2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

« SIONO3歳の夏休み | トップページ | マゼンダ、アランダ、ジャカランダ、アラマンダ、何を言いたいのか? »

2016年8月27日 (土)

天皇杯 対北海道教育大岩見沢校

5-0の大勝でした。

アウェイ側の応援席に一人だけの応援団で、一人太鼓を打ち選手を鼓舞する勇士が居て胸にジンと来てしまいました。

選手のみなさん共々、遠路遥々ようこそ!

前半のJEFは、ボールを持ってはいるものの、何本打っても全くシュートが決まらず、≪まさかこのまま終わりませんよね!≫と確認したい気持ちでした。

漸く、エウトン選手がゴールを決めて1-0で前半を折り返しました。

結果的にはエウトン選手が4得点をあげ大活躍と言いたいところですが、そこまで運んだ選手達が凄かったと思います。得点を取るまではイライラしている場面があって、何か嫌な予感がしていましたが、得点を重ねるにつれて調子(お調子者と言う意味ではありません)が乗ったようです。でも、シュートがだんだん雑になっていって無駄なシュートを打ち過ぎていたと思っています。他の選手を使う気持ちも持って欲しかったですね。

3点目、丹羽選手の胸のすくような強烈なゴールにみんな跳びあがって喜びました。

そして、スカスカのゴール裏二階席では遠くの席まで手を伸ばし合ってタッチと笑顔で言葉を交わしあっていました。

今日も船山選手にはゴールはありませんでしたが、骨身を惜しまないハードワークでアシストしています。そんな船山選手がゴールを決めたらきっと、みんなは喜びを爆発させますね!

58分に也真人選手と交代した遥也選手は、素晴らしいリズムをチームに持ち込みました。長澤選手が生き帰ったかのような動きを見せていました。遥也選手が躍動するとワクワクします。

72分に菅嶋選手と交代した北爪選手も持ち味を十分に発揮して、超特急の走りで何度も素晴らしいクロスをあげていました。良いですね~(^^♪

アド選手にも頑張って欲しいのですが、WFと言う事を忘れたかのような時が有って、せっかくのチャンスを見送った場面が有りました。

そう言う心の持ち様が、なかなか先発出場を手にできない点ではないかな?とちょっと思いました。

也真人選手のチャントが変わりましたね!

シンプルになりました。

岡本選手がやっと守護神のお役目を果たしました。

今日は、新しい選手が登場するかと思ったのですが、相手がどこであれ≪ガチンコ勝負≫をする監督さんなのですね。

選手はいつでも出場できる準備をしておかないと、心を見透かされて機会をなくすかもしれませんね。

がんばれ!

Cimg7434
Cimg7437

相手の大学生チームは、礼儀正しく爽やかでした。

教育者を目指している学生さん達でしょうか。がんばれ!そしてこれからを、よろしくお願いします。

スタジアムの観客席全部をまわってご挨拶していました。下は、JEFベンチへのご挨拶です。

Cimg7426
Cimg7428

9月3日、JEFはフクアリで天皇杯2回戦を戦います。

« SIONO3歳の夏休み | トップページ | マゼンダ、アランダ、ジャカランダ、アラマンダ、何を言いたいのか? »

サッカー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1552234/67216478

この記事へのトラックバック一覧です: 天皇杯 対北海道教育大岩見沢校:

« SIONO3歳の夏休み | トップページ | マゼンダ、アランダ、ジャカランダ、アラマンダ、何を言いたいのか? »