2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

« 2018年6月 | トップページ | 2018年8月 »

2018年7月の投稿

2018年7月29日 (日)

アウェイ、嬉し恥ずかし3勝目!

蒸し暑さの中での大変な戦いでした。

選手は何人も足を攣っていましたが、勝ち点3に拘って勝利を収めてくれました。

きょうは、DAZNも快調でした。

幸せです。(^^♪

新潟はJEFとは逆で、ホームでは勝てていないようです。

実況の方が“千葉は真夏の快進撃を始めます!”と言って放送を閉めて下さいました。

そうなって欲しい~ (*゚▽゚*)ワクワク

開始早々に、為田選手が仕掛け船山選手が冷静に押し込んで待望の先制ゴールが生まれました。

しかしその直後、矢野選手に同点ゴールを決められ、先制からわずか1~2分後また振り出しに戻りました。

その後新潟の攻撃に曝され、立て続けにシュートを打たれましたが、ロドリゲス選手のファインセーブに助けられました。

素晴らしいセーブの連続でした。

後半30分過ぎには、アンドリュー選手がピッチに倒れ腰を押さえてなかなか立ち上がらずボールはいったん蹴り出されたと思います。その後、歩いてピッチを出ましたが勇人選手と交代しました。何試合も90分走り続けていますので、気がかりです。

近藤選手も接触などで何度もピッチに倒れていましたが、最後まで戦ってくれました。

選手達が全力で戦う姿は感動的でした。

「がんばれ!がんばれ!」とPCに写った選手に思わずうちわで風を送っていました。(笑)

後半40分には、為田選手が相手の横パスを奪ってドリブルで駆け上がり、自らシュートを放って勝ち越しゴール!!

後半早々にも同じように、ペナルティエリア傍まで持ち込んで、グランダ―で折り返したボールが走り込んできた指宿選手に届かず、シュートとはなりませんでした。その時、例え外したとしても、自ら放った方が良かったのにと思いました。為田選手自身も感じたのかも知れません。素晴らしいゴールでした。二戦続けての勝ち越しゴール!

為田選手がボールを持つとワクワクしてきますね。

ラリベイ選手に送ったラストパスも、決定的な場面だったと思いましたが、残念ながら外してしまいました。

乾選手との連携は残念・・・

今日は為田選手の日だったと思います。何度もチャンスを作っていました。

為田選手には、お望み通り(カッコいい)チャントをプレゼントしてあげて下さい。(エツ!もう完成してた?!)

今日は、600人近いJEFサポさんが応援に駆け付けて下さったそうです。

蒸し暑い新潟遠征本当にお疲れ様でした。勝ち点3と共に無事にお帰り下さい。

ありがとうございました。

2018年7月28日 (土)

千葉市花火大会

毎年恒例の千葉市花火大会が、今年は金曜の夜に行われました。

雨が懸念されましたが、風もなく静かな夜空に美しい花火が打ち上げられました。

真っ赤な夕焼けの街にやがて夜の帳が降りました。

001
007
やがて夜空を花火が彩り始めました。

9


10


12


14


024


097


2


104
159
技術もさることながら、小さいデジカメではこれが精いっぱいです。

気が付けば200枚以上も撮っていました。

今年も、ゆったりと楽しませて頂きました。

嘗て、パソコンボランティアでご一緒だった方の中に、東京消防庁?を定年退職されて活動に加わっていた方がいらっしゃいました。

花火大会の時は、事故などを考慮して万全の準備をして臨んでも防ぎきれない事があったようで、退職されてからも観に行きたくはない。楽しめない。とおっしゃっていました。

美しい花火を楽しませて頂ける事に感謝しなければいけませんでした。

今年もありがとうございました。

2018年7月26日 (木)

勝ちました~!!!!

フクアリ観客数8983人

連敗続きのウィークデーに集まったサポーターの数に、驚きました。

休暇を取っていつもの場所にやって来たサポさん達。

一か月前に休暇の申請をしたと言う人、高価なクロユニを身に付けて。

「そんなにJEFサポではないよ。」とうそぶきながら休暇を取って来た人。

仕事を終えて後半からやって来た人は、茶島選手のクロユニ姿。

夫々でしたが、JEFを応援する気持ちはみんな一緒です。

土砂降りの讃岐戦を応援して来た人も居ました。みんなクロユニで席に着きました。

サポーターの応援する気持ちに、選手の戦う姿。

今日は、フクアリを盛り上げる最高の雰囲気がありました。

でも、先制点は甲府でした。

FKから、キーパーが届かないところにヘディングで決められてしまいました。

「あ~~~またか?」(_ _|||)  と・・・・目の前でした。

それでも、見ごたえのあるゲームが続いている。と思っていると、すぐ同点に追いつきました。

「浩平」コール後、即「茶島」コールに変わりました。コールに笑いが混じりました。

試合中は、工藤選手と茶島選手がポジションチェンジを繰り返していましたし、体の大きさも同じ位で見分けがつかなかったのだと思います。

茶島選手のゴールでした!!!!

今日は、久しぶりに≪選手達の生き生きとしたプレーを観てる。≫と思いました。

ラリベイ選手がボールをしっかりと足元に収め、次の選手に繋ぐ姿が、今まで以上に目にするようにもなっていました。

以前は、トラップしたボールを取られることが多いと思っていたのですが。

選手同士の距離間が良くなってきているのかも知れません。

工藤選手が一人入った事で、良い方向に向かいつつあるのでしょうか。

DOさんから消えていた笑顔が戻って嬉しいです。キャップテンを辞めて何も発信してくれなくなって不安でしたけど、少しだけホッとしました。

ハイラインの裏に走り込まれることもあって、何度か危ないシーンもありましたが、茶島選手に代わって矢田選手が入り、清武選手に代わって為田選手が入りテンポが変わりました。為田選手のスピードはワクワクします。

逆転ゴールは、相手選手のボールを奪った工藤選手が、矢田選手へ。

そして矢田選手が上げたクロスに、為田選手が大きくジャンプしてヘディングシュート!GKの手の届かない右隅にゴール!

5分のアディショナルタイムに、また何かあったらと不安でしたが、今日のJEFは力強く、勝利の笑顔をフクアリいっぱいに投げかけてくれました。

次もがんばりましょう!

今日の写真

ボールパーソン&ストレッチャーパーソン↓

Img_3037
試合結果↓

Img_3043
勝ちました。
Photo

Photo_3

久しすぎて新鮮なWINNER↓

Photo_2

Img_3063
でんぐり

Img_3067
その後、選手は誰もいなくなりました。

そこへ

Img_3078

2018年7月24日 (火)

フクアリでサッカー観戦を始めて12年、そこで感じた事

JEF市原・千葉がリーグ戦をフクアリで開催するようになって、サッカー好きの私には行く場所が出来ました。

フクアリができる前は、市原と言う場所が遠方に感じていましたのでJEFには興味がありませんでした。

ある日、マンションのポストに阿部勇樹選手のカードが一枚ポツンと入っていました。

そこから、私のフクアリ通いが始まりました。

幼かったPOMを連れて初めて行った試合が対マリノス戦でした。夫も誘って行ってた時期もありましたが、弱いJEFが嫌われ、今は一人でフクアリに出かけています。そこで知り合ったJEFサポさん達との出会いが、私がJEFを応援する一番の励みになっています。

初めて≪この選手は!≫と思ったのは、町田也真人選手でした。

ファンサに、興味の無かった私が初めて千葉神社の必勝祈願に行った時でした。

「去年送られてきたカードは、也真人選手のサイン入りでした。」というと「縁がありますね!」とあの笑顔が返って来ました。たぶん入団2年目だったと思います。

サポーターが言いそうな言葉を選手から言われたことで、この選手は人の心を掴む事を知っている。プロに徹する事の出来る選手では無いかと感じました。

今まで応援してきて、初対面の時の印象が全く変わっていません。

勿論、JEFと言うチームで頑張ってくれている選手全員を応援していますが、也真人選手のファンは非常に多いと感じています。

サッカーファンには、私のように長く年を重ねてきた方も多くいらっしゃいます。サッカー観戦は若者だけの文化ではありません。

そんな私が、JEFに愚痴を書いたり顔文字を使ったりして記事を書いている事に違和感を持っている方もいて、先日のように仕事中に会社のパソコンを使って、投稿者欄をを空白にしたまま憂さ晴らしをしている人にも出会ってしまいました。

少しだけですが、パソコンを操作できる私は、嘗てボランティア活動の仲間とパソコン初心者の方々に指導させて頂いていました。

年長者全てがパソコンに弱いだろうと思って、嫌がらせを書き込む人は少しだけで良いですから認識を変えて欲しいと思っています。

先日のように、たぶん仕事中に憂さ晴らしのために書き込んだのでしょうけど、こんな私にでも個人を特定できそうな絞り込みが出来ました。しませんけど。二度と私のブログを読む事は無い方だとは思いますけど、止めて欲しいです。

時には、不満を書き込んだりしてますけど、その不満に付け込んで憂さ晴らしをするよりも、他にスカッとできるようなことを捜して欲しいと思っています。

因みに、ライン仲間は略身内ですが、スタンプの魅力に嵌っています。買ってまでは集めませんけど、10代のPOMやKAULが送ってくれるスタンプが爽やかでカッコイイ!

私は、これからもJEFを応援して行きますし、ブログも書き続けます。

2018年7月21日 (土)

勝てない

勝てませんでしたね。

その上、毎回DAZN観戦はWi-Fiがズタズタです。今日は特に酷かったですけど、DAZN観戦の時だけ切れまくります。ルーターの本体が悪いのかな?

前の記事(独り言)に、嫌味なコメントがはられましたけど、Wi-Fi専門の会社のPCからでした。ので、専門のWi-Fiについてのアドバイスは、嬉しいですけど・・・。そんな記事をこんなサイトから入って来たと言う事は、JEFサポさん?

今日は、ラリベイ選手のシュートが、相手GKのファインセーブに阻止され続けました。「惜しい!」と言わせるシュートが決まらない時は負ける試合が多いような気がします。

でも、得点の入ったゴールは本当に素晴らしかったですね。

あの瞬間のボレーシュートは、誰にでもできるものではないですね。とっても難しそうなシュートでしたから。

途中から入った工藤選手は、生き生きとプレーしていました。期待したいですね。良い風を届けてくれそうな気がします。

ゴールを決められた時の守備は、あっけなくて、あ~~~と叫んでいる内に決められてしまいました。守備にはそんな脆さを感じています。

でも、すぐに次の試合が有ります。

選手達は、今度こそと気持ちを切り替えていると思います。

水曜夜の試合ですが、フクアリ参戦できない方の分も頑張って応援したいと思います。声はあまり出ませんが気持ちが届くように皆さんの声に合わせたいと思います。

今日は、厳しい気象条件の中で応援して下さったみなさま。ありがとうございました。応援の声は、切れまくったDAZNからでも聞こえていました。

お疲れ様でした。

*今回は、顔文字を入れるチャンスが見つかりませんでした。

 ☆顔文字は若者だけの物ではないですよ.。というよりも、今どきの若者は私と同じような顔文字はあまり使わないでしょ?別の種類があるでしょ?

 ☆(独り言)を読むのならば、広い心で読んでほしいな。

某Wi-Fi会社の方へ (この方のコメントは公開してません。)

*今朝(7月22日)Twitterを読ませて頂いてたところ、“JEFは応援をしてなかった。”のですか?私の耳に聞こえてきた応援歌は同じメロディーの讃岐の応援歌だった?残念です。DAZN観戦もWi-Fiが切れ切れで非常に残念でしたけど・・・水曜夜の試合は応援で後押ししましょう!

讃岐戦直前に出た。Jリーグからのエスナイデル監督の処分

讃岐戦を前に目にしたJリーグの決定。

エスナイデルさんは、4試合の出場停止処分!!!!

二回目の退席処分の重さを身に染みて欲しい。

10代の反抗期でもあるまいに。(≧ヘ≦)(-_-X) 

【ベンチ入り停止試合】
2018明治安田生命J2リーグ
2018年7月21日(土)開催 第24節 カマタマーレ讃岐 vs ジェフユナイテッド千葉
2018年7月25日(水)開催 第25節 ジェフユナイテッド千葉 vs ヴァンフォーレ甲府
2018年7月29日(日)開催 第26節 アルビレックス新潟 vs ジェフユナイテッド千葉
2018年8月4日(土)開催 第27節 ジェフユナイテッド千葉 vs 松本山雅FC

【処分理由】
2018年7月15日(日)2018明治安田生命J2リーグ 第23節(ジェフユナイテッド千葉 vs ツエーゲン金沢)の試合において フアン エスナイデル監督は主審より退席を命じられた。
(公財)日本サッカー協会 競技および競技会における懲罰基準に照らして審議した結果、同監督の行為は、「主審、副審の判定に対する執拗な抗議」に該当すると判断、4試合の
ベンチ入り停止とする。

監督不在で良い結果を出し続けたら、どうなるんだろう?

是非是非勝利を収めて欲しい。選手達自身の為に!

短気な性格が収まってるジェフユナイテッド市原・千葉さん。他のチームならあり得ない処し方ですね。千葉にとっては凄い実力を買っていると言う事でしょうか。

この後

満天の星空の下に輝くフクアリの≪クロユニ≫での初戦は・・・・・

戦いが光り輝くフクアリそのままになるのか。暗黒の夜空になるのか。

頑張れるのは選手だけですから、サポーターは選手を応援するだけですけど、古河電工のユニで臨んだ試合の二の舞にならない事を願うばかりです。

讃岐戦当日に目にした決定処分でした。が、JEFはエスさんの監督としての資質を認めての登用だったのでしょうか。

選手達の頑張りに期待します。

*悪意を感じるコメントは表示しませんので、諦めて下さいね。

2018年7月16日 (月)

試合は3-4の敗戦でみんなの顔から笑顔が消えました。でも引換券でいただいたクロユニは凄い!

毎回笑顔で帰りたいけど、今日も駄目(`Д´)(u_u。)

いや~~~~勝てない。(-_-メ)

どうして?と聞きたいくらい勝てない。

途中はこんな時間もありました。

013
これでも、勝ち切れないのが今のJEFですね。

岡野洵選手は体調でも悪かったのでしょうか?全然動けてないですし、すぐにあきらめて追いかけない。やっぱり変です。

真希選手に代わってから、チームは調子を取り戻しましたけど、それも束の間。相手のカウンターを抑えきれない。どんどん突破されてゆく。オウンゴールあり、アディショナルタイムにPK与えて、で、結局は3-4の敗戦でした。

優也選手は、またPKで逆に行きましたね。苦手なんですPK。

選手達は、天皇杯の神戸戦で≪勝利≫と言う意味では何を掴んでいたのでしょうね。

私には、やっぱり分かりません。

試合終了後、ゴール裏から選手達に、大人しめのブーイングが。それは、ブーイングする気にもなれなかったと言ったところなのでしょうか?

試合後のコメント、、、エスナイデルさんは? ご退席ですか?知りませんでした。大分エキサイトしていたとお隣のNさんが言ってましたけど、もしかして、その時?

選手を置き去りにして、「手におえないよ!」と逃げ出したのでしょうか。

折角、男気のあるアンドリュー選手の嬉しい残留を知ったばかりでしたのに、アンドリュー選手は逃げ出さなかったのに・・・・

ありがとう(^O^)アンドリュー!

次は、勝てるのかな?

どんな相手でも勝てないような気がして・・・・いまのJEFに漂う負のエネルギーを吹き飛ばす術はあるの?

物凄く頑張っている選手もいるのですけど、連動に付いて行けない選手もいて、モタモタ感が拭いきれないまま時間切れ。高木選手が去った穴は・・・・高木選手の穴を繕って!!!!

JEFも日本代表のように日本人監督さん  、、、それを言ってはいけないですね。たぶん。まだ成長途中のチームだから、きっと、、そうならいいのになあ。

場外DJのふうみんさんが、「今日は途中でお帰りになった方も居て、、、、」これだけ勝てないとやっぱりそう言う事なんですよね。

兎に角、一勝を!

016

021

がんばれよーーーー

がんばれ!!!!

引換券で頂いたクロユニ↓

Photo

前後に12の数字です。

高価なクロユニと一見、見分けがつきませんでした。

個人的には今日の一番は、このクロユニかな。このアイデアを考えて作って下さった方ありがとうございます。昨年の黒い長袖は、非常に好評でした。普段使いに、素直にカッコイイと言われました。欲しいと言われました。

あ~それにしても、勝ち星は流星なのだろうか?

*嫌味なコメントは表示しませんので、諦めて下さいね。JEFに愛を!

2018年7月12日 (木)

ズタボロだったのに、手ごたえがあったの?(天皇杯3回戦)

黙祷

水害によりお亡くなりになられた方々のご冥福をお祈り申し上げます。甚大な被害に遭われた地域の皆様には一日も早い復興をお祈り申し上げます。

個人的には、愛媛ご出身の方から毎年新鮮で美味しい柑橘類をお裾分けして頂いてます。先日も新製品を頂いたばかりでした。明日お会いすることになっていますので、何かお力になれるのであればと、申し出をさせて頂こうと思っています。

天皇杯

ズタズタでボロボロの試合でした。

パスがワンタッチワンタッチで繋がれるのを見乍ら、日頃練習試合もさせて貰えない選手達の姿が痛々しくさえ見えました。

これがJ1とJ216位の差です。

増嶋選手がエベルト選手に声をかけているようでしたが、気が付きもせず進めて行く様子に苛立ちを見せているのを眺めて、大きな溜息が出ました。

岡野選手は、迷いながらボールを持っているようでしたし、ゲリア選手は思っている以上に走らないし、ラリベイ選手はPKを止められてショックを隠せず、バタバタと点を入れられ続けると選手の落胆ぶりが手に取るように分かると言う悲惨さ。

清武選手と交代したラリベイ選手は、連戦で疲れ果てているように見えました。もう少し早い交代を!

そんな中で、よく走っていたのは茶島選手でした。

足を攣る姿をよく目にしていたのですが、このゲームでは素晴らしい姿を見せてくれました。

為田選手は相変わらずで、相手をおちょくる(からかう)ように遊んではボールを奪取されると言う顛末、その繰り返しでした。PKを貰った部分は良かったのでしょうけど、もう少しcleverにやって欲しいと思います。

優也選手は、ゴールを全く止められないのではないかと思ったほど、駄目な気がしました。

最後に、挨拶に来た選手達に拍手を送っている人がいましたけど、私には理解できません。あんな試合に拍手を貰ったら逆に恥ずかしいだろうと思います。“バクスタの野次おじさん”が大声でどなっていました。何を言っているのか分かりませんでしたけど、その人の方が正直かも知れません。

私は、この惨状を目の当たりにしても惨めな気持ちにもなれません。

帰宅した私に夫が例のごとく「今日は如何だった?」と言うので「ズタボロフェアー」と言ったら「クッッ」と笑いを飲み込んだようでした。

ゴールを決められる度に選手のテンションの下がり具合が・・・

でも、エスナイデルさんも選手達も手ごたえを感じているのですよね!

ずぶの素人の私には、全く手ごたえを感じる事はできませんでした。先日の大宮以上に実力差を見せつけられたと思っています。

この感覚の差は、何なのでしょう?

JEFは勘違いしたままリーグ戦を戦って行くのでしょうか?それともこの試合が上昇のきっかけになるのでしょうか?

考えても分からないので・・・・。

写真をアップします。

014

6


9


16

028


030


033

2018年7月 8日 (日)

ワンパターン攻撃で惨敗(対大宮)

JEF対大宮戦の感想前に

地震で在来線にも影響があったと思いますが、遠路フクアリまでいらした両チームの皆さんは、ご無事にお帰りいただけたでしょうか。

私は、蘇我駅改札前に差し掛かったところで一斉になったアラームで知りました。揺れには全く気が付きませんでしたが、一斉になったアラーム音に「怖い!」と言う子供の声が聞こえてきました。

京葉線は、「確認ができましたので、予定通り 運行します。」のアナウンスがありました。通常一人で帰っていたのですが、Nさんが息子さんとの待ち合わせと言う事で総武線から京葉線に変えて一緒に降車駅へ。

帰宅すると「怖かったよー!」と夫。

怖かったらしいです。大分揺れたようです。

さて、私の応援するJEFの試合ですが、希望が消えかかっています。(すみません。あくまでも、私個人の希望です。)

前半にラリベイ選手のゴールで先制点をあげましたが、前半終了前に1-1の同点にされて折り返します。

今回も前半は良かったと言うエスナイデルさんや選手のコメントですが、聞き飽きました。後半は惨敗です。

ボールの動かし方を見ていると、ワンパターン!

横パスが多く、特に後半は簡単にボールを奪取され、挙句、ミスパスで自滅の道を走り続け、高木選手の抜けた穴も埋めきれず、同点にされた時の選手達の心の揺れが大きすぎて見るに堪えられません。

前節、何とか栃木には勝ちましたけど、大宮対JEFはJ1降格TEAM対J2中ほどを下降気味に突き進んでいるチームと言った体でした。

非常に残念な状況に思えました。

どんなに楽しいイベントを考えて実行してくれても、こんな試合をしているようでは観客数は伸びません。私の気持は一緒に応援する仲間の皆さんがいて下さっている事が支えになっています。

チームは一丸になれているのでしょうか?

同点にされた時点で、萎えて失点を重ねてしまう癖?を見てしまうと、一丸になっているとは思えないのです。

監督とコーチ陣の和であったり、選手と指導者の信頼関係であったり、選手達の目線であったり、外野席の噂話であったり、気が散り過ぎて不安が高まって来ます。

そんな中JEFサポさん達のツイートの前向きさが、一筋の光明にも見えてきます。

次は、水曜日の天皇杯神戸戦です。

チケットは買いました。どこから見ても非力の私が応援に行きます。

J1神戸を本気にさせるような試合をして欲しいと思います。

がんばれよー!*(>k<)* フレェ~ フレェ~

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

怪我で離脱中の也真人選手に向けての応援↓

003
元気なボールパーソン&ストレッチャーパーソン↓

006
がんばれ!

015

みなちゃんは頑張りました!

Img_0504


2018年7月 1日 (日)

鬼門のアウェイを苦労しながら通過(対栃木)

今日も一人、DAZN観戦でした。

今回もDAZNは、断りもなく一度ダウンしました。

理由を考えてみても、私の思考回路では答えは出ません。無理ですね。

今日は、アウェイと言う鬼門に勝てるのか?勝ちを意識しないで観る事にしました。

ところが、前半の早い時間帯に、茶島選手の正確なクロスがラリベイ選手の頭へ!

すると、頭をキュッと振って難なくゴールを決めてしまいました。

「簡単に決めちゃった!」

しかし、その後が続きません。決定力不足と言うのでしょうか。為田選手も指宿選手も茶島選手も、その誰か決めきれていたら楽な試合になったでしょうけど、後半戦は結構苦労していたと思います。

唯、船山選手のファイトにはちょっと驚くものが有りました。足が速いイメージは全くないのですが、茶島選手が足元から浚われたボールを猛ダッシュで後ろから追っていったのが船山選手でした。アンドリュー選手と挟み込むようにして奪い返し危機を脱しました。唯、全般的に大分エキサイトする場面がありました。

古巣と言う事もあったのでしょうか。いつもは、もっとクールですよね。

茶島選手は、今日も足が攣るほど走りました。

船山選手も攣っていたかもしれません。

1-0で久しぶりのクリーンシートを、喜ぶべきなのでしょうね。あまり良い出来だとは思いませんけど、がんばっていたんだと思います。

もう一つ、唯・・・・、と言いたい事は、岡野選手の危なかったシーンがありました。

微妙な手の使い方はダメです!

VARが導入されていたら、PKだったかもしれないようなプレーでした。

手を使わないで!!!!(#`Д´)

でもでも、アウェイで勝ちましたねぇ(^^♪

現地応援のみなさま、お疲れ様でした。ありがとうございました。ずっとずっとJEFの応援が聞こえていました。フクアリの様でした。素晴らしい応援でした。

今日で、シーズンの半分が終わりました。勝利して折り返しました。そして次は、フクアリから始まります。前期は下り坂でした。後期はグングン上って行きましょう!

W杯一次リーグを駆け上がった西野JAPANのような、選手は監督を信頼し監督は選手を信じて戦えるチームの完成を期待しています。

選手達が懸命に頑張る姿を楽しみにしています。応援も頑張ります!

WIN BY ALL!

« 2018年6月 | トップページ | 2018年8月 »