2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

« 柏戦も町田戦も、岡山戦も負け方がそっくり。どこか修正して臨んだ? | トップページ | 息子に〝エライ!”と褒められ・・・ »

2019年7月 8日 (月)

負けなくて良かった!(対徳島戦)

見木友哉選手Jリーグデビュー!

びっくりしましたが、ユナパで初めて見たときに、この選手は誰?ユースっこにしては実に堂々としているし、練習生なら獲得してほしいとプレーを見て直感的に思った選手が見木友哉選手でした。

それもそのはず、江尻さんは最初から即戦力としてみていたんですね!

ユナパで見た時は、ハーフの中央あたりでパスの供給にあたっていたと思います。判断が早く頼もしさを感じていました。

今回は違うポジションだったでしょうか。

いきなり、PKの獲得で存在をアッピールしてくれました。実際に蹴ったのは船山選手でしたけど、船山選手も最近は富に頼もし度(すみません。私の造語です。)が上昇してきました。“安定の船山"と呼ばせていただきます。

しかし、試合は徳島サイドで進んでいたように思いました。相手の方が上手で、偏った解説をせずにわかりやすい説明をしてくれる方でしたが、「千葉がどれだけ守れるか、どう凌いでいくか?」と何度も・・・

「がんばれ!がんばれ!がんばれ!」祈る思いで、今回も一人DAZN観戦でした。

そして、画面から聞こえてくるJEFサポさんたちの力強い応援歌に励まされるように見続けました。

徳島のサイド攻撃を受けながらも必死に頑張り続けた乾選手にDF陣。

JEFとの大きな違いは、正確なクロスを上げているという点でした。JEFは大きくサイドチェンジをしようとしても簡単にカットされるという試合を何度も目にしてきました。身に着けられるものなら、この徳島のサイドチェンジを是非!

先制しましたが、力及ばず同点で引き分けでした。

正直、負けなくて良かった!⚽

現地応援の皆様ありがとうございました。😃

(今回も絵を描きながら試合に集中!“ながら応援”の方が集中できる不思議)

Img_1171-2

 

 

 

« 柏戦も町田戦も、岡山戦も負け方がそっくり。どこか修正して臨んだ? | トップページ | 息子に〝エライ!”と褒められ・・・ »

サッカー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 柏戦も町田戦も、岡山戦も負け方がそっくり。どこか修正して臨んだ? | トップページ | 息子に〝エライ!”と褒められ・・・ »