2018年8月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

« 染色展で会えなかった友 | トップページ | 天皇杯、お粗末様でした。 »

2018年6月 2日 (土)

追いつかれての引き分けは、限りなく敗戦気分(対山口)

試合前のみなちゃんとチーバ君!

チーバ君の赤、こんなに鮮やかでしたっけ?

可愛い(^^♪

029

元JEF選手が6名も在籍しているレノファ山口!!!!!!

023
福元選手と壱晟選手(契約の関係)はメンバーには入っていませんでしたね。

意図的に見える弾幕の並びですが・・・・・・一人重要な選手をお忘れです。

鳥養 祐矢選手はJEFユースからJEFリザーブズまで進んだ選手です。昨シーズンは、お子さんを抱いてフクアリの試合に臨んだ選手ですから、忘れないでくださいね。

今日は、アディショナルタイムに追いつかれて引き分けでした。負け試合のような気分です。

ライベイ選手と指宿選手のツインタワーは、今までで一番機能していたように思います。何しろ指宿選手が2ゴールです。

1点目、高木選手の正確なクロスにヘディングで叩き込んでゴール!迫力と言うよりも凄い破壊力だなと思いました。

2点目も指宿選手でした。一度GK藤嶋選手に弾かれたボールでしたが、素早くこぼれ球に反応、長い足を出してコーナー奥上部に蹴り込みました。

迫力がありましたね。“凄い!”の一言です。隣の人と思わず顔を見合わせました。

山口のアド選手は、JEFに居た時よりも格段に上手くなりましたね。山口、最初の得点者でした。

引き留めるのを振り切ってJEFを出た選手には、選手紹介時には基本的に私はブーイングを送りますので、アド君にはブーイングです。

それから、JEFの決まりそうに思えたシュートを、ゴールラインギリギリのところではじき返した鳥養選手のファインプレー。これも迫力がありましたね。

JEFはミスプレーを少なくしないと、どのチームにも勝ち切れないと思います。

アディショナルタイムに同点にされてしまうと言うのは、堪えます。

でも、船山選手の初めての煽りは、一体感を呼び起こしましたね。

これがWIN BY ALL!です。

船山選手が足を攣って倒れ込んだ時、(山口のGK)藤嶋選手がケアしてくれていました。「やっぱり栄介君は性格が良いわね。」とNさん。JEFに居た時から気持ちを汲んだツイートをしてくれてサポーターの人気と信頼のあった選手でした。

一時、フリーになってしまって心配しましたけど、山口で花開いて多くのJEFサポさんは喜んでいると思います。

試合後、ゴール裏に4人で挨拶に来てくれました。(大拍手)この時は、勿論アド君にも拍手!

040
次は、天皇杯です。

ウィークデーなのでフクアリ参戦できないサポさんも多いと思いますが、応援も頑張りましょう!ワクワクできる試合にして欲しいです。

038

« 染色展で会えなかった友 | トップページ | 天皇杯、お粗末様でした。 »

サッカー」カテゴリの記事

コメント

mattiさん
本当に残念でしたね。鳥海君はまだまだ未熟ですよね。アド君は生き生きプレーしてましたね。
JEFは、チームとしてもう少し安定したゲームができると強くなれそうですけど・・・。
友人の事は本当にショックでした。
もう終活人生中ですけど、良い報告ができるように心掛けたいと思いつつ・・・です。


こんにちは。浦和→山口へ行ってのアドは息子曰くあばれまわってるぞ! お礼弾を浴びないようにと言われてたのに、ものの見事に被弾・・・ FWとしての動き高木大(東京Vユースっ子)との相性も良くこわかったです。泣きたい
A寄りで観戦したので指宿さんのヘッドはばっちり。すばらしい。
後半20分過ぎに鳥海投入。ちょっと監督早いんじゃ…と思ったら、被弾。山口のスタンドは大喜びです。帰り途もオレンジさんに包囲されて。階段登っての帰宅(蘇我や千葉駅)友人としんどーとふうふういいながらでした。家が遠かったよ。

先日いただいたきりぬきすべて読みました。ありがとうございます。
1つ前のブログ御心中お察し申し上げます。私も結構早くに友達を亡くした経験あり。次会う時にいい報告をと思い日々すごしてきました。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1552234/73609651

この記事へのトラックバック一覧です: 追いつかれての引き分けは、限りなく敗戦気分(対山口):

« 染色展で会えなかった友 | トップページ | 天皇杯、お粗末様でした。 »