2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

« 2014年12月 | トップページ | 2015年2月 »

2015年1月の投稿

2015年1月18日 (日)

JEF2015新体制発表

例年になく新加入選手が多いと思うのですが、まだ足りてないような、、、、、

直前に兵働選手の移籍が発表され、ベテラン選手が居なくなって、新加入の選手達の挨拶を読んでいてちょっと楽しい気分になりました。

http://web.gekisaka.jp/news/detail/?155781-155781-fl

新人の初々しさにプラスされたプレーへの意気込みが、実力とマッチしたものなのか?オーバーアチーバーが陥るような挫折になってしまうのか?

期待と不安でいっぱいですね。

乾選手の、「自分の出身地は群馬で、千葉という都会に来れてとてもうれしいです。」と言う言葉に嵌ってしまいました。

千葉は、見る人によって田舎だったり都会だったりするものなんですね。

息子が高校生の時に、北東北の某進学校の先生が訪れて「同じ県立高校であるこの高校の東大進学率の高さの秘訣を教えて欲しい。」と言われ「自由にさせています。特別に進学指導はしていません。」と応えると納得されず、「何かあるでしょう。」と執拗に聞き出そうとされて、無いものは無いので困って最後に「田舎との違いでしょう。」と言うと「千葉も田舎でしょう!」と開き直られて困ったと先生がぼやかれたそうです。

実際に息子の通学していた高校は、一切進学のための指導はなく生徒任せでしたが、高校3年生の秋になっても生徒の80%が東大進学を希望していて、校長先生が呆れて「いい加減自分の実力を知るように。」と言われたと息子から聞いています。

乾選手には、千葉は適当に田舎で適当に都会だからその部分ではあまり期待しないでね!と教えてやりたいですね。

ただ、生活の大部分が東京圏と言う事では都会と言っても良いのでしょうね。息子の高校の先生が言いたかったのはその部分だったのだろうと息子も言って笑っていましたが、、、、

ここしばらく、JCNのニュースをチェックしているのですが、兵働選手の移籍に関してだけは報道されていませんので、ギリギリまで迷っての移籍だったのかな?10番が空白なのはその所為かな?などとも考えてしまいます。

ケンペス選手の通訳だったマルコさんは、J1大宮に移籍されましたね。

甘いマスクで日本語が達者過ぎるくらい達者なマルコさんは、大宮でも愛されるでしょう。ケンペス選手は、心優しいブラジル人ではありますがFWとしてはいただけない程ファールの多い選手だっただけに苦労もあったと思います。

移籍して行った選手も、新加入の選手も選手として輝けるようにがんばって欲しいと思います。

今年は千葉神社の必勝祈願に参加しませんでしたが、浅間様の御焚き上げのあった14日に前年の御札やお守りを納め、2015年の御札、それからJEFの必勝祈願の八咫烏のお守りを受けてきました。

去年は、途中で八咫烏のお守りを受けに行ってからJEFも良かったように思いましたので、今年は始動前に行ってきました。

心配するより希望を持って応援したいと思います。

海側にある浅間様の鳥居です。↓

鳥居をくぐって拝殿に向かう時には、中央は神様の通る道だそうですから端を通りますね。写真に写ってる方も中央を避けて歩かれていました。

Cimg3099
鳥居前の大きな道路(14号線)は、工事中です。

Cimg3107

この道路を挟んでの鳥居、埋め立て前は海の中でした。車がびゅんびゅん行き交ってます。

Cimg3103

通り抜けさせていただいた団地の桜です。大きな木でしたが春の桜に比べて地味です。

2

レアル・マドリードのアカデミー送迎用バスが毎週決まった時間に通ります。

Cimg3083

JEFも、レアル・マドリードにあやかりたいですね!

頑張りましょう!!!!!!

2015年1月11日 (日)

中途半端に観てた高校サッカー準決勝(流経大柏:前橋育英)

流経大柏vs前橋育英の準決勝を観ながら、私はどっちが勝ったら嬉しいんだろうと、思っていた。

嘗て母校を指導して下さってたらしい監督率いる地元代表と、娘の家族が全員で応援している高校と、どっち????

しかも、そのキャプテンはPOMの先輩であって、年代別の日本代表でもキャプテンを務めている。

小学生の頃は、地元で父親たちが教えていた全く素人集団のチームで練習して居た子で、その時同じクラブの3つ下にPOMもいた。

小柄だけど群を抜いてる子がいて、市代表にもなって戦っていると娘から聞いていた。

やはり、凄い子は小さい頃から芽が出ていたんだと思いながら見ていた。

高校卒業後の進路は、JリーグのCからオファーが届いていたのをお断りして、T大に進学すると言う。娘に言わせると、ずっと先を見て進路を決めているクレバーさを持っていると。

来年は、大学サッカーもチェックしなければ、、、、

T大学からJリーグに入ったサッカー選手は、今素晴らしい指導者にもなっているし楽しみにしている。

POMとは3歳違いなので中学ではすれ違いになったが、印象的だった事は、5年生のPOM達3人の後輩が中学校に遊びに行った時に、3対1でサッカーの相手をしてくれたけど次元が違い過ぎて歯が立たなかった。と言っていた事だった。

彼は、TKちゃんと呼ばれ“当時のサッカーママたち”からずっと注目されている存在らしく、メールなどで彼の動向は共通認識されているようだ。

また、昨日の準決勝で同点弾を放った時には、「TKが同点ゴールを決めた時には鳥肌が立った。」と嘗てお世話になっていた職場の鹿島サポさん(男性)からメールが入っていたので、仕事でTVも見る事が出来なかったけど、勝った事は分かった。と言っていた。

地元で彼を知る人たちは、多いに盛り上がっているようだ。

POMは後半から観たと言っていたが、私は後半途中から電話が入って某種類の記入方法を聞きながらちらちら見ていたので、同点弾を決めたのがTKちゃんだったことも分からなかったし、PKでどっちが勝ったのかも見逃してしまった。

TKちゃんが、インタビューに答えていたのを見て勝った?と思ったが手元の書類に集中せざるを得なかったので内容まで把握できなかった。

次は優勝!

がんばれ!

TVを見ていたと言うKAULが、母親に言った言葉が面白かった。

「私は、TKちゃんの事がこんなに好きなのにTKちゃんは私の事、知らないんだよね!」といったそうだが、KAULは赤ちゃんの時からPOMのサッカー練習に連れて行かれていたので、ママたちの話やPOMを通じて知っているようだが、よちよち歩きまわっていた妹たちをTKちゃんは知らなくて当然で、分かっていながらも口に出したKAULが可笑しかった。

いつもお兄ちゃんの練習に付き合わされていたKAULは、「サッカー大嫌い!」と言ってた事があったが、お蔭てオフサイドも分かる女の子になっていて、サッカー部の男の子とは普通に話が通じるようになっていると言うから、慣れると言う事も面白いと思った。

でも、今現在サッカーが好きになったかどうかは分からない。

頑張れ!前橋育英!

2015年1月 3日 (土)

迎春

明けましておめでとうございますヽ(´▽`)/

東京湾沿岸の街から富士山のお姿をお借りしてご挨拶申し上げます!

12時近い姿↓

2
日没直前の姿↓

4
全ての皆様にとりまして素晴らしい一年となりますように!

今年もよろしくお願いいたします。

わが家では、もう直ぐ2歳2か月を迎えるSIONOが元日に両親とやって来ました。

非常におしゃべりになっていて「おじいちゃん、おばあちゃん、いっぱいで楽しいね!」

と嬉しそうに言った時には幼子の成長の速さに驚きました。

ご機嫌で帰ってくれて一安心です。母親の実家(関西)に行く時はもっと成長しているでしょうから、喜んでいただけそうです。

今年は、JEFにとっても幸せな年でありますように!

« 2014年12月 | トップページ | 2015年2月 »