2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

« ‘チカラを一つに。・・・’ フクアリでの熊本戦を勝ち切りましょう! | トップページ | 栴檀(せんだん)の花と実と、ジューンベリー、オリーブの蕾 »

2017年5月22日 (月)

オフサイドフラッグをあげましたよね!

対熊本戦を楽しみにしていましたが、線審がオフサイドフラッグをあげた事によってJEFの選手達は足を止めてしまい難なくゴールを許してしまいました。

残念で仕方が有りません。

主審の笛が鳴るまでは闘いつづけなければいけないと言う事、セルフジャッジをしてプレーを止めてしまわない事。

当たり前かもしれませんけど、あんなに自信を持ってオフサイドフラッグをあげられたら、オフサイドだと思ってしまいます。選手達は線審の魔のフラッグにまんまと乗っかってしまった。ということですか。

エスナイデルさんやコーチ陣は分かっていたのでしょうか。抗議しませんでしたよね。

私はDAZNで確認するまで、オフサイドではなかったと分かりませんでした。あんなに選手達が抗議をしていたのですから、お相撲のようにVTRを流して観客に主審から説明が有ってもよさそうな気がします。納得できないまま帰宅しましたし、あれが今日の試合のメインになってしまいました。みんなを不機嫌なまま帰らせてはいけないと思いますけどね。映像を見たら納得できますよ。Jリーグはサポーターの楽しい週末をそうして奪っていると思いますけど。リプレイを流して説明すれば、一発OK!

結果的に主審が正しかった訳ですけど、本当にサポーターを12番目の選手と考えているのなら、仲間に入れて下さい。ただ私は12番目の選手と言う言葉は好きではありません。実際に選手ではないからですけどね。

みんな事実を知らないから、審判の皆さんは大ブーイング(すみません。私も思いっきりブーイングしました。)の中退場されましたよ。でも胸を張って堂々と、それがサポーターを威嚇しているようにしか見えませんでしたけど。だから尚更ブーイングが・・・(笑)

熊本の皆さんも、ゴールを決めて歓喜を味わうと言う事は出来なかったのではないでしょうか。そこも残念です。

その後JEFは、也真人選手のアシストで指宿選手が豪快にシュートを決めてくれました。指宿選手は、外見もフィジカルも助っ人外人のようです。まだ25歳ですか?也真人選手よりも若いとは思えませんね。頼もしいですし、よくぞ完全移籍で来てくれました。と言う思いです。

負けはなかったですけど・・・まだオフサイドフラッグがチラついています。

フクアリで負け無しなんて、引き分けの数を考えたら嬉しくも何ともありません。

心底勝って欲しい。

試合終了後に巻選手と安選手が挨拶に来てくれました。拍手に交じって、相変わらず「巻~!」という声が・・・巻選手はJEFサポにとって特別な選手ですけど、熊本サポさんにとっても特別な選手になっていますよね。

Img_0028

清武選手も熊本サポさんに挨拶に行きました。

試合前のアップでシューズの色を見た時に、熊本への気持を感じました(あくまでも個人的な感覚ですけど)。サポさん達にも通じているんですね。清武選手にエールが送られました。

それを見てJEFゴール裏からは大きな拍手が送られました。

そしてJEFから熊本へエールを送り、熊本からはサンキュー千葉と昨年と同じようにエールが送られてきました。ずっと仲間で有りたいと思いました。

熊本の皆さんは、まだまだ日常が戻って来ていない方も多いだろうと思います。

千葉と熊本が、お互いに心の支えになって友情を育むことができると嬉しいですね。

熊本サポさん達↓

2

選手達を拍手とコールで励ますJEFのゴール裏↓

3
次です!次ですよ!今度こそ勝ちましょう!

« ‘チカラを一つに。・・・’ フクアリでの熊本戦を勝ち切りましょう! | トップページ | 栴檀(せんだん)の花と実と、ジューンベリー、オリーブの蕾 »

サッカー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1552234/70632740

この記事へのトラックバック一覧です: オフサイドフラッグをあげましたよね!:

« ‘チカラを一つに。・・・’ フクアリでの熊本戦を勝ち切りましょう! | トップページ | 栴檀(せんだん)の花と実と、ジューンベリー、オリーブの蕾 »