2018年8月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

« 2018年3月 | トップページ | 2018年5月 »

2018年4月の投稿

2018年4月29日 (日)

アディショナルタイムギリギリのところで同点、やっとアウェイで勝ち点一

いつもの悪い癖と言ってもよいでしょうか?

いきなり先制点を取られてしまいました。

個人的には、2トップと言う布陣では得点できる気がしないのです。ですから見ていて落ち着きません。唯、先制されましたけど、ハーフタイムに台所に立った時「負ける気がしないのよね。」と夫に話しました。理由があったわけではありません。でも、負けませんでしたけど勝つ事もできませんでした。

後半。指宿選手が交替で入る直前に、いきなりパソコンの画面が真っ黒になって電源が落ちてしまいました。Wi-Fiってそう言う事ってあるのでしょうか?試合終了後にも落ちてしまいました。何なのか良く分かりません。

妙な視聴になってしまいましたが、最後の最後に同点ゴールが決まって、ちょっとだけ希望を持っても良いかなと考えました。

解説者もアナウンサーも、どちら寄りでもなくその点は素晴らしかったと思います。公平な見方のできる方が解説をして下さると、プレーの一つ一つに納得できるような気持になります。

アディショナルタイム終了ぎりぎりの時間に、CBから上がっていた近藤キャップテンが喜びの歓声を上げさせてくれました。

昨年も、そういう場面があったように思います。

緊迫感の中での一瞬でした。

頼れるキャップテンが、勝ち点一をもぎ取ってくれましたが、笑顔はありませんでしたね。非常に厳しい表情です。

Img_0334

凄い緊張感だったと思います。お疲れ様でした。益々近藤選手を応援したい気持ちになりました。

現地応援の皆様もありがとうございました。

2018年4月26日 (木)

4月26日、風の街の花々(ゴールデントランペットツリー、ひなげし・・・)

待ちに待ったゴールデントランペットツリーが咲きました。

27_2
029

034

地味ななんじゃもんじゃの木

10
名前が分かりませんが宇津木科でしょうか?

可愛い花です。

007
次は公園の花々です。

ひなげし

021
スイートピー

014
オダマキ

015

017
公園の入り口にあった羽衣ジャスミンが無くなっていました。花を楽しみにして行ったのですが、別の場所に小さく剪定されて植え替えられていました。。来年に期待できるのでしょうか?寂しいです

ボランティアの方達が公園のお花の手入れをされているのだと思います。今日も水やりをされてる方がいらっしゃいました。

一時期は日本に仕事を求めてやって来たイラン人を多く見た場所でした。その後は、ホームレスらしき人を見かけたこともありましたし、見晴が悪い所為か夜は痴漢が出没したこともありました。大きな木を伐採して見通しが良くなりました。治安が悪くなりつつあった場所を、近隣の方々が今のような素敵な場所にされたのだと思います。

20年くらい前はこの直ぐ近くに住んでいました。

ボランティアの皆さんに感謝です。

唯、住宅地の最近の変化には違和感を覚えています。

小学校の跡地に180世帯用のマンション+戸建61戸が建築中です。

別の場所では、いつの間にか幼稚園が無くなって8戸の住宅が建築中になっていました。そこに咲いていた寒緋桜を毎年楽しみにしていたのですが、残念です。

住宅は過剰気味だと思っていたのですが、すぐ近くで相変わらずの建築ラッシュを目にしてどんな都市計画をしているのだろうと疑問に思うのです。

ここ周辺では内科医院の廃業を数件目にしています。私達夫婦の家庭医の先生も今年中に引退なさいます。引退なさる先生も心配されていますが、バランスの取れた街づくりができないものかと不安です。











2018年4月24日 (火)

POMは妹を気遣う優しいお兄ちゃん。

丸一日過ぎて、POMからのLINEに気が付きました。

朝9時 “KAUL起きた?”

・・・・・・・  (゚0゚)

ごめんね、POM。24時間後に返信しました。

そして、その返信が届きました。予備校の昼休みが終わるギリギリにスタンプの送信が有りました。

OKをしている少年のスタンプ。オオッ、スタンプ!

優しい気持ちが伝わってきました。

POMは、一浪君です。三つの大学に合格したそうですが、やっぱり初心を貫きたいらしいのです。果たして来年は合格できるやら、これだけはチャレンジしてみないと分からない事です。

POMからのLINEが来たのは、30分おきにKAULを起こし続けていたので、ちょうど声かけをしていた時だったようです。

前もって当日の予定を聞いてなかったので、気にしながら起こしていたのですが。

「9時半になるわよ。大丈夫?」

慌てて起き出して、、、イオンモールに行くと言うのです。

「開店は10時よ。」と言うと、「10時までには行く。」と焦っていました。

私「間に合わないよ。」

KAUL「大丈夫!」

起きて10分で着替えをして、立ったままおかずだけ摘まんで、パンを食べながらエレベーターに乗ると言う早業。

前日は、メッセのロックコンサートで跳ねていたようです。帰る予定を変更してわが家にやって来て、到着するなり「つかれた~」を連発していました。疲れたから、だから、わが家に来たんですねぇ。ずっと跳ねているサッカーゴール裏一階席と同じ状況だったのでしょう。

でも疲れが一晩でとれるなんて、な~んて羨ましいんでしょう。

モール行きは、誰となのかを聞く間もなく走って駅へ!

9時30分に出て48分の電車に乗ると言っていましたが、果たして・・・・

でも、走ったのは私ではなく、16歳が走って行ったので間に合ったのかも・・・

あっ、私は5分が限界です。走れません。

KAULは、朝はななかな起きないと聞いていましたが、3月末に来た時には6時半に起きましたので、私も油断していました。

買い置きのペットボトル、菓子パン、おやつ少々を持たせて、やれやれと見送って、母親にLINEで報告して、お役目終了!

母親の返信:相変わらずのバカ娘だぁ

“海浜まくはり”で待ち合わせだとしたら、10時には余裕で間に合っているとは思いますが、、、、

ツイッターをやっている母親も、こういう事はつぶやかない?

私の事は時々ネタにしているのに(-_-メ)

「夫とPOMがKAULを甘やかし過ぎている。」と愚痴っていますが、たぶん「き・み・も・だ・よ!」

ツイッターは見るけど、そーっと入って無言で帰る。と伝えていますので内容に関しては無反応を貫いています。(因みに私たちは、実の母娘です。)

KAULは、一週間後に又やって来ます。

横浜スタジアのコンサートだそうですが、同県の友人と二人で来ると言うので「友達は新幹線で帰るの?」と聞いてみると、「ううん、在来線。」

私「間に合わないでしょ?」「二人で家に来ていいわよ。」

KAUL「相談しておく。」と言う事でした。

高校2年生が遊び過ぎでは?  もしかして部活は休部中?

勉強について行けてるのかな?

滞在時間が短すぎて、殆ど話をしていません。

2年生からは、ドイツ語の授業も始まると言ってましたが、それよりも道徳が教科に入る事の方が不安だと言っていました。

KAUL「道徳って、正解はないでしょ?」

そう言う事かぁ、なるほどね。

私「答はいくつもある筈よね。」

KAUL「そうなの。」

私「でも、道徳って以前からあったでしょ?」

KAUL「あったけど、教科としてじゃなかったの。教科になる事が問題。」

なるほど。・・・・・

教科として加わることが問題か、そうなのね。 

今週中に又やって来るはずです。予定の詳細を聞いておかないと・・・

2018年4月22日 (日)

ゲートの立てつけが悪くて閉まらないし、守ってるはずの味方までが隙間に押し込んでくるし。

(u_u。)福岡戦、惨敗。

何て下手な選手達だろうとやきもきしていたら、いきなり力選手(元JEF)にPKを与えて、モキモキでしたっけ?キモキモでしたっけ?あっけなく先制されました。JEF在籍中は、よくシュートを外していたと言うイメージがあったんですけど2得点もですか?   ど・したのかなぁ? 森本選手。

今日の結果にはガッカリです。

PKの後には、船山選手の素晴らしいゴールが有って同点としましたが。

エベルト選手、ど・しちゃったの? ヽ(///>_<;////)ノ ヤメテークレー

2回もスローイングでファールを取られた後は、オウンゴールですって!

前節の高い位置でのヘディングを凄い!と褒めたら、今日は味方のゴールへ優也選手を上手く騙してゴールを決めるなんて。しかも低い位置からのヘディングでしたよね。(゚Д゚)ハァ?何てことを!

優也選手もビックリでしょ! まさか味方にやられるとは!!!

木造家屋の立てつけの悪い戸が、ガタピシガタピシしていてなかなか閉まらないように、JEFゴールの締まりがなかなかに悪い。

チームは如何見ても上手く咬み合って無いような気がして、如何見ても選手達の組み合わせが悪いような気がして・・・・・如何したもんじゃろのう?(古すぎるて分からない?)

エスナイデルさんは、選手達本人にどのポジションが一番得意なのか一度聞いてみて欲しいですね。

それから、上手く呼吸が合うのは誰なのかも、聞いてみて欲しいです。

なんかとってもチグハグに見えて、動きにもぎこちなさを感じて、全体が下手に見えて、応援していてストレスだけ・・・選手がやりにくそうだから動きやすいポジションを(>人<*)ォ願ぃ…!!!

勝利の待ちぼうけ・・・

いつになったら勝てるようになるのかなぁ、次は勝てるかなぁ。

選手のみなさん、待ちぼうけは罪です!

2018年4月15日 (日)

「つまらないミスが無ければ、これくらいの試合ができる。」by都並さん

勝ちました~ ヽ(´▽`)/ルンルン

今日は、み~んな笑顔でした。

最初は、町田の選手の機敏さが目にとまり「セカンドボール!セカンドボール!先に獲らなきゃ勝てないよー!」と思いつつ、昨日TVで観ていたJ1との違いをつくづく感じていました。

決定力は?シュートへの気持ちは?マイナスな気持ちがどうしても先行していました。

町田の選手では、ロメロ・フランク選手だけ名前を知っていました。その選手に、先ず先制点をあげられてしまいました。

彼の特徴は、キーパーの前まで行ってても≪直ぐに打たない!≫そして、≪GKが動いてから反対側に蹴り込む。≫という躱す癖があるのだそうです。その技?に惑わされて簡単にゴールを決められてしまいました。都並さんに分かっている特徴を対戦相手が知らなかったと言う事のようです。つまりJEFは、相手を研究せずに試合に臨んだと言う事でしょうか。

でも、勝ったから・・・勝てたから・・・・・

一人の選手に2点取られましたけど・・・ロメロ選手の特徴をしっかり覚えておきましょう!選手のみなさん!

JEFの最初のゴールは、エベルト選手でした。

驚きました。思った以上に高い位置でしかも意外な形でのヘディングシュートでした。あまりに高い位置に頭が見えたので、ゴールネットの上に当たったのかと勘違いしました。「入ってる!?」と思わず聞いてしまいました。

何とも言えないスーパーゴールでした。

逆転ゴールは、執念を感じさせる也真人選手のゴールでした。

矢田選手→船山選手→ラリベイ選手スルー→也真人選手シュート!一度GKに弾かれましたが、すぐに体制を整えて再びシュート!逆転のゴールでした。

也真人選手の執念を感じるゴールでした。あの位置で、よくぞシュートを打ってくれたと、とっても感動した瞬間でした。

ゴール裏に駆け寄り、そしてピッチに戻りながらサポーターを煽るという初めて見せた沸き上がる気持ち。それに応えるサポーターの声。幼く見えてた也真人選手が、チームを担う選手にすっかり成長していました。

そして3点目ですが、船山選手の強烈なシュートが激しくネットに突き刺さりました。簡単な?シュートは外しがちですが、あんなシュートを決めるなんて、目を見張るとはその時の光景でした。これが“成田の漢”!

でも、その前のシュートは・・・・持ちすぎていてタイミングが間違っているんじゃないかと・・・・そこは、決めて! そのチャンスを決めていたら、ハットトリックを達成していたでしょう。獲らぬ狸の皮算用そのものですが。

外した後は、やっぱり周りもみんな同じ気持ち。σ(o-*)フゥ

83分のロメロ・フランク選手のゴールは、町田の上手さが光りました。選手達がトントントンとワンタッチワンタッチで繋いで他を寄せ付けないタイミングでシュート!!!!素敵でしたね。

でも、JEFが勝ちましたよ~ (^^♪

解説の都並さんのお言葉「つまらないミスが無ければ、これくらいの試合ができる。」とっても好意的でした。

今日は、勝利を 人´∀`).☆.。.:*ありがとぉ!!

004
014


016

21
024

025


026


028

2018年4月12日 (木)

夕暮れの散歩

夕暮れ時、夫がいなげの浜まで行くと言うので着いて行きました。

夕日がビルの向こうに沈む時間でした。

海に沈むのではなく、ビルに隠れます。(スマホ撮影)

1

浜は人影もまばらで、臆病な私は一人では無理ですが、外国の方のようでしたが体操なのかバレーなのか分かりませんが、ポーズを取っては全身の自撮りを繰り返していました。

まあ、日本は治安が良いと言う事ですね。”(^O^)”

つぎは、浜辺より先に訪れた夕暮れ時の花の美術館です。入り口辺りから順番に花をアップしてゆきます。

Img_0259

Img_0264
蘇鉄
Img_0268
シャクナゲ
Img_0270

Img_0277
八重桜
Img_0279
以上花の美術館の庭に咲く花でした。

次は、花の美術館にたどり着く途中の花々です。

サクラソウ

Img_0258
これは?Img_0257
スズランですが、早すぎませんか?もう咲いています。

Img_0256

月桂樹の花です。これはマンションの庭に咲いていました。
Img_0251
海抜3メートルに咲く花々でした。




2018年4月10日 (火)

時代時代で変わる入園児のママたちの服装

今日は、目の前の幼稚園の入園式でした。

ご入園おめでとうございます。

子どもの声が煩いと言う方もありますが、それは、自分にも子供時代があったと言う事を忘れてしまった方だと思います。

ここ数年、余り気にしていなかったのですが、園庭を歩いている親子連れの服装を見て、ママさん達の服装の変化はどこかが主導しているのかな?と・・・・・

園児は制服パパさん達はダークスーツ、ママさん達は同じような感じの色合いの服装でした。写真の方達だけで無くほとんどのママさん達が同様の服装でした。

1
黒または紺のスーツの時代もありました。和服では色無地に黒い紋付の羽織の時代もありました。売り手市場の都合でしょうか?

因みに私以上の年齢の方では、色無地に黒紋付の羽織が長い間あったようです。唯、一つ紋の色無地に紋付羽織を重ねて着ると言うのは、常識的にはあり得ない事だと思いますが、そう言う時代がデパートによって先導されていたと聞いた覚えがあります。売れれば良かったんですね。きっと。

和服の場合、紋を重ねる着方はしません。

一つ紋の色無地なら上に紋無の羽織を着て、入室の際には羽織は脱ぎます。

紋をつけてない色無地に紋付羽織を着る場合は、入室後も羽織は着たままで良いのです。

羽織は洋服の場合のコートに当たりますので、室内では普通は脱ぎます。

そんな事を思いながら微笑ましく眺めていたのですが、私は時代に合わせた服装で入園式などに出席したことはありませんでした。

と言うのは、子どもたちの入園式はまだ独身時代のスーツで良かったのですが、いわゆる専業主婦になって長くなると着る洋服が無くなってきて、ある時ふっと≪着る洋服が無い!≫と唖然としました。洋服は流行が有りますからね。本当に着るものが無くなっていました。そこで思ったのは、和服にしようと言う事でした。

和服は、母が用意して嫁がせてくれていましたので困る事はありませんでした。最初は母に着付けを頼みました。その後、友人の誘いがあって“着付け教室”に通いました。そしてそのまま講師の資格を取って10年間くらい着付け教室を開いていました。それに付随して和裁を習い、染色を習って自分や娘の着物を染め、普段着等は自分で仕立てました。

それなのに、今の私は、サッカー観戦が趣味になって和服を着る機会がぐ~~~と減りました。

私の和服は、今、可愛そうな存在になっています。(u_u。)

*入園式の今日、唯一本だけ存在を確認している林檎の花が美しく咲き祝っていました。

Img_0230

藤棚の藤は、まだ存在感がありません。

Img_0237

シラーが、咲き始めました。

Img_0227

入園したての子供たちのようです。
Img_0228
明日からは、送ってきたママを追って泣く子もいますね。

そんな子にも、楽しい幼稚園になりますように(^^♪

2018年4月 8日 (日)

JEFの惨敗が日常化したら恐怖なので、楽しい“花歩き”も・・・

生まれ持った明るい髪色と白い肌で、優しいブルーとピンクのユニフォームがお似合いのロドリゲス選手、野性的な優也選手、キーパー同志激しいポジション争いを演じて他チームへの恐怖になって欲しい。と、思っていたのですがどっちもどっちの前節と今節。

昨年以上に失点が多くなりそうで、一人でパソコンの前で観戦していると、ド~ンと気持ちが落ち込んでしまいます。せめて、もう一人隣にJEF友が欲しいところです。これが私の自宅観戦の泣き所です。

エスナイデルさんには、面白い試合を見せてくれるのは昨シーズンでお腹いっぱいになりましたので、今シーズンは面白い試合の完結編として勝利を呼び込むゲームをお願いします!とお願いしたいところですが、面白い試合もみられず、昨シーズン末の7連勝続編では全くなく、現実は散々なものですね。距離間の悪さと、「ちょっとシュートを打ってみない?」と声をかけたくなるようなゲーム。

“メンタルの問題ではないかと思っています。”と言うのは選手の所為ですか?

エスナイデルさん!もしもし

今日は千葉から見ると真冬でも体験できないようなお天気だったようです。現地で応援して下さったみなさま、応援の声がよく届いていました。ありがとうございました。

最悪の天候の中、本当にお疲れ様でした。m(__)m

ここからは、今日の千葉市内の花々をアップします。

癒しになれば嬉しいのですが・・・・・

ベニトキワマンサク

Img_0208
低木のベニトキワマンサク(垣根)

Img_0215
白いトキワマンサク

Img_0217
ピンクのアメリカハナミズキ

Img_0213
つつじ

Img_0218

ピンクのつつじとなのはな
Img_0220

Img_0223

Img_0224



2018年4月 5日 (木)

4月5日に咲く花 藤 &・・・・16歳

藤の花が、もう咲き始めていました。

良く手入れされた小さい木です。この藤が、毎年最初に咲きます。

Img_0192

白いアメリカハナミズキも咲いていました。

Img_0189

外科医院の垣根の上から覗いていた沢山の花木。名前は分かりません。

Img_0179
それから、すみれの花♡

ここにも毎年沢山咲きます。可愛い花ですね。

Img_0178

この子も可愛い子です。↓

003
3月26日≪ZeppダイバーシティーLIVE≫の帰りに来てくれて、スマホの要所をササッーと教えてくれて翌朝帰って行きました。スマホ歴ジャスト一年のKAULです。

実は、時間によっては行きますのでよろしくお願いします。と母親からラインが届いていたのです。

“できるだけ来て下さい。”“スマホ、ラインの事で教えてほしい事があるの。”とラインを送ると

“オッケー”“いくねー”と可愛いVサインをした女の子が送られてきました。

22時過ぎ、駅まで迎えに行くと「Liveで跳ねて汗をかいて、汗が冷えて寒い。」と言っていました。デニムのハーフコートを渡すと、それでも寒い・・・・

このLiveに関しては、私には到底分からない音楽の趣味です。みんな夫々に音楽は好きなのですが、微妙に好みが違って面白いです。親子三代どこかで接点を持っていると言う音の世界感があります。

翌朝は、大阪に引っ越す(大)先輩とラーメンを食べる約束があると、8時過ぎの電車で帰って行きました。音楽繋がりの先輩のようです。

16歳って凄い!バイタリティーにあふれています。

若いっていいなあ ε=ε=(ノ^0^)ノガンバァ☆☆

うらやましいなあ (^-^;

2018年4月 4日 (水)

4月初旬の花々

4月1日

ソメイヨシノがまだ咲いていました。小学校の塀の上から覗いていた桜です。

Img_0161

近くの道路には・・・・・

Img_0157

Img_0158

千葉県警素敵です!↑

あやめも咲いていました。きれいです。(^^♪

Img_0164
4月4日 八重桜がきれいです。

030 

これも八重桜↓

013
以下道路の花々です。
004
毎年同じ場所に沢山のすみれが一列に並んで咲いています。

023
すみれそのものが好きなのですが、毎年ここに咲く頑張るすみれが大好きです。(^^♪

022
つりがねずいせん
005

3月29日に満開だった白モクレン。

日陰に植えられていて毎年最後に咲くのですが、4月4日現在、影も形も無く散ってしまいました。

斜め上から見た白モクレン、大きな木です。↓

002

これからどんどん美しい花々が目を楽しませてくれます。(^^♪

o(゚ー゚*o)(o*゚ー゚)oワクワク

2018年4月 2日 (月)

敗戦の大分戦。ホーム2-0のクリーンシート勝利の直ぐ後0-4でアウェイで倍返し!

リーグ戦が始まって以来の気持をグラフにしてみると、横線を大きく跨ぐ起伏の激しい折れ線グラフが激走中と言ったところでしょうか。

前半は良かったとか、0-1までは良かったと言える状態ではないと思うのが私の心の揺れです。

戦術云々は、私には何とも言えませんし言う程の知識もありませんが、ピッチの良い場所で練習を重ねフクアリではこちらの戦術に遭った芝生作りがなされ、アウェイでは雑な(アウェイのクラブの方すみません。)ピッチで試合をすると、予備知識が全くないのか敗戦に繋がるミスを犯している。双方同じ条件だとは言えピッチ上での貪欲さが違って見えてきます。アウェイのピッチに近い練習場をさがす必要があるのではないかと、ここ何年も思っています。

確かにパスの上手な選手は多いです。以前にも書きましたが、パスを繋ぐだけでは相手にとって怖くもなんともないと思います。監督はもっとパススピードを上げるようにと指示したようですが、プロですからできればやっていたと思います。ですから、他の指示が欲しかったろうと思ったのですが、エスナイデルさん何か・・・・・

0-3にされた時に、「ああ~~~~~~」と声にならない嘆きの声を体の中で発していました。

結局0-4の惨敗だったんですね。

6-1、2-0で勝った後は0-4ですか!

確かに惜しいシュートはありましたけど、しっかり攻め上がれていないし、全員で頭を使って動いているようにも見えないし、今シーズン成長しているアンドリュー選手ですが、“やんちゃ トップ”が頭をもたげると怖い。余計なところでファウルを貰う癖、突沸?。レッド退場が怖い。フィジカルが強いだけにメンタルの制御装置を装着して欲しいと心から思います。

さあ、気持ちを切り替えて次勝ちましょうヽ(´▽`)/

*ライラックが咲きだしました。低く剪定されましたが期待に応えてくれています。

Img_0145

« 2018年3月 | トップページ | 2018年5月 »