2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

« こどもの日の稲毛海浜公園 | トップページ | いなげの浜のハマヒルガオと花の美術館のバラ »

2016年5月 7日 (土)

タイムリミットぎりぎりにDOさん気迫のゴールで勝ち点1(対京都戦:TV観戦)

勝ち点3を持ち帰って欲しいところでしたが、ボランチの専門職が全員故障中という状況で、好調の京都に引き分けた事を褒めてあげても良いんじゃないかなあと思ったのですが、それは、土壇場でDOさんが引き分けのゴールを決めてくれたから言えるんですね、きっと。

前節は、勝てると思っていたゲームを同点に追いつかれて引き分けと言う結果に不満でした。同じ引き分けなのに違い過ぎます。

京都に先制点を入れられたのは、ディフェンダーのミスでしょうか?滑り込んだDOさんの脛?に当たって入ってしまいました。悔しかったでしょうね。それがタイムリミットぎりぎりに決めた執念のゴールに繋がったと思いました。

お休み中の富澤選手同様に、ベテランのDOさんが意地と執念のゴールを示してくれました。

みんなに喝を入れたようなプレーでした。

エウトン選手が最後まで追いかけたボールを、菅野選手がキャッチした時にラインを割り、、、、、「ライン割ってるでしょ?」思わず独り言を言っていました。

菅野選手は、不満だったようですけど。

CKから、、、こぼれて目の前に来たボールを近藤選手はあの態勢でよく決めてくれたました。ネット上角に突き刺さったゴールでした。(^^♪

近藤選手に笑顔はありませんでした。オウンゴールのようなゴールを与えてしまった悔しさの方が強かったのではないでしょうか。

厳しい連戦の中で、初めてのポジションで頑張っている若狭選手、脚力で相手を押さえ込んでいた北爪選手、存在感を出し始めた也真人選手、ロングホイッスルで膝をついた眞紀人選手、、、選手の誰もが頑張りを見せてくれていました。

大丈夫です!この選手達なら、きっと大丈夫です(^^♪

今シーズンJEFは、セットプレーからの得点は初めてでした。これを契機にセットプレーからも得点ができるようになるでしょう。プレシーズンマッチではできていた事ですから。

サポも全員でがんばりましょう!

WIN BY ALL!!!!

« こどもの日の稲毛海浜公園 | トップページ | いなげの浜のハマヒルガオと花の美術館のバラ »

サッカー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1552234/65366534

この記事へのトラックバック一覧です: タイムリミットぎりぎりにDOさん気迫のゴールで勝ち点1(対京都戦:TV観戦):

« こどもの日の稲毛海浜公園 | トップページ | いなげの浜のハマヒルガオと花の美術館のバラ »