2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

« 2019年9月 | トップページ | 2019年11月 »

2019年10月の投稿

2019年10月27日 (日)

敗戦が辛すぎるけどたぶん選手も同じ。監督もがんばれ!

試合途中までは、勝てるかもと思っていました。

アラン選手もサボらずにプレーしていましたし、アシストもしゴールも決めてクレーべ選手とも相性が良いのかも・・・そう思っていました。

攻守がくるくると変わる中でも、負けるとは思えない状況だったと思います。

中島さんの解説も分かりやすく、落ち着いて観戦できました。

それでも、まだまだ連係不足だったり、クレーべ選手がワンプレー後に次に向けての動き出しがなかったりして途切れさすような相変わらずのプレーは気になりました。そこが連係不足ということなのだと思いますし、その焦れったさをクレーべ選手に感じ取ってほしいと思っています。

それでも、クレーべ選手はJEFには必要で大きな存在だと思っていたのですが、69分という比較的早い時間に寿人選手と交代したのは何故だったのでしょうか?

寿人選手をうまく使いこなす場面を見たことがありませんし、クレーべ選手も寿人選手との交代に不服そうでした。

バランスの悪い攻守になるだろうと思いました。(すみませんズブの素人の戯言です。)

ただ、寿人選手を使いこなすには、やはりJEFにも青山選手が必要ですよね!

それから、堀米選手を是非ピッチに立たせて欲しかったのですけどね・・・あんな優秀な選手を何故使わない?宝の持ち腐れです。

アンドリュー選手、下平選手、為田選手、浩平選手、目に見えて頑張っていると思えるのですけど、なぜ勝てない?

米倉選手は、桁違いに上手いと思えるし・・・そんな選手が沢山いるのに、何故?

戦略が・・・・・・

残り4試合!

たったの4試合です。4試合しかないんです。

かっこ悪くても泥臭くても、とにかくゴールを決め勝利に向かって進んでほしいです。

私たちも最後まで諦めることなく応援します。

江尻さんも頑張って!

みんなで勝ちましょう!

WIN BY ALL!

 

 

 

 

2019年10月20日 (日)

JEFは、どんな練習をすればピッチ上で手を抜く選手が出てくるのか?危機感を感じてない選手がチラホラ・・・

ミス!ミス!ミス!

非常にミスの目立った試合で、どうしてこうもミスをするのかという試合でした。

そのうえ、手を抜く選手まで出てくるのでは、シュートまで持って行けないのは当たり前ですし、相手の圧に押されっぱなしでボールを持ってもただ持ってるだけで気の利いたこともできないままにカットされてしまうありさまでした。

トリッキーなことをしたかったのか、周りが見えてない状況でバックパスをして柏の選手3人の真ん中におくっていたり、来たパスを呆気なく見送ってボールロストして平気?な様子、諦めが早くボールを追わない選手がいて・・・

そんな選手が二人いたら、11人でやってる試合が実際には9人でプレーしていることになっていて、頑張っている選手が疲弊してしまいせっかくのチャンスにボールに足が届かず、数少ないシュートチャンスが消える。

こんな試合を、1万4950人にお金を払わせてみせるものではないでしょう!

恥ずかしいと思ってほしいです。今シーズンのJEFサポさんたちは我慢強く、こんな試合にブーイングすらしません。

私もしませんでしたけど。

負け試合は日を追うごとに酷くなって、負けるたびに今シーズン最悪の試合だと感じています。

このままJ3に落ちてゆくのだろうかとか、打つ手は何もないのだろうかとか、やきもきしています。

GMは、また選手の全とっかえのようなことをして目くらましを企ててはいませんよね!

エスナイデルさんのような監督を招聘して3年目も任せる予定だったことは、驚き以外の何物でもありませんでしたけど、後任を彼の一番弟子に任せたのは、どんな収穫があってのことだったのでしょうか?

来シーズンの後任監督の噂以外は、何も聞こえてきませんが、ファン・サポーターとは社長やGMにとってどんな存在なのでしょう?

一度くらい聞かせてほしいものです。

とにかく、柏戦では勝ち負け以前の問題でプロとしての意地を見せてほしいと思っていました。

非常に残念です。

J3に落ちて、さよならということはしないでくださいね!

私たちのJEFを、せめて元に戻せる状態にしてください。

WiN BY ALL!

Img_1643 Img_16533

 

2019年10月17日 (木)

勇人選手の引退は寂しい

私の日常には常にサッカーが存在していて、それは即JEFというチームになります。

日本代表戦よりも何よりも、JEFの勝利です。

勇人選手の引退は、サポさんそれぞれに見極めているのだなあと思ったのは、今シーズンのユニフォームを勇人選手に決めた人が「勇人は今年が最後かもしれないから・・」と口にしたときでした。

行きつけの美容師さんは、「J1に上がったら勇人のユニを買います。」と言い続けていました。予約制の美容室経営を一人でやっている彼は、たぶん一度もフクアリには行ってないと思いますが、臨海には常に姿を見せていたようです。

昨シーズン終了時の勇人選手の挨拶は、声を振り絞るような辛そうなキャップテンとしての姿でした。

得々としゃべった社長のあいさつの後一言も発しない監督が、チャラチャラと社長とハイタッチした光景がオーロラビジョンに映し出された直後に、悲痛な面持ちで出てきたキャップテン勇人の姿が忘れられませんでした。悲痛さが漂っていました。

一人で背負ってる感が強すぎると感じました。

寡黙に見える勇人選手が、新しいシーズンが始まるときJEFへの残留を選手たちに働きかけていたことは知られています。

今シーズンにかける思いが特別に感じられた行動だったと思います。

J2に落ちて10年です。

すぐにJ1に戻れそうな様子を醸していたオフィシャルに、私も信じていましたが、早10年になります。

年々J1が遠のきました。

選手も年を取りますが、入れ替わる選手に比べて、とどまっているサポーターは確実に年齢が上がってゆきます。

10代のころからの勇人選手を見てきたSさんは、喜寿を過ぎました。

夏に来たメールには、ずっと応援してきた身としてはここで降りるわけには来ません。と応援を続ける気持ちを伝えてきました。

勇人選手は、その頃すでに心は決まっていたのかもしれません。

二度のPO決勝敗退がありました。

その時、もうPOはいいから自動昇格をしてほしいと思いました。

決勝で敗れたあの国立で、ピッチに座り込んでいた勇人選手の姿が脳裏に焼き付いています。

アジスタで敗退した時は、(前述の)Sさんの疲れた姿を見て自動昇格してほしいと切に思いました。

それが今シーズンは、降格を恐れながらの応援をせざるを得なくなっています。

こんな状況の中で引退を発表した勇人選手を思うと、切なくなります。

これからもJEFのために、何かをしてゆきたいと社長、GMに伝えたようですが、切なさや辛さから一早く開放され笑顔で会える日が来ますように。

残り6試合をすべて勝利して引退できますように、WIN BY ALL!

 

 

 

 

 

2019年10月12日 (土)

長崎戦、クリーンシートで勝利!

嬉しい嬉しい勝利!⚽

戦前から長崎の勝利がチラついて、ホームでの惨敗がトラウマのように頭の中を巡っていました。監督が手倉森さんで、DFに徳永選手がいてFWに玉田選手がいて、、、始まる前からため息が出ました。

今日の千葉は、大型台風の攻撃もあるのです。

午前中にできることを考えながら朝食を取り始めました。

午前8時過ぎでした。いきなり電気が消えTVが消えて「うそでしょ!もう停電なの?まだ台風は着てないでしょ!」と文句を言いながら薄暗い中で食べていましたが、東電さんは何か意図があって一時停電という処置をとったのでしょうか?10分か15分程度で復旧し今に至っています。お陰で予定は順調に進みました。

18時

試合開始です。でも、山形戦後の試合では勝てる希望がわきませんでした。

DAZNを見始めると、苦労して長崎に行かれたサポーターの皆さんの姿が映し出され≪来られない仲間のためにも勝ち点を≫の弾幕を観て気持ちが軽くなりました。台風にも負けず、長崎まで応援に行ってくださった皆様ありがとうございました。

選手は頑張ってくれました。

下平選手のクロスに期待し、為田選手の走りに期待し、クレーべ選手のゴールに期待し、気持ちが少しずつアップしてゆきました。

17分、CKにクレーべ選手が合わせて下平選手が胸で押し込んだゴールは、下平選手がオフサイドでした。

守備にも連動が!!!

得点できそうだと応援している気持ちにも余裕が生まれました。

負けないかもしれない。引き分けでも良い。そんな気持ちでした。

後半の早い時間には堀米選手が投入され、期待通りのプレーにワクワクしました。練習試合ではかなり活躍していましたので、出さない意味が分かりませんでしたので、キター!という気持ちでした。

期待どおりでしたね!

1ゴール!1アシスト!

ようやく実力を出してきました。

69分、JEFは高い位置でボールを奪いショートカウンターから下平選手がふんわりとした優しいクロスを上げ、クレーべ選手が頭で合わせます。ポストにはじき返されたようで、このボールを長崎の選手が触る前に堀米選手が押し込んでゴール!気持ちのこもった素晴らしいゴールでした。

今シーズン初ゴールだそうです。リーグ戦では初めてだったのでしょうか?練習試合では何度もゴールを決めていたと思いますが。

そして、2点目!

堀米選手のCKをクレーべ選手が相手の守備を圧して倒れこみながらゴール!

このアシストも、堀米選手の 素晴らしいさが出たプレーでした

小さい体で全力でプレーする浩平選手の活躍も、勝利の一因だと思いますし、今節は全員が素晴らしい連動を見せてくれました。

JEFの勝利は、私だけではなくJEFサポさん全員を笑顔にしてくれたと思います。

千葉ダービーも、強い相手に立ち向かって諦めることなく勝ちに行きましょう!

 

 

*台風に負けじと東北旅行に出かけた義理の息子ですが、台風が来る前に帰ってくる予定で出かけ約束通りお昼過ぎに帰宅したようです。

5時間かけて車で帰ってきたそうで、昼食後はベッドに潜り込んだそうです。POMが元気で学生生活を送っているのを見届けて安心したかったのかもしれません。POMも勉学にも真面目に励んでいるようですし、何よりです。

KAULは神社で巫女さんのアルバイトがあったようですが、本日は中止!でも、明日のために泊まり込みで来てくれないかとラインが届いたそうです。両親の許可が出ず、「母が一人になってしまうので。」とやんわりお断りしたそうです。

七五三の季節なんですね!

 

 

 

 

 

 

2019年10月11日 (金)

台風に備えています

12日(土)の台風に備えて少しづつ動き始めています。

15号台風以上の強烈な台風到来を誰も望んでなどいませんが、やってきそうです。

本日金曜午後になり、千葉市あんしん安全メールがどんどん情報を送ってきます。

水曜日、荷物を配達に来てくださった方が、飛ばされた瓦の修理をしようにも職人さんは捜せず、ブルーシートも張れないままで雨が心配だといわれました。

木曜日、老齢のお姉さんが懐中電灯を買いたいというので大手スーパーにでかけると、懐中電灯はすべて売り切れで棚は空だったそうです。ランタンがあったので買うことにしたそうですが、指の力が弱く使用説明通りのやりたではできなかったそうです。

カセットコンロとボンベを両腕に抱えてレジに並んだ方もありましたが、私は臆病で、使用するのは怖いので買いません。苦手です。

15号の時の体験から、保温用にポットを購入しました。何十年ぶりかの購入です。洗いやすさを考えて広口を求めました。沸騰させたお湯をポットいっぱいに満たし一晩おいてみました。ほとんど冷めてなかったようです。ポットもずいぶん進化していました。

先日の台風で、私が一番困ったのは暖かいものを口にできなかったことでした。ポットのお湯でインスタントスープやインスタントコーヒーも入れられますし、それよりも、赤ちゃんを育てている方がミルク用のお湯に困っていたことが頭に浮かんできました。電気・ガス・水道がストップしてしまったときのことを考え、日常的に常にお湯を入れておけば良いのですから単純なポットは役に立ちます。

でんき・ガス・水道がそれぞれに独立していればと思います。阪神方面では震災以来変わったと聞いています。参考にしてほしいものです。

食品についていえば、木曜日も今日も食パンの棚は空でした。大手スーパーも小さなスーパーも。

15号台風で停電になった日も翌日も、お総菜コーナー等が空だったそうです。私はネットニュースを見て電気の復旧が未定と知ってすぐにスーパーに出かけましたので、そういうことはありませんでしたが、スマホを持たない方とかネットニュースを見る習慣のない方には、情報が行き届かなかったのだと思いました。スーパーに行ってもおにぎりがなくなってた以外はいつもと変わりませんでしたし、緊迫感もありませんでしたので、、、

それが、昨日は食品売り場にもかなりの行列ができていて、いつもの木曜日とは違いました。

私自身は、前回の反省で、ご飯は多めに炊いておくつもりです。おにぎりにするとかチャーハンを作っておくとか、おかずを考えずにすぐに食べられるものを準備して台風に備えます。

我が家は、停電の時間が長かっただけで済みました。マンションとしては樹木が倒れ自転車置き場の屋根が壊れました。倒れた木は伐り倒されましたが、自転車置き場の屋根はそのままです。

立派に育っていた木が、さっさと伐り倒されたのは切ないです。

ベランダの整理も済ませました。

自分なりの準備はできました。

娘の家族はそれぞれで、義理の息子は山形に友達と遊びに行ってPOMと食事をする予定だそうです。

KAULは、七五三の日の巫女さんのアルバイトを控えているそうです。

千葉県在住ではありませんが、今回の台風は・・・・

かなり心配をしていますが、本人たちは15号台風の被害にあっていませんので、比較的のんきです。

甘く見ないように、という言葉が伝わったかな?

どうぞ、館山や鋸南町など被害の大きかった街が再被害にあいませんように。

 

 

 

 

 

 

2019年10月 6日 (日)

1-4で完敗。降格の危機感はない?

ホームで最悪の試合。

山形の選手に比べて緩さを感じ、危機感は無いのだろうかと思いながら観ていました。それは、私だけにそう映っているのでしょうか?

応援していて辛くなります。

1-2になった時は、2-2まで追いつけると思って応援していました。でも、とんでもない勘違いでした。

スーパーセーブを連発してくれていた優也選手でしたが、あの時、優也選手が選んだプレーは仕方がなかったのでしょうか?

ボール離れの遅い優也選手のプレーに、やきもきすることが多いのですが、あそこの切り返したところでサッと横取りされて

、後ろのゴールマウスにころころところころと・・・。あんな点の取られ方をされると、一気に気力が抜けます。私たちの後ろでは笑い声まで起きていました。

山形は熟成されたチームだと感じましたが、それでもあれは、チームの士気を下げたと思いましたし、山形に一気に勢いづかせたと感じました。

久しぶりに出たアラン選手には、周りが見えていないのかと思えるようなプレーもありました。誰が出ても同じような動きができるのは理想かもしれませんが、自分以外の選手がどんな動きをするのか、そこが分かっていない選手がいるということは、チーム戦略が徹底されていないということですよね。一丸になって戦えるチームになるためにはどうすれば良いのでしょうか?

コーチ陣の指導力+選手たちの理解力=勝利への道(へ、辿り着いてほしい)

勿論頑張っている選手も目につきましたけど、そのプレーがゴールにつながらないのです。浩平選手も相変わらず獅子奮闘の様子がうかがえ、アンドリュー選手も辛抱強く戦うこともしてくれましたし、米倉選手はスキルの高さを随所に見せてくれました。

ただ、チーム全体にミスが多く、頑張っていても集中を切らさずにプレーできていないのかもしれません。

一勝が遠すぎます。

「今日こそ勝てると思ってたのに。」というとNさんが「毎回勝てると思って応援してるわよ!」って!

「そうね。毎回今日こそ!って思って応援してるわね!」と応えましたが、、、、

一勝が遠すぎます。

フクアリは、アウェイチームにはやりずらいスタジアムだそうですが、フクアリをホームとしているJEFの選手には沁みてないということなのでしょうか。

勝利を!

*今日の写真を載せておきます。

Img_6454 Img_6491

栗山、井出両選手のご挨拶 。是非 J1へ!

Img_64821Img_64841

 

 

 

 

 

« 2019年9月 | トップページ | 2019年11月 »