2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

« ネイツ選手の酷過ぎたフリーキック。(対群馬戦) | トップページ | 対水戸戦は、後半の内容に少しばかり心が救われました。(PC観戦) »

2015年7月18日 (土)

イエロー4枚、イエローの数が無くならない限り勝利できる可能性が低いのかも、、、(TV観戦)

0-1で磐田に負けました。

JEFは、相変わらずイエローの貯蓄率が高いですけど、イエローを貰わなくて済むようなプレーができないと勝てないような気がします。イエローの貯蓄が異常です。昨シーズンはケンペス選手が4枚を二回取って、8枚になった所で2試合の出場停止になりました。今シーズンは、、、、、!?

それでも、ジェイ選手を抑えてこのままいけるかな?と思っていたのですが、80分過ぎにCKからやられてしまいました。

岡本選手が両手を上げてキャッチしようとしたのでしょうか。その両手の上にジェイ選手の頭が出ていましたね。思うようにさせて貰えずイライラし始めているように見えましたが、CKの名手がジェイ選手を蘇らせてしまいました。

JEFには、谷澤選手の惜しいシュートが有りました。

相手ディフェンダーに当たってちょっと角度がそれたにもかかわらず、力いっぱい横に跳んだカミンスキー選手は片手で弾き出すと言う凄技でした。JEFはこの二人の長身選手に負けましたね。磐田には、決定的な仕事のできる選手がいると言う事です。

JEFは、相手の連敗をストップさせてあげる事が多々あるようで、応援する身としてはなかなかストレスが溜まります。

愛媛FC然り、今回の磐田もホームでの連敗をストップ。

がまん がまん。 我慢 我慢。 

何回唱えたら 我慢しなくてよい楽しい試合が観られるのかなぁ。

次は水戸戦ですね。今度こそ勝ちますように(o^-^o)

現地応援の皆様 お疲れ様でした。ありがとうございましたヽ(^o^)丿

今日は、静岡での試合でしたのでぼんやりと姿を見せた富士山を撮って見ました。傘雲?のかかった富士山ですが、日没後の姿です。↓

Cimg4245

次の写真は、わが家から見えるフクアリを小さなデジカメに収める事が出来ましたので、記念にアップしておきます。お見苦しい写真ですみません。ギリギリいっぱいのズームで撮りました。性能の良いカメラが有ればクリアに写せるのですが、、、、たぶんフクアリです。

(夜のフクアリは、JEFレディースの試合が有ったので白っぽいライトで分かりました。)
Photo_2
さあ、次こそ勝つぞ!!!!

« ネイツ選手の酷過ぎたフリーキック。(対群馬戦) | トップページ | 対水戸戦は、後半の内容に少しばかり心が救われました。(PC観戦) »

サッカー」カテゴリの記事

コメント

mattiさん
お疲れ様でした(^O^)
名波さんは、良い助っ人を入団させましたね。
もう少し我慢して守って欲しかったんですけどやられてしまいましたね。あの状態だったらせめて勝ち点1を持ち帰って欲しいと思いながら観てました。
アド君を野次っても、それ以上の選手が居なかったのでしょうから、若い選手を育てられる様な声がけをしてほしいです。
キムヒョヌン選手が居なくて不安になりました。まさか移籍はさせないですよね。
川崎のレナト選手の移籍の顛末を読むと凄すぎて、、、、
太亮選手は次のホーム戦くらいには出場可能かな?
家康出世街道を千葉まで伸ばして!


行ってきました連休のスタは1万超 A側G裏ぎりぎり着で立ち見 怪我人2人いる中でこのカードはきつい。正直。せめて1勝ち点と思った矢先にボールかっさらわれ、ひくい位置からドリブル、クロスシュート。とほほ;
試合後スタメンだったアドにやじる人まで。ぶーもでるし。一部ですけどね。
鰻&浜松餃子仕入れ旅行でした。
1泊したので、奥浜名(引佐)の井伊家発祥地の井伊谷宮や龍潬寺へ。臨済宗のお寺で庭園見学してまいりました。浜松城も行ったのです 家康出世街道ですって。あやかりたい一心(三方ヶ原大敗後からの再起)

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1552234/60794337

この記事へのトラックバック一覧です: イエロー4枚、イエローの数が無くならない限り勝利できる可能性が低いのかも、、、(TV観戦):

« ネイツ選手の酷過ぎたフリーキック。(対群馬戦) | トップページ | 対水戸戦は、後半の内容に少しばかり心が救われました。(PC観戦) »