2020年3月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

« 東京V戦スコアレスドローで漸くJ2残留、何故こんなシーズンになったのか社長でもGMでも説明してほしい。 | トップページ | 2019年最終節 せめてこの試合は勝ちたかった。JEFらしい負け方で幕 »

2019年11月16日 (土)

頑張って戦っていたとは思うけど、やっぱり何かが足りないJEF

京都戦は、前に見えてるものの違いが勝敗を分けた気がします。

京都はPOがかかっている試合をしていましたし、JEFは勇人選手のためとか、来期につながる試合をとか、今まで応援してくれたサポーターのためとか、少し違う気がしました。

とにかく今節も、決定機を決めきれなかったことが大きかったと思います。ずっと決定力不足は変わらずゴールを決めて喜びを分かち合うチャンスが少なすぎました。

何が悪かったのか私にはわかりませんが、一生懸命に戦う選手たちを応援しながらも、日本代表の試合に癒しを求めていました。あまりにも寂しい今シーズンです。

京都戦は、もう少しというところでしたが頑張り切れませんでした。

それでも、怪我に苦しんだ小島秀仁選手が久しぶりに先発出場しましたし、堀米選手は私の推しメンNO1ですし、見木友哉選手は練習生の時に見初めた期待の新人です。そんな選手たちが後1試合を残してピッチに立てたことは嬉しいことでした。

果たして来期もJEFで戦ってくれるのかは分かりませんが、ラスト1試合こそ、全員サッカー、one teamとなって現役を退く勇人選手のために、監督を退く江尻さんのために、J2残留を一試合に的を絞って戦う栃木を粉砕して勝利で終わりましょう!

後のない栃木と、強い気持ちで戦うことができるかどうかこそ、来期につながる試合になると思います。

WIN BY ALL!

 

 

Photo_20191116224501

 

 

« 東京V戦スコアレスドローで漸くJ2残留、何故こんなシーズンになったのか社長でもGMでも説明してほしい。 | トップページ | 2019年最終節 せめてこの試合は勝ちたかった。JEFらしい負け方で幕 »

サッカー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 東京V戦スコアレスドローで漸くJ2残留、何故こんなシーズンになったのか社長でもGMでも説明してほしい。 | トップページ | 2019年最終節 せめてこの試合は勝ちたかった。JEFらしい負け方で幕 »