2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

« イ・ソンジェHCの「アイゴー」に思わず反応した私(笑) | トップページ | 公園に咲く河津桜 »

2020年2月10日 (月)

千葉銀カップ完敗でも、今シーズンの成長が楽しみです

待ちに待った千葉銀カップ!

ホームゴール裏は日差しがたっぷり、ぽかぽかと春の陽気でした。

前日の神戸vsマリノス戦は点の取り合いで楽しい90分間でしたが、PK戦は最悪でした。

「これ!世界に配信されるの?日本一を決めるJリーグの戦いなのにPK戦がこんなにお粗末?」そんな感想を抱きました。

マリノスとJEFを応援しているサポさんが、埼スタでかなりのショックを受けてフクアリに来場!

当日フクアリでは、試合に先立って新しいビジョンでトークショウが映し出されました。色がきれいでとってもクリア!

22_20200210094501

ビジョン下の柏サポさんは寒かったでしょう。日陰のままでしたね。

JEFの団体サポさんが、応援歌を量産したようですが歌詞カード配布が終了していました。

写して行ってください。と言われたので撮ってみました。

Photo_20200210100901

私たちの後ろにいた少年がきれいな声で歌っていて、おかげで、私たちは大体覚えたかな?くらいの感覚です。

最後に前列のおばさんたちで、お礼とお褒めの言葉を。

試合が終わるころにはだいぶ寒くなっていましたので、薄着で震えていましたね。爽やかなかわいい中学生(?)だったでしょうか。風邪を惹きませんように。

ピッチ内練習も暖かそうでした。

Photo_20200210094701

J2最強チームだった柏はJ1へ、そしてやっとJ3降格を抜け出したJEFは辛うじてJ2に留まったところでの千葉銀カップ戦でした。

昨シーズンの強さそのままの布陣で試合に臨んだ感のある柏に、どれだけの力を発揮させてもらえるのか不安と期待をもってキックオフを待ちました。

この試合では、元JEFの高橋峻希選手と北爪選手が敵として戦いました。

中村GKは、後ろ姿にも自信が溢れているように感じました。

前半早々に、オルンガ選手とクリスチアーノ選手にゴールを決められたときは「JEFは、何にも変わってない?どれだけ得点を積み重ねられるんだ?」と、楽しみにしていた部分が削げ取られた気分でした。

やっぱり、CBはまだ最弱なのか?連携の部分での絆ができてないようです。ほかの選手も試してほしかったな。心残りです。

0-2のまま前半が終了!

後半途中から、川又選手が入りそして見木選手と為田選手が入るとかなり雰囲気が変わりました。

戦える布陣になったのか?

川又選手は、クレーべ選手と違ってよく走り攻守両面で頼もしい存在でした。ジュビロを退団になったときにJEFに来て欲しいと思った選手でした。それが沖縄のキャンプにいると知ったときは、是非是非加入してほしいと思っていました。シーズンが楽しみになった一つの要因です。

見木選手は、やはり練習生の時に見つけました。(笑) 今シーズンも楽しみな選手です。

後半は、落ち着いてゲームができていたのでしょうか。残念ながら得点はできませんでしたけど、前半のように呆気なく決められることもなく0-2のまま終了しました。

守備もまだまだですが、特に攻撃がまだまだですね!頑張ってほしいです。

それから、JEFの為田選手も気になりますが、柏の守護神中村航輔選手が心配です。大した怪我で無ければと思います。

柏は、J1でまた優勝を狙って戦ってください。

JEFは、安心して戦えるチームになってほしいと思っています。

Photo_20200210111201 Photo_20200210111202

頼もしい選手が沢山います。その選手たちを一生懸命に応援してゆきましょう!

WIN BY ALL!

« イ・ソンジェHCの「アイゴー」に思わず反応した私(笑) | トップページ | 公園に咲く河津桜 »

サッカー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« イ・ソンジェHCの「アイゴー」に思わず反応した私(笑) | トップページ | 公園に咲く河津桜 »