2018年8月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

« 追いつかれての引き分けは、限りなく敗戦気分(対山口) | トップページ | サッカーの敗戦をウィルチェアーバスケット初優勝が心を癒してくれました。 »

2018年6月 7日 (木)

天皇杯、お粗末様でした。

ラインメール青森との試合は、本当にお粗末すぎる試合でした。

ガッカリしました。

試合前に選手達が注意しなければいけないと口々に言ってたことが、キックオフ後3分には早くもありました。カウンターからの失点は、後ろに広大な空き地が有ったように見えました。やられるべくしてやられた感がありました。

0-1で折り返しましたが、ピッチを離れて行く選手達に惜しみないブーイングを浴びせました。(言葉の使い方が間違っていますけど、本当に惜しみないブーイングと言う事にしておきます。)

ここで、フクアリに来れなかったSさんとのメールのやり取り

私:負けて折り返す。下手過ぎて話になりません。

Sさん:困りましたね。

実に恥ずかしい試合でした。よく難しい試合になると言いますし、難しい試合でした。と言う事も聴きます。でも、連携が全くと言っていいほどできていないし「練習してる?」「連携連動って分かる?」と声をかけたい気持ちが沸々と湧いてきました。

何て下手なチームなんだろう。遠く青森から来てくれたチームには、格上のチームなのに申し訳ないと思いながら観ていました。

試合に出るチャンスの少ない選手の動きと言うのはこんなものなのだろうか?と思いました。

選手個人個人には長所がある筈ですけど、長所をどこかへ置いてきたようなチームプレーの連続でした。

後半に入って、指宿選手、矢田旭選手が入るとぐっとしまってきました。そして、指宿選手のゴールが決まって同点としました。

此処までにイエロー3枚を貰ってしまいました。

清武選手はイエローが多すぎます。冷静に試合に取り組んで欲しいと思います。

相手はイエローゼロです。素晴らしいです。

そして延長戦突入です。

Sさんとのメール

私:清武ゴール、後半に入ります。

Sさん:頑張れ!PK戦に行きませんように。

私:同点

私:PK戦です。相手はここまでPKで勝ち上がって来てます。

Sさん:失点ですか。

PK戦になりました。

JEFサポ前のゴールで行われました。JEFに有利だと思いました。

1本目:青森が外すと、JEFの1本目はゲリア選手でしたが、大きく外しました。ラリベイ選手は弾かれて失敗でした。

サドンレスの7本目に青森が外した事で、辛くもJEFが勝利を手にしました。

勝利のでんぐりは要求しませんでした。

仕事帰りに駆け付けたTさんも、「でんぐりはしなくていい。」と怒っていました。

一応勝利でしたけど<青森の勝ち>で良いと思えるような内容でした。

優也選手は、PK戦には不向きです。全部反対に飛んでいましたし、自信の無さが態度に見えていました。ヴェルディ時代にボールパーソンに聞いて跳んだら成功したという逸話、ありませんでしたっけ?

間違ってたら、ごめんなさい。

Sさんとのメール

私:PK戦勝ちました。

Sさん:先ずは良かった。お疲れ様でした。ゆっくりお休みください。

22時22分が最後のメールでした。

帰宅は、11時近くになっていました。

フクアリ参戦のみなさん、お疲れ様でした。

次は神戸との対戦?

良いゲームになって欲しいですね。

(ラインメール青森サポ様、遠路お越しくださいましてありがとうございました。)↓

022

033

* PKを決めた為田選手のシュートは、一瞬外したと思いました。

ふわ~とループしたので・・・・

あの度胸は、JEFの選手全員に伝染させて欲しい。

 

« 追いつかれての引き分けは、限りなく敗戦気分(対山口) | トップページ | サッカーの敗戦をウィルチェアーバスケット初優勝が心を癒してくれました。 »

サッカー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1552234/73635911

この記事へのトラックバック一覧です: 天皇杯、お粗末様でした。:

« 追いつかれての引き分けは、限りなく敗戦気分(対山口) | トップページ | サッカーの敗戦をウィルチェアーバスケット初優勝が心を癒してくれました。 »