2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

« 砂塵舞うフクアリで首位福岡相手にスコアレスドロー | トップページ | 東京Vにリベンジ!でも、決定機を外しまくりました! »

2017年6月18日 (日)

“やる気”と言うモチベーションの感じられない試合でした。

エスナイデルさんが“最悪の試合”という言葉を発していますが、その言葉でふと去年のアウェイ水戸戦を思い出しました。

確か、最悪の試合だったと記事にした覚えがあります。

昨年も今年も、アウェイ水戸戦は最悪の試合をしたことになりますが、監督が変わっているのにチームとしては学習できなかったんですね。

ほんとにがっかり以外にありません。

先ず、勇人選手の動きを見た時に“のろさ”を感じました。チームにも、きびきびとしたアグレッシブさを感じる事が出来ませんでした。それは私自身の気持ちの問題だったのかも知れません。選手達はそんな気持ちはなかったのかも知れませんが、物足りなさを感じつつ観ていました。

中途半端さを感じ乍ら観ていたのですが、何と瞬く間に3失点してしまったと言う思いでした。

唯、唯一と言って良いくらい素晴らしいプレーもありました。

それは山本真希選手です。(すみません、しつこいですが私一押しの選手です。)

前半半ば過ぎ、ゴール前で相手の猛攻に遭い、海人選手が一度ははじき返したボールが続けてシュートで返され、真希選手がブロックに入り決定的なピンチを救った場面が有りました。真希選手の危機察知能力の高さには大きな拍手を送りました。たぶん経験が体を突き動かしたのだと思います。

その逆に今、一番気になる事は岡野選手のゴール前の守備です。身長はあるのですが、負けている気がします。若い選手に経験を積ませるのも必要だと思いますが、岡野選手には同じポジションの経験のある選手のプレーをベンチからでも見せた方が良い気がします。上手に育てて欲しいと思います。

後半の失点後に、壱晟選手と船山選手に代わって熊谷選手とラリベイ選手が投入されたのですが、何も変わらず、ストレスがMAXになった所で、一旦PCを離れました。

そして、J1の試合を観たり“Jリーグタイム”で気持ちを落ち着かせてから、“見逃し配信”で観戦を終了しました。

後半のアディショナルタイムに、清武選手がフリーキックで意地の一点を返してくれましたが、そこまででした。

選手は、声をかけあいながらゲームを進めていたのでしょうか?

一体感を感じませんでしたし、がんばってはいても夫々の頑張り方であって“気持ちを一つに”と言う訳ではなさそうでした。

エスナイデルさんは、選手に自信をつけてやって欲しいと思いますが、出来るでしょうか?不安です。

現地応援の皆さんは、選手よりもずっと頑張って下さったと思います。声援が良く聞こえていました。見続ける勇気のできなかった私からは、感謝申し上げたいです。お疲れ様でした。ありがとうございました。

次こそ勝利を期待しましょう(^O^)

« 砂塵舞うフクアリで首位福岡相手にスコアレスドロー | トップページ | 東京Vにリベンジ!でも、決定機を外しまくりました! »

サッカー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1552234/70892575

この記事へのトラックバック一覧です: “やる気”と言うモチベーションの感じられない試合でした。:

« 砂塵舞うフクアリで首位福岡相手にスコアレスドロー | トップページ | 東京Vにリベンジ!でも、決定機を外しまくりました! »