2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

« 2018年5月 | トップページ | 2018年7月 »

2018年6月の投稿

2018年6月29日 (金)

日本代表W杯決勝T進出!!!

日本代表W杯決勝T進出おめでとう!!!

例えが、そこか!?と言われるかもしれませんが・・・・

日本は、J2の中で戦っているJEFの様だと思って応援しています。弱弱JEFに例えるのは申し訳ないのですが、それは、単にどこの国の代表も自分の応援している日本代表よりも格上だと思って応援していますので、そこがJEFと被ります。違いは、それでも強さを発揮できるのが日本代表だったと言える事ですね。

ポーランドとの戦い方は、決勝進出をかけた大一番に下した西野監督の度胸と覚悟なのか、チームとして臨んだスカウティングによるものなのか。あの長い時間稼ぎは、きっとどこかでバッシングはされるだろうと思いました。

増して、負けていたらバッシングは計り知れないものが有ったでしょうね。

進出しても、あの戦術をバッシングしている人は当然いますしね。

ちょっと叩かれたり、ちょっと上手くいかなかったりするだけで落ち込み、落ち込んだ部分を見せないように普通を装っている私を鼓舞してくれたような気がします。

これから、どんな戦い方をするか楽しみです。

他の国の試合は眠気に勝てないのに、日本代表の試合は眠気に負けないと言うよりも、アドレナリンが放出されてもっと見続けたい思えてきます。

睡眠時間が短縮されている筈なのに、目覚めが良いです。

決勝の相手ベルギーは、嘗て≪赤い悪魔≫と呼ばれていませんでしたっけ?今もですか?

昔からの強豪とどんな試合をしてくれるのか、楽しみ以外にありません。

猛暑で多湿の中、短い日程で戦っている選手・監督・スタッフそして現地に応援に行かれているサポーターのみなさんの笑顔を見られれば最高です!

おっさんJAPANでも、西野JAPANでもなんと呼ばれようとも、私は全力を尽くす≪おっさん侍たち≫を応援しています。

実際に、戦国の世で必死に闘いつづけていた侍を見ている気分です。

* 本日関東甲信で梅雨明けの発表がありました。

真っ青な空、強い日差し、夏です!

2018年6月24日 (日)

後半はグダグダで、2-4の敗戦(対松本戦)

前半は、トントンと調子よく得点したけど<JEFは終わるまでは気を許してはいけない。>と自分に言い聞かせていたら、やっぱりその通りになってしまいました。

2-4になった時点でPCの電源を落としましたが、なんとそれ以前に二回も勝手に電源が落ちました。wi-fiにしてからDAZNがプチプチと切れ気味にしか見られなくなってしまいました。

DAZNはもういいかな、無くても。

アウェイの負け試合しか見てないし、お金よりも私のエネルギーがもたないかも。その上今日は、電源を入れ直している間に2ゴールされていましたしね。

2分の間に2ゴールされるって、ドユコト? \(*`∧´)/

プロフェッショナルがああああああ どんなメンタル持ってるの!゛(`ヘ´#)

HU!HU!HU! (呼吸困難)

夫に「2-0を2-4にひっくり返されたのよ。最後まで見る気力が無い。」と愚痴りながらリビングに出て行ったら「JEFサポってホントに辛抱強いよなあ。俺なんか2,3試合見ただけで止めたもん。」と言われました。

そう、何年辛抱したら・・・・・・、こんなサポ人生嫌だああああ

指宿選手、あんな決定的なゴールは入れなきゃダメなんですッ。船山選手をまねてはいけないんですッ。ンモォー!! o(*≧д≦)o″))

それから船山選手は、またハンドを取られましたね。何回目ですか(`Д´)

あのまま続けられたら、大きなチャンスでしたよねッ。

乾選手は、またイエローを貰いましたね。

一試合に一枚貰い続けると、どうなりますか?

(*´Д`)=3ハァ・・・こういう感情をぶっつけていると、また嫌な奴に心臓までもぶち抜かれそうな意地の悪いコメントを書かれそうです。

けど、去年はその直後からチームは持ち直しました。!(^^)!

監督は、主審にクレームを付けていましたけど、選手は誰も、一言も、主審にクレームを付けていませんね。

素敵です。

エスナイデルさんは、嫌いではありませんけど、これだけ負け続けていて短気なJEFUNITED市原・千葉さんが「御引き取り下さい。」と言わない事が不思議です。

J2に降格してから何人目の監督さんかな?

選手に、監督の思い描いたものが描けないのであれば、監督が選手にできる事をさせてあげて欲しいのですけどね。

反町さんは嫌いな監督です。何故なら頭が良さそうだから敵にしたくないのですよ。日本人監督の中の何人かは、とても緻密に頭を働かせられる人がいて、・・・好きなんですけど、嫌いです。ごめんなさい。

次もアウェイ?

苦手の極みアウェイ、克服できるかなぁ。

がんばれ!

2018年6月22日 (金)

ジャカランダの花が満開になりました。

梅雨の晴れ間に、自転車に乗ってジャカランダの花を見に行ってきました。

014
22
19

20

11

キリモドキとも言われている Jacaranda は、ノウゼンカズラ科で原産地はアルゼンチンだそうです。

昨年は、一週間ごとに咲き具合を見ていました。

今年は昨年のように行くついでがありませんでしたので、開花時期に行けないかもと思っていましたが、具合よく晴れてくれました。

今日は、お天気に thank you (^^♪


2018年6月20日 (水)

W杯初戦勝利とマスコミ、他

最初に、大阪地震で犠牲になられた方々のご冥福をお祈りいたします。

登校途中の小学生までが犠牲になり、希望いっぱいの将来を夢見ていたであろうことを思うと、胸が塞がります。

大阪には姪家族がいて、犠牲になられた方と同じ年頃の子もいます。義妹を通じて姪たちの安否を確認し、兵庫の身内の安否も間接的に確認できました。

混乱を避けるために、直接連絡はせずに近い身内にメールをして確認が取れましたし、知らせたい人には私からもメールやラインで知らせておきました。

姪は、子どもたちが休校になって困っていると、呑気な事を言ってたそうで、ひとまず安心しました。ここ何年も、同じような被害が続きどこで何が起きても不思議ではなくなってしまいました。

梅雨時の事ですので、二次災害が起きない事を願っています。

今日は、掌返しの得意なマスメディアがサッカー日本代表がコロンビアに勝った事で大騒ぎをしています。“海外では日本がコロンビアに勝った事で手のひらを返したように云々”と某TV番組で言っていましたが、私はそれは「ご自分たちでしょ?」と思いました。

サッカーを全く知らない進行係(司会者)が、選手を指して「この人が、、、、それからこの人が、、、」と言う言い方をして説明?していましたが、名前が分からないにしても<この人が、、、では無くこの選手が、、>と言うべきではないのかと思いました。日本代表と言いながら、日本代表として戦っている選手達へのリスペクトが有りません。せっかく元日本代表をゲストとして呼んでいるのですから、そのコーナーは彼らに任せて良いのではないでしょうか。

今更<大迫半端ない>を取り上げて盛り上げているようでしたが、サッカーファンには久しく有名なことです。

是非勝って、次のステージに進んでほしいと思います。

「日本では全然盛り上がっていませんので、プレッシャーが無くて良いのでは・・・」と西野監督を熱くさせた記者?がいましたけど、あれは闘志に火を点けるために言ったのですよね?あまりにも失礼なので、逆にそう感じましたが、誰なのか分かりませんが、あの記者?の記事を読んでみたいです。

Jリーグでは、J2、J3のリーグ戦は続いています。

どの選手もこの選手(誰?)も、ファイトを持って戦って欲しいと思います。

Yuuya

2018年6月17日 (日)

勝ったのに、帰りの足の重さよ。

待ち望んだ愛媛戦でした。

同じマンションで一番親しくしている方の故郷が愛媛で、グッピーさん、エーコくん、眞紀人君、ユース出身の竹嶋くんが所属する愛媛。

大好きで親しみを持っている愛媛です。

岡本選手がピッチに出ると出された弾幕!

岡本見参

007
愛媛のみなさんにも愛されていて嬉しいですね。

楽しそうに、生き生きとピッチで弾けるグッピーさん!

JEFへのJEFサポの応援は、自分への応援に変えて戦っていたかもしれません。

005

試合は2-1で勝利しましたが、試合終了まで集中力が続きません。

2-0ではありましたけど、早々と時間稼ぎを始めたのを見て「まだでしょ!早すぎるでしょ。」と思っていました。応援団もそうでしたよね。

そして、やっぱりです!諦めない愛媛の攻撃。アディショナルタイムに一点を返されその後も激しい攻撃にさらされました。これがアウェイでの試合だったら、サポの後押しが無かったら、同点に持ち込まれていたかも・・・そんな感想を持ちました。

何とか勝利を得ましたが、何とも言えない試合でした。

ピッチ練習では、今までにない数のシュートを決めていた選手達に、少し違和感を覚えました。いつもならシュート練習を見て勝利を予測できるのですが、今日はちょっと違いました。シュート練習でよく入っている時は殆ど勝利で終わっていると見ていました。勝ちましたけど、私のいつもの感覚とは違います。

試合の序盤はプレスが効いていましたが、だんだん弛んで行ってたような感じがしました。高木選手のゴールは、遠すぎて誰が入れたのか分かりませんでした。FKからごちゃごちゃとした中でのゴールだったように思います。

それでも、1-0で折り返しました。

後半は勇人選手に代わって旭選手が入りました。勇人選手もファイトあるプレーを見せてくれていましたが、旭選手が入ると一段とゲームが締まって来ます。熊谷選手との相性も抜群に感じます。

今日の2トップは機能していないと思っていましたが、旭選手が入って俄然応援に熱が入りました。気分が違います。

後半15分に、息の合った2トップが追加点を演出してくれました。

この後も追加点を期待しての応援でしたが、クリーンシートでも終わる事が出来ませんでした。

本当に成長しているのでしょうか?

エスナイデルさんの言葉が現実には受け取れません。

今日に関しては、勝つ事が一番重要だったと言う事でしたが、未だに安定したゲーム運びを見る事が出来ていません。いつも不安な気持ちで観ていますし応援しています。

どこのチームもJEFをよく研究してきていると思いますが、JEFは「どこのチームとやってもやる事は変わらない。」と言うコメントがエスナイデルさんです。

それは、相手をけん制する意味では良いのでしょうが、相手を研究して試合に臨んでいるの?と思うことしばしばです。

今日も、もの凄く疲れました。帰る時の足の重さでその時の試合の満足度が分かります。

諦めない気持ちで戦って欲しいです。がんばれ!

015


17


19


024


26


28


32


39
* ヤックスサンクスデーは列が凄かったですね。その割には入場者数には不満があったのではないかと思います。私の周りの方々は、今日の抽選では1000番近い番号しか引けなかったのでヤックスの列に並ぶのは止めたそうです。とは言っても毎年あまり並ぶ人はいないようですけど。やっぱりお土産よりも試合に勝つ事が最優先のみなさんです。

おみやげをゲットできたみなさんは、笑顔でお帰りになられたでしょうか。それもフクアリでの楽しみ方ですよね。

笑顔を分かち合える楽しさがフクアリにはありました。 (^^♪

2018年6月15日 (金)

風の街6月の花

周りのヤマボウシはすっかり花が落ちてしまいましたが、ブロック塀越しに見事に満開の様子には圧倒されます。

Img_0443
淡いピンクの紫陽花

Img_0440
アガパンサス

Img_0436_2

Img_0437
ラベンダー

Img_0448

梅雨時は、どの花もきれいです。

鬱陶しい季節ですが、花に癒されます。






2018年6月14日 (木)

藤の返り咲き、紫陽花の本当の花、ユリ(風の街の花々)

紫陽花という名の装飾花

Img_0425

紫陽花の本当の花(真花)

001


005

002
アナベル
002_2
柏葉紫陽花

004_2

ゆり

011

009


006

Img_0418

梔子012_2
009_2
てっせん

021_2
なつつばき(沙羅)

019

咲き終わった藤が剪定されたと思ったら、なんと返り咲き!

Img_0413

Img_0431
季節を間違えてしまったのでしょうね。

最後に、咲き終わったクジャクサボテンの花を並べたところです。

001_2
今年もありがとう(^^♪

2018年6月10日 (日)

サッカーの敗戦をウィルチェアーバスケット初優勝が心を癒してくれました。

天皇杯でのグダグダ感が、リーグ戦にも持ち込まれた感が全く拭えませんでした。

最悪な試合を続けて見た気持ちを整えるには、何をどうしたら良いのか、ストレスは軽減できるのか考えながらTVの前に座り、先ずスイッチを入れて見ました。

W杯の特集のような番組が放送されていて、解説者の山本さん、寿人選手、前園さん等が自由な形で対話をしていました。

聞いている内に気持ちが落ち着いてきて、番組が終わった後で、偶々ちびまる子ちゃんにチャンネルを合わせると、サッカーの上手なけんたくんが出ていて、ちょっとほっこりできました。

まるこちゃんの友達のけんたくんは、長谷川健太さんですね。初めてまるこちゃんでその場面を見る事が出来て、検証できた気分で嬉しくなりました。(笑)

試合の出来不出来は、実際にプレーしている選手達が一番分かっている事ですし、気持ちを切り替えて応援して行くことしかできないのかなと思いました。

それにしても、セットプレーから2失点とは情けないですよね。

セットプレーで得点できないチームは、セットプレーで失点しない術を知らないと言う事なのかもしれません。

サリーナス選手は、旭選手と話し合ってFKを蹴りました。イエローを出されるんじゃないかと気になるほど時間をかけて得たFKですから、あれは成功させなければいけませんね。少しでも期待できるFKであって欲しかったです。そう思いました。

相変わらずボールを持ってはいても、攻撃まで持って行けないのがJEFですね。

為田選手と清武選手が投入されると、少し得点できそうな感じがしてきましたし、実際に1点を返しましたけど、スイッチをもう少し早く入れないとストレスの多い負け試合を見せられることになります。残念な試合でした。

残念な気持ちの後で、ウィルチェアーバスケットの「三菱電機 WORLD CHALLENGE CUP 2018」の決勝を観ました。

https://www.jwbf.gr.jp/national_team/

オーストラリアに勝って日本初優勝で~す!

及川ジャパンおめでとうございます。

008
あの強いオーストラリアに勝利したんですね。

凄いです。鳥海連志(ちょうかいれんし)選手もずいぶん成長しましたね!

2020年が俄然楽しみになりました。(^^♪

がんばれ!日本!

2018年6月 7日 (木)

天皇杯、お粗末様でした。

ラインメール青森との試合は、本当にお粗末すぎる試合でした。

ガッカリしました。

試合前に選手達が注意しなければいけないと口々に言ってたことが、キックオフ後3分には早くもありました。カウンターからの失点は、後ろに広大な空き地が有ったように見えました。やられるべくしてやられた感がありました。

0-1で折り返しましたが、ピッチを離れて行く選手達に惜しみないブーイングを浴びせました。(言葉の使い方が間違っていますけど、本当に惜しみないブーイングと言う事にしておきます。)

ここで、フクアリに来れなかったSさんとのメールのやり取り

私:負けて折り返す。下手過ぎて話になりません。

Sさん:困りましたね。

実に恥ずかしい試合でした。よく難しい試合になると言いますし、難しい試合でした。と言う事も聴きます。でも、連携が全くと言っていいほどできていないし「練習してる?」「連携連動って分かる?」と声をかけたい気持ちが沸々と湧いてきました。

何て下手なチームなんだろう。遠く青森から来てくれたチームには、格上のチームなのに申し訳ないと思いながら観ていました。

試合に出るチャンスの少ない選手の動きと言うのはこんなものなのだろうか?と思いました。

選手個人個人には長所がある筈ですけど、長所をどこかへ置いてきたようなチームプレーの連続でした。

後半に入って、指宿選手、矢田旭選手が入るとぐっとしまってきました。そして、指宿選手のゴールが決まって同点としました。

此処までにイエロー3枚を貰ってしまいました。

清武選手はイエローが多すぎます。冷静に試合に取り組んで欲しいと思います。

相手はイエローゼロです。素晴らしいです。

そして延長戦突入です。

Sさんとのメール

私:清武ゴール、後半に入ります。

Sさん:頑張れ!PK戦に行きませんように。

私:同点

私:PK戦です。相手はここまでPKで勝ち上がって来てます。

Sさん:失点ですか。

PK戦になりました。

JEFサポ前のゴールで行われました。JEFに有利だと思いました。

1本目:青森が外すと、JEFの1本目はゲリア選手でしたが、大きく外しました。ラリベイ選手は弾かれて失敗でした。

サドンレスの7本目に青森が外した事で、辛くもJEFが勝利を手にしました。

勝利のでんぐりは要求しませんでした。

仕事帰りに駆け付けたTさんも、「でんぐりはしなくていい。」と怒っていました。

一応勝利でしたけど<青森の勝ち>で良いと思えるような内容でした。

優也選手は、PK戦には不向きです。全部反対に飛んでいましたし、自信の無さが態度に見えていました。ヴェルディ時代にボールパーソンに聞いて跳んだら成功したという逸話、ありませんでしたっけ?

間違ってたら、ごめんなさい。

Sさんとのメール

私:PK戦勝ちました。

Sさん:先ずは良かった。お疲れ様でした。ゆっくりお休みください。

22時22分が最後のメールでした。

帰宅は、11時近くになっていました。

フクアリ参戦のみなさん、お疲れ様でした。

次は神戸との対戦?

良いゲームになって欲しいですね。

(ラインメール青森サポ様、遠路お越しくださいましてありがとうございました。)↓

022

033

* PKを決めた為田選手のシュートは、一瞬外したと思いました。

ふわ~とループしたので・・・・

あの度胸は、JEFの選手全員に伝染させて欲しい。

 

2018年6月 2日 (土)

追いつかれての引き分けは、限りなく敗戦気分(対山口)

試合前のみなちゃんとチーバ君!

チーバ君の赤、こんなに鮮やかでしたっけ?

可愛い(^^♪

029

元JEF選手が6名も在籍しているレノファ山口!!!!!!

023
福元選手と壱晟選手(契約の関係)はメンバーには入っていませんでしたね。

意図的に見える弾幕の並びですが・・・・・・一人重要な選手をお忘れです。

鳥養 祐矢選手はJEFユースからJEFリザーブズまで進んだ選手です。昨シーズンは、お子さんを抱いてフクアリの試合に臨んだ選手ですから、忘れないでくださいね。

今日は、アディショナルタイムに追いつかれて引き分けでした。負け試合のような気分です。

ライベイ選手と指宿選手のツインタワーは、今までで一番機能していたように思います。何しろ指宿選手が2ゴールです。

1点目、高木選手の正確なクロスにヘディングで叩き込んでゴール!迫力と言うよりも凄い破壊力だなと思いました。

2点目も指宿選手でした。一度GK藤嶋選手に弾かれたボールでしたが、素早くこぼれ球に反応、長い足を出してコーナー奥上部に蹴り込みました。

迫力がありましたね。“凄い!”の一言です。隣の人と思わず顔を見合わせました。

山口のアド選手は、JEFに居た時よりも格段に上手くなりましたね。山口、最初の得点者でした。

引き留めるのを振り切ってJEFを出た選手には、選手紹介時には基本的に私はブーイングを送りますので、アド君にはブーイングです。

それから、JEFの決まりそうに思えたシュートを、ゴールラインギリギリのところではじき返した鳥養選手のファインプレー。これも迫力がありましたね。

JEFはミスプレーを少なくしないと、どのチームにも勝ち切れないと思います。

アディショナルタイムに同点にされてしまうと言うのは、堪えます。

でも、船山選手の初めての煽りは、一体感を呼び起こしましたね。

これがWIN BY ALL!です。

船山選手が足を攣って倒れ込んだ時、(山口のGK)藤嶋選手がケアしてくれていました。「やっぱり栄介君は性格が良いわね。」とNさん。JEFに居た時から気持ちを汲んだツイートをしてくれてサポーターの人気と信頼のあった選手でした。

一時、フリーになってしまって心配しましたけど、山口で花開いて多くのJEFサポさんは喜んでいると思います。

試合後、ゴール裏に4人で挨拶に来てくれました。(大拍手)この時は、勿論アド君にも拍手!

040
次は、天皇杯です。

ウィークデーなのでフクアリ参戦できないサポさんも多いと思いますが、応援も頑張りましょう!ワクワクできる試合にして欲しいです。

038

« 2018年5月 | トップページ | 2018年7月 »