2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

« 2016年5月 | トップページ | 2016年7月 »

2016年6月の投稿

2016年6月27日 (月)

アクシデントに弱かったメンタル(対北九州戦)

先発出場予定のアランダ選手が見つからないと、観客席で何人かの人がざわついていました。

ウォーミングアップ中の怪我で若狭選手が急遽出場となったと言うアナウンスが有りました。

そして、なんとキックオフ1分?で近藤選手は、自らピッチ外へ Σ( ̄ロ ̄lll)

でも、アランダ選手が居なかった時も何とか頑張れたし、近藤選手が居なかった時も大久保選手が頑張っていたし、、、、

そう思ったのですが、予想以上に動揺していた選手がいて観客席を不安にしていました。

サポさん達は、WIN BY ALL!で乗り切ろうと頑張っていました。

しかし、、、、バタバタ感がなかなか収まらずメンタル面の強さを伝授する誰か、いませんか?と言いたい時間が続きました。

すこし落ち着きを取り戻してもパスは横パスが多く、ピッチ上の選手達が揺らりゆらりと横揺れしているように見ました。

ボールを持っていても、前線へ駆け上がってゴールへ向かう姿勢が見えません。

「諦めないで~!」何度も心の中で叫んでいました。

結局、注意しなければいけないと思っていた原選手に先制打を打たれてしまいました。

調子が良い時の大きなサイドチェンジも見られず、どんなゲームをしたら良いのか分からないまま時間が過ぎていくようでした。

後半に期待していたのですが、思うような展開にはなりませんでした。追加点をあげられ、後にエウトン選手のゴールで1点は返しましたが、それまででした。

メンタルが弱い。得点された後の切り替えができない。

時には、富澤選手の様にミドルを打って見るとか、たとえ失敗してもシュートで終わらせるとか、積極的な姿をもっともっと見せて欲しい試合でした。

あのメンバーでも、勝つ事が出来たと思います。

全員が一丸となって勝ち点に貢献しようと言う思いが感じられませんでした。

そこが、一番の敗因だったと思います。

ホームゴール裏入口には≪満席≫のカードがかけられていました。

今回は、ユナパの隣の≪ローソンプレゼンツ≫でした。

チームの中心選手が、予想外の状況でピッチを離れました。

勝ち上がるには、ここでの頑張りが見せどころでしたね。

残念と言うより有りません。

試合後、今期初めてのブーイングが浴びせられました。私も、モヤモヤしたものを吐き出すように「ブ―――」 と一声だけあげました。

「次勝てばいいよ!」という声もありましたが、選手達に届いたでしょうか。

「当然ブーイングだろうナ」と覚悟を決めてゴール前で頭を下げているように見えました。

Cimg6960
でも、ゴール裏でこんな選手を見たくありません。

木山さんの愛媛には、JEFとしての恩返し弾を見舞って来てくださいね!

頑張りましょう!

WIN BY ALL!!!

2016年6月24日 (金)

梅雨を代表する紫陽花の花、本当の花はどこに?

最近、紫陽花の本当の花を知りました。

TVで気象予報士の方が、「これが本当の紫陽花の花です。」と言われたのは、私が花だと思っていた物をかき分けなければ見えない場所に咲いていました。そして、私が紫陽花の花だと思っていたのは装飾花と言われるものだと知りました。

紫陽花の装飾花です。↓

Cimg6796
中央の細かい粒が紫陽花の本当の花で、周りの花は装飾花と言うもののようです。初めて知りました。

Cimg6933
Cimg6935
紫陽花も大分色褪せ始めていましたが、梔子の花も終わりそうです。

Cimg6924

お隣のマンションのハーブは、苗を植えたばかりの頃には苗泥棒にあっていましたが、何種類もきれいに咲いています。

Cimg6940

行きつけの美容室近くの道路の両側には、アガパンサスが美しく咲き誇っていました。

Cimg6919

Cimg6921
梅雨時の花は爽やかです。

目の前にある幼稚園の子どもたちが、元気に園庭に飛び出してきました。帽子の色が入り乱れて、元気で可愛くて、お花を見ているようで思わず笑みがこぼれます。

(すみません。ピンボケです。)

Cimg6914

琉球朝顔も咲いています。

Cimg6936

子ども達は、強い琉球朝顔の様に元気に育ってほしいと思います。

幼い児は特に、元気に走り回って成長していくものだと思っています。煩いなどと言わないで、子供の成長を見守れる社会であってほしいと最近特に感じています。

2016年6月19日 (日)

清水とも引き分けですねぇ(TV観戦)

勝てませんねぇ (´Д⊂グスン

「負けなし、負けなし」と毎回言われますが、「勝ち切れ無い」と言われた方がしっくりきます。

前半17分の鄭大世選手の素っ晴らし過ぎるゴール(FK)に恐れ慄きましたが、初先発の阿道選手がわずか4分後、也真人選手が倒れ込みながらも繋いだボールを持ち込んで決めたゴールは豪快でしたね(^^♪

「やった!早めのリセット、これからだね!」と思ったのですが、清水の早いパス回しにJEFは付いて行けるのかと少々不安に思いながらの観戦でした。

相手はシュートが多いものの、外すだろうと思えるようなシュートが多く、JEFはセットプレーを得ても得点は当初から期待していない自分がいて、その部分では面白みのない試合でした。

ただ、後半は防戦一方でヒヤヒヤしっぱなしで、「セカンドボールを取って!」と思い続けていました。

押してる時間に、決定機をしっかりものにできないとどんどん苦しくなりますが、船山選手が裏を取ろうと走り出した場面で、富澤選手が出したボールは遥か前方だった為に、『長い!長いよ!』とでも言うようにジェスチャーで怒りを露わにしていましたね。一番印象に残ったシーンでした。

90分+に入ってJEFが得点の匂いを出し始めた時、清水12番目の選手を主審が演じてしまい肝を冷やしたシーンがありましたが、そこからまた相手ゴールへと向かい元に戻って攻撃のやり直し!という時点でロングホイッスルが吹かれました。

勝てそうな気配もありましたが、ゴール前で思い切って振り抜けない弱さが有りました。勇気の無さが有りました。

負けそうな気配もありましたが、鄭大世選手から目を離さずにしっかり守り切ったと言うところでしょうか。相手の不確実だった沢山のシュートに助けられたと言うところでしょうか。

今回も東京Vに続いてオリジナル10の戦いだったそうです。

オリジナル10、頑張らないといけないですね!!!

応援は、凄い音量で選手の後押しをして下さっていました。

力強かったですね!

ハーフタイムに入った時「後半はもっともっと頑張って声を出していきましょう。お願いします。」といったような声が聞こえてきました。聞きなれた声でした。

選手の後押しありがとうございました。ヽ(^o^)丿

追記*スカパーのアナウンサーが、解説者から強引にホームの好評価を引き出そうとしていましたが、媚びるような評価ではなく真摯なコメントをされていた事が素敵でした。川勝さんの解説は両チームサポーターにとって、自分の応援しているチームがどんな状態なのか知る上で大変親切であったと思います。ありがとうございました。

2016年6月12日 (日)

楽しいレジェンドマッチ&ヴェルディ―戦はまたも追いつかれてのドロー試合。

楽しいレジェンドマッチでした。

オリジナル10の称号を与えられた?チーム同志が、いまやJ2の主のような存在同志。伝統あるチームと言われると何故かちょっと後ろめたい気になるのは私だけでしょうか?

リトバルスキーさんと城さんは、得点まで決めてJEFレジェンドが勝利しました。結城、下村東美、山口慶、林丈統、中島、茶野、斎藤大輔と懐かしい面々が楽しそうにプレーしている姿を見ていると、それだけで心がなごみます。

Cimg6873

Cimg6863

Cimg6896
本戦

選手入場時

ピッチに広げられたビッグフラック、何人もで振った大旗、JEFの25歳を祝う素晴らしいページェント!

Cimg6901

ゴール裏のコレオ、これも素晴らしい出来上がりですね。

綿密に計算されたデザインで犬の勢いが感じられます。素敵です。ありがとうございました(^^♪

私は、ワンちゃんの背中辺りで、JEFゴール裏二階コミュニティの人達と一緒でした。

1
試合は、2-0とJEFが勝利へと突き進むかに見えましたが、またまた追いつかれてのドローと言う結果でした。

前半に遥也選手と也真人選手が惜しいシュートを外した時点で、今日は当たって無いのかと不安になりました。0-0で前半を折り返すと『後半の入りをどうぞ上手くやって下さい。』と祈るような気持ちでした。

すると、気持ちを察したように53分に船山選手、59分に遥也選手が続けてゴールネットを揺らしました。

勢いに乗れるかに見えたのですが、2-0にしてから、ガクンとチーム全体から力が抜けたような感じでした。東京Vは、二人の選手を交替させるとJEF対策を練って出直したように見えました。

折角、船山選手のヒーローインタビューが有るかと思えたのですが、2点先取後に東京Vが二人選手を入れ替えると、戦況が変わり始めました。

ミス。パスを奪われる。ファウルが続出・・・

相手に追いつけなくなってファウルを犯すようになったのか、防戦ばかりが目立つようになっていました。

そして遂に74分、78分と立て続けにゴールを決められて、またしても追いつかれてのドローとなりました。

船山選手のヒーローインタビューは、いつになるやら・・・

ファウルの出し過ぎに、熱くなり過ぎていた優也選手に、、、、審判を囲む行為も目に付いて、、、うら寂しい25歳の誕生日でした。

2016年6月 9日 (木)

爽やか無失点勝利!(対山形)

ゴール裏二階は、お勤め帰りの方々が徐々に席を埋めて、キックオフまでにはいつもの雰囲気になりました。

そして、3-0という出来過ぎのような結果に、みんな晴れやかな表情で家路につきました。

先ず、DOさんはどうしたのかしら。と途中で気が付きました。代わりに大久保選手が入っていましたけど、全く違和感が有りませんでした。

DOさんはベテランの余裕で、時折のろいような動きでハラハラさせられるんですけど、今日の大久保選手は良かったですね!

船山選手に関しては、必死にプレーする姿を観て消耗が心配でなりませんでした。気力と気迫のプレーです。凄いとしか言いようが有りません。みんな、ゴールを決めさせてあげたいと思っているでしょうね。

本人も思っているでしょうけど、今日はゴールに対する焦りが見られず非常に良い状態に感じられました。

エウトン選手は2得点しましたし、也真人選手も順調に得点を積み上げてきました。

選手同士の連携は日に日に良くなってきているように見えます。

唯応援してる身としては、2-0になった時、まさかコンサドーレの二の舞に・・・という不安が有りましたが、選手達は油断することなくしっかりと押さえ込んで前半を閉めました。

次は、後半の始めに失点をする癖を何とかできるのかと言う不安でした。それもクリアできた今日の試合でした。

後半の早い時間帯に山本選手に代わって投入された也真人選手が、またまたあの難しそうなボレーシュートを決めました。あれだけ外し続けた昨シーズンがウソのようです。素晴らしいです!

この3点目が勝利を決定づけましたね!

選手夫々が、特徴を生かして存在を見せつけるようになりました。

頼もしい限りです。

この幸せがずっと続いてくれることを願っています。(^^♪

勝利の美酒に酔いしれる幸せを感じつつ・・・・

ごめんなさい下戸です。(◞‸◟)

乾選手が、J2デビューフクアリデビューしました。

ゴール裏は、大盛り上がりでした。

さあ、京雅選手も岡野選手も待ってますよ!次!・・・・次待ってますからね!

Cimg6836

それから

試合前にゴール裏に来て見せて下さったアクロバットも、JEFの選手に負けず劣らず素晴らしかったですね!

スローテンポでポーズを決めて行く力強さが最高でした(^^♪

Cimg6809

Cimg6815
今日は本当に楽しい日でした。ありがとうございました(^^♪

(すみません。既に日付が変わっていました。)

山形では、元JEFの田代真一選手が目立っていました!JEFにいた時も良い選手と言うイメージはあったのですけど、関塚さんにはあまり使って貰えませんでした。

山形サポさん、田代選手と栗山選手をよろしくお願いします。m(__)m

2016年6月 6日 (月)

6月初旬風の街に咲く花々(レースフラワー、エンゼルトランペット、アナベル、タチアオイ・・・)

関東地方も梅雨に入りました。

じめじめとした鬱陶しさも、美しい花の爽やかさに癒されましょう(^^♪

最初はコミュニティセンターに咲いている花々です。

爽やかさを演出するレースフラワー

Photo

濃い黒紫色のヤグルマギク

Cimg6699
ブルーの花

Cimg6696

そして赤暗色のサルビア

Cimg6698

可愛いピンクのルピナス

Photo_3

お隣の公営住宅の庭に今年も優雅に咲き始めました。エンゼルトランペット

別名は木立朝鮮朝顔です。美しく優雅ですが、全てに毒が有るそうですから葉にも花にも触らないようにしましょう。

この花に関しては、美しい花には毒がある!と覚えましょう!

Photo_2

マンションの敷地に入って来ました。立葵です。

Cimg6708
ニオイバンマツリだと思っていたのですが、園芸種のタニウツギかな?Photo_4
カンパニュラ

Photo_5
強く元気なヘメロカリス(キスゲ)

Photo_6
アナベル

Cimg6798
近くの小さなスーパーのツバメ

下から見上げていたら、餌を運んできた親ツバメが警戒して私の周りを何回も飛び回っていました。やがて害は無さそうだと悟ったらしくまた餌をさがしに飛び去って行きました。

Cimg6721
帰り路、写真は撮りませんでしたが赤ちゃんすずめが巣から落ちたようで、力の入らない足が哀れでした。

隣の棟の前、歩道の隅に居ました。木の上に親すずめの鳴き声が聞こえていましたが、如何してやる事もできませんでした。

可哀そうでしたけど、これが自然の摂理でしょうか。










2016年6月 4日 (土)

対コンサドーレ戦は、2点のリードから追いつかれて引き分け(TV観戦)

今日の試合では、遥也選手はベンチ入りもしてませんでしたが前節の疲弊した姿を見てしまったら仕方がないですね。連戦に耐えられる体を作らないといけませんね。がんばれ!

北爪選手もいませんでした。前節の北爪選手は後半のアディショナルタイムに交替し、直後にファウルでチームのピンチを招きました。怪我じゃなければお仕置き???

きょうは、コイントスの様子がはっきり聞こえて新鮮でした。青と黄色で当然の様に優也選手は黄色を選び、勝ってエンドチェンジを選択!

風以外の理由でエンドチェンジを選択したのも珍しいですね。優也選手は古巣を熟知していて何か考えがあったのかな?

前半戦はJEFの勢いが優っていました。

テーピングでぐるぐる巻きした脚の也真人選手が16分にゴールを決めました。今シーズンは、しっかりゴールを奪える選手に成長しました。小さい体に逞しさと気持ちの強さが備わり頼もしい存在です。4月17日のホームフクアリでベンチ外になってサポーターにサインをしていました。サインの列に並び「ピッチに立ってくださいね!」と声を掛けると、真っ直ぐ顔をあげて「はい!」と目を見て応えて下さいました。それ以来ずっとピッチに立っていると思いますし、驚くほどの活躍ぶりです。

今年ではありませんが、佐藤祥選手も全く同じでした。そしてブラウリッツ秋田で活躍し、今水戸で活躍しています。嬉しいですね!

20分には、阿部翔選手がスーパーゴールを決めて2-0としました。90分の連戦続きで消耗も大きいと思います。その阿部選手のあのミドルは感動です。TVの前で思わず椅子から立ち上がりました。

素敵ですね♪(゚▽^*)ノ⌒☆

2-0は油断なりませぬぞ! と思っていたところやっぱりやられましたね。

今回に限らず、JEFのディフェンス陣の網目は大きすぎます。

人数が足りているのにすり抜けられてしまうDFの儚さ。網目を小さくできるスキルをDF陣は会得して欲しいですね。

ブラジルから帰って来た浦田選手に期待して良いでしょうか!期待の「2」を背負うでしょうか?

樹選手は、息子さんの元同級生であってご自身は若い頃臨海に通い詰めていたと言う美容師さんが期待している選手です。6月に復帰するのかな?

今日は勝ち切れずに2-2の引き分けとなってしまいましたが、悔しがる船山選手を見て「大丈夫、その気持ちが有れば大丈夫、がんばれ!」と画面に向かって声を掛けていました。

アランダさんは、改めて凄いプレーヤーだと感動しつつ観ていました。

「アランダさん凄い!」「凄いアランダさん!」と言い続けていたら「他の選手は君付けで、どうしてアランダ選手はさん付けなの?」と夫に言われましたが、アランダ選手にアランダ君とは言えません。敬意をこめてアランダさんです。

“様”では慇懃無礼でしょ。

それから長澤選手、ドリブル、トラップのセンス、その他諸々と誤魔化しますが、やっぱり長澤選手も凄い選手ですね。

JEFの救世主となってくれそうです。

唯、今年の私の一押しは山本真希選手です。(最初に名前を間違えて以来大注目しています。)やはり技術力が高いですね。素晴らしい選手の一人です。

今年のチームは、凄い選手が集まっていると思います。

まだ思うように成果は上がっていませんが、頑張っている選手達を精いっぱい応援しましょう!

レッドブルエアーレース前日練習

昨年に引き続いて幕張海浜公園でレッドブルエアーレースが開催されます。

http://rbar.jp/overview.html

6月4日(土)、5日(日)10時~16時予定で、大会終了4時間後にNHKで放映が有りそうです。

昨日いなげの浜まで行って練習を観てきましたので、さっそく写真をアップする予定でしたが急にネットに繋がらなくなって断念しました。

ヨットハーバーで観てきました。

先ずは、わが家から見える会場です。

Cimg6732

以下は、いなげの浜からの撮影です。

Cimg6748

Cimg6759


Cimg6773
6

1

5

少年時代に習志野市に住んでいたと言う室谷選手も出場されますね!

10時前ですが、既にエンジンの音が響いています。

昨日カメラを持って観ていると、私と同年代くらいの男性がやって来て「去年はあそこ(会場)で観ていたんですよ。でも直ぐにこっち(いなげの浜)へ来ちゃうでしょ。何にも分からない。」と言われたので「アナウンスは無かったんですか。」とお聞きすると「・・ない。」

「堤防の先の方が良く撮れるでしょう。」と言って下さったのですが「暑いんです。」と応えました。少しだけ松の枝が張り出していたところで観ていました。

「この音を聞いていたら戦争体験者は思い出して嫌でしょうね。爆撃機と同じだから。」とも言われた。

私「・・・プロペラ機だからですか?」と言うと「そうだね。」と言われました。

レッドブルで戦争を思い起こす日本人も、少なくなっているでしょうね。

実体験が無いので分かりませんが。

私にはサーキット場の音にしか感じられません。是非楽しんで下さい!

室谷選手頑張って下さい(^^♪

6月5日追記

*室谷さん優勝おめでとうございます!

2016年6月 1日 (水)

ピロリ菌の除菌

3月下旬に胃内視鏡検査を受ける際に{『ピロリ菌をやっつけて貰って来い。』と夫に言われています。」と言うと「有ったらね!」と先生がお応えになりましたが、その一週間後「あったからやりましょう!」と迷いなくきっぱりと言われ「お願いします。」と言う訳で、あっさりとピロリ菌除菌が決まりました。

ピロリ菌の数値は「5段階中1でした。2が普通で5は癌です。」とあっさり言われました。

数値に関係なくあったからやるの?と思いましたが、お聞きするのを忘れました。

ネット検索すると数値ではなく、ピロリ菌が有るのかないのかという問題のようです。

「薬を処方しますので、一週間の間、朝食後と夕食後に必ず飲み忘れる事が無いようにしてください。お酒は飲まないでください。」と看護師さんからの注意が有りました。もともとお酒は飲まないので、そこは大丈夫です。と言ったのですが、受付の方に「おしっこがゆるくなるかもしれませんのでその時は相談に来て下さい。」と言われ「はい。」と応えたのですが、、、、、?

よく考えたら、“おしっこがゆるくなる”の意味が分かりません。おしっこが近くなる?ちょっと違うな?尿漏れ?うわ~やだなあ~

それよりも、処方箋の内容にビビりました。

「朝から始めて下さい。」と看護師さんに言われましたので、

薬嫌いの私は、一度に飲む量の多さに恐ろしくてなかなか寝付けなかったのです。度胸が無さすぎですが、もって生まれた性格ですから仕方がありません。 

抗生物質が2種類あってそのうちの1種類はカプセルが3錠でした。

内訳は、サワシリンカプセル250錠:ペニシリン系の抗生物質で感染症を治療する薬。

マインベース錠200:マクロライド系の抗生物質で感染症を治療する薬。

そして、タケキャブ錠20mg:過剰な胃酸や消化液から、胃腸や腸を守る薬。(併用できない場合が有りますので、併用している薬が有る方はご相談ください。)となっていましたが、薬局を決めて薬を頂いてますので先ずは大丈夫です。

薬を渡される時には、必ず薬剤師さんから注意がりますが、なにも言われませんでした。「私は、アルコールは頂かないんですけど、看護師さんがお酒は飲まないように。と言われましたけど?」と訊ねると「そう言う事を言うところもありますけど、医学的な検証は無いようです。」的な事を言われました。それだけ聞いておしっこがゆるくなるって具体的にどうなるのかを聞き忘れました。

薬はきっちり飲み終えましたが、その苦さにまたまたビビっていました。

朝飲んだ後は、一日中動いている所為かなんともなかったのですが、夕食後の薬は同じ薬とは思えない程後が大変でした。

就寝後2時間くらいすると、咽の入り口辺りが苦いお茶で満たされているようで、目が覚めます。起きてうがいをして水を飲んで寝ても3時間もすると喉の辺りの苦さで目が覚める。と言う繰り返しが一週間続きました。

もう嫌だと思いました。もうやらないぞ!ってね。

4週間後、“尿素呼吸器試験の呼気採取法”と言う方法で除菌の成果を調べて頂きました。

また、前日21時からは絶食で翌朝8時半に検査に病院に入りました。

看護師さんの説明を聞いて、

1、呼気採取バックを口にあて鼻から息を吸って5~10秒息を止めて、ゆっくりとバックに息を入れる。息を止め10数えてから息を袋いっぱいに吐きだしました。

2、コーピット錠を10mlの水で噛み砕かずに5秒以内に飲む。

3、服用後5分間体の左側を下にして横になる。

4、その後、15分間座って待つ。

5、コーピット錠服用20分後、もう一度呼気を採取。

終了!

1週間後に結果が出ました。

基準範囲2,5未満で結果は0,6となっていました。

「完全にはなくなりませんでしたけど減ったから良いでしょう。また1年後に来て下さい。減ってもその後癌になる人もいますから。」だそうです。

一年後、また胃内視鏡検査をすることにします。

この結果をまた、かかりつけの先生に報告しますのでその時に疑問に思っている事や分からない事をお聞きしようと思います。

*“おしっこがゆるくなる。”の意味が分かりました。かかりつけのお医者さんも、除菌担当?のお医者さんも「下痢はしませんでしたか?」とお訊ねになりました。そう言う事でした。

私は、大丈夫でしたよ!

備忘録として、また追記するかもしれません。

*今年もクジャクサボテンが咲きました。よく頑張っています(^^♪

Cimg6684

« 2016年5月 | トップページ | 2016年7月 »