2018年7月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

« 2017年11月 | トップページ | 2018年1月 »

2017年12月の投稿

2017年12月18日 (月)

ゴール裏を笑顔に変えてくれたキム・ボムヨン選手ありがとう

キム・ボムヨン選手が韓国に帰ってしまうんですね。

とっても寂しいです。

お茶目だけど頑張ってお茶目にしている感じの選手でしたね。

ゴール裏を笑顔にするために一心に踊ってくれました。意味のない踊りのようですけど、皆を笑顔にしてくれました。本当にありがとう。

また 会えることを願っています。

2_2

キム・ボムヨンソンス コマウォヨ (^O^)  

タシ マンナルスイッスルカヨ? アニ

ト マンナヨ ヽ(^o^)丿

 

2017年12月15日 (金)

決心してくれた期待の10番町田也真人選手

JEFの10番が定位置に着いてくれました。これで、心穏やかに年を越せそうです。契約更新に思わず涙ぐんでしまいました。

私のJEF歴はフクアリから始まっている所為か、JEFの10番の印象は希薄です。

チームにしっかりと根付いてくれない10番。そんなイメージでした。

でも、也真人選手はJEFの10番に並々ならぬ気持ちを抱いて一年間戦ってくれていたと思います。名古屋からのオファーを耳にした時には、一年限りの10番かも知れないと言う不安もありましたが、きっと、サポーターの気持ちも汲み取って残る事を決心してくれるだろうと思い込むことにしていました。名古屋は魅力的だったと思いますが、J1には、JEFの10番の意地と誇りで勝ち取って這い上がって行きましょう。

誕生日に契約更新かも知れないと思っていましたので、待つ事のストレスが消えて気持ちが軽くなりました。ありがとうございます。

也真人選手に初めてお会いしたのは、入団2年目の千葉神社でした。気さくで相手を思いやる気持ちを持った選手だと言うのが第一印象でした。

次に言葉を交わしたのは、ベンチ外で高木駿選手と二人サイン会をした時でした。「ピッチに立って下さいね!」と言うと、しっかり顔をあげ目を合わせて「はい!」と応えてくれました。そして次からピッチに立って怒涛の活躍を成し遂げてくれました。

ファンサでは、いつも一番最後までしっかりと対応してくれていたと言う印象です。その也真人選手が残留してくれて、こんなに心強い事はありません。

いつも一緒にフクアリ観戦していたSさんから、“也真人選手の契約更新に嬉しくてメールしてしまいました。”と夕方になって喜びのメールが届きました。

みんなが待っていた也真人選手の契約更新でした。

期待するJEFの10番、町田也真人選手の活躍を精いっぱい応援しましょう。

さあ、次は誰でしょうね!

待ってま~す(^^♪

2017年12月14日 (木)

喜びに弾けている為田選手のコメントは、フクアリに集うサポーターの気持の高鳴りを呼び込むもの

毎日毎回選手の契約更新を待ち望んで、JEFオフィシャルサイトにマウスポインタを合わせクリックし続ける。。。

今日も何もなかったとがっかりしてはシャットダウンし、溜息をつく。。。

そんな中、今日は待ちに待った為田選手の完全移籍が発表になりました。

http://jefunited.co.jp/news/2017/12/top/151322850011054.html

“「ジェフ千葉の皆さん。
もう一度僕にピッチに立つ喜びを教えてくれてありがとうございます。
ほんとうに感謝しかありません。
あのピッチで試合ができるのは選手としてとても幸せなことだと思います。半年間しかまだ味わっていませんが、ほんとうに最高です。ゴールを決めた時の歓声や勝利の時の歓声。
あのスタジアムでしか味わうことのできない興奮を、また味わえると思うと嬉しくてたまりません。そして僕を獲得してくれた監督やチーム関係者の方に心より感謝します。千葉の昇格のために少しでも力になれるようにもっともっと頑張ります。
そして13番のユニフォームでいっぱいのスタジアムにできるようなプレーを目指しますので、力強い応援よろしくお願いします」”

こんなに感動的な言葉で移籍してきてくれるなんて、応援する者としてもほんとうに最高ですし、やはり嬉しくてたまりません。(同じ言葉でお返しです)

退団したアランダ選手は、愛情あふれる言葉を残してくれました。そんなアランダ選手には遠くからでも応援し続けたいと思いましたが、希望と喜びと共に移籍して来てくれる選手には、間近で何としても力になれるような応援をしたいと言う気持ちがふつふつと湧いてきました。

選手をがっかりさせないようなフクアリにしたいです。

来期もそしてこれからもずっと。。。

フクアリでしか味わう事の出来ない感動を、選手もサポも共有できるスタジアムでありたいですね。

個人的な事を申しますと、環境や状況に左右されるような自律神経の持ち主としては、サッカーを楽しめるフクアリが最高のコンディションにさせてくれる所なのです。

JEFに関して弱音を吐いた時、しっかり吐きだしたら気持ちが整えられるかと思ったのですが、そこは悪意を持つ者につけ入れられただけでした。コメントは非公開にしてありますけど、その後やって来てないようですので逆のお守りとして内に保存しています。その直後から怒涛の7連勝からPOに進みましたので、やっぱり素晴らしいお守りになっています。(笑)

次の更新は誰かな?あくまでも、前向きです。

高橋GMさん、吉報だけをお待ちしています。

2017年12月 5日 (火)

クリスマス仕様の三陽フラワーミュージアム

アトリュームガーデンはクリスマス一色でした。

ちょっと寂しい前庭でしたが、大きく赤いギョリュウバイは、いつもの姿で迎えてくれました。

Photo
ガウラと水仙

Photo_2

花菜は、まだ蕾

Photo_3
パンジーと地味な噴水

017
クリスマスカラーのアトリュームガーデンに入ります。

入り口のクリスマスツリー

021

次々とクリスマスツリーが登場します。

022


029


Photo_4

小さな街のクリスマスツリー
Photo_5

最後は、モネの睡蓮の前のクリスマスツリー

043
これから温室に入ります。熱帯です。

先ずは、バナナの花

Photo_6


旅人の木は、天井を破りそうでした。

Photo_7

これは、花or蕾or実?
Photo_8
最後に可愛いウナズキヒメフヨウ

Photo_9
&ヤエサンユウカ

Photo_10

アトリュームガーデンでは、サンタさんの洋服を借りてソリに乗って記念撮影ができます。

027
子どもたちが喜びそうですね。(^^♪

« 2017年11月 | トップページ | 2018年1月 »