2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

« 福岡戦は、優也選手が最高殊勲選手ですね! | トップページ | 秋の三陽Museum花の美術館 »

2017年10月28日 (土)

PO目指して戦いは続いて行きます。

アウェイの九州二連戦を無事に通過し、フクアリに戻って来てくれる選手と現地応援の皆様に感謝ですね。ありがとうございました。(^^♪

薄氷を踏んでいる状況には変わりはありませんが、選手達の気迫を感じる九州二連戦でした。

前半早々に危ないシーンが何度かありましたが、それを押し返すようにJEFも決定的な場面が何度もありました。

優也選手のビッグセーブに今回も助けられました。

前半に決定機を決められないのを見ていると、如何言う訳か体が冷えてくるのを感じました。たぶん私の感情の持ち様だったのだろうと思います。タオマフ捲いてブランケットを体に巻き付けると試合の進行と平行するように徐々にいつもの状態に戻って、ロングTだけでPC画面に見入っていました。自律神経がちょっと正常ではなかったのかも知れません。建物の環境の所為でちょっと神経が過敏になっている事も事実ですが。

前半は両者共に攻撃に手を緩めず守備に手を緩めず、スコアレスで折り返すことになりました。

後半からは清武選手に代わって為田選手が投入されました。清武選手は決定機を外すと言う意味では少し精彩を欠いていますね。力が入り過ぎているのでしょうか?ちょっとだけ、何かがブレているのでしょうか?笑顔を見たいですね。がんばれ!

後半早々には、近藤選手と溝渕選手が交差してしまいシュートを撃たれましたが、危ういところでクロスバーが手を差し伸べてくれました。(素晴らしい助っ人!)

その直後、トップのラリベイ選手の前でパスをカットされクリアされると、矢田旭選手が拾い為田選手にパスを送る。と、得意のドリブルで駆け上がり勢いのあるグランダーのクロスを送るとGKが弾いて溢す。詰めていたラリベイ選手がチョンと足の裏でゴールに放り込んで先制!

2点目も為田選手のドリブルからでした。ドリブルで躱し乍らペナルティアリア内で出したラストパスに船山選手が竹内選手(元JEF)より一歩早く飛び込んで二試合連続のゴール!

やっと≪成田の漢≫本領を出し始めたのでしょうか?

80分、その船山選手が脚を攣って熊谷アンドリュー選手と交代。

アンドリュー選手は久しぶりの登場でしたが、体を張って守備に貢献していました。ピッチに戻れた幸せを感じて戦って欲しいですね。とにかく、がんばれ!

85分には、角度のないところから見事なゴールを決められてしまいました。

終了間際まで懸命に守備をしていた選手達です。一点は返されてしまいましたが、2-1の勝利です。

ロングホイッスルの後、近藤選手が空を仰ぐようにピッチに倒れ込みました。

死闘を尽くし勝利した瞬間でした。

**** **** ****

大銀ドームで為田選手に≪俺たち、JEF!≫のパフォーマンスは、酷では無かったですか?

「こっそり」と言ってる声まで入って、しっかりDAZNに映し出されていましたよ。(笑)

大分に遠征された皆さん、応援お疲れ様でした。ありがとうございました。

« 福岡戦は、優也選手が最高殊勲選手ですね! | トップページ | 秋の三陽Museum花の美術館 »

サッカー」カテゴリの記事

コメント

mattiさん
為田選手が福岡に移籍した理由は知らないのですけど、本人と大分サポさんを思いやる気持ちが無いなあと感じました。
戸島選手は、町田でも、活躍を耳にするようになったのは最近ですよね。より一層成長して欲しいです。
次節は、名古屋に行って下さるのですね。よろしくお願いします。
勝ち点3と共にフクアリに戻って来て欲しいです。

為ちゃんにそれはきつい・・・と思う なぜ福岡へ移籍したのかを考えるとね。時々不思議センスを発揮される応援団。って私もそこにいること多いのですけど。
町田戦、戸島選手の成長、そしてJEFスカウト陣の息長い仕事ぶりと色々考える試合でもありました。乾の怪我が心配。
名古屋Aはもともと行くつもりだったので、行ってきますね。シンプルに、謙虚に勝ちを模索するしかない。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: PO目指して戦いは続いて行きます。:

« 福岡戦は、優也選手が最高殊勲選手ですね! | トップページ | 秋の三陽Museum花の美術館 »