2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

« 車椅子バスケット&及川晋平日本代表ヘッドコーチの応援をよろしくお願いします。 | トップページ | 彼岸花&サッコウフジ(紫夏藤) »

2015年9月18日 (金)

大雨の後も、また雨の日々

初めに

先日の大雨によりお亡くなりになられた皆様のご冥福を心よりお祈り申し上げます。そして、被災された皆様には心よりお見舞い申し上げます。

大雨による災害の前には、千葉市蘇我駅付近の竜巻(突風)による被害もありました。

平穏な日常が、あの大雨によって全てを流され壊されてしまった方々の心境は、如何許りかと心が痛みます。あまりにも辛い報道が多く、自分の身と重ね合わせて疑似体験しているような気持です。

あの大雨の後、私は小山市の親戚に向かいました。

幸いなことに、水道の出が悪くなった程度で済んでいると言う事でした。

まだ、大雨、河川の氾濫から何日も過ぎていませんでした。駅前でタクシーに乗りましたが、初めての道を通っていました。大雨の影響で通れない場所が有るのだそうです。

運転手さんからお話を伺いました。

自分の車と会社の営業車の多くが水没し、スクラップにされるそうです。今の車はコンピューター制御されているので、部品を取り換えて修理することはできないと言う説明でした。

川の氾濫の後、タクシーが足りなくなって営業に支障をきたし大変だったそうです。

何が一番大変かと言うと、マスコミが挙ってタクシーを使うために普段の営業に差支えるのだそうです。いつも利用している一般の方が使えないと言う事だったでしょうか。

各局が連携し分担して中継する事はできないものかと思いました。空のヘリを見ていても大雨が去った後の中継を見ていても同じような場所で夫々が中継を始めているのを見て、局の垣根を越えて合理的に災害に遭われた方達の気持ちを考慮して行動して欲しいと思いました。

親戚の主人は、仕事の関係で直接住民の皆さんと接しお話をし説明すると言う日々だそうです。一世帯当たり一時間づつ時間をかけて説明していると言う事でした。

担当地域が大変な被害を受けたようでしたから説明する方も聴く方も真剣ですが、パソコンを水没させてしまった支店が何ヵ所かあって、その上にいる人がパソコンのシステムを全く理解してない為に、買い換えれば使えるだろうと言う感覚だったそうです。たぶんマザーにデーターが残っているだろうとは言ってましたが、中間管理職の彼はかなり疲労していました。

また地域の被害は、川の氾濫だけではなく、水はけの悪い地域でも被害に見舞われているので、そのために同じ地域内でも被害の酷い区域とそうでもない区域が有るそうです。友人同士のラインでの情報のやり取りが大切になっていたそうです。

私は川の氾濫を食い止めれば良いものと思っていましたが、大雨そのものが地域に及ぼした被害は情報として外に出てない部分を考えると相当あったのではないかと思っています。

また、福島の親戚では、自分たちの被害は稲の匍匐(蒲伏)だけで済んでいるそうですが、やはり市役所勤務の家族は、被害の大きい地域を担当していると言う事で大変なようです。

被災された方達は本当に気の毒に思います。そしてまた、その方達の為に懸命に頑張ってくれている自衛隊・警察・消防・役所で地元に密着している人達の働きもかなりの労力だろうと思います。

幸いなことに、わが家の親戚たちには直接大きな被害はありませんでした。かなり疲労はしていましたが、被災者のみなさんをサポートしている立場で頑張っています。

それから、今日は

深夜3時、千葉市から避難指示(津波)が出ました。

チリに大きな地震が起こる度に日本は津波の心配をするようになりますね。

メール、サイレン、拡声器(防災無線)での呼びかけが有りましたが、私自身は気が付かずに眠っていました。夫は直ぐに起きてTVを付けたようです。夫が起き出したことは気が付いていましたが、そのまま眠ってしまいました。実際には、午前3時の避難指示は厳しいですね。そんな事は言っていられないですけど。

以下がメール内容です。↓

千葉市:避難指示(津波)

こちらは千葉市です。東京湾内湾に津波注意報が発表されたため、海岸や河口など水辺にいる方を対象に避難指示を発令しました。海の中や海岸付近は危険です。海の中にいる人はただちに海から上がって、海岸から離れてください。潮の流れが速い状態が続きますので、注意報が解除されるまで海に入ったり海岸に近づいたりしないようにしてください。(津波注意報の高さは、20cm?1m以下です。)

朝は、雨とドンドンという雷の音で目が覚めました。

避難されている方々は、安心して眠る事も出来ないのではと心が痛みます。

国会もいろいろ忙しいようですが、議員さん達は国会が御休みのシルバーウィークに色々と案を出して国内の為に働いてほしいと思います。

« 車椅子バスケット&及川晋平日本代表ヘッドコーチの応援をよろしくお願いします。 | トップページ | 彼岸花&サッコウフジ(紫夏藤) »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1552234/61640021

この記事へのトラックバック一覧です: 大雨の後も、また雨の日々:

« 車椅子バスケット&及川晋平日本代表ヘッドコーチの応援をよろしくお願いします。 | トップページ | 彼岸花&サッコウフジ(紫夏藤) »