2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

« 二日連続で海浜公園サッカー場へ | トップページ | 悔しささえ感じさせてくれないような最低最悪の試合 »

2017年8月20日 (日)

アウェイでドロー。次節は3名が出場停止、危うくエスナイデルさんも、、、

NDスタジアムのピッチは酷く荒れた状態でしたね。

申し訳ないのですが、それが最初の印象でした。

相変わらずアウェイでは勝てないですけど、プロスポーツですから引き分けでもOKなんて云えません。前節の湘南戦は“まぐれ”だった?湘南の監督さんは≪JEFが良過ぎた。≫とインタビューで応えられていましたけど、そんな言われ方して悔しいと思いましたけど、前節が良過ぎたんですね。受け入れます。

先制点は山形でした。前半の40分にCKがきっかけとなって失点。

前半を0-1で折り返しました。

後半37分に、近藤選手と優也選手が接触。

連携は?声出しはしていたのでしょうか?

特に優也選手がなかなか立ち上がる事が出来ずにいました。交代Cardを使い切っていましたので、キーパー不在の試合になるのではと心配でしたが、立ち上がってプレー再開。

得点は、後半11分にFKからラリベイ選手がヘッドで同点としました。

ボールを前に清武、矢田の両選手が立ち、矢田選手の蹴ったボールが近藤選手を越し、ラリベイ選手が時間差で飛んでヘッドで押し込み同点としました。自身へのBirthdayプレゼントでした。そして、後半42分には勝ち越しのゴールを再び決めました。ここで終れば、素晴らしいBirthdayだったのですが。

しかしですね、私達は、またまたアウェイで勝ち切れないJEFの様を見せつけられました。

アディショナルタイムでした。

そこまで出なくてもという場所まで優也選手が飛び出して行き、再び近藤選手と接触。

優也選手が留守にした無人のゴールへとボールは流れて行きました。何故そうなるの?と言う悔しさの残った同点劇でした。

「ねぇ、ねぇ、如何しちゃったの?キーパー!」

最大のミス! ハイライン以前のあり得ないミス!

自ら勝ち点2を手放しました。

清武選手がアディショナルタイムギリギリに放ったシュートは、集中力が逃げ出したシュートでした。お疲れなんですね。残念です。

次節は、也真人、ラリベイ、清武の3選手が出場停止です。危うくエスナイデルさんもだったようです。主審から退場と言う言葉が聞こえてきたと解説者かアナウンサーの方が言ってましたから、次に注意されたら退場だったのでしょう。

熊谷アンドリュー選手は、もう一枚貰うと2試合出場停止になるそうです。

次節ホームは、主力の3選手が抜ける戦いになります。

優也選手も3枚持っていますし、良い方に解釈して控えの選手が実力を発揮するチャンスが来たと思う事にしましょうか。(^^♪

サリーナス選手、アランダ選手、壱晟選手、、、、、楽しみにしたいと思います。新GKのルイス・オヘーダ選手がベンチに入るかも知れませんし、練習に合流した真希選手もいよいよベンチに入るかも知れませんしポジションを変えてピッチに立つかも知れません。

山形戦を前にしている時、海浜公園のファンサで「(ホーム)岐阜戦に出て下さいね。」と声をかけると「・・・はい、がんばります。」といつものように笑顔で応えて下さいました。真希選手の活躍を待ってま~す(^^♪

さあ、ベンチ外の選手のみなさ~ん、出番ですよ~。勝利の為に戦いましょう!出て来て下さ~い!

« 二日連続で海浜公園サッカー場へ | トップページ | 悔しささえ感じさせてくれないような最低最悪の試合 »

サッカー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« 二日連続で海浜公園サッカー場へ | トップページ | 悔しささえ感じさせてくれないような最低最悪の試合 »