2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

« “湘南”と言う山を越すことはできませんでした。(PC観戦) | トップページ | 今年初めてのユナパ、故障者も戻って来て元気ですよ! »

2017年4月 1日 (土)

京都戦はドロー、負けなくて良かった!

4月1日(April Fool's Day)今日はなんと、季節がウソをつきました。

春なのに真冬のフクアリ!

京都戦のガラガラな観客席は、まさか4月1日なので試合が無いとでも思ってのがら空き状態?

観客数7716名!!!!! フクアリ以前を見ていないので、私の記憶の奥底からは引っ張り出せない数字!

今日は写真を撮り忘れました。これは12時27分ごろアカデミーっ子達の卒業試合直後のバクスタです。

Cimg8762

2連敗の千葉と3連敗の京都の戦いは、極寒の春が観客数の足を引っ張ったのかも知れません。

試合は、早い時間帯に動きました。

清武選手が、対面したGKの斜め右隅に冷静に流し込み待望の先制点を奪いました。

いい感じに主導権を握ったかな。と思ったのですが、ミスは最悪の結果を生むものです。前半に追いつかれました。「やっはりこんな感じになるなあ」と思う失点でした。

監督は自分たちのミスからの失点なので「ミスをなくせば勝てる。」と信じていますが、サッカーにミスはつきもので、どのチームも負けた後の言葉には自分たちのミスから失点。と同じようなセリフが付きます。

2失点目もミスからでした。

後半70分、真希選手も期待を持たせてくれるプレーをしていましたが、サリーナス選手が入ってチームは徐々に活性化されて行きました。

ただ、せっかくゴール近くまでボールを運んでも「誰が撃つの?誰が撃つの?誰が打つの?」と問いかけたいようなパスを入れあいながら結局誰も撃たずに持って行かれる場面が何度もあって、シュートに対しては非常に消極的でがっかりしました。

負けているのにチャンスがあるのに撃たないプレーには、これは「お前がシュートしろよ!」と譲り合っているようで腹立たしさを覚えました。

特にラリベイ選手は、「どうしちゃったの?」と聞きたいくらいにシュートの気持が無かったように見えました。本当に、何にかあったのでしょうか?

Sさんが「9番 撃つ気ないわねえ。」と何度も口にしていましたが、早くゴールを決めてSさんに名前を憶えてもらいたいなあ。とクスッとしてしまいました。

今日も壱晟選手は素晴らしかったですね。ゴールへの執念も見せてくれました。楽しみです。同じルーキーの溝渕選手の勇姿も早く見たいですね。

後半のアディショナルタイムに、近藤選手が値千金の同点ゴールを決め敗戦は免れました。

同点打のアシストは、サリーナス選手だったでしょうか。

「負けなくて良かったあ。」心底ほっとしました。

去年近藤選手がゴールを決めた時に、眞紀人選手の「DOさんナイスゴール」に対して「ありがとう。今度はお前が決めろ!」と言う行は忘れられませんが、眞紀人選手が町田で活躍して戻ってくれると嬉しいですね。

同点ゴールを決めた近藤選手のヒーローインタビューが有りましたが、疲れ切っているのが目に見えて分かりました。

こんな状態で毎年のようにやって来る‘あの恐怖の夏’は乗り切れるのでしょうか?

極寒の春の日、真夏を思い起こしていました。

真面目にJEFの試合を観戦して研究されているJEFサポさんから見ると、私は不謹慎かもしれませんが何度も笑ってしまいました。

そんなシチュエーションが多々見られるゲームでした。

(誤解の無いようにここだけは追記しておきます。CKで清武選手が転んで失敗に終わった場面は笑えません。水撒きの失敗です。怪我なくて良かったです。)

次こそ、勝ちたいですね。

がんばりましょう!

追記

優也選手はずいぶん体を絞って来ましたね!

« “湘南”と言う山を越すことはできませんでした。(PC観戦) | トップページ | 今年初めてのユナパ、故障者も戻って来て元気ですよ! »

サッカー」カテゴリの記事

コメント

mattiさん
ピッチ管理は選手の怪我と直結すると思いますので、きっちりやって欲しいですね。
清武選手があの後元気なく見えて、怪我しているかと心配になりました。
雨が降った後に、2回の散水はやり過ぎですよね。
何年か前に京都では、田圃の中で試合をしている様なときがありましたけど、今回のフクアリは管理ミス。
反町さんは、勝つための戦略を憎いほど研究してますね。先ず反町さんに勝てないと、ですね。
次の群馬戦は両チームの為に、ピッチコンディションをしっかり整えて欲しいです。
優也選手は、すっかりGK+フィールドプレーヤーですね。
凄いけど、、、、

あの水撒き・・・雨降った後だったのに、盛大にやったもんで、みずすましサッカー場になっちゃいましたね。清武さんまさかのずっこけ。本人恥ずかしかっただろうに。みんな注目の場面だもの。怪我なくてよかった。もう少しピッチ管理、細やかに行ってほしいですねホームなんだもの。
山雅戦は反町さんが、水まきさせなかったようですし。勝利へのディテールをもっと追究してほしい。
優也さんは、この数年一番すれんだー シーズン終了時骨皮筋おさんになていそうな気がする

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1552234/70123073

この記事へのトラックバック一覧です: 京都戦はドロー、負けなくて良かった!:

« “湘南”と言う山を越すことはできませんでした。(PC観戦) | トップページ | 今年初めてのユナパ、故障者も戻って来て元気ですよ! »