2019年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

« JEFキックオフフェスタ 2019 | トップページ | 開幕戦は、胃を押さえながらのDAZN観戦でした。 »

2019年2月17日 (日)

2019千葉銀カップPKで勝利!

新加入の選手のみなさん‘カッコイイ’ですね!(プレーの事です。)

どの選手も、楽しそうで躍動感が凄い!

いつものように、春と共にサッカーシーズンが到来しました。

この時期は、毎年期待に満ちています。

昨年は、J214位と最低の順位でした。

毎年、今年こそという思いで応援していますが、J2に降格してから数え切れないほど年を重ねました。

数え切れないほどの年月なので、自分が年をとったことも忘れそう。一年でJ1に復帰すると言っていたのですから、私はまだ一歳も年を取ってい無さそうだなんてね・・・。時計が止まったままのような、それなのに柏レイソルが同じカテゴリーに・・・時空が可笑しくなった・・・?

今日は、待ちに待った千葉銀カップ!

昨年惨敗した相手に、PKとは言え勝てました。

いい感じにリズムを掴み始めていたのですが、先制は柏でした。

カウンター攻撃からシュートを撃たれると、増嶋選手がクリアしようとした足に当たってコースが変わり、優也選手の足の上を通り過ぎてゴールに吸い込まれました。

得点できそうな感じがしていたのに先制されました。

解説の宮澤さんが、堀米選手と茶島選手のスピードに注目していました。堀米選手のドリブルを何度も口にしていました。スカッとするようなドリブルに正確なCKに、ワクワクしました。

そして、先制されて数分後だったと思います。

JEFがCKを獲得すると、堀米選手がボールをセット、その正確なキックをヘディングシュートで同点としたのはエベルト選手でした。度肝を抜くような豪快なシュートでした。

この試合で、エベルト選手とゲリア選手のチームへのフィット感が凄まじいと感じました。

後半も再び、堀米選手のCKからアラン選手が勝ち越しの二点目をたたき込みました。

堀米選手の凄さとエベルト選手にアラン選手の豪快なゴールにと、楽しい週末の訪れは、千葉銀カップが始まりとなりました。

新加入のクレーベ選手も期待だけです。

柏のオルンガ選手の怪我の具合はいかがでしょうか。心配です。

何年前だったでしょうか?

千葉銀カップで米倉選手が負傷して、長期離脱した事がありました。

(米倉選手の怪我は、増嶋、、、、?)

お互いに激しい競り合いをしていましたので、本当に心配です。大きな怪我ではない事を祈ります。

結局PKで決着となりましたが、楽しい二時間でした。

選手のみなさんおめでとうございます。

現地応援のみなさん、ありがとうございました。

2019年シーズンの幕開けです。

楽しみましょう!

*堀米選手、赤ちゃんのお誕生おめでとうございます。

« JEFキックオフフェスタ 2019 | トップページ | 開幕戦は、胃を押さえながらのDAZN観戦でした。 »

サッカー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2019千葉銀カップPKで勝利!:

« JEFキックオフフェスタ 2019 | トップページ | 開幕戦は、胃を押さえながらのDAZN観戦でした。 »