2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

« 2015年6月 | トップページ | 2015年8月 »

2015年7月の投稿

2015年7月29日 (水)

プロサッカー選手と団体サポーターの関係は?

第26節JEF対熊本戦のJEFの応援は、いつもと違っていました。

コールリーダーさんが応援席に向かって拡声器で何か言っている事は分かっていましたが、「オー!」と言う了解の意味の歓声も無く拍手も有りませんでした。

始まって見て、リーダーさんが「今日は応援はしません。」と言ったのだろうと勝手に解釈しましたが、コールリーダーに対して「オー!」も拍手も無かったと言う事は賛同しないと言う意思表示だったのではないかと思いました。

弾幕に書かれた≪このエンブレムをつけて戦う覚悟をピッチで見せろ!≫と言う言葉をTwitter等を見て知りましたが、この両者の関係はどういうものなのだろう?と改めて思いました。

試合終了後、勝てなくて下を向いて頭を下げに来た選手達を目の当たりにした時、まともに応援をしてくれなかったサポーターから、ブーイングされ、懸命に闘いつづけている間ずっとこの弾幕が掲げられていた事を思って、奮い立つ選手がどれくらいいるのだろうかと考えてしまいました。

団体サポさんは、選手を育ててやると言う立場でやっているのだろうか?

選手は、そんなサポさん達を如何見ただろうか?

私自身は、自分の親に育てられ、自分の子供たちは自分の手で育て、そして育てられた時代の中で又、私も子供達も大勢の方達に育てて頂いたと思ってはいますが、頭ごなしに「育ててやってるんだ!」と言われたことも言った事も無く、勿論団体サポさんもそんな言葉を使ってはいませんが、、、、またお仕置きの経験もないまま今に至っていますが、選手と団体サポさんの関係がよく理解できません。

JEFの団体サポさんは、独自のユニフォームに身を包んで応援している方達なのではないかと思いますし、≪このエンブレム≫ではなく≪そのエンブレム≫と言うべきところでしょうけど、これは単なるクレーマーになっているでしょうか。選手と同じエンブレムをつけて戦っていないなあと思ってしまいました。

私の疑問はともかく、次節の試合には大きな声援と拍手と、フクアリに集いJEFを応援する全員でチャントを歌い上げましょう!

なかなか勝ててない選手達は、全員が苦しい思いをしている筈です。

苦しい時こそ、大きな声援で後押ししてあげる事が出来ないでしょうか?

Twitterの中に、自分が一人でも大きな声を出して歌うので一緒に応援してみませんか。と募集されていた方がいらっしゃいました。「『90分間全力で応援する。』をやってみませんか?」と声をあげて下さっている方に感謝したいですね。

次は、全員で頑張りましょう!

勝てない選手を責めても仕方のない事だと思います。

終わってブーイングする方は、それはそれでその方の意思表示ですから反対はしませんが、、、。

皆さん!せめて応援は全員一丸となってやりましょう!

頑張りましょうヽ(^o^)丿

2015年7月27日 (月)

試合以外のところで、巻選手に始まり巻選手で〆ました。

蘇我駅の改札を出ようとしたところに

Cimg4269

今までも、こういうものが出されていました?

“お帰りなさい!巻選手”を目にして嫌な予感がしたのは私だけかな?と思ったのですが、いつも一緒のSさんも、「あれは要らないわね。」と、、、

私も、Sさんも、巻選手の事は大好きなんですけどね!

試合は、2-3で負けました。

試合後、我がチームの選手達にはブーイングが、、、、

私の周りの方達は、みんな申し合せたようにブーイングはしませんでした。勿論私もしません。

我がチームの選手が立ち去った後、(今は熊本の選手である)JEFのレジェンド巻誠一郎選手がフクアリのJEFサポさん達に小走りで挨拶に回りました。

凄い拍手と、“巻ーー”と言う声援に、私自身は違和感を覚えました。我がチームの選手達は後ろ姿でその声を聞いていましたからね。申し訳ないとは思いましたが、拍手をしませんでした。ごめんなさい。巻選手。

Cimg4270
これからも応援して行きますが、今回は本当にごめんなさい。でも、挨拶に来て下さってありがとう!

大好きな巻誠一郎選手を見送って、フクアリを後にしました。非常に複雑な時でした。

そんな訳で、今日は巻選手に始まって巻選手で〆ました。

試合ですが

絶対に勝ちたかった試合は、同じミスで連続2失点、応援の気持ちは、そこでガクンッと落とされました。

前半の一点目、そして後半に入れられた二点目は、、、、リフレーン?

ロングボールをDFの後ろに入れられ、キーパーが前に飛び出したところを躱されボールは無人のゴールへと流れて行きました。

こんな失点を二回も見る羽目になったんです。

全く学習できない事を露呈したミスからのゴールでした。

熊本は身長の高い外国籍のGKでしたね。磐田もそうでした。二人とも素晴らしいキーパーですよね。

無い物ねだりですが「そんなGKが欲しいなあ。」

DF陣は、声を掛けあっているのでしょうかねぇ?

後ろの高木選手からの指示はどうなっているんでしょうか?

この連続2失点に、気持ちが萎えました。

思わず座り込んでしまいました。

JEFの悪い癖は、勝てる時間帯にエンジンをかける事が出来ないと言う事ですよね。

去年も同じことを思いましたけど、もっと早くにエンジンをかけていたら何とかなりそうな気がするんです。

也真人選手は、他人を頼らずに自分でシュートしなければ駄目ですよ。折角のチャンスにパスを選択している内は、そこまでの選手と言う事です。積極的なゴールハンターを目指してください。

也真人選手!

頑張って!FWとしてもっとよくばりになって下さいね!

さあ、次こそ次こそ、、、、、

勝利のでんぐりを見せて貰いましょう!!!!!!

がんばれ!!!!!!

Cimg4275
追記

8月1日の徳島戦当日は、千葉市の花火大会です。

幕張海浜公園(海浜幕張駅下車)で19:30~20:30まで県内最大級の15000発!を打ち上げるそうです。

花火大会前後の15:00~21:30まで“海浜幕張まつり”がおこなわれるそうです。

特に京葉線をご利用の皆様、上記の点を考慮されてフクアリにお越しください。

フクアリにも、花火に負けないくらいのJEFサポの歓喜の声が湧き上がりますように(^^♪

2015年7月23日 (木)

対水戸戦は、後半の内容に少しばかり心が救われました。(PC観戦)

水戸戦は1-1の引き分けに終わりました。

平日のナイトゲームには、仕事場から応援に駆け付けた方も多かったのではないでしょうか。本当にお疲れ様でした。ありがとうございました。

先ず、JEFのデータですが、アナウンサーの口をついて出た言葉が「枠内シュートがワースト、イエローの枚数が多い。」でした。

その通りなのですが、、、、(u_u。)

前半は見るに耐えないような状況で、押し込まれっぱなしでセカンドボールも拾えず仰せのとおりシュートもままならずヒヤヒヤの連続でした。それでもゼロに抑えられたのは、守備が良かったからなのでしょうか?

***** あ、そうそう、キムヒョヌン選手の名前を見た時にはホッとしました。JEFで育った新人さんを、どこかのお金持ちチームにとられてしまいはしないかと1週間ずーっと心配してました。元気な姿を見て一安心です。 *****

攻撃まで手が回らなかったのは、守備に手が係り過ぎたからだとも言えますよね。

安選手にボールが渡っても、サポートに行く選手が無くゴールの≪ゴ≫の字も見つけられないような有様でしたね。

1トップを生かしきれない。とにかくJEFはそう言う試合が今までも多かったように思います。

しつこいようですが、今年に限らずワントップを孤立させる試合をずいぶん多く見ていると思います。

ですから、活きの良いアド選手が入って2トップ?になった時、そしてボールを器用に操れる谷澤選手が入った時は、嬉しかったですねぇ(^O^)

前半とは別のチームになったようで、輝きが見えたかに思いましたが、ゴールはアド選手が頑張ってPKを獲得し、その権利をネイツ選手が任されて決めた1点だけでしたね。その数分後に水戸が入れたゴールは文句のつけようのない素晴らしいゴールでした。

そこが、何とも歯がゆいところなのですが、、、、負けなくて良かった(^^♪

こんなに勝てないのに、まだ7位にいる事がちょっと不思議に感じます。

次の熊本戦は、ホームのフクアリですよ!

選手のみなさん!頑張って下さいねヽ(^o^)丿

今日は、佑昌選手も出てきました(^^♪

佑昌選手もわくわくさせてくれる選手の一人だと思っていますので、出場時間を増やして欲しいです。

そして、、、太亮選手の出番は、まだですか~ヽ(^o^)丿 早く怪我を治して元気にピッチに戻って来てくださいね(^O^)

森本選手も、まだですかーーーーヽ(^o^)丿

全員そろって“一意専心”じゃなきゃ 意味が無いでしょ!

WIN BY ALL!

2015年7月18日 (土)

イエロー4枚、イエローの数が無くならない限り勝利できる可能性が低いのかも、、、(TV観戦)

0-1で磐田に負けました。

JEFは、相変わらずイエローの貯蓄率が高いですけど、イエローを貰わなくて済むようなプレーができないと勝てないような気がします。イエローの貯蓄が異常です。昨シーズンはケンペス選手が4枚を二回取って、8枚になった所で2試合の出場停止になりました。今シーズンは、、、、、!?

それでも、ジェイ選手を抑えてこのままいけるかな?と思っていたのですが、80分過ぎにCKからやられてしまいました。

岡本選手が両手を上げてキャッチしようとしたのでしょうか。その両手の上にジェイ選手の頭が出ていましたね。思うようにさせて貰えずイライラし始めているように見えましたが、CKの名手がジェイ選手を蘇らせてしまいました。

JEFには、谷澤選手の惜しいシュートが有りました。

相手ディフェンダーに当たってちょっと角度がそれたにもかかわらず、力いっぱい横に跳んだカミンスキー選手は片手で弾き出すと言う凄技でした。JEFはこの二人の長身選手に負けましたね。磐田には、決定的な仕事のできる選手がいると言う事です。

JEFは、相手の連敗をストップさせてあげる事が多々あるようで、応援する身としてはなかなかストレスが溜まります。

愛媛FC然り、今回の磐田もホームでの連敗をストップ。

がまん がまん。 我慢 我慢。 

何回唱えたら 我慢しなくてよい楽しい試合が観られるのかなぁ。

次は水戸戦ですね。今度こそ勝ちますように(o^-^o)

現地応援の皆様 お疲れ様でした。ありがとうございましたヽ(^o^)丿

今日は、静岡での試合でしたのでぼんやりと姿を見せた富士山を撮って見ました。傘雲?のかかった富士山ですが、日没後の姿です。↓

Cimg4245

次の写真は、わが家から見えるフクアリを小さなデジカメに収める事が出来ましたので、記念にアップしておきます。お見苦しい写真ですみません。ギリギリいっぱいのズームで撮りました。性能の良いカメラが有ればクリアに写せるのですが、、、、たぶんフクアリです。

(夜のフクアリは、JEFレディースの試合が有ったので白っぽいライトで分かりました。)
Photo_2
さあ、次こそ勝つぞ!!!!

2015年7月13日 (月)

ネイツ選手の酷過ぎたフリーキック。(対群馬戦)

同じ相手に二度負けました。

アウェで0-2ホームで1-2

いつも、応援の動員数で圧倒して居ながら負けてしまう時の何とも言え無い気持ち、やり切れません。

サポーターの大きな力が、選手の後押しにはなって無いと言う事ですものね。

今日は、蘇我の駅員さん達にお願いされてしまいましたね。↓

Cimg4180
応援するしかないんですよね。どんなに弱いJEFでも私たちは応援を続けます。

ですからご心配なさらないでください。

(あのメッセージは、いつも同じ方が書いてらっしゃるのかな?)

素敵なメッセージ、いつもありがとうございます。

(ところで、JEFPRESSが稲毛海岸には珍しく一枚も有りませんけど。先週も有りませんでした。いつも次の号が出るまでたくさん積まれているんですけど、如何したんでしょう?)

最初に書くべきは試合の事でしたが、今日の試合は両サイドバックがミスだらけで、金井選手はもっと出来てた筈だったし、田代選手はやっぱり駄目だったし、、、と言うのが私の感想です。

おまけにくねくねしながらプレーしているネイツ選手は、一得点はしたもののシュートのし損ないが目に付いたり、挙句の果てにはフリーキックをとんでもない方向に蹴ってチームのやる気を一気に損ねて見たりと散々でしたね。まるで酔っ払いがプレーしているみたいでした。

数日前に加入した富澤選手と安選手は、いい感じですね。

安選手にはシュートに対する強い気持ちを感じましたし、富澤選手には心地良い安定感を覚えました。

既存の選手達と気持ちの良いハーモーニーを奏で素敵なリズムでリーグ後半を登って行って欲しいと思います。

試合終了後

挨拶に来た選手へのサポーターの反応は、押して知るべしと言ったところです。

ブーイングする人、沈黙する人、パラパラと手を打つ人。

多分一番多かったのは沈黙して選手を見下ろす人々だったでしょうか。

私もそうでしたが私の周りは、みんな一様に沈黙して選手を見ているだけでした。何も言えません、拍手もブーイングも、これからの1週間を思うと憂鬱に成ります。

私の隣にいた青年は、チャントと声援で声がかれていました。私自身あまり声が出ませんので、一生懸命に応援してくれてありがとうと言う気持ちでした。選手が去るとそそくさと身支度をして一足先に帰って行きました。

私達も選手が引き上げると同時に帰る事にしましたが、列の一番端に座っていた方が、片足を椅子と階段の間に入れたままぐったりしていました。小柄な方でしたので子供かと思い、傍まで行って「足が挟まって取れないの?」とそっと聞いてみました。丁度その時、誰かの通報があったのかスタッフの方が到着されて「酔っぱらってるんです。」と教えて下さいました。

驚きましたが、静かにそっとその場を離れました。

サッカースタジアムで泥酔するまでビールを飲んでしまうとは驚きです。ボランティアさんが頑張って下さっている事に感謝しなければいけませんね。早くから遅くまで本当にありがとうございます。

酔っ払いさんは、無事にお帰りになられたでしょうか?

さあ、また気持ちをしっかり切り替えなければ先に進みませんね。

がんばりましょうヽ(^o^)丿

2015年7月 9日 (木)

金沢戦のドローをポジティブに、がんばれ~~~~(TV観戦)

勝てば、、、、勝てば、、、の思いが募った一戦でしたが、前節負傷の太亮選手が欠場し攻撃の先頭にいて存在を示して欲しいと熱望していた森本選手まで欠場した一戦でした。

非常に残念な気持ちと、今出ている選手達への期待と両方入り混じってのTV観戦となりました。

前回に続いて城福さんの解説でしたが、金沢とJEFの戦い方の違いを説明されていましたが非常に分かり易い解説で、しゃべり過ぎず説得力が有って自然に言葉が耳に入って来ました。

印象的だったのは、金沢はボールの保持率が低くても周りでボールを回させているので危機感を持たずにプレーできているという事でした。

特に前半のJEFは、なかなか前線にボールを通すことが出来ず苦戦していましたが、中衛と前衛の間が空いていて後衛が低い位置を保っている試合が続いていたと思います。

攻撃の狼煙がなかなか上がらず、相手の堅い守りに攻め込むチャンスが掴めないような膠着状態に陥っていました。

観ていると、中衛と前衛に人手が足りないような感覚になりました。

走り込んでボールを要求する選手が見当たらなかったからだろうと思いますし、サポートする選手が居なかったり、なかなか連携して動くまでにはなりませんでした。

後半に入って少し良くなったようには思いますが、ゴール前でのロングクロスにも正確性が見られず、せっかくのチャンスでシュートを外してしまったりと前節の楽しいプレーは影を潜めてしまいました。

唯、そんな中でも、初登場の能登選手には希望が有りました。

入団時にドイツ・タイでプレーしていたと言う事を知った時に、それなりの期待を持っていたのですがようやくリーグ後半戦に入りJリーグデビューとなりました。

プレーを見ている限り、チームとの違和感も無くCKまで蹴る姿に再び入団を知った時のワクワク感を覚えました。

甲府時代の晃樹選手を知る城福さんは、晃樹選手をべた褒めしていましたがその実力を認めているからだと思います。

私も、いづれA代表で活躍することを期待していたくらいですから、JEFで目立つくらいの活躍をして欲しいと思っています。

結局この試合は、両チームともにゴールネットを揺らすことはありませんでした。

唯、特筆すべきはJEFサポさん達の熱心な応援でした。

平日のナイトゲームにも拘わらず、精力的に応援を続けるJEFサポさん達への感謝の気持ちが自然と湧いてきました。

土、水、日と続く連戦は、選手だけでなくサポさん達も大変な行程であったり勝てなかった時の心の消耗はその後の帰路や日常にも影響してくるだろうことを考えると、同じくJEFを応援する者として感謝の気持ちが大きくなります。

ありがとうございましたm(__)mお疲れ様でした。

同日、クラブからの一筋の光が届きました。

富澤清太郎選手の加入が発表されたのです。噂がある事は知っていましたが、JEFに加入する割合は低いと言うつぶやきが多かったように思います。

横浜マリノスからの頼もしい選手の加入に、明るい日差しが差し込みました。

即JEFの練習に参加し、次節J1マリノス戦でマリノスのファンサポーターの皆さんにご挨拶が予定されていると言う事です。

富澤選手、JEFにようこそ(*^-^)

金沢に負けなかった事をポジティブに考えて、リーグ後半に期待しましょうヽ(^o^)丿

がんばれ~~~~

ヾ( ̄ー ̄ゞ)))(  ̄ー ̄)尸フレーフレー

2015年7月 5日 (日)

勝った~!!!!!(対岐阜戦)

勝った時の気持ちを忘れるほど負の気持ちを鬱積させていたのですが、雨のフクアリでやっと勝利を引き寄せた瞬間は、勝って終わらせるときの“大脱走”のチャントが鳴り響いていました。

前半は相手チームの強さに押されっぱなしでミスも多く、また重い足を引きずりながらの帰宅となるのかとうんざり気味でしたが、一点ビハインドの前半アディショナルタイムに、危機改正の一発をヘッドで叩き込んだキムヒョヌン選手が存在の大きさを示しました。

それは、勝てるかもしれないと希望が湧いたゴールでした。

後半始まって直ぐに、也真人選手が決めた勝ち越しのゴールは、森本選手のセンタリングが谷澤選手の足先をスルーすると、待ち構えていた也真人選手がボレーシュートを放って逆転に成功!!!

寿人選手(勇人選手の弟)を思わせるような素晴らしいゴールでした!!!!

ベンチ前に走って行き、選手達と抱き合って喜ぶ姿にちょっとウルウル。

やっとやっと、ゴールを決めた也真人選手。

これからは、也真人選手らしいゴールの量産にとりかかって欲しいですね。

この日のヒーローインタビューは、也真人選手でした。

み~んながこの日を待ってましたよ(^^♪也真人選手!!!!

途中経過のプレーでは、パウリーニョ選手がきわどいプレーを連発してヒヤヒヤしましたがイエローが出なかったのはラッキーだったように思います。

この先も、ラッキーで済まされるとは思えないので、危ないプレーは極力止めて欲しいですね。(≧ヘ≦) 相手選手の為にも、、、、

抗議をしない岐阜の選手を、JEFの選手は見習って欲しいと思いましたが、その後エンドラインぎりぎりのところで田代選手と岐阜20番の選手が揉めましたが、ペチュニク選手と勇人選手が引き離しにかかって止めてくれていたのでホッとしました。その後離れて行った田代選手が審判に呼び戻され、戻る途中で谷澤選手が田代選手に笑顔で声を掛けていました。戻ってきた田代選手が20番の選手と肩を組んで守備に戻って行きました。

┐(´д`)┌ヤレヤレ どっちもね 。

3点目が入ったのは、森本選手が相手と接触した後ゆるりとしていたところ、トップスピードで走って来た谷澤選手に急かされるようにしてパスをだし、その谷澤選手がアウトサイドからペチュニク選手に、ボールはゆるぎない確信を持って吸い込まれました!!!

谷澤選手の声がけで決まった天晴!ゴールでした。

森本選手は、相手がファウルしたと思うと勝手にプレーを止めてしまう癖が有るので、笛が吹かれるまで粘って続行したらシュートまで持って行けるのかも知れません。この時は、素早いリスタートを急かされての事でしたが。

JEFは、3-1で勝利を手にしました。

この試合は、タイトなプレッシングで相手に自由を与えず切り替えも速くなり、調子の良い時のJEFが戻ってきていたでしょうか。後半は、そうでしたね。

やはり、みんなが献身的に走るサッカーは楽しいです(^^♪

このまま突き進んで欲しいです。

唯、心配な事が一つ

太亮選手が、怪我でピッチを離れた事です。

歩いてはいましたが、心配です。

それにしても、勝ったとは言え岐阜は怖かったですね !!(゚ロ゚屮)屮

この位置にいる事が信じられません。

元JEF選手は、益山選手だけでした。武田選手も大田圭介選手もベンチ外でした。ちょっと寂しいです。

今回の写真を載せていきます。

可愛かった子供達↓

Cimg4123
遠くから頭だけ見てたら、二つとも西瓜かと思ってしまいましたが、違いますね?

Cimg4130
電光掲示板のWINNERの表示が懐かしい(^^♪Cimg4133

Cimg4135

今回のヒーローは也真人選手でしたが、入り口で頂いたカードは奇しくも也真人選手でした。

蘇我駅で配っていたJEF応援号乗車募集のチラシ、それにヒーロー也真人選手のカードです。↓

Cimg4144
そして、いつもの蘇我駅駅員さん達からのメッセージです。共に喜ぶ気持ちがあふれています。

2

次も頑張りましょう!

≪おまけ≫

フクアリの飲料水の自動販売機に監督、選手の顔が、、、、

利用したことが無かったので知りませんでしたが、たまたま試合中に怪我をした太亮選手のところには故障中の表示が出ていた事を思い出してショックでした。

代表して関塚監督↓

Cimg4113

≪もう一つのおまけ≫

試合前にサッカーに関するアンケートを頼まれて、長~いアンケートに答え回収に来られた時に渡されたボールペンもお返ししようとしたところ、よろしかったら差し上げます。と言われ「えっ、本当ですか?ありがとうございます!」と喜んでいただきました。JEFカラーの黄色いボールペンでした。それだけでも勝てそうな気がしていたおめでたい私でした(笑)

Cimg4146

夫に言われました。「上から眺めていたら足取り軽く歩いて帰って来たので勝ったんだろうと思った。分かり易い。」と笑われましたけど、この試合ではJEFサポさんは、みんな分かり易い顔をしてお帰りだったでしょう?

待ちに待った勝利ですものね!

さあ、水曜日も頑張っていきましょう!!!!

« 2015年6月 | トップページ | 2015年8月 »