を付けてるような形です。

インパクトの有る花ですが名前が分かりません。(後で調べてみますが、、、、)

Cimg1936

ボーダーガーデンには、アンティチョークも咲いています。野菜の一種なので背丈の小さいものだと思っていたのですが、驚くほど大きいです。2メートル以上ありそうです。

Cimg1939


Cimg1941

“かんぞう”の種類とユリそして終わりに近いカシワバ紫陽花、バラのアーチと続きます。

1


Cimg1938


Cimg1953


Cimg1955


Cimg1952


Cimg1950


裏庭に続いて行きます。(↓振り返って反対側から見た薔薇のアーチです)

Cimg1949

7月に咲いている花(1)

台風の影響で風が出ています。帽子が飛ばされそうになりながらの外出となりました。

6月にアップした“白光蓮”の花色が違っていましたので、確認しに行って見ました。

買い物帰りにちょっと見てきたのですが、思った通り白い蓮が開花していました。これが白光蓮です。隣の淡いピンクの蓮は改めて植えたもののようですが名前は分かりません。一緒の甕に植えてあり白光蓮の名前だけです。
Cimg1866

Cimg1865
 

午後から三陽フラワーミュージアムにも行ってきました。

葵、鳳仙花、サルビア、茎の太いがっちりとしたアガパンサス、女郎花など沢山の花が前庭に咲いていました。

名前を挙げた順番に載せておきます。

Cimg1872


Cimg1962


Cimg1958


Cimg1875


Cimg1882


Cimg1877

Cimg1956


以上フロントガーデンの花です。

2014年7月 6日 (日)

第一回 Next generation マッチ(松田直樹が繋ぐストーリー)

フクアリで開催された 第一回 Next generation マッチを観戦しました。

前半は、やはり動きがトロクて退屈しそうになったのですが、さすがは往年の名選手達でした。スピードに関しては現役Jリーガーにはかないませんが、技術の面ではさすがと思えるようなプレーを見せてくれとても楽しめました。

http://www.matsu3-chiba.jp/syushi.html

Cimg1859


松田選手のチャントは、泣きながら歌ってるように聞こえて悲しみを胸の奥に押し込まれる思いがしました。

1

第2回がいつどこで行われるのか分かりませんが、これからも続くようですのでチャンスが有ればぜひ行って観戦して欲しいと思いました。

オーロラビジョンから流れる熱い松田直樹スピリットに、込みあげてくるものが有りました。

今回はピッチに立った選手だけでなく、選手のサポートをしていた方もありました。

戸田和幸さんと村井さんですが、ベンチに入って水を運んであげるなどのサポートに当たっていました。

試合は2-1でCHIBA DREAMSが勝利しました。

北嶋選手のアシストで佐伯選手がゴールを決め、2点目は北嶋選手のゴールでした。北嶋選手の満面の笑顔は、やっぱり良いもんですね。

フレンズの方は、久保(ドラゴン)選手が粘り強く足を出してゴールを決めるなど、一線を退いてもなお魅力あるプレーを見せてくれました。

野々村選手については、サポーターが「社長、社長は動いてないんじゃないの?きっとうちでもなんにもしないよ。社長だからきっと忙しいんだよ。」とピッチの真ん中で動かないのを見て囁いていました。

疲れ切った名波さんが、重い足を必死にあげて走った時は思わず笑いが起きました。でもずいぶん長くプレーしていましたので仕方が有りませんね。負けん気だけでは体力が持ちません。自由に交替ができましたので最後には自らピッチを後にしましたが技術的な面ではまだまだ凄いと思いました。

中西選手もやっぱり上手ですね。私は現役時代を観てないんですけど、JEFのレジェンドですよね。

吉田孝行選手と言う名前を、私がなぜ知っているんだろう?と思いましたら

松田選手と生年月日が同じで親友だったんですね。神戸時代にゴールを決めた時、喪章を付けた3本の指(松田選手の背番号3)を空に向かって突き上げていたその選手だったんですね。

夫々に松田選手への思いを持って集まった選手達でした。

まだ現役の選手も参加していたようで、誰なのか分からないけど動きの良い選手がいると思いながら見ていましたら、札幌の選手だったようです。チームメートからはあんまり出るなと言われて来たようですが、当然ですね。

現役を引退している選手達は、本当に楽しそうでした。特に後半は水沼監督に発破をかけられたそうで俄然動きが早くなっていて見ごたえがありました。

年代が違いますから無理ですけど、これだけの選手達を現役時代に一同に会したところを観たかったと思いました。

秋葉さんは、前半が終わった時点でサポさんにユニフォームを渡してしまいました。

15

監督業の傍らに出場するのは大変ですね。

奈良橋選手も、試合後にユニを脱いでプレゼントしていました。

次々に選手交代が繰り返されるので、デジカメを望遠鏡代わりに使っていましたが、下はその中の一枚です。

Cimg1800

高校サッカーのコーチをしていると言うアマラオ選手は、最年長だったと思いますが2-3回バーを叩く凄いシュートが有りました。

フレンズの山田暢久選手は、昨日ご自身の引退試合をしたばかりだったそうです。スカパーでやっていたのはたぶんLiveだったんですね。

ハーフタイムにフりースタイルフットボールの世界チャンピオン(徳田耕太郎さん)のパフォーマンスが有りました。フクアリ2回目の登場ですね。

19

選手の皆さんが後半始まる前に全員で見学です。

20


反対側のベンチ前では、フレンズの皆さんが見ています。

今回のイベントは、松田直樹メモリアルではなくNext generation としてAED普及のために立ち上げたものだそうです。AED普及と共に使い方を知って貰う為のものだそうです。そして今回の収益金は全額千葉県のAED普及啓発に使われると言う事です。

この趣旨をもっと早く広く伝えられていたら、観客ももっと入ったのではないかと思います。

思った以上に入りが悪く、私としてはサッカー好きなら是非見て欲しい試合でもあったし収益金増収にも貢献できたのではないかと思って残念です。

次にチャンスが有ったら、皆さんも参加してみて下さい。

企画して下さった安永さん、選手の皆さん楽しい一時をありがとうございました。

26

改めて 松田直樹選手のご冥福をお祈り申し上げます。

漸く森本選手がFWとしての力を見せてくれました!(PC観戦)

前半立ち上がり、佑昌選手のアシストで森本選手の今期初ゴールが生まれました\(^o^)/始まって4分の出来事でした。

良い予感のままゲームが始まりましたが、あまり良い試合をしていたわけではありませんでしたね。前半は膠着状態のまま終了です。

でも、ゴールが決まるって気持ち良いですね。(^^♪

毎回佑昌選手の先発を望んでいましたので、斎藤監督代行に感謝です。

谷澤選手は負傷欠場のようですけど、良い休養になる程度の怪我であって欲しいと思います。

大分は、伊藤大介選手が中心になって戦っていました。JEFの選手は大介選手に遠慮が無かったですね。

いつもJEFを出た選手にやられていて、今回は大丈夫そうだと思ったんですけど、後半のアディショナルタイムに大介選手のクロスでアシストをされてしまいました。2点目のゴールは油断でしょうか?ほんの少しの我慢が足りませんでした。

大分に勝って漸くアウェイ2勝目です。ちょっと情けないですけど、、、、

後半も、立ち上がり2分で森本選手が2ゴール目を決めました。早々と2点目を決めてくれたので応援していて気持ちが軽やかになりました。本人が言うように本調子になって来ているのかも知れません。

これからは期待してもいいかなあ?本当は去年からずっと期待し続けていたんですけどね。やっとです。ハットトリックもできそうな気配があったのですけど、そのくらい調子が良さそうでした。

2点目のゴールは最初のシュートで決めきれずに撥ね返って来たボールを粘って決めたものでした。素晴らしい執念です。ちょっと笑顔になった口元の黄色いマウスピースが印象的でした。いつもしてましたかしら?

ゴールの度に、また、押し上げている時には大きな声で応援してしまいます。

観戦している間、私のいる部屋は戸を占めていたのですけど、少し離れた部屋の戸が開いていたらしく、夫は私の声に思わず戸を閉めに行ったそうです。

3点目はケンペス選手が決めましたが、これも佑昌選手のアシストでした。

今日の佑昌選手は素晴らしかったですね。今までのうっぷんを晴らしているような活躍でした。

67分、佑昌選手に代わって遥也選手が入りました。

その前62分位には、大塚選手と山中選手の交代が有り、その山中選手は長い距離を走って角度のない所からシュートを撃つと言う素晴らしい個人技を見せてくれました。入って15分で結果を出せる選手って凄いですね。4点目のゴールでした。

今日の大塚選手は余り実力を発揮できませんでしたけど、若手との交代時間が斎藤監督代行は上手くやっていますね。そこが淳さんとの違いだと思いますが大きな違いだとも思っています。それまではもっと早く交代して欲しいとやきもきしながら応援していましたので、この2試合でそこのストレスが解消されました。

アディショナルタイム4分を含め最後の8分間、怪我から復帰した勇人選手が兵働選手に代わって入りました。

慶選手の復帰も待ち遠しいですね。

みんな怪我から復帰して、ピッチを暴れ回って欲しいと思っています。

久しぶりの複数得点、しかもアウェイで得た勝ち点3です。まだまだ上は遠いのかも知れませんが、諦めずに戦って欲しいと思います。

応援も頑張りましょう(^^♪

次は、天皇杯での関塚監督の初采配です。どんなゲームを見せてくれるのでしょう。

« 2014年6月 | トップページ | 2014年8月 »