2019年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

« 2019千葉銀カップPKで勝利! | トップページ | ホーム初戦はボロボロ »

2019年2月24日 (日)

開幕戦は、胃を押さえながらのDAZN観戦でした。

楽しみにしていた開幕戦でしたが、前半に旭選手と茶島選手の二人が負傷交代すると言う波乱の幕開けとなってしまいました。

昨年の一発退場とどう違うかと言えば、今節の負傷交代はチームにどう響いてくるかのと不安になってくる部分です。解説者の方が芝生の長さが足に負担をかけていたのではないかと言っていましたが、芝生に合ったスパイクを推奨してくれるコーチなりスタッフなりは居ないのでしょうか?

(ベラスケス選手と本田選手も万全では無いと実況の方が・・・)

旭選手も、茶島選手もよく走る選手ですから負担が大きかったのかも知れません。長引かない事を祈っています。ご本人が一番悔しいでしょうし辛いと思います。

失点が無かった事は、昨シーズンから成長したことなのかも知れませんが、攻撃に関しては愛媛の方が楽しそうでした。

JEFには、攻撃に物足りなさを感じましたし、外国籍の選手は全員イエローを貰いました。これはショックです。彼らの中のイエローは、Jリーグでのイエローとは何か違いがあるのでしょうか?

一試合でイエロー4枚。

愛媛は岡本選手のイエローが一枚。

全部JEFのイエローのような気分です。

攻撃の時間帯が極端に少なく、逆に愛媛に攻め込まれる時間が長く感じられ、胃を押さえながらの観戦となりました。

勝ち点一は掴みとれましたが、ストレスの多い試合でした。

それでも、アウェイのスタジアムながら、JEFの応援の声が力強く響いていたと思います。PCを通じて伝わって来ました。

ありがとうございました。お疲れ様でした。

ホーム初戦は楽しみたいですね。

*記述するまでも無いとは思ったのですが、スコアレスドローでした。

私が一度見たいゴールですが、寿人選手と船山選手のツートップで船山選手が相手を惹きつけて置いて裏へ脱け出した寿人選手に堀米選手が正確なクロスを上げて≪ゴーーーーール!≫

広島を思い起こすようなゴールですヽ(´▽`)/

« 2019千葉銀カップPKで勝利! | トップページ | ホーム初戦はボロボロ »

サッカー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 開幕戦は、胃を押さえながらのDAZN観戦でした。:

« 2019千葉銀カップPKで勝利! | トップページ | ホーム初戦はボロボロ »