2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

« 2018年7月 | トップページ | 2018年9月 »

2018年8月の投稿

2018年8月26日 (日)

JEFは、選手から見たら魅力的なの?この成績でもほとんどの選手が残ってくれてる。

加入したばかりの下平選手の先制ゴールは、前半10分でした。

初め、遠くのゴールで誰が入れたのか分かりませんでしたが、下平選手と分かり、感嘆の声と共に再度大拍手が起こりました。

ところが、先制点をあげても不安に駆られながら応援をしているのが現状のような気がします。

JEFの安易なパスミスが目に付きましたし、大きな横揺れのようなボール回しには、怖さがありません。内側で守っているヴェルディの選手達の動きを観ていると、体力の消耗さえ感じませんでした。

足元への寄せの厳しさには、かなりの差を感じながら観ていました。東京Vの寄せの鋭さには勝つ気力を感じましたが、JEFの足元への寄せは鈍く、かなりフリーにボールをうたせていました。たぶんですが、負ける気がしなかったんじゃないかと思います。

試合終了後のコメントで、選手達は修正と言う言葉をよく使っていますが、毎回同じような内容になっていないでしょうか。結局修正はできない。つまり練習でしっかりと落とし込めるような指導はできていない。そんな気がします。

相手は、JEFに合わせて即座にシステムの変更ができて落ち着いて対応できるようですが、JEFと言うチームはゴールを決められるとなかなか切り替えができないようで、失点を重ねています。

どんな違いが有ってそうなっているのか?

観ているだけで、サッカーの分からない私には疑問が残るだけです。

2点目のゴールは、矢田旭選手の素晴らしいフリーキックでした。終了10分前位だったと思います。

ボールの前に、船山選手と旭選手が立っていました。“お願い!旭選手が打って!”と両手を合わせていました。

良かった! 隣の人と目があって・・・同じ気持ちだったようです。

船山選手は活躍もしていますが、殊シュートに関しては××です。逆にチャンスを逃すことが多いですから。

也真人選手が入った後半に、ゴールマウスの中央付近で相手選手が前に並んで立ちふさがる中、シュートを打って大きく外した場面がありました。ゴール脇まで走り込んでいた也真人選手が、“ここにくれよ!”と言いたげに、悔しそうに手を振りおろしていました。

時に我が出過ぎる気がします。落ち着いて他の選手を利用して欲しいと思った場面でした。

それにしても、JEFでは殆どの選手がチームに残りましたね。

アンドリュー選手の気持は嬉しいですけど、他の選手はどんな気持ちで残ったのでしょうか。

どんな魅力があるのでしょうか?

こんなチーム状態になっているのは、戦っている自分達の責任だと考えているからでしょうか?

とにかく、今は、戦ってくれている選手達を一生懸命に応援するだけですね。

実は、昨日の午前中に脳貧血を起こしフクアリに行けないのではと思いましたが、午後2時くらいには完全に回復し4時半の電車に乗って出かけました。

自分が如何言う状態に陥っているのか夫に説明すると、基礎知識を持っている夫に脳貧血だと言われました。

フワフワしている状態で、心臓がどきどきしていました。

心臓が速いのは、脳に血液を一生懸命に送っているからだと言われました。

夫から説明を聞いて安心できた事が、倒れるまでには至らなかったのかも知れません。今年の暑さは特別ですからね。どうぞ皆様も、お体にはお気を付け下さい。

その後、大変なことに気が付きました。

毎年7月中に届いている健康保険証が、8月も終わりかかっているのにまだ、届いてないんです。こんなこと初めてです。月曜日にさっそく電話します。

千葉市さんごめんなさい。

電話で調べて頂いたところ、例年通り7月15日に届いていました。

夫がいつもの場所ではなく、最重要書類の中に入れてしまってました。

申し訳ございませんでした。そして、係の方ありがとうございました。

また、先日は、友人に誘われて今年初めてユナパに行ってきました。

友人には、選手の似顔入りの小さなゲーフラをプレゼントしてあったのですが、友人がサインをお願いしたところ、「それ、欲しい!」と言って下さいました。作って差し上げる約束をしてきました。これは、違うと言われないか心配して、友人の後ろに隠れ気味にして見て居たのですが、嬉しい一言でした。「私にも選手に喜んでもらえることができる。」

さあ、まだまだ諦めずにJEFを応援するぞー!

003

020

2018年8月20日 (月)

2018年車椅子バスケット世界選手権大会開催中(及川ジャパン)

8月16日からドイツのハンブルクで「2018車いすバスケットボール世界選手権大会」が開幕
https://www.jwbf.gr.jp/ 

イタリアに58-50、ヨーロッパチャンピオンのトルコに67-62と、1戦2戦は逆転勝利、続く3戦目リオパラ5位のブラジルには、61-69で負けてしまいましたが、8月22日(水)決勝トーナメント一回戦が有ります。迫力ある素晴らしい試合をしている日本代表の応援をよろしくお願いします。

Ok

ヘッドコーチ及川晋平さんは、千葉市美浜区高洲1中出身です。(右)

アシスタントコーチ京谷和幸さんは、JEFの前身(古河)のサッカー選手だった方です。(左)

同い年で熱い二人の下でプレーする選手達は、東京パラリンピックに向けてベテラン、中堅、台頭してきた若手とバランスの良いチームになっています。

031

berry hard work!

素早いトラジション

“自分達のやって来た事をコートでできなければ、勝ちには繋がらない。”

“世界が日本に合わせてくるならば、その上を行けば良い。”

選手達に課せられてる事が、、、、、、。

(どこかのサッカーチームにも教えてあげたいなぁ。)

スピードに乗ったカウンターが、見事に決まった時は、また格別ですね。

2年前に観戦した時に比べると、フリースローの成功率が確実に上がっています。迫力ある車椅子バスケットは、非常に魅力的です。

17歳だった鳥海連志(ちょうかいれんし)選手が19歳になり、とても逞しい存在になっていました。素早い動きに加え、積極的なフリースローも目立っていました。

Photo_2

Photo

BS4で放送されます。

及川ジャパンの応援よろしくお願いします。

2018年8月18日 (土)

水戸は勝つべくして勝ったんですね!

「勝つべくして勝った。」と言わしめましたし、長谷部さんの自信を強固にさせてしまいました。

水戸の選手達の心に火を点けましたね。一番JEFにいて欲しかったコーチでしたが、その長谷部さんに負けて本当に残念です。

エスナイデルさんは、長ーいお休み中に何か考えていたのでしょうか?

サッカー能をフルに活用しても、チームを立て直す方法は考え付かなかったのかなぁ。

町田戦で感動したのは、具体的に何に感動したのでしょう?

絶え間なく聞こえるJEFの応援歌に感動した!?

今日も応援の声が良く聞こえていました。特に後半戦は。

現地応援の皆様お疲れ様でした。ありがとうございました。

JEFの決定力にも火を点けて欲しいな。エスナイデルさんお願いします。

乾選手は、投入直後にまたイエローを貰いました。イエローが多過ぎます。乾選手。

今日の収穫は、也真人選手がピッチに戻って来てくれた事だけです。

町田戦を観乍ら描いていた絵です。3日前に描き上げました。間に合いました!fight!!!!!

10

2018年8月13日 (月)

連続3PKで同点に追いつく!!!

ツイッターで'勝ち点3を取りに、これから町田に行くぞー!’と誰なのかも分からないJEFサポさんが叫んでいると「行って来てねー!」と心の中で叫んでしまう。(笑)

勝利はみんなの願い。

現地へ応援に行って下さる方にはいつも感謝です。

町田は、J1チームから期限付き移籍中の選手達が良い役割を果たしているのかなと、思いましたが、よく走るチームですね。特に前半を観ていたら、戻りが速い。そこが負けてる一番のウィークポイントのような気がしました。

解説者は、町田を良く鍛えられていると言っていました。

下平選手は、マリノスから来てすぐにスタメンなんですね。名前だけは知っていましたし、まさか、来てくれるような選手ではないと思っていましたので、期待大です。

今日は、町田には得意なセットプレーで先制されましたがオウンゴールでした。でも、あれは鳥海選手を責められない。と解説者の方が言ってました。

その後入れられた二つのゴールは、素晴らしかったですね。そのゴールシーンで、私は、今日の試合は諦めました。

PCの前を離れ、絵を描き乍ら遠目でPC画面を眺め実況の声を聞いていました。

ラリベイ選手が、前線で一人残され町田の選手に囲まれて、味方が援護できない状況が多かったと思いますが、後半から矢田選手が入りその後ラリベイ選手に代わって指宿選手が入って、チームが少しづつ変わり始めたと思います。でも、まさか、、、、3連続PKで追いつくなんて・・・・劇的過ぎて描きかけのスケッチブックを胸に抱えたまま「こんなことってあり!?」思わず声に出していました。

なのに、3回目のPKで欲が出てきました。

急に元気が出て“o(^∇^)oワーイ♪がんばれよ~!”

惨敗を予想していたのですから、引き分けでも嬉しいのに・・・・同点に追いついた時点で、勝って欲しいと思っていました。

JEFは、セットプレーをものにできるようになると、勝ち点が上がるんですけどね。時間間際のせっかくのセットプレーでしたのに、そこが残念でした。

エスナイデルさんが現地サポさんに感謝していましたけど、サポさん達の応援は 凄かったですね。まさにWIN BY ALL!

現地サポさんの諦めない応援が、確実に選手の後押しをしましたね。

引き分けでも感動でした。

ほんとに o(*'▽'*)/☆゜'・:*☆ありがとうございました☆

次は、アウェイでの勝ち点3に期待します。

(苦労して描いた渾身の一枚、森進一さんではありません。)↓

Photo

2018年8月 7日 (火)

立秋

立秋(@´ー`)ノ゙ ゃぁ♪

涼しいですね~

窓を開け放しておくと、寒いくらいすが、ほんのご挨拶に涼しさが立ち寄っただけのようです。

また暑い日が続くと思います。

若い方でも、体調を崩す人が結構見受けられます。

松本戦の時に、フクアリでご一緒だった方(男性)が、体調が悪いと途中から座って観戦していました。私が途中で少し座ったのは、単に体力の所為です。(笑)

職場と家庭内の冷房を23度に設定してあるために、外出時にはくらくらするほどだそうです。この設定、どんなものでしょうか?23度設定でも動き回っているので、、、とおっしゃっていました。

因みにわが家は、海風の通りがよくカラッとした風ではありませんが、余りエアコンは使いません。時々除湿にして過ごしています。でも、今年はその頻度が多くなっています。

先月、娘の友人が辛子明太子を届けに来てくれくれました。年に2回のプレゼントです。千葉を離れて暮らしている娘よりも、私との接点の方が多いのですが、会社で二回ほど倒れた。と言っていました。たぶん熱中症だろうと言う事でした。

最初は誰もいないトイレで、目の前が真っ白になって倒れた。と言っていましたが、心配しています。もう少ししたら、私から連絡を取って見ようと思っています。

友だちか!と言われそうですが、友だちです。いろいろと・・・・(笑)

昨日は、夫が高血圧症の定期診療の為にかかりつけのお医者さんに行ってきました。先生はご高齢のために、今年いっぱいで引退廃業を決めています。完全予約制ですが、かかりつけの方は飛び込みも可能になっています。

夫の前に、飛び込みで来た方は、エアコン使用奨励を実証して冷やし過ぎて熱を出したと言う高齢の女性だったそうです。

先生の弁「水を飲めと言われて、水を飲み過ぎて下痢をしてやって来る人、就寝後朝まで冷房にして熱をだす人、様々です。」苦笑気味に言われたそうですが、全てほどほどが良いですね。

老齢になるとほどほどが分からなくなって、お医者様のお世話になると言う事のようです。若い方でも、日頃の体調管理が大変そうですから、程々を覚えたいですね。先日の松本戦の日に、大型スーパーでいつものスポーツ飲料を買って行こうと思ったのですが、棚がガラガラと言うよりもいつもの飲料水は皆無でした。千葉は大変な季節を迎えています。

健康管理を徹底しましょう!(私自身へのアドバイスです。)

2018年8月 5日 (日)

目の前で観たクロスの精度が悪すぎて、、、、

“フクアリを#ソメアゲロ”のクロユニは全体のナンパ―セント染め上ったのでしょうか?

1

松本戦は、キックオフ前に救急車の出動が有りましたが、特に待機列には“水シャワー”が必要だと思います。簡易水シャワーの設置はできないでしょうか?

対策が必要だと感じています。

さて、前節はガンガン攻められながらも勝ち切ったJEFでした。新潟の試合ぶりは、JEFがしてきたことを見せられているようでした。

松本との前半、相手のハンドでPKを得て先制!

前半終了間際に日本代表よろしく後ろでゆるりゆるりと左右にボールを回し始めたと思ったら、あっさりと、松本の狙い通りに同点のゴール!

前田選手は、水戸在籍中から要注意選手の筈だったと思いますが、DFがあそこで気を緩めていた理由は何だったのでしょうか?

目の前の光景がショック過ぎて声になりません。私達は顔を見合わせるだけでした。

気持もゆるりゆるりと終わりを迎えたかったのかも知れません。が、松本がそんなに甘いチームじゃないでしょ!反町さんのチームですよ。

勿体無い同点弾でした。

後半戦は、如何戦術を変えて来るのかと思っていたら、上手く変えてきたのは今回も反町さんでした。

またですか!

反町さんのサッカー能をJEFにも欲しいですね。意地悪なお口は要りませんけど。

欠点をガンガン突いてくる反町チームに連続失点して、後半戦間もなく1-3と逆転されました。

JEFは、反撃しているのか?ボールを持つ時間は相変わらず上を行っているけど、松本は省エネを継続しながら、ここぞと云う時に狙いを定めて反撃に出てきて、あっという間にゴールを決めてしまいます。

JEFにはそれができていない。

パスを回しているだけのチームには怖さが有りません。応援しながら間怠こっさを感じるだけです。

終了間際に、指宿選手の素晴らしいヒールキックが決まり2-3となりました。が、そこまででした。

為田ー指宿コンビは得点を稼げそうですが、監督の采配次第ですね。得点に絡める選手を上手く使って欲しい・・・采配云々は素人の戯言ですが、勝ち切れないゲームを選手自身はどう考えているのでしょうか。勿論監督に従う事が前提ですが、、、

浮上できませんね。

勝って、喜ぶみんなの顔が見たい!

次!頑張りましょう!!!!

004

選手に激励の言葉をかけています!
010
014

2018年8月 3日 (金)

火星、浜木綿、 街の自転車屋さん

火星が大接近していると言うので撮って見ましたが。

5
これが精いっぱいの物ですが、思いっきりズームして撮ってみたらふやけたクッキー!?

Photo
同じ日、赤い月が時間が経つと白く・・・

赤い月は醤油お煎餅みたいでした。

7
9
出始めた月も肉眼では赤く見えたのですが?

002
真夏の寝苦しい夜の一時でした。

ここで爽やかな浜木綿を!

駐車場の傍らに毎年花を咲かせます。

Photo_2
夜も日中も暑くて徒歩で出歩く事が、苦痛になっています。

日頃は運動不足を解消するために、駅前のショッピングセンターまで歩くのですが、自転車で行く事にしました。

自転車屋さんでタイヤの空気を充電中に、お店のお兄さんが来て前輪を手伝ってくださいました。

そして一言「タイヤが割れて来ていますので、パンクしますよ。」

私「後ろはどうですか?」

お兄さん「もっと、酷いです。両方交換すると八千円くらいしますので、買い換えた方が良いです。」

私「その時は、そうします。」

いつもと違って、お店の前はタグを付けた使用中とみられる自転車が沢山並んでいました。

(これっ、お兄さんのお仕事ね!)

ちょっと手を貸して、ちょっと声をかける。商売上手であり、安全に貢献しています。

以前の店主は、不親切でした。

双方に良い効果が出ていそうな気がします。

私は、この自転車が機能しなくなったら、自転車は止めようかとも考え中ですが。

知り合いの方で(後期高齢者)「車は乗らない事にしたの。足が痛くても自転車は乗れるから自転車にしたの。」

私から見ると、かなり危険です。

以前、足が痛いからと電動自転車で外科に行く途中に、黄信号で強引に渡ろうとした車と接触事故を起こした方がいらっしゃいました。

漕ぐ力が弱くなって電動に代えるとか、車の運転は止めて自転車に代えた。

と言うのは、勘違いしているように思います。

事故にあった方は、同じマンションの方でしたので、たまたま居合わせた私が事故処理を終えた自転車をお預かりして持ち帰りました。救急車にのりましたが、幸い怪我はなったようでした。

記憶も薄くなりがちな方の様でした。

とっさの判断力と、機敏性が落ちている自覚をしないと、、、、

後期高齢者ではありませんが、私も、自転車を辞める時期を考えています。

« 2018年7月 | トップページ | 2018年9月 »