2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

« 歯科医さんの庭 | トップページ | ぼう~と頭を出した富士と夕焼けに焦がされたような雲の重なり »

2014年10月 2日 (木)

夫の腰痛は、MRI検査の結果『軽いぎっくり腰』と診断

9月中旬、POMとKAULの体育祭から帰宅後、腰痛のために一時歩行困難に陥っていた夫でしたが、3日後のレントゲン検査では第5腰椎の椎間板がずれていて、そこから出ている神経が圧迫されていると言う診断でした。

そして、今日MRIで詳しく診て頂いた結果、『軽いぎっくり腰』と改めて診断されました。

2週間分の貼り薬を処方され1か月間はコルセットを着用、そして腰より下の重い物は持ち上げないように?とのご注意だけで済みました。

そして、「腰は20年間は大丈夫だ」とお墨付きを頂いたようです。

腰痛に関しては、安堵はしましたけど、、、、

そう~ですか~、

この年になって、布団干しと買い物のポーター役を仕込んだところだったのに、がっかりですね。

この先、何をしてくれるでしょうか?

台所に立つのは、お茶を入れるためにお湯を沸かすときだけで、肝心の調理は全くやる気が有りませんからね。

この○○整形外科の先生には、17年前くらいに私も診て頂いたことが有りました。

東京駅から降車駅まで30分近く電車で居眠りをした後、頭から首から肩の周りまで痛くなって、気分も悪くなりました。そこで、行きつけの内科の先生に相談に行ったところ「医療機器が揃っている○○整形外科が良いでしょう。先ずは整形外科に行って見なさい。」言われて出かけた整形外科でした。

その時の私は、『ストレートネック』の為に起きたのもだと言われ、電気をかけられた後吊り輪を掴んで上下運動させられた記憶が有ります。

その時は、来たい時にリハビリに来てください。ということでしたので、一度行っただけで勝手に終わりにしました。

要するに、筋肉を鍛えれば良いことでしたし、それに、隣で重症の強面のおじさんが苦しみながら吊り輪の上下運動をしているのを見て申し訳ない気持ちになってしまったんです。

このストレートネックと言うのは、医学用語には無いことばのようです。

ストレートネックによって起こす障害は、男性よりも女性に多いそうです。

頭を支える筋肉が男性よりも弱い女性に起こる症状だという事でした。最近は、筋力が弱って来ている年配者だけではなく、スマホの普及により若い女性にも患者さんが増えているようです。

スマホやPCの使い過ぎには注意しましょう!

重い頭を長時間下げてやり続けると、ストレートネック症候群?になりますからね!

ご注意くださいね!

因みに私は、首を垂れて30分間居睡りした所為で酷い痛みに襲われたんですけどね。

「だいぶ前から肩こりはあったでしょう?あった筈ですよ。」と先生からのお言葉でした。

自覚がありましたので、それからは、肩、首、腕を回したりストレッチをしたりして気を付けています。肩こりはだいぶ少なくなりました。

先生は、マスコミに結構お顔を出されているようです。

だからと言って名医とは限りませんよね!

ごめんなさいm(__)mちょっと意地悪でしたね。

皆さん

お体をお大事に~(^O^)

*追記

このページを読んで下さる方が結構いらっしゃるようですので、夫が整形外科に行って気になった事を書き足します。

先ず、所見でレントゲン写真を見ながらの説明では、5番目の椎間板がずれているといわれたそうですが、MRI検査の結果では軽いぎっくり腰と言う診断でした。

私の個人的な意見ですが、夫が痛いと言っていた場所から医師は5番目の椎間板がずれていると推測したのではないかと思います。たぶんですが、レントゲン写真にも椎間板のずれは見られなかったのではないかと思っています。

椎間板ヘルニアの場合は痺れが出たり、他の症状が出るようです。

(因みに、私は全くの素人です。)

« 歯科医さんの庭 | トップページ | ぼう~と頭を出した富士と夕焼けに焦がされたような雲の重なり »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

waiwaiさま
ありがとうございます(^o^)
そう言えば、洗濯物の取り込みは時々やってくれてましたね。
水に手を付ける事は、一切やりません。
何か考えなきゃ(笑)

ご主人様、大事に至らず良かったですね!

せっかくのお仕込み・・・残念~

我が夫の任務は洗濯物の取り込みしまう、夕飯の片付けです

私も夕飯を作るだけでいいと思うとだいぶ気が楽になりました

ご主人様にもちがう任務を考えましょう(笑)

まりりん様
ありがとうございます(^^♪
赤ちゃんのハイハイは、首を強くするのに役立っていそうですよね。
今は、ハイハイなしで歩き出す児が結構いますね。
まりりんさんは、ぎっくり腰で大変な経験をされたんですね。首は、私と同じ形状のストレートネックなんですね。
お互いに気を付けましょうね。

こんばんは!
旦那様、大変ですね><
わたしも24歳の頃にぎっくり腰をやったことがありますが、しばらくは全く歩くことが出来ませんでした…
腰は立ち居振舞い全てに関わりますし、くしゃみをしただけでも響きますよね。
お大事に、早く良くなりますように…

ストレートネック、わたしもです。
赤ちゃんの頃に早くから歩行器に乗せられた人がなりやすいと聞いたことがあります。
ハイハイを十分にせずに歩行器に乗せると、首を持ち上げることをしないまま成長してしまうからだそうです。
赤ちゃんの成長段階は一つ一つ意味があるのだなぁと感心した覚えがあります。

krimさんご自身もお疲れが出ませんように、どうぞご自愛下さいね。
(*^_^*)

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1552234/57555567

この記事へのトラックバック一覧です: 夫の腰痛は、MRI検査の結果『軽いぎっくり腰』と診断:

« 歯科医さんの庭 | トップページ | ぼう~と頭を出した富士と夕焼けに焦がされたような雲の重なり »