2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

« 2019年6月 | トップページ | 2019年8月 »

2019年7月の投稿

2019年7月31日 (水)

梅雨明けと共に、待ちくたびれていた米倉選手がレンタルで復帰!

待ちに待った梅雨明けですが、梅雨疲れで体が重く休み休み家事をしていると、朝から救急車の出動が聞こえてきました。スマホに、市からのメールが届きませんので「事件/事故」の出動とは違うようです。

みなさん、体を労わりながらお仕事にお励みくださいね。

梅雨明け前から連日「熱中症注意/危険」と「NHKニュース/防災」からスマホに入ってきます。

幸いなことに海沿いの高い場所に住んでいますので、東南と北西を開け放していると風の通りが心地よいのです。が、部屋でじっとしている分には良いだけで、湿度が高く体を動かすごとに汗が大量に吹き出します。

布団干し、大物の洗濯物がこれからしばらく続きます。

湿度と暑さとの戦いになります。

扨て、先日、JEF 公式ラインから「米倉恒貴選手の期限付き移籍加入のお知らせ」が届きました。

びっくりしました。できればもっと早く来てほしかったですね。

ガンバ大阪では、先発出場をなかなか果たせてないなあと気にかけていましたが、古巣へ出場機会を求めての復帰なのでしょうか?

ちょっと、複雑です。

米倉選手には良いイメージが多いですし、今のJEFには必要な選手になってくれそうな気もしますが・・・

米倉選手が新人だったころ、娘をフクアリに誘いました。「米倉選手?知ってるよ!高校の時から有名だったじゃない!」と言われ、サッカーに興味なさそうな娘が知ってたことに驚きました。

娘が、22番のユニを着てフクアリに行ったのは、はるか昔。

直接会えたのは、千葉神社でのファンサでした。

多くの選手に会えましたが、とっても良い印象の選手でした。

私は、エルゴラを買って手に持っていましたが選手にサインをしてもらうことは考えていませんでしたので、何の準備もありませんでした。常にボールペンは持っていましたので、それでエルゴラにサインをお願いしていました。

米倉選手にお願いした時に、「これで書きましょうか。」と持っていたサインペンで書いてくれました。

その時初めて、選手の皆さんがサインペンをもって待機していたことに気が付きました。

中には、隣の選手と話をしながら私の方を一度も見ることなく書いて渡してきた選手も何人かいました。

その選手たちの名前も、忘れることはありませんね。

その対比が印象に強すぎて、です。

ガンバに移籍する前に、このチームのみんなと一緒にJ1に昇格したいと言い続けていました。

必死に頑張る姿が焼き付いていますJ1への昇格が消え熊谷市長(千葉市)に、米倉選手には残ってほしいと言われたていましたが、、、、

【J1に昇格したい!今いるチームメイトと一緒に!】という思いが叶えられずにガンバの一員になったときは、心から応援する気持ちになっていました。ガンバで活躍し日本代表にも選出されて躍動する姿を見ることができて、良かった!と思っていました移籍した選手をそれほど思って応援したことは他にはありませんでした。

今、JEFのピンチに戻ってきてくれたことは嬉しいのですが、もっと早く来てほしかったなあという思いです。

我儘でしょうか?

少しでも順位を上げられるように、JEFの一員としてその役目を担ってくださいね。

米倉選手の活躍に期待しています。

*この記事を公開するのを忘れていました。リアルタイムには後追いとなってしまいました。😞

追記

浜木綿が咲いています夏ですね~😃😃
青春時代の夏の思い出の花ですが、ロマンティックなこととは違います。

学びやに南校舎というのがありまして、なだらかな丘の上に立っていました。その校舎前に沢山の浜木綿が咲いていました。

名前だけは知っていましたが、その時が「はじめまして!」だったのです。毎年浜木綿が咲くと思い出します。

Img_1308

2019年7月28日 (日)

横浜fcに1-3の逆転負け、福岡戦から上昇を期待したかったけど・・・

は、狭い範囲で雨と晴れを使い分けていたような千葉市周辺

久しぶりに一万人越えのフクアリでしたが、中村俊輔選手の出場を期待しての観客数だったのでしょうか。それも、敗戦も残念な結果でした。

ピッチの散水

Photo_20190728094401

選手紹介のアナウンス後、光永さんはゴール裏の観客席を通って退場!

Photo_20190728094801  

前節で大活躍した堀米選手はベンチ外でしたが、休養でしょうか。

前半早い時間に先制したのは、JEFでした。

いつもはアシストのために走っているような為田選手でしたが、今節は違いました。

アンドリュー選手→クレーべ選手と渡ったボール。クレーべ選手の出したボールに素早く反応し高速の姿勢を崩さず思い切ってシュート!

感動的なゴールでした!

為田選手自身のゴールに嬉しさは倍増でしたが、攻撃はそこまででした。

北爪選手に田代選手という元JEFの選手たちの活躍を目の前で観て敗戦を味わうと言う辛い現実。

そして、アウェイでも恐れていたイバ選手をまだ攻略できなかったこと。

松井選手というベテランにやられたこと。

相手にゴールを決められた後のJEF選手たちのメンタルが、観客席に伝わってくる時のやるせなさ。

同点にされたときに、全員で一斉に鼓舞し合う姿を見ることができれば、応援席もきっと盛り上がれるのにそれがまるでない現実が寂しい。

古い話ではあるけど、奇跡のJI残留と言われた最終戦は素晴らしかったですね。巻選手の鼓舞する姿がフクアリ全体に伝わっていたし、その姿を見てフクアリが一体となっていました。

JEFはJ2残留がチラついている現実を考えると、選手たちは自分自身をチームを鼓舞しながら戦う姿を見せてほしいと思っています。

負けるたびに諦めていますか?

いませんよね!

私のカメラには、ゴール裏に来た時の為田選手の顔が泣き顔に写っていました。

サポーターは、最後まで選手をチームを応援し続けていました。素晴らしいサポーターだと思っています。

中には、沖縄に行くために、より一層仕事を頑張っている方もあり、土曜日の仕事終わりにやってくる方はほぼ終了する時間帯でもきます。

エスナイデルさんのやり方を踏襲しているのではと思えるような江尻さんが、どれだけ巻き返せるかも見どころになってしまっているのではないかと思います。

ただ、私たちは応援することしかできません。

試合後、ゴール裏に挨拶に来た選手たちをエールで送ったサポさんたちに感謝します。みんなに、エールを送らせてくれてありがとう!

次は、絶対に勝点3をゲットして千葉に帰ってきてくださいね!

今日は、個人的には良いことがありました。

ここ数か月、姿を見せてなかったIさんがいつもの笑顔で現れたことです会社には行っていたそうですが、土日は休養を取るようにとドクターストップがかけられていたそうです。連絡方法がなく周りの方たち全員が心配していました。Nさんがラインを交換しましたのでこれからは、安心です。

*扇子の落し物がありました。

広げてみてないのですが、水色の模様の女性用の扇子です。スタッフさんにお願いしてきましたので、お心当たりのある方はお尋ねになってください。

 

 

 

 

2019年7月23日 (火)

ユナパの練習試合&見木友哉選手

群馬との練習試合は、ご存じの通り負けました。

やっぱり勝ってほしいの一言でした。

後半は若手が多く出ましたけど、なかなか実戦に出られないのは理由があるという事ですね!そう感じました。

久々にファンサで選手たちを間近にしました。

私は、基本的には選手とサポさんたちの楽しそうな様子を見ているだけ。

友人のNさんは一人一人に声をかけて選手を励ましていました。コミュニケーションをとるのが上手です。

私が話しかけたかった選手は、見木友哉選手でした。

練習生の時に目に留まった素晴らしい選手だったからです。

「早稲田との練習試合に出ていましたよね!?」というと即座に「あの試合の最後に怪我をして、今日初めて90分戦いました。」ということでした。

「あの時、素晴らしい選手がいると思ったんですけど、誰なのかわからなくて練習生なら加入してほしいと思っていました。・・・」とその時に感じたことを伝えることができました。

今日、試合の終盤で体の重そうな選手が目に留まって、確認すると見木選手でした。負傷後初めての90分間、お疲れさまでした。

Nさんが、「今日の試合だけで2キロぐらい痩せたんじゃない?」と聞いていましたが、「疲れました。」とげっそりした表情で答えてくれました。

福岡に勝利した後、ゴール裏でダンスをさせられていましたが、苦手だそうです。「今は一番下なので、でも、下ができるまでは・・・」

(でもですね、サポーターの皆さんに顔を覚えて貰うチャンスでもあると思うんですよ!それも、頑張ってみましょう!)

ほとんどの選手が練習場を後にしてから、ボールの入った箱を重そうに引っ張って収納した後、改めて私たちの前に来てくれました。

疲労困憊の様子でした。

親心としてみてしまいますが、沢山の栄養を取って体のメンテナンスをしっかりやってピッチで躍動してほしいと思いました。

気持ちとしては”JEF飯”だけでは可哀想だと思いましたが・・・?

全力でした。お疲れさまでした。

見木友哉選手の活躍に期待しています。

 

2019年7月21日 (日)

5試合ぶりの勝利そしてクリーンシート

最高のゲームでした。

前半11分、為田選手が倒されてFCを得ると。

キッカーを務めた船山選手は、GKから最も離れた場所にダイレクトに流し込んで素晴らしいゴールを決めてくれました。

船山選手の安定感は、昨年とは別人になってますね。

「うわ~!(すごい)」

お隣さんと顔を見合わせてハイタッチ!

2点目は、GKにはじかれたボールを為田選手が回収してクロスを上げると、高い位置から強烈なヘディングでゴールネットを揺らしたのは増嶋選手でした。

時には危ない場面もありましたが、それはお互い様で、JEFからするとクレーべ選手は3回もヘディングシュートを止められましたからね。このままではクレーべ選手が余りにもかわいそうだと話していましたが、アンドリュー選手の美しいスルーパスが通ると、角度のないところから見事に3点目のゴールを決めてくれました。

すぐ上から観ていましたので、あの角度で決める?と思いました。頭(ヘディング)で決めきれなかった3つのゴールをどう捉えたら良いのか?

クレーべ選手が、フィットし始めている。そんな気がします。もう少しです。きっと。

そして、チームが良い方向に向いているなどといった、選手たちが口にする言葉にも真実味が出てきたように思います。(もちろん此の儘継続できればということでもありますけど。)

下平選手も生き生きとプレーしていました。やっと出る機会がやってきたという感じです。私は〝待ってました!”と声をかけたいです。

ジェイソン選手は、今日もよく走りました。

一試合だけ、ダメダメジェイソンが現れましたけど、そのあとは不安が払拭されました。

どの選手も、思い描いたプレーができるように頑張ってくれている気がします。

次もフクアリです。期待したいと思います。

今日は、ほかにもラッキーなことが続きました。

まず、稀にみるほど若い抽選番号を引き当てたこと。(お若い方にお譲りしましたけど。)

次に、始めてやってみたミサンガのガチャガチャで、〝当たり”だったこと。当たりの分は「それ、当たりです。」と教えてくれたお嬢さんに差し上げました。「同じミサンガ2本はいらないわね。」と友達に話していると「一本交換しましょうか?」と言って交換してくれました。

というわけで、寿人選手と旭選手のミサンガが手元にあります。

まだありました

Nさんが、友人にミニクッションのお返しをしたいけど、欲しい選手が出るかなぁ?どうしようかなあ?と迷っていたのですが、トライすると出ました!勇人選手のミニクッション!

そして、そのあとに続いたのがJEFの5試合ぶりの勝利だったのです。これがメインです。

選手たちが頑張ってくれました。最高の気分です!

扨て、今日の写真です。だれでしょう?

選手紹介!!!!

Photo_20190721013101

先制点のボールをセット! 

Photo_20190721013301

勝利!

Img_5665Img_5668

Img_5682

俺たち ジェフ!

Img_5694

期待しかない!😃⚽

 

 

 

 

2019年7月15日 (月)

勿体なさすぎる引き分け(対岐阜戦)

かなり有利に進めていた試合でしたが、惜しいシュートを何度も外して2-2の引き分けに終わりました。

枠内シュートが10本あったそうですが、とにかく「これを外すの?」といった決定的ともいえるシュートを外しまくりました。雨中の芝生とはいえプロですから、何人もたて続けに外すプレーを見せつれられると、今日も又駄目なのかしらと少々うんざり。

ぼーっと観てるだけでしたら、これだけシュートを打っていたら、きっと勝てる!なんて思えるんですけど、今年のJEFはそうは思わせてくれないんですよね。

いきなり決定機を外した後、攻め続けていたにも関わらず前半4分のところで先制され「こんな展開?!」と思わされ、試合を支配しながら一発にやられて終わってしまうのかもと・・・不安がよぎるのも今年のJEF。

「今の前田は、怖くない。」こそっと、私に言った方がいましたけど、やはり手ごわかったですね。前田選手。

それでも25分には、堀米選手のクロスにクレーべ選手が飛び込んでゴール!

追いつきました。

喜んだ船山選手がクレーベ選手に飛びついて喜びのキス!!!大爆笑してしまいました。・・しばらくの間笑いが止まらず、夫が何があったのだろうと覗きに来ました。

押しまくっていた前半でしたが、決定機を決めきれずに前半戦は終わりました。

後半始まってもやはり勝てそうで勝てないゲームが続き、52分にはミドルレンジ(というようですけど)の見事なシュートで勝ち越されました。JEFが同じような形での攻撃を失敗した直後でした。

その後、活躍していた堀米選手が見木選手と交代。

堀米選手は引っ込めないでほしいな。クロスもCKも蹴れるのに、ゴールも狙えるのに。そんな気持ちでした。

為田選手に代わって寿人選手が入ったときは、寿人選手を生かせるメンバーがいるだろうか?青山選手に代わる選手がいればなあ・・・

勝つことは、ほとんど諦めていました。

残り10分のところで、ゲリア選手に代わって安田選手が入りました。

ユナパで練習を見ていた時は、期待していた選手のひとりでしたが、なかなか実戦で見ることがありませんでした。

90分過ぎに、JEFは猛攻を仕掛けました。何度も何度もシュートを打ち返す連続攻撃の中で安田選手が放ったダイレクトシュートを寿人選手が後ろ向きのまま左足でシュートコースをちょっこと変えて同点としました。

今節も負けなくてほっとしました。

でも、4試合も勝利から見放されているそうです。

強いチームには勝てず、下位のチームにも勝てずですが、笑顔になれるように応援しましょう。😃

*現地で応援してくださった皆様、雨の中をありがとうございました。

追記:試合日までに描き上げて置いた絵をUPしておきます。

Img_1208-275

 

2019年7月10日 (水)

息子に〝エライ!”と褒められ・・・

WIN.10を使い始めているのですが、セキュリティソフトの無料期限が近づいてきました。

WIN.7に入っているソフトをこのPCにも入れるつもりはあったのですが、延び延びにしていました。一つのセキュリーティソフトに2台目のパソコンとして使うつもりではいました。

面倒くさいかな?息子なら簡単にできるのかな?そう思っていた時に、大事な用事で来てもらうことがあったのでついでに教えてもらおうとショートメールを送りました。

少し早めに来てやってくれると嬉しい言葉が返ってきましたが、、、、

それでは申し訳ないし、ずっと何もかも一人でやってきていますので、自分でできなければだめなんですよね。

ヒントか簡単な方法があれば教えてほしかっただけでした。〝やり方はセキュリーソフト会社のページを探すのが一番だよ。”と返信がきました。ごもっともですよね。

〝ありがとう。探してみます。” 返信したのが昨日の午後4時過ぎでした。

そして今朝、土曜日に行くよ!とメールが。

その後がなかったので、できないのだろうと心配していたのでしょう。

でも、若者よ!若者ではなくても私より若い世代の方々よ!

年を重ねると、集中力も長続きせずエネルギーもすごい速さでロスしてゆくために、皆さんのような速さではできなくなっているんですよ!

昨日のうちに探し出して、良い具合に動画もありましたので、じっくり二回ほど見て自分なりにメモをして・・そこまでで疲れ切ってしまい昨日の作業は終了しました。

朝起きて、さあ、始めましょう。と思ったのですが、緊張のあまり下痢が始まりました。いつものことです。未知への踏み出しは不安でいっぱいなのです。特に、私に関して言えば自信のないことに関しては、不安感は膨大に膨らみ体調に響いてくるのです。

そう、いつものことなのです。

息子からメールが届いたとき、まさにトイレとパソコンを往復している時でした。

〝ただいま、挑戦中!できなかったらお願いします。”と返信。

9時半ごろに息子からメールが届いて、いろいろと体調不良で5往復も行き来した場所もありながら、9時代に〝2台目登録完了のお知らせメール”がきましたので、すべて落ち着きました。

10時には無事終了!と返信したら〝エライ!”と一言返事がありました。

息子に褒められました。

私、エライんです!たぶん!

記事には関係ありませんが、今日撮った写真をアップしておきます。

星マークの中に赤トンボがいます。ほかの赤トンボは飛び回っていましたが、このトンボだけはじっとライラックの枯れ枝に止まって動こうとしませんでした

Photo_20190710170801

モッコクの小さい花が咲き始めていました。

Img_1168-1  

エゴの実です。緑の実が素敵です!

Img_1170

フクアリにも咲いていたアガパンサス

Img_1167-1

太陽が恋しいですね!

 

 

 

2019年7月 8日 (月)

負けなくて良かった!(対徳島戦)

見木友哉選手Jリーグデビュー!

びっくりしましたが、ユナパで初めて見たときに、この選手は誰?ユースっこにしては実に堂々としているし、練習生なら獲得してほしいとプレーを見て直感的に思った選手が見木友哉選手でした。

それもそのはず、江尻さんは最初から即戦力としてみていたんですね!

ユナパで見た時は、ハーフの中央あたりでパスの供給にあたっていたと思います。判断が早く頼もしさを感じていました。

今回は違うポジションだったでしょうか。

いきなり、PKの獲得で存在をアッピールしてくれました。実際に蹴ったのは船山選手でしたけど、船山選手も最近は富に頼もし度(すみません。私の造語です。)が上昇してきました。“安定の船山"と呼ばせていただきます。

しかし、試合は徳島サイドで進んでいたように思いました。相手の方が上手で、偏った解説をせずにわかりやすい説明をしてくれる方でしたが、「千葉がどれだけ守れるか、どう凌いでいくか?」と何度も・・・

「がんばれ!がんばれ!がんばれ!」祈る思いで、今回も一人DAZN観戦でした。

そして、画面から聞こえてくるJEFサポさんたちの力強い応援歌に励まされるように見続けました。

徳島のサイド攻撃を受けながらも必死に頑張り続けた乾選手にDF陣。

JEFとの大きな違いは、正確なクロスを上げているという点でした。JEFは大きくサイドチェンジをしようとしても簡単にカットされるという試合を何度も目にしてきました。身に着けられるものなら、この徳島のサイドチェンジを是非!

先制しましたが、力及ばず同点で引き分けでした。

正直、負けなくて良かった!⚽

現地応援の皆様ありがとうございました。😃

(今回も絵を描きながら試合に集中!“ながら応援”の方が集中できる不思議)

Img_1171-2

 

 

 

2019年7月 4日 (木)

柏戦も町田戦も、岡山戦も負け方がそっくり。どこか修正して臨んだ?

梅雨のフクアリ天皇杯当日。

雨が降ったり止んだりの水曜日。入場列の短さに、ギリギリでも良かったかなと考えながら並んでいました。

後ろに並んだママさんは、小さいお子さんを3人連れていました。一番小さい男の児がぐずり始めるとしかりつけていましたが、私にはその児がかわいそうに感じていました。眠そうな声でしたし我儘を言っているように見えていたかもしれませんが、抱っこしてあげればすぐに眠ってしまうだろうと思っていました。、、、、入場後のことは分かりません。

観客席はガラガラで、選び放題という状態でした。

一度は、ゴール裏一階の前の方に行ってみましたが雨が降り出してたので退散!一番後ろの席で観戦することに決めました。

天皇杯は、小島秀仁選手がチームキャプテンを任されました。

怪我で戦列を離れてからだいぶ時間が経ちました。ピッチで活躍するという思いは強かったと思います。出場を待ち望んでいましたし、良かったと思います。

工藤浩平選手も、良さはたくさん出せていたと思います。

1トップのアラン選手は、一人ではなかなか難しそう。

誰か適当な距離間で居てあげてほしい。

“誰が出ても同じような試合ができる。” 築きあがったチームならそれは素晴らしいことですが・・・・

私の愛するJEFは、柏戦も町田戦も岡山戦も、出場した選手は違えど同じような負け方をしています。

今回、CKからの失点は守備陣の頭上遥か上から見事に決められました。ハンドをアッピールしていた岡山の選手の気持ちが勝ったゴールに見えました。

後半のカウンターからの2ゴールも理想的な素晴らしいカウンターでした。

またまた、完敗でした。

勝てなくて悔しんですけどね、頑張りましょう!勝ちましょう!と伝えたい。

でも、拍手もブーイングもできませんでした。

一仕事を終えて駆け付けた人も多くいました。

ソロモン選手も後半から観戦してました。

せめて、意地を見せて一点でも返してほしかったのですが・・・

アウェイ2戦は、全力で戦う姿を見せてほしいです。

がんばれ!

(写真を追加しておきます。)

Img_5632

 

 

 

 

 

2019年7月 2日 (火)

小さな花壇の夏の花&とまとの実

すぐ近くにある集合住宅の前庭で、美しい花を育て楽しんでいる方、立派な野菜を育てている方がいらして、その見事さに常々驚かされています。

今日も梅雨時の曇り空の下でも、美しさが際立っていた花を見つけました。

大きなひまわりとカサブランカです。

Img_1153-2

Img_1154

そして、まだ実は青く食べごろまではもう少しといったトマトですが、大きくて立派な実が沢山ついていました。

農業を経験された方かもしれません。たぶん素人には無理だと思いました。

Img_1155

小さなお庭の見事なトマトを、羨望の眼差しで見つめてしまいました。

大きなひまわりも純白のカサブランカも素敵でした。

ここには、梅雨空の下のさわやかさがありました。

« 2019年6月 | トップページ | 2019年8月 »