2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

« 2019年2月 | トップページ | 2019年4月 »

2019年3月の投稿

2019年3月30日 (土)

≪覚悟≫を持ってピッチに立った選手達の初勝利!

江尻監督が何度も口にした≪覚悟≫と言う言葉。

≪覚悟≫を持ってピッチに立たせる作業をして、本当の意味での≪覚悟≫を彼らに持たせたい。

嘗て、長谷部さんが≪心に火は点いているか?≫と言った事と重なりました。

これは、選手だけでなく応援する側もそうあるべきだろうと心に留め置く事にしました。

それから、また一人、、、、(-_-メ)

試合開始前に勇人選手が負傷しました。

筋肉の質をよくするだけの食事改善だった?日本人に合う食事が、他に有りそうな気もしますけど。

勇人選手に代わって田坂選手が急遽出場となったようですが、頼もしい存在ですね!

複数のポジションをこなせる選手がこれからの時代は必要だと思いますし、エスナイデルさんはそこを選手達に要求していたと思います。

田坂選手にとっては、もともとのポジションだったようですが、素晴らしい能力を持った選手が来てくれたと言う事ですね。

前半の攻撃は好調で、シュート数も枠内シュートも相手を圧倒していました。

唯、正確さに欠ける事が最大の欠点だと思います。

好調な滑り出しのまま無得点で前半を折り返すと、後半の早い時間帯に失点する悪癖が有るのでドキドキしていました。

その不安が危ういところで回避されると、後半も良い攻撃が続きました。

二回あったFK。

一回目は旭選手が蹴り込みましたが、得点とはなりませんでした。

二回目!

茶島選手のフリーキックが、美しい弧を描いてゴールに吸い込まれていきました。

これが決勝点でした。

茶島選手は、リーグ初戦の早い時間に負傷離脱しましたので、これが開幕戦ですね!

途中堀米選手と交代で入った寿人選手の存在は絶大でした!

広島時代の寿人選手をずっと見て来てましたので、ピッチに居るだけで期待が湧いてきます。

駆け引きも上手だと言って良いのでしょうか。

ワクワクしました。

初ゴールは、是非次のフクアリで!

試合後にアウェイで響いた“オブラディ” 楽しそうでした(^ー^)

嬉しくて泣きました(笑)

江尻さんまで肩を組んで跳ねて、とびっきりの笑顔でサポーターのみなさんとご対面だったでしょう。

寿人選手の≪一人でんぐり≫は、でんぐりの後尚高く飛び跳ねて喜びを分かち合っているようでした。みんなが嬉しい勝利でした。

遠征された皆さん、応援とっても良く聞こえていました。一緒に声を合わせていました。

お疲れ様でした。ありがとうございました。

2019年3月25日 (月)

JEFエスナイデルさんから江尻さんで再スタート

江尻新体制初戦は1-1のドロ―でしたが、途中から選手主導のプレーに移行できたのかな?と思えるようなプレーに気が付きました。
エスナイデルさんの時は監督指示が絶対なのかな?と思いながら観戦していましたが、伸び伸びとプレーしているように見えました。
ドローでも、追いついてのドローと言うのは気分が違います。
これからです!頑張りましょう!
往きの電車は、外房線の人身事故?で京葉線が15分遅れ、帰りは総武線が遅れているようでした。京都サポの皆さん順調にお帰りになれたでしょうか。
フクアリに着いて、すぐにオリジナルT(かくれユニT)を頂いたのですが、見分けがつきません。
待機列脇の鮮やかな黄色の花はレンギョウの花かな桜も青い空に映えて、再スタートに相応しい気分です。
Photo
選手バスの出迎えには沢山のサポさんが集まりました。
Photo_1
隣に立った若者がバスの通る反対側に来て「こっちみたいだね。」私「私は空いてる方に来ましたけど、反対側ですよ。」と教えてあげました。
その後バスが通り過ぎても遠くに目を向けていたので「もう行っちゃいました。」と。バスの屋根しか見えませんでしたけど、気が付いてたら教えてあげられたのにごめんなさい。
ピッチは当然散水タイムが有りました。
Photo_2
ピッチ内練習
Photo_3Photo_4
Photo_6
ピッチ内練習の最後に行われたシュート練習ですが、寿人選手のシュートは他の選手を圧倒するものが有りました。
殆どゴールが決まっていました。
私がシュート練習で勝敗を見分けているのは、シュート練習の時にゴールが決まっているかどうかです。寿人選手のスキルの凄さを改めて知らされました。
途中投入されることを望んでいましたが、負傷者が出てしまいましたのでフクアリデビューは見送られてしまったようです。残念です。
試合前、江尻さんの大幡が大きく振られていました
Photo_5
シーズンが始まってまだ5戦目ですが、負傷者の多さに驚きます。エスナイデルさんの食事は、特に日本人選手に良かったのでしょうか?
先にも書きましたが、伸び伸びとプレーする選手達を久しぶりに見たような気がします。船山選手のエスナイデルロスを心配していましたけど、大丈夫ですね。ファイトする気持ちが全身で感じられました。攻撃的な勇人選手の姿も久しぶりに見た気がしました。
水戸戦で観た真希選手も健在ですね。頑張って欲しいです。
アンドリュー選手も早くピッチに戻って欲しですし、茶島選手は直ぐでしょう。
一番下から這い上がりましょう!
070

2019年3月16日 (土)

今年初めてのユナパは花粉の攻撃中

穏やかな日でしたが、ユナパはまだまだ花粉の攻撃中です。

承知で出向いたのですが、先週予定していた日が非公開になってしまいコンフィットTもタオマフもまだ未購入でしたので花粉の飛散する中に飛び込んだ状態でした。

飲み薬は、家庭医を代えて初めての薬です。

昨年までは、弱い薬と言われても睡魔との闘いを強いられるので一日2回の薬は中止し、では、夜だけにして下さいと言われた薬も、翌日の夕方まで朦朧状態になりましたので、結局飲み薬は中止しました。

そして今年は、長年お世話になった先生が廃業なさいましたので、新しい医院へ!

先生ご自身も花粉症のご様子ですが確認はしていません。飲み薬は夜一回だけの“クラリチン”に代えて下さいました。2週間分だけ頂いて、遠出は控えて長時間外出する日だけ飲む事にしました。他は点眼液(一日4回)と点鼻液(一日2回)を毎日。

ユナパには、飲み薬・点鼻液・点眼液の全てで完全防備の筈でしたが、花粉攻撃に撃沈しました。この時期は、本当にユナパやフクアリの花粉は強いです。

幸せにも花粉症になってない方には分からないと思いますが。

目、鼻からは、自己制御のできないサラサラの水がスゥーと落ちてきます。

私の場合は、飲み薬を飲まないと目の痒みにも悩まされます。

そんな訳で、このシーズンはフクアリもユナパも私の天敵となっています。

それでも、出かけました。

選手の元気な姿を見たくて、コンフィットTとタオマフも欲しくて、花粉と闘いにユナパへ!

JEFサポのみなさん、選手達は元気でしたよ!

負傷中の選手も、順調に回復していそうでした。

走って、ボールを蹴って、ちょっと長いボールも、、、早く全員が復帰して欲しいと思います。堀米選手も元気でした。

12JEFでの私の買い物は、完璧とは行きませんでした。

先ず、タオマフですが欲しかった番号が売り切れで入荷予定は特になし。ショックです!

ところで、私がタオマフと言っている物を友人は弾幕と言っていましたが、本名は弾幕?それともサポ用語?

それから、Tシャツの大きさにもちょっとしたショックを受けました。Mサイズを買ったのですが、選手にサインをしていただいて帰宅後じっくり見ると、過去に買ったLサイズと同じ大きさでした。コートの上からも着られそうです。夏は涼しくて良いかな?本当は、過去のMでも大きかったのですが、、、

これから買われる方は、サイズにご注意ください。

ファンサは、私としては十分な時間だったと思えました。

勇人選手には絵にサインをお願いしました。アンドリュー選手の今シーズンの人気は凄いですね。最後まで残っていたのがアンドリュー選手でした。昨年の也真人選手のような人気です。にこやかに応じていました。

どの選手も、やっぱりナイスガイ!(古い)

全員イケメン!(コッチ!)

出待ちが無いから、みんな潔く帰ります。別メニューの選手達は、未だ練習を続けていました。

その後、友人と昼食をともにし、私の知らない場所へも案内していただき新鮮でした。

ユナパに出かけても大体直行直帰でしたし、、、

水戸戦、勝って欲しいですね!

JEFをよく知る長谷部さんに勝って、今シーズン初の勝利を!

315


Img_0906

2019年3月10日 (日)

惨敗大敗最下位

先週とは打って変わって、暖かで穏やかな天候に恵まれた千葉市でした。

“今日こそ!”

勝利を信じてフクアリへ!

3月10日佐藤dayとして華々しく盛り立てる積りだったのでしょうけど、大きく掲げた“3人佐藤”の寿人選手は相変わらずベンチ外。サポーターも盛り上がるに盛り上がれない状況だったと思います。

そんな中、試合はいきなり目の前でオウンゴール!

えっ何があったの状態で見逃した方も。

思わず出た言葉が「嘘でしょ!」だった。前半5分にエベルト選手のオウンゴール、14分に堀米選手が一発レッド!

どんな試合を見せる積り?と思いました。

こんなショックな展開なんてと思いましたが、昨年もその前もレッドカードのショックは受けていましたね。しかも早い時期に。

唯、一人少なくなってからの方が、選手夫々のパフォーマンスが上がって来ていたようにも見えました。が、結局逆転する事はできませんでした。サッカーですか?と聞きたくなるようなスコアで終りました。

得点したクレーベ選手も船山選手も頑張ってくれていたと思いますが、失点する毎に絶望感も見せられていました。

優也選手は、ポジションをずっと前に取っていましたし、エベルト選手はオウンゴールでダメージを負い過ぎていたのか、ぎこちなくてクリアボールは大抵相手に渡してしまっていましたし、ヒヤヒヤの連続でした。ヒヤヒヤが失点にまで持って行かれたと思います。

勿論頑張っている選手もいましたが、今日までの結果に、どうなってるの?と言う思いがあります。実力のある選手が多いと思いますし、何がどうなって惨敗大敗最下位にまで行ってしまうのか?

凄いとしか言いようが有りませんが、社長、GMが認めたエスナイデル体制は3年目にしてどこまで行くのでしょう?J1?J2?J3?

エスナイデルさんも、コメントしている選手達も前向きなコメントが多いのには驚きます。素人には分かり得ないものを得ているのでしょうね。この先それを示して欲しいです。

Photo

兎に角、私の周りのサポさん達は負けても負けても応援に駆け付けています。私もそうですが、見捨てて他の強いチームに乗り換えるなんてできないんですよね。だからみんなで頑張るしかないんです。

がんばりましょう!

WIN BY ALL!

Photo

2019年3月 7日 (木)

POMの大学受験、めでたく終了!

一浪君だったPOMが、めでたく大学生になります。

本日、国立前期の合格発表がありました。おめでとう(*^-^)

先ず、POMの中学時代からの気儘な受験生活を・・・。

冒険をしない!

実力で入学できる学校を選択する。と言う訳で、高校受験は8月でより上を目指すことを辞めたそうです。そこで入学した高校では特進クラス入り!

ここで満足したのか、勉強は二の次で高校生活を楽しんでいたようです。

当然、高1で成績はガタ落ち。

当然、特進クラスから滑り落ち。

それでもクラス担任が母親に伝えたそうです。「彼は、他の生徒に無いものを持っています。長い目で見てやってください。」「大学生のような勉強の仕方をしています。」と。

私と、母親は同じことを思いました。「長い目って、いつまでが長い目なの?」

高校2年生で、目覚めて勉強を始めたようでしたが・・・・

現役高校生での大学受験は、当然ながら失敗。

センター試験のみで合格が決まる三大学に合格。関東圏で名前は有名ですが、本当に行きたい大学ではなかったと言う訳で、あっさり浪人が決定。

予備校に通い始めると、成績が急上昇!

母親も大喜び!

その後、一番重要な数学が思う様に伸びないと・・・・

そこでPOMが尊敬するところのS(POMの叔父)に、自信がなくなった。どうしたら良いか?と相談したそうです。

T大理一→修士課程・博士課程と進んだSが言ったそうです。「100点取っていても不安はあるものだから云々」に、POMは「Sちゃんは、やっぱり特別なんだよ。」と一層しょげ返っていたそうです。T大生あるあるで、「そう言う例えは通じないよ!」と言ってやりました。

一浪君は、今年は本当に行きたい大学だけを選んで受験しました。私大は、わが家から通学できる都内の大学を受験しました。

昨年のPOMとは、全く違って余裕と落ち着きがありました。

私が感じた通り、合格!

国立は、昨年は受験しなかったと思いますが、今年はずいぶん悩んだ末に決めたようでした。

センター試験会場が暑すぎて集中でき無かった結果、思った得点には到達できなかった。チャレンジはしないで自信を持って受験したいと言って前期、後期の大学を選択。後期もあるからチャレンジしても良いとも思ったらしいのですが、やはり冒険をしないのがPOMの性格です。

受かるだろうと確信していましたが、<80%受かると思っていたW>とラインがきました。こうして、冒険をしない性格のPOMの大学受験は終わりました。

*センター試験会場が暑すぎた。理由ですが・・・

≪着ている洋服に英語などの文字が入っていてはいけない。≫試験会場で言われたのだそうです。英字入りの長Tだったので、コートを脱げなかった。と言っていましたが、機転が利かないねえ(-_-メ)試験官に断って、長Tを脱ぐとか裏返しに着替える許可を貰うとかできなかったかな~

以上、受験生の要注意事項でした。

どうぞ、受験生の皆さんに良い結果が届きますように。

2019年3月 4日 (月)

ホーム初戦はボロボロ

寒すぎたフクアリに体がガチガチで、チームはガタガタでボロボロ。

気温も内容も新潟仕様でした。

1万2千人越えの観客でしたが、アウェイ新潟からのお客様が多かったからですね。

今日は、ボランティアが18人だったようですが、少なすぎて気の毒でした。ボランティアさんありがとうございました。

雨の中での待機時間が今までで一番長かったようですが、ボランティア経験のある友人が「外は関係なかったと思う。」と言ってましたけど、そうなんでしょうか?

ボランティア志願者も、チームが勝てなくなると減ってしまう様に思います。

それでも、私の周りのサポさん達は、今シーズン用の真新しいユニフォーム姿でした。みんな期待してユニフォームに袖を通すのですよね!なのに、こんなにワクワク感の無いゲームを観なければならないなんて・・・・・・

私はJ1に昇格したら頑張って買います。今年もユニフォームTで応援です。今週中にユナパの12JEFに買いに行きます。

ユナパでのファンサは、短時間で切り上げてるそうです。出待ちはNGだと友人から聞きました。出待ちを楽しみにしてる方もあるようですがね。

さて、今日の試合ですが、攻撃の組み立て方を忘れてしまったのではないか?と言うよりも攻撃の仕方が分からないのではと・・・・

3年目の本気が全く出ていませんし、毎年毎年マイナスからの出発の様で積み重ねが感じられません。

組織だった新潟に完全に置いて行かれましたね。家に帰ったら夫に「J3が待ってるよ!」と言われて本気で腹が立ちました。

1-4の大敗は、大敗過ぎて悔しささえ湧いてきませんでしたけど・・・

後半に、下平選手と交代した乾選手のミドルシュートに、強い気持ちを感じ「若者!がんばれ!」と応援する気持ちが湧いてきましたが、チームとしては引き離されてからエンジンをかけるようなところが有って、それはずっと変わってないなあと、でも、それでは遅すぎるのですよ。いい加減分かって欲しい。

船山選手には、90分戦って貰った方が良かった気がしますし、エスナイデルさんは寿人選手を使わないようですしね。何のために入団させたのでしょうか?寿人選手の特徴を教えてあげたいなあ。たぶん、起用方法が分からないだけなんだと思うのですけどね。???

次もフクアリです。

51

新潟は、対戦相手の選手紹介を無視するチームでした。

71


ありがとう!お疲れ様でした。引退試合をフクアリでして下さい。巻選手も兵働選手も一緒にフクアリで、是非と願っています。

« 2019年2月 | トップページ | 2019年4月 »