2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

« 2019年4月 | トップページ | 2019年6月 »

2019年5月の投稿

2019年5月25日 (土)

前半戦で複数得点してたら、レアンドロ選手が入っても逃げ切れると思っていたのですが・・・

前半11分

矢田選手から為田選手へ。為田選手のクロスにクレーべ選手が頭で合わせポストにはじき返されると、そのボールを待ってたように船山選手が押し込んで先制!

岐阜戦を思い起こさせるような素晴らしい連動でした。

複数得点できそうに見えたのですが、惜しいシーンはあったもののゴールには結び付きませんでした。

アンドリュー選手の迫力、矢田選手の惜しいシュート、いきいきとプレーしている為田選手、思いっきり走り回っていても昨シーズンのようには足を攣ることがなくなってる茶島選手、良い点が沢山見えた始めているチームになってきたと思います。が、まだ、勝ちきるまでには成長してないのでしょうか。

それでも、選手たちの連係プレーにワクワクできるようになりました。

個人的には、レアンドロ選手が入ってくる前に追加点をと思っていたのですが、やはり不安が的中してしまいました。

昨シーズンに引き続き怖いのは、レアンドロ選手でした。

雰囲気が一変しました。

東京Vの強さは、そこにあるように思いました。

悔しさの残る引き分けでした。

JEFでは、佐藤寿人選手をもっと早い時間に投入することは叶わないのでしょうか。

寿人選手を使いこなせるようになったら、もっと得点に期待できるようになると思います。

今日は、久しぶりに眞希選手のプレーを見ることができてほっとしました。

下平選手は?活躍してほしいなあ。

それから、この選手の出場はまだでしょうか?

誰?↓

Photo_19   

 

 

 

 

 

 

2019年5月20日 (月)

嬉しすぎる勝利!

JEFレディースの試合とダブルヘッダーで見てしまいました。

レディースはスコアレスドローでしたが、試合終了後になでしこジャパンに選出された選手のセレモニーがありました。

すべて神戸の選手でしたね。なでしこジャパンは応援しています。頑張ってください!

トップチームは、山形に大敗を期した後だけにどうなのかと思いましたが、いざ蓋を開けてみてびっくりの連続でした。

縦への意識を強く持たなければいけないと言っていた選手たちでしたが、力強い縦パスが引っ切り無しに通っている気がしました。

連動、連携、申し分なし!

楽しくて仕方がありませんでした。

早い時間帯にコーナーキックを得ると、堀米選手がボールをセットしました。

「やったー!私期待の堀米選手だ!」

相手にクリアされましたが、矢田選手が頭で当てて船山選手へ!ゴールネットを後ろにしDFに抑えられたままの状態でヘディング、緩い弧を描くようにキーパーの頭上を越してゴール!

そこからゴールラッシュが続きました。

3点目は、アンドリュー選手が鋭い縦パスをクレーべ選手めがけて出すと、すかさずヒールで送り、走りこんでいた船山選手がそのままゴールへと流し込んで圧巻の連動でした。

クレーべ選手の技術の高さは素人にもわかっていましたが、ゴールもアシストもますます期待できそうです。

新井一機選手と3人で5得点は素晴らしかったですし、選手たちの連携の良さも際立っていました。

最後のアディショナルタイムでの失点は、以前のチームに戻ってしまったようで残念(>_<)

久しぶりに勝利を満喫できました。

田坂選手の退院もありました。増嶋選手の表彰もありました。

JEFはこれからです!

WIN BY ALL!

田坂選手へのリスペクトと応援のユニフォームで入場!

Photo_15

WINNER!

Winner

勝利のでんぐり! 

                      サポーターに向けて頭上で拍手を送る田坂選手。

Photo_16 Photo_17  

待望の「俺たち JEF!」

Jef  

 

 

2019年5月14日 (火)

残念な山形戦そして翌日の早稲田大学とのトレーニングゲーム

山形には1-3の逆転負けを喫しました。

安定した強さを誇っている山形に、どう挑んでくれるのか楽しみでもあったのですが、残念な敗戦となりました。

山形は、千葉の監督経験のあるクレーバーな木山さん、JEFユース出身の井出遥也選手にプロ選手としてのスタートは千葉からだった栗山選手がいました。

私にとっては思い入れのある方たちでしたが、やっぱりJEFに勝ってほしかったです。

でも、前評判通りまだまだJEFの力は及びませんでした。

専制はJEFでした。

自陣の深ーい地点からエベルと選手のロングパスを受けたクレーべ選手が相手の裏に抜け出して独走し、うまくGKをから外れたスペースに流し込みゴーーーール!

試合途中には、船山選手が主審に執拗に不満を表している姿も見られました。判定に納得できない部分があったのだろうと思いますが、そんな試合は大抵負けているように思います。

後半は、完全に木山さんの勝利の筋道ができていたように思います。

JEFはこれから江尻さんと共に、勝利を目指しましょう。

翌日の早稲田大学とのトレーニングゲームは、当然勝利するはずと思って気楽にユナパに出向きました。

勝ちしたが、眞希選手の姿がありませんでしたね。

背番号11番が出ていて、アレッ船山選手昨日出てたのに!・・・私の頭の中の回路が思った以上に老化しています。

なかなか試合に出してもらえない選手を見ていると、納得できる自分がいて、そこはまだクリアなのかと思ってしまいます。

それよりも、外人枠をもっと有効に使えなかったものかと思いました。頑張ってほしいけど、成長できるかな?ゴールは決めてましたけど・・・

練習生なのかユースっこなのか分かりませんが、MFに良い選手一人がいました。(個人的な感じ方ですけど。)

誰だろう?

安田理大選手は、相変わらず声を出してよく走り存在感はありますね。あのプロフィール写真は変えられたみたいですけど、サングラスにどんな意図があったのでしょうね。

顔を知られたくなかった?!

覚えて貰いたいでしょうに! ^^) _旦~~

 

2019年5月10日 (金)

ゴールデントランペットツリーはブラジルの国花

   毎年ゴールデンウィークに満開を迎えるゴールデントランペットツリーが、ブラジルの国花だと知りました。

014 

サッカーブラジル代表のユニフォームの色ですね。

015_1 018

近くには、エゴノキの花も咲いていました。

022

ご近所さんが丹精込めて育てている花も写させて頂きました。

Img_1094 Img_1103

 チョコレート色の花は、20年くらい前に植えた花を枝を挿しながら子孫として増やした花だそうです。

魅力的な花を沢山育てている方でした。

 

2019年5月 6日 (月)

甲府に勝ちました!ホームゴール裏のようなアウェイ(JEF)席・・・力強い応援団でした!

アウェイゴール裏が映し出されると、フクアリのゴール裏がそのまま移動したような景色が見えました。圧巻のJEF応援団でした。

先発メンバーのクレーベ、船山、為田、茶島、浩平、アンドリュー、旭各選手と並んだ時に、やっと本来のメンバーが戻ってきたと嬉しさでいっぱいでした。鳥海選手は初先発でしたが心配はしていませんでした。ベンチにも頼もしいバックアップメンバーが揃っていました。

JEFは、ここからだと言う気持ちになりました。

ベンチの6番ユニが映し出され、一瞬誰?と考えてしまいましたが、先日手術を公表した田坂選手のユニフォームでしたね。

素晴らしい選手が加入してくれたと期待していたのですが、さあ、やるぞ!と気合の入っていた時だったと思います。苦しいでしょうしほんとに悔しい思いで手術に臨んだことでしょう。どうぞ、焦らずにしっかりと治して下さい。

甲府には、怖い怖いピーターウタカ選手がいましたが、アンドリュー選手が油断なくついて行ってチャンスを潰していました。危ないシュートも有りましたが固いDF陣に阻まれて決定的なところでも決めきれなかったのだと思います。かなりのストレスとプレッシャーをかけ続けていた成果だと思って見ていました。

先週の予感そのままに素晴らしい試合になりました。

先制点は、復帰後初先発の船山選手でした。

あのFKには驚きました。スーパーゴールでしたね。申し訳ないですけど、「アッ、船山選手が撃つの?」と疑問の反応をしてしまいました。ごめんなさい。

茶島選手への“ゆりかご”、嬉しそうでしたね。  赤ちゃんお誕生おめでとうございます。

ゴール前の攻防の末に、ファンタスティックボレーを放ったエベルト選手のゴールも有りました。あのごちゃごちゃした中で、何人もの選手がボールに触れていましたが、圧倒的にJEFの選手達の気持ちが勝ったゴールだったと思います。今までは、なかなか得点できなかったシチュエーションからのゴールでした。自信に繋がったのではないでしょうか。

DAZNには写らない場面も、皆さんがTwitterで発信して下さって、ありがとうございます。

田坂選手のユニを両手に持って勝利のパフォーマンスをしてくれた寿人選手。甲府サポの皆さんの前でマイクをもって懸命に言葉を選びながら挨拶している堀米選手。

田中佑昌選手もJEFサポさんに挨拶に行かれたようで、行く途中がDAZNに映し出されていました。一時はどうなってしまうのか心配していましたが、活躍している姿を見る事が出来て安心しました。

今日の解説者は、引退したばかりの方だったようでしたが、どちらに贔屓する事も無く気持ちの良い解説でした。

増嶋選手が鳥海選手に代わって入った直後に一点返されてしまいましたが、私は鳥海選手を信じて最後まで使って欲しかったと思います。

次節も、強い山形が相手です。

是非連勝を!

追加:昨日のフクアリ周辺は、JAPANJAMで盛り上がっていたようです。夜になって重低音のリズムがわが家まで響いて来て驚きましたね。凄いことです。終わりの花火も上がり、私の知っているフクアリではなかったようです。皆さん楽しまれたでしょうか。フクアリも歓声に包まれることを期待しましょう!

 

« 2019年4月 | トップページ | 2019年6月 »