2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

« 夕暮れの散歩 | トップページ | ゲートの立てつけが悪くて閉まらないし、守ってるはずの味方までが隙間に押し込んでくるし。 »

2018年4月15日 (日)

「つまらないミスが無ければ、これくらいの試合ができる。」by都並さん

勝ちました~ ヽ(´▽`)/ルンルン

今日は、み~んな笑顔でした。

最初は、町田の選手の機敏さが目にとまり「セカンドボール!セカンドボール!先に獲らなきゃ勝てないよー!」と思いつつ、昨日TVで観ていたJ1との違いをつくづく感じていました。

決定力は?シュートへの気持ちは?マイナスな気持ちがどうしても先行していました。

町田の選手では、ロメロ・フランク選手だけ名前を知っていました。その選手に、先ず先制点をあげられてしまいました。

彼の特徴は、キーパーの前まで行ってても≪直ぐに打たない!≫そして、≪GKが動いてから反対側に蹴り込む。≫という躱す癖があるのだそうです。その技?に惑わされて簡単にゴールを決められてしまいました。都並さんに分かっている特徴を対戦相手が知らなかったと言う事のようです。つまりJEFは、相手を研究せずに試合に臨んだと言う事でしょうか。

でも、勝ったから・・・勝てたから・・・・・

一人の選手に2点取られましたけど・・・ロメロ選手の特徴をしっかり覚えておきましょう!選手のみなさん!

JEFの最初のゴールは、エベルト選手でした。

驚きました。思った以上に高い位置でしかも意外な形でのヘディングシュートでした。あまりに高い位置に頭が見えたので、ゴールネットの上に当たったのかと勘違いしました。「入ってる!?」と思わず聞いてしまいました。

何とも言えないスーパーゴールでした。

逆転ゴールは、執念を感じさせる也真人選手のゴールでした。

矢田選手→船山選手→ラリベイ選手スルー→也真人選手シュート!一度GKに弾かれましたが、すぐに体制を整えて再びシュート!逆転のゴールでした。

也真人選手の執念を感じるゴールでした。あの位置で、よくぞシュートを打ってくれたと、とっても感動した瞬間でした。

ゴール裏に駆け寄り、そしてピッチに戻りながらサポーターを煽るという初めて見せた沸き上がる気持ち。それに応えるサポーターの声。幼く見えてた也真人選手が、チームを担う選手にすっかり成長していました。

そして3点目ですが、船山選手の強烈なシュートが激しくネットに突き刺さりました。簡単な?シュートは外しがちですが、あんなシュートを決めるなんて、目を見張るとはその時の光景でした。これが“成田の漢”!

でも、その前のシュートは・・・・持ちすぎていてタイミングが間違っているんじゃないかと・・・・そこは、決めて! そのチャンスを決めていたら、ハットトリックを達成していたでしょう。獲らぬ狸の皮算用そのものですが。

外した後は、やっぱり周りもみんな同じ気持ち。σ(o-*)フゥ

83分のロメロ・フランク選手のゴールは、町田の上手さが光りました。選手達がトントントンとワンタッチワンタッチで繋いで他を寄せ付けないタイミングでシュート!!!!素敵でしたね。

でも、JEFが勝ちましたよ~ (^^♪

解説の都並さんのお言葉「つまらないミスが無ければ、これくらいの試合ができる。」とっても好意的でした。

今日は、勝利を 人´∀`).☆.。.:*ありがとぉ!!

004
014


016

21
024

025


026


028

« 夕暮れの散歩 | トップページ | ゲートの立てつけが悪くて閉まらないし、守ってるはずの味方までが隙間に押し込んでくるし。 »

サッカー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« 夕暮れの散歩 | トップページ | ゲートの立てつけが悪くて閉まらないし、守ってるはずの味方までが隙間に押し込んでくるし。 »