2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

« 如何しましょうかね?頑張ってるのに勝てない子の心のケアは?何の話かって?JEFの選手達ですよ。 | トップページ | 船出としては、力強い応援が最高でした!(対横浜FC戦:PC観戦) »

2016年7月28日 (木)

監督経験のない監督と寄せ集めの選手達をしっかり育てるクラブであってほしい。

嘗て名を馳せた関塚監督に任せて2年、JEFはJ2リーグ9位から這い上がれずに長谷部監督代行に交代した。

監督経験のない代行の言葉として

≪まずはプレーオフ進出です。そこから勝ち上がって、J1昇格。そこが私の目標です。≫と言わしめている。

高橋GMも囲み取材の中で、最低限のノルマがPO進出と言っている。

勿論目標を高く設定しないと、ゆるいまま流れるだけかもしれないが、経験のない監督に短い期間に課する目標としては高すぎるように思う。

目標達成が無ければ云々と言うのは、過程を見て処遇を如何するかという事では無いように受け取れるが、もう6回もJ1昇格を言い続けて達成できていない事への反省を踏まえているのかな?

素人の独り言ではあるけれど、少しだけ声を張って「どうぞ、この気持が伝わりますように!」

先ず、目標は目標として、長谷部さん率いるJEFが本当に変われるのかをしっかり見定めて、来シーズンも任せられるかを決めて欲しい。単に結果だけでなく監督としての資質を見極めて欲しいし、選手も監督も育てる覚悟で取り組んでほしい。

長谷部監督は、自分の得意とすることをはっきり口にして非常に説得力が有りクレバーに見えてくる。それはプレゼンになれていると言う事かも知れないが。

“得意分野は、サッカーが見れる事。ゲーム展開も見れますし、どこで何が起こっているかを見る事が出来ます。”

そして

“「ゴールを守るだけでなく、連動してボールを奪う事までやりたい。」「きれいに連動すると思うので、その躍動感を見て頂きたいです。」”

私は、そんな試合を観たいとずーっと思い続けてきた。

是非、望みを叶えて欲しい。

8月初めに、あの木山監督と対戦するが多分長谷部監督とは同い年。

過去の対戦に於いて木山さんが、JEFと対戦するにあたってどれ程録画を観、作戦を練ったかを力説していた。それほど倒したいと思っていた相手だったと言う事だ。結果は誰もが知っている事。その後もそして次もJEFはチャレンジャーだ。

どうなるだろう?

団塊ジュニアの二人は、生まれながらに激しい競争社会に放り込まれた。幼稚園入園時も入園希望者に対して幼稚園が足りなかった。そこから既に生存競争が始まっていた世代だ。大学卒業時には“土砂降り”と言われた就職戦線があり、もし一浪していたならば氷河期の時代だ。≪バブル世代≫を見て学生時代を過ごしていて、いきなりはじけてしまった社会の只中で翻弄された年齢だ。きっと他の世代よりも強いメンタルの持ち主だろうと想像する。あくまでも想像に過ぎないが。

その二人が、奇しくもフクアリで私の目の前で対戦する事になる。

勝ち負けに関係のないところでは、二人を応援している。

団塊ジュニアの底力を、見せてやれ!とエールを送りたい。

ただ試合に於いては、是が非でもJEFに勝って欲しい。

今度こそ、監督を変えてREVORUTION!

« 如何しましょうかね?頑張ってるのに勝てない子の心のケアは?何の話かって?JEFの選手達ですよ。 | トップページ | 船出としては、力強い応援が最高でした!(対横浜FC戦:PC観戦) »

サッカー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1552234/66727005

この記事へのトラックバック一覧です: 監督経験のない監督と寄せ集めの選手達をしっかり育てるクラブであってほしい。:

« 如何しましょうかね?頑張ってるのに勝てない子の心のケアは?何の話かって?JEFの選手達ですよ。 | トップページ | 船出としては、力強い応援が最高でした!(対横浜FC戦:PC観戦) »