2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

« 2014年7月 | トップページ | 2014年9月 »

2014年8月の投稿

2014年8月29日 (金)

サルスベリ(百日紅)

ここ数日涼しい日が続いています。

しばらく花を撮っていませんでしたので、身近に咲いているサルスベリ(百日紅)を撮りました。

マンション周りのサルスベリの花色に、微妙な違いがあって楽しめます。

建物の北西側には、数本の白いサルスベリが咲いています。高い位置から見下ろして撮りました。↓

Cimg2135

下から見た一枝です。

Cimg2136

南側には紫がかったピンクの花が咲いています。

Cimg2140

Cimg2137

そして淡いピンクの花も咲いています。真上から撮影↓

Cimg2132

風に揺れてピントが合いません。

Cimg2144

別の通りに面した場所に咲いているのは、濃いピンクです。

Cimg2208

木によって、同じピンクでも微妙な違いが有りました。
Cimg2154


最後は、以前住んでいた団地のサルスベリです。

携帯で撮影↓赤みの強い色の花でした。

Kc3z0053

百日紅と言うのは中国名で、長く咲いているので百日紅と書くのだそうです。

猿滑(サルスベリ)と書くと、同じように木の幹がつるつるしている夏椿(沙羅)や姫沙羅を言うようです。

最近知りました。

サルスベリは実生で育てると、親と同じ色の花を付けるとは限らないとお聞きしたことが有ります。(試してないので確認はできていません。)

長く咲く花の様ですから、まだ当分楽しめそうです。

(番外編)歩道のキバナコスモス↓

Cimg2155_2

2014年8月27日 (水)

チラシ

夕刊を取りに行くと、見覚えのある顔のチラシが入っていました。

誰だったかな?

雰囲気が違うけど、、、、村井さんに似ている。と思ったらやっぱり村井さんでした。

Kc3z0050

FOOT JAPAN ACADEMY

担当コーチ:村井慎二

イオンモールのコートで始まったようです。

怪我はすっかり治ったのでしょうか。

地元で未来のプロサッカー選手を育てて欲しいですね(^O^)

2014年8月26日 (火)

本番で得点できないFWが哀れに見えてしまう。

ジリ貧のゴール数に、FWが哀れに見えてしまのは、私の主観が憂いのポケットに入り込んでしまっているからなのだろうか?ちょっと、悲しい現実に直面しています。

天皇杯でヤングJEFが頑張りを見せてくれ、岡山戦ではレギュラーメンバーが意地を見せてくれると信じた試合でしたけど踏ん張れませんでしたね(u_u。)

試合当日は、元気な中学生が4人滞在中でしたので、べったり画面に釘付けにはなれませんでしたけど、相変わらず攻撃陣が手薄と言うか決定力を上げるまでには進歩していませんでしたし、ミスも多くセカンドボールも相手チームに奪われることが多かったですね。

翌日の練習試合の得点数を考えると、もう少し得点できても良かったのではないかと思えてきます。

試合は相手あってのものですが、リーグ戦では相手に研究されている事の方が多く、そんな事でおのずから相手を攻略出来てない事の方が多いという現実を見ています。

土砂降りのスタジアムで、一生懸命声を出して応援して下さっているサポーターの気持ちに応えてあげて欲しいと、見る方にも力が入るのですが、思うようにはいかないのが今のJEF なのでしょう。やっぱり、ちょっと悲しい、、、

ケンペス選手の負傷が有りましたけど、彼を出し続けるメリットがあったのでしょうか。

もっとフレッシュで気持ちの入った選手はいなかったのでしょうか。

ここで勝っていれば、と云う時こそ勝てないチーム状況が何年も継続されています。

J2で安閑としている選手はいないのでしょうが、中途半端な気持ちがどこかに介在してプレーに現れているような気がします。

ドロー試合が続いていたので嫌な予感はあったのですが、やっぱり負けてしまいました。

勝てない病巣を完治させなければ、浮上は無いでしょう。

病巣はどこにあるんでしょう?

下を向いている選手ではなく、笑顔の選手達を見たい!

 

2014年8月21日 (木)

天皇杯4回戦をフクアリで応援できるなんて嬉しいですね!

天皇杯3回戦の柏との戦いは、一切画像が見られませんでしたので今日午後1時からの録画放送を楽しみにしていました。

120分+PK二巡目を一気に観て、PKでは結果が分かっていながら緊張して固まったまま観ていました。

昨日の試合は、JEFサポさん達の素晴らしいツイート中継に目を凝らしながら見守っていました。

何かある毎にドドッとツイートの件数が増え、一気に数十件の時もありました。

リアルタイムに素晴らしい写真も一緒に載せて下さって、もしかしたら現地で観る以上の中継になっているんじゃないかと思いました。

アド選手のゴールも同点にされてしまったゴールも、息詰まるPK戦も、JEFサポのみなさん本当にありがとうございました。

PKを止めた高木選手、そして一回目にPKを外しながら最後のPKを入れた也真人選手、凄い迫力でしたね。

録画を見乍ら、柏の選手達の貫録とJEFの若手選手達の初々しさが対照的で、先輩たちに負けるなーと思いながら応援していました。

結果が分かっていても、ついつい頑張れ!頑張れ!と思いながら観てしまいます。

トップチームでの出番の少ない選手達主体のゲームで、いったいどうなるんだろうと、昨日は心配と楽しさ半々でしたが勝ったんですよね。公式戦に飢えていた選手達の気持ちが伝わってきた試合でした。

試合の前半は守り一辺倒のゲーム内容に見えましたし、これがどこまで通用するんだろうと思っていたのですが、後半戦からのJEFメンバーは躍動していましたね。

負傷してU21メンバーの合宿に参加できなかった遥也選手が、元気にピッチに現れ躍動する姿にじ~んしてしまいました。

解説者が遥也選手、也真人選手、アド選手の若手を褒めてくれると、「そうそう、素晴らしい若がいるでしょ!」と誇らしい気持ちになりました。

初出場のアド選手は、リーグ戦で十分通用しますね。

先輩たちを追い越してリーグ戦で活躍して欲しいと思います。

GKの高木選手も凄かったですね。

最近観ていた岡本選手よりもできるんじゃないかとさえ思いました。

90分の中で、不用意なゴールキックから相手にボールを渡さなかった事は、岡本選手の上をいったと思いました。スーパーセーブも何度も有りましたし、鈴木淳元監督が期待されていましたが、それが実感できました。

初めての公式戦に臨んだ選手達のこれからに期待できると思うと、嬉しさがこみ上げてきます。

リーグ戦にもどんどん出て来て欲しいです。

天皇杯4回戦は、9月10日(水)フクアリでV長崎との対戦ですね。

出場する選手が誰になるのかも楽しみになりましたし、もう一度フクアリで応援できるって嬉しいですね(^O^)

がんばれ!!!\(^o^)/

直ぐの岡山戦も、がんばれ!!!!\(^o^)/

2014年8月17日 (日)

勝てない試合が続き、熊本戦もスコアレスドロー(PC観戦)

前半戦の15分までは圧倒し、その後熊本ペースにもって行かれた感が強く、もやもや感がいっぱいです。

(´Д`;)/ヽァ・・・ ゴールが決まらない。

期待のU21代表の山中選手は、トラップミスが多くボールを奪われ、シュートも我慢できずに打ち急ぐ傾向にありました。若さ所以でしょうか?

大塚選手もまだまだ未熟で、コンスタントにスターティングメンバー入りできない理由はそこにありそうな気がします。個人的には佑昌選手と交代して欲しいと思ったくらいです。

JEFは中盤で縦パスをカットされ過ぎたし、セカンドボールも拾われ過ぎで、そのために度々カウンターを浴びる羽目になりました。相手のペースで振り回され、だんだん動きも鈍くなり、ますますゴールの匂いがしなくなりました。

そんな中で、DFのキムヒョヌン選手の活躍は見事でした。何度も救われました。これがホームゲームでしたら、今日のMVPはキムヒョヌン選手だったと思います。手を使うという悪癖は見られず、体を寄せて上手いディフェンスを見せてくれました。素晴らしいプレーでした。

兵働選手に代わって途中出場の勇人選手は、相手を躱す技術に不安があります。

折角崩してゴールまでいっても、フリーになっていながらシュートも外してしまいました。

出場機会が少ないベテランは、落ち着いてあそこは決めて欲しかったですね。

後半アディショナルタイムに入り、上手く崩していき大岩選手から志有人選手へのクロスは成功するかに見えたのですが力の無いシュートはキャッチされてしまいました。短い時間でしたけど、志有人選手はボール捌きの上手い選手で期待できそうです。

得点源とされるケンペス選手は、完全に抑えられてゴールが遠く、試合終了間際には繋いできたボールを森本選手からケンペス選手へ、、、、渡らず試合終了のホイッスルが無情に鳴り響きました。

ゴールゼロが続いてストレスが発散されません。

たぶん選手もサポーターも同じだと思います。

今日は、攻められ続けたゲームでした。

ボールを奪う事、拾う事は熊本の方が優っていたと思います。何度も何度も嫌なとられ方をしてその都度カウンターを浴びて、体力の消耗が激しかったと思います。

個で得点のできるFWの加入は、、、?

全員攻撃全員守備で、ここをなんとか突破できないと、今年もJ1は遠いのかも知れません。

暑いけど、がんばれ!!!!

2014年8月13日 (水)

人の振り見て我が振り直せを実感しています。

旧盆で故郷にお帰りになった方が多いと思いますが、私は家に閉じこもっています。

ただ単に暑いからですが。(笑)

そんな時に、いつもお世話になっている方に、書面のPC入力を頼まれお引き受けしました。

今住んでいるコミュニティーにとっては重要な事なのですが、入力し終えて持って行くと次から次へと書き足して欲しいと言われ、3回目の入力を終えたところです。

それが、重要な点だけを列記した方が住民の皆様に伝わりやすいと思うのですが、追加部分には個人的な感情が色濃く入り込んでいて、キーボードを叩き乍ら憂鬱に成ってしまいました。

ので、ここで私自身の気持ちのコントロールをしようとパソコンの前に座りました。

自分の為に書きますので、この先は鬱が移ると思われる方はアウトして下さい。

他人の文章だから分かる事で、いつも気儘にブログを書いているとそこが見失われて、つい感情的な部分を出している事、そのことがせっかく読んでくださっている方に嫌な思いをさせているだろうと、改めて思い知りました。

PC入力を頼んできた彼は、小学校6年生か中学1年生の時に終戦を迎えた方のようです。

もう直ぐ、終戦の日がやって来ます。

世間一般から見れば私は年寄りなのですが、戦争を知らない世代です。

彼の方は、多感な時に戦争を経験し終戦を経験した方です。ある時その方ともう一人(女性)同じ年代の方と雑談をした時が有って、戦争だけでなく皇室に対する考え方が特別な方達だと感じた事が有りました。

かなりの怒りを持って生きて来て、今を生きていると思いました。

他人夫々で一概に同じ世代だからと決めつけてはいけないのかも知れませんが、私たち世代とは全く違う生き方をしてきたというか、そう言う生活を強要された世代がどこかを睨み乍ら生きていると感じた事がありました。

そして、今回頼まれた入力の文章がかなり攻撃的で感情に走っている事を感じとり、世代間のギャップを思わずにはいられませんでした。終戦の日が近い所為も有るのでしょうか。

そこで、余計な事とは思ったのですが、私が文章入力をしたものが住民の皆様に届けられることを思うとやりきれない感情になり、“内容を一つの事に絞って、住民のみなさまを煽るようなことはお書きにならない方が心証が良いと思います。”とプリントアウトした書面につけて、個人ポストに入れてきました。(A4にびっしり3枚分の文章です。)

そうしないと、私自身の気持ちが不安定になりそうですから。

いま、8月15日を前にして、何をどのように考えればよいのか自問自答しています。

人により世代により思う事は様々かも知れません。

ただ、一つ思う事は戦争の無い世界にしなければいけないと言う事。

“世界中の明日が素晴らしい一日でありますように”と文章を結ぶブロガーさんがいらっしゃいますが、私も、毎日そう言う思いで生活したいと思っています。

2014年8月11日 (月)

横浜FC戦はスコアレスドロー、ゴールを決めて下さい!

選手のみなさんお疲れですね。

変なミスも多かったし、セカンドボールもなかなか拾えず、相手に人数をかけてやって来られると自分たちのペースで試合ができないと言うジレンマもありました。

勿論JEFが攻めている時もありましたし、もしかしたら攻めていた時間の方が多かったのかも知れませんが、両チームとも納得するまでのゲーム運びはできてなかった気もします。

決定的な場面で決めきれず、勝ち切れない時のパターンにはまっていたように見えました。

それでも後半のゴール際の守りは、岡本選手を中心に死守して乗り切り粘り強さも見せてくれました。

ただ、ゴールを決められずに業を煮やしたかケンペス選手、相手二人に挟まれて下手なダイブで倒れPKを貰おうとしてイエローを貰うという最悪の事態を招いていました。

ダイブする選手は時には主審を騙せても、多くの目で見ているゴール裏はなかなか騙せないものですが、下手なダイブは誰も騙せないんですよ。ケンペス選手。止めて下さいね!

チームのエースと言う自覚が無いみたいですね。

変な小細工をしようとせずに、決定力を上げる努力をしてくださいね。

得点ゼロと言うのは、絶対に勝てないという数字です。

引き分けで負けてなくても、得点が無かった事に不安を抱いてしまいます。

また以前のようなJEFに戻ってしまうのか、修正できるのか、これからの試合に選手達の覚悟を見せて欲しいです。

先発出場していた遥也選手がひざの負傷で途中交代しました。

U-21日本代表候補(アジア大会)に選ばれて喜んでいたのですが、11日からの合宿には参加できないでしょうか。

無理をしないできちんと治して欲しいですね。

遥也選手の選手生活は始まったばかりですから、大事にして欲しいと思います。

がんばれ!

今回の試合のボールパーソンとストレッチャーパーソンのみなさんです。↓

Cimg2083

ハーフタイムのピッチです。↓

Cimg2085


試合後の挨拶廻り

Cimg2086

次のフクアリは8月31日です。

私は、しばらく直接試合を観る事が出来ません。TV観戦となります。アウェイ二試合と天皇杯の三試合を期待しても良いでしょうか!

がんばれ!!!!

2014年8月 8日 (金)

ちば☆スポ「ジェフ千葉 関塚監督生出演」を公開しています。

NHK FM千葉の ちば☆スポ「ジェフ千葉 関塚監督生出演」を聞きのがして残念に思っていたのですが、インタビューを公開しています。

http://www.nhk.or.jp/chiba/movie_radio/index-hirudoki.html

上記にアクセスすれば聞く事が出来ます。

電話でのご出演でした。

関塚監督と言えば直ぐに笑顔が浮かんできますし、とても覇気のある監督さんだなとインタビューでのコメントからも感じられます。

攻撃的な試合が持ち味だと聞いていますが、以前のJEFよりもよりアグレッシブさを感じていますし、期待感を持って応援できるようになりました。

横浜FC戦は、台風が心配ですが良い試合ができるようにフクアリで後押しできたらと思います。

頑張りましょう!

2014年8月 3日 (日)

難敵湘南と1-1の引き分け(TV観戦)

ダントツで一位を突っ走る湘南と引き分けて、勝ち点1はゲットできました。

ホームフクアリで0-6と惨敗したチームが、ここまで持ち直したことに素晴らしさを感じます。

前半の岡本選手は慎重になり過ぎて、いつもなら正確にジャッジできるボールをサイドバーを越えたところで触れてコーナーキックを与えていましたが、負けなかったこの試合で自信をつけて欲しいと思いました。

JEFは、監督が代わって斎藤監督代行から負けていませんので、気持ちを落ち着けて観戦することができています。

フクアリで対戦した湘南が、異常な出来だったのかJEFが策を凝らして対戦できるまでになって来たのか分かりませんが、自信満々の湘南と勝ち点を分かち合った事は評価に値すると思っています。素人風情が生意気なようですが、安定した精神状態で観戦できる事は非常に有り難いと思っています。

やはり監督は重要なポジションであって、誰でも良いと言う事ではないと改めて感じました。

JEFは変わってきていると思います。

先制点を取られても追いつけるようになりました。

ここ3連戦は特に、どのチームもどの選手も体調のコントロールが厳しい時だと思います。

頑張り具合が見えて応援にも張りが有りました。

ただ、決定機に決めきれない欠点はなんとか練習を重ねて修正をして欲しいと思います。

後半間もなく、相手に決められたゴールは智選手が体を張って阻止した後、そのボールを拾われてディフェンスに穴が空いたところを見事にやられました。

その後のJEFの得点は、太亮選手のクロスに遥也選手がフリーで飛び込んで美しいゴールを決めてくれました。

「遥君すごーい!!!!」

またまた、夫に笑われました。

如何して遥也選手だけ“遥君”なんだと、、、、

(日頃言い慣れている名前なので、ついつい、、、)

FKの数はかなり違いましたし、決めるべき選手がなかなか良い動きをしてくれないしと、不満もありましたが、対等に戦い粘り強く守りフクアリでの借りは返せませんでしたが、引き分けた事は、この先に一筋の光が見えてきたと思っています。

関塚監督の元で、勝てるチーム作りを続けて行って欲しいと思います。

夏の暑い時期に、何もしないで家にいるだけでも“だるい”と弱音を吐いている自分が情けないとは思いますが、選手の皆さんには頑張って頂きましょう!

フクアリでは、全力で応援します。

頑張りましょうヽ(^o^)丿

今夜の試合には関係ありませんが、差し枝で育てた二代目の夜香木が見事に咲きだしました。

強烈な香りを漂わせています。真夏の香りです。名前の通り夜にだけ咲く花です。

小さい小さい花たちが重みとなってしなっています。

Cimg2068

そして、今日は大好きなプルーンを買ってきました。

赤味を帯びたというよりもプラム色のプルーンは初めてでした。

八百屋さんに「黒じゃないんですね。」というと「これは質の良いものだと思いますよ。」と返って来ました。

肉質の柔らかい美味しいプルーンです。

Cimg2073

« 2014年7月 | トップページ | 2014年9月 »