2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

« 楽しいレジェンドマッチ&ヴェルディ―戦はまたも追いつかれてのドロー試合。 | トップページ | 梅雨を代表する紫陽花の花、本当の花はどこに? »

2016年6月19日 (日)

清水とも引き分けですねぇ(TV観戦)

勝てませんねぇ (´Д⊂グスン

「負けなし、負けなし」と毎回言われますが、「勝ち切れ無い」と言われた方がしっくりきます。

前半17分の鄭大世選手の素っ晴らし過ぎるゴール(FK)に恐れ慄きましたが、初先発の阿道選手がわずか4分後、也真人選手が倒れ込みながらも繋いだボールを持ち込んで決めたゴールは豪快でしたね(^^♪

「やった!早めのリセット、これからだね!」と思ったのですが、清水の早いパス回しにJEFは付いて行けるのかと少々不安に思いながらの観戦でした。

相手はシュートが多いものの、外すだろうと思えるようなシュートが多く、JEFはセットプレーを得ても得点は当初から期待していない自分がいて、その部分では面白みのない試合でした。

ただ、後半は防戦一方でヒヤヒヤしっぱなしで、「セカンドボールを取って!」と思い続けていました。

押してる時間に、決定機をしっかりものにできないとどんどん苦しくなりますが、船山選手が裏を取ろうと走り出した場面で、富澤選手が出したボールは遥か前方だった為に、『長い!長いよ!』とでも言うようにジェスチャーで怒りを露わにしていましたね。一番印象に残ったシーンでした。

90分+に入ってJEFが得点の匂いを出し始めた時、清水12番目の選手を主審が演じてしまい肝を冷やしたシーンがありましたが、そこからまた相手ゴールへと向かい元に戻って攻撃のやり直し!という時点でロングホイッスルが吹かれました。

勝てそうな気配もありましたが、ゴール前で思い切って振り抜けない弱さが有りました。勇気の無さが有りました。

負けそうな気配もありましたが、鄭大世選手から目を離さずにしっかり守り切ったと言うところでしょうか。相手の不確実だった沢山のシュートに助けられたと言うところでしょうか。

今回も東京Vに続いてオリジナル10の戦いだったそうです。

オリジナル10、頑張らないといけないですね!!!

応援は、凄い音量で選手の後押しをして下さっていました。

力強かったですね!

ハーフタイムに入った時「後半はもっともっと頑張って声を出していきましょう。お願いします。」といったような声が聞こえてきました。聞きなれた声でした。

選手の後押しありがとうございました。ヽ(^o^)丿

追記*スカパーのアナウンサーが、解説者から強引にホームの好評価を引き出そうとしていましたが、媚びるような評価ではなく真摯なコメントをされていた事が素敵でした。川勝さんの解説は両チームサポーターにとって、自分の応援しているチームがどんな状態なのか知る上で大変親切であったと思います。ありがとうございました。

« 楽しいレジェンドマッチ&ヴェルディ―戦はまたも追いつかれてのドロー試合。 | トップページ | 梅雨を代表する紫陽花の花、本当の花はどこに? »

サッカー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1552234/66106279

この記事へのトラックバック一覧です: 清水とも引き分けですねぇ(TV観戦):

« 楽しいレジェンドマッチ&ヴェルディ―戦はまたも追いつかれてのドロー試合。 | トップページ | 梅雨を代表する紫陽花の花、本当の花はどこに? »